続・たつやさんという活動家?のコメントへ

忙しくて、暇のない中
また、たつやさんからのコメントがあったの
でちょっと書いておきます。

>たくさんコメントありがとう。
あなた方がどんな組織についてるか、大体分かりました。日顕宗だね。
あなた方のような人がいるから創価学会があるんですよ。

まず冒頭から。
せっかく、みなさんがたつやさんに心からのコメントくれましたが
どうやら、彼には届かなかったようで
のっけっから、この発言です。
こうして学会の批判をする人間には
外部だろうが、内部だろうが「日顕宗」と呼び捨てる。
これも学会活動家のワンパーンですね。
で、相変わらず「日顕宗」なる創価が作り出した
架空の宗派とはなんなのか?
そして何故、彼にコメントした方々が日顕宗なのか?
そうした理由を一言も書いていません。
そしてこうして相手を「日顕宗」などと呼び捨てる背景には
「自分の言ってることこそ正義」という
他者を見下す傲慢さと自信のなさが透けて見えますね。
俺からしてみれば、彼の方こそ大聖人仏法を愚弄する
「池田教」「創価教」にしか見えませんね。

◆仏の御定を背きて菩薩人師の立てたる宗を用ゆべきか菩薩人師の語を背きて仏の立て給へる宗を用ゆべきか(法華初心成仏抄)

仏(大御本尊)をすて、人師(センセ・創価上層部)の立てる教義を用いてる様は
「池田教」「創価教」と呼ばれても仕方ないですな。

>謗法の事、見ましたけど、何言ってるの? て思います。いつ捨てた?
意味分からないですね。

去年の11月7日に大御本尊を捨てましたよ。
まさか、聖教新聞読んでないとか?(笑)
まさか、「大御本尊は信受しないけど捨ててない」
などという小学生にも通用しない詭弁をつかうわけではないでしょうが。
自分で是非調べて欲しいもんです。
「大御本尊も本門本尊だけど信受しない」こんな話は通用しません。
彼は本門本尊とは何だと理解してるのでしょうか?
まだ、任用試験も受けてない未教学の活動家でしょうかね。

>財務いや?
払いたくなきゃ払わなければ良い。
ただ組織を運営する為にお金は必ず必要。そこから先は個人の善意です。

ここはいいこと言ってます。
彼が言う通り、学会の財務は会の運営費です。
つまり、大聖人に対するご供養ではないのです。
ただの会費です。
ただの会費ですから当然功徳などありません。
それを分かっていて創価学会に財務をするのは
個人の善意なのでそれを否定はしません。
ただ、会員さんに対して
「財務には功徳がある」というからいけないのです。
単なる創価の運営費に功徳など無いのに
あたかも功徳があるように言って財務を促す。
世間ではこのような行為を「詐欺」と呼びます。
たつやさんも個人の善意でとどめて欲しいですね。
会員をだますような詐欺行為をするのだけはやめてほしいですね。
財務は単なる運営費とわかってるなら尚更そう思います。

>富士大石寺?
破壊した罪は大きい。
知らないとは言わせない。
仏法は厳然、必ず現罰受ける

どうやら正本堂のことをいっているみたいです。
正本堂にご供養してたのは学会員だけ。と思っているようです。
こんなこと言ってる当の本人は正本堂に供養したのでしょうか?(笑)
ここでも、正本堂を解体してことで罰が出る。
という論拠が全くありませんね。
仏法的に言えば、学会は正宗を謗法と言ってるわけだから
その謗法に供養した象徴である正本堂が解体されたのだから
むしろ喜ぶべきでしょう。謗法への供養がなくなったのですから。
また、正宗側いえば大御本尊を捨てた団体の供養で建設した正本堂などに
大御本尊をご安置できるわけがない。
謗法からの供養は受けられないわけですからね。
なので、仏法的観点から見れば
正本堂解体は双方にとって当然の帰結で、ウダウダ言うほどのことではありません。

>ここにコメントする方はただの評論家気取り。中身のない話。行動が伴わないただの会話だけ。

いかにも自分だけが行動してると言わんばかりですね。
前回、あれほど次は文証・理証を示してくだいといったのに今回もなし。
「学ぶ」という「行動」をしていないのに他人のことを批判する。
これまた学会活動家の特徴のひとつですね。
そもそも、広宣流布の行動とは「言論戦」です。
敵を破折するのも、友を折伏するのも言論戦なのです。
その言論戦をできないので、何の行動をするのでしょうか?
嫌がる知人を拉致して無理やり入会させたり
敵対する団体に暴力をもって屈服させる
言論戦ができない行動とはそんなものです。
それがしたいのなら、学会でなく顕正会をおススメ!します。

>あと、今創価学会である事に何の
疑念もないし不満もない。
あなた方の勝手な妄想です。

いまのたつやさんの発言を読めば誰でもそう思いますね。
疑念も不満もない。とは思っていない・
ということこそ、たつやさんの妄想ですね。

とまぁ、一通りたつやさんのコメントへの所感を書いてみた。
前回同様、文証も理証も学会指導すらないコメントで
単なる負け惜しみにしか聞こえないなぁ。
これじゃ自称活動家として
創価学会に恥の上塗りしてるのではないかな。
活動家は概ねこのタイプなのだが
対話の一つもまともにできずに
自分達の正義だけを振りかざすのでは
彼らに広宣流布などできるはずもない。
まぁ、この程度の会員が活動家ならば
創価もこれ以上は拡大しないだろうから
安心といえば安心だが(笑)
まぁ、今の創価活動家を一言でいうと

◆をくびやう物をぼへずよくふかくうたがい多き者ども(聖人御難事)

といったとこだな。
いつの時代も大聖人仏法から退転する人間の本性は変わらないんだな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人様 たつやさん

管理人様へ

お世話になります、非活動男子部です。先日は素晴らしいご指導ありがとうございました、あの指導をいただいてから昔の正宗の勤行要典を探して入手することが出来まして毎日1日も欠かさず五座・三座の勤行をしております。いままでとは違い管理人様と同じように御書根本に大御本尊を信じ、五座・三座の勤行とお題目を上げていけるようになってから本当に生命状態が変わりました。自分でも驚くほど御本尊様の前に座ることに喜びを感じられています、本当にすごいです、ここまで自分が変われるとは思いませんでした。ご観念文も本物です、経本を開いて読む。「読誦」、まさにこれが真の日蓮仏法だと確信しました、ご教授くださり本当にありがとうございます。自分にはいま大きな目標もあるので、是非叶えて管理人様のように正しい日蓮仏法を教え広めていける人材になりたいと思います、本当に感謝しております。

たつやさんへ

一つだけ私の体験を言わせていただきます、私は本当に現創価学会員です。学会への財務は「財務には功徳がある」と、とある婦人部からいわれて19歳の時からはじいめました。

>財務いや?
払いたくなきゃ払わなければ良い。
ただ組織を運営する為にお金は必ず必要。そこから先は個人の善意です。

個人の善意といいますが、私が財務を始めることになったのは、この婦人部から功徳があるし18歳すぎたら皆してるからアルバイトしてでもするように言われたからです、払いたくないと言わせる前に有無をも言わさない姿勢で指導してきました。当時は浪人生で予備校に通ったりもしていたので、アルバイトで財務のお金を出すのも辛い状況でしたが創価学会を信じていたので(まだ教学が少なくこの婦人部の公布部員獲得のノルマ達成のために利用されていたことに気付かなかった自分も恥ずかしいですが)功徳があると信じてしまいアルバイトしてまで払いました。これはもう個人の善意ではないですね、強制的な集金です、その婦人部は私の母にまで子供が払えないなら親が払いなさい、それが親の使命であり子供に功徳をつけさすためだとまで言いました、去年までそのような状態で家族全員が公布部員でした。今の創価学会の財務は払いたくなきゃ払わなければ良いという状況ではないです。公布部員のノルマがあり家族全員が財務をするように指導します、毎年、財務の季節になると必ず申込用紙を持ってきましすし、断れば上記のような指導をします、しかし今年はもうしません、なぜなら管理人様の言うとおり創価学会の運営費に功徳など無くあたかも功徳があるように言って財務を促すのは、間違っており学会本部が潤うだけの仕掛けに気づいてしまったからです。そのような体質に学会がなっている以上は学会員であっても矛盾や間違いに気が付くのは当然です、いまは全く活動にも出ず今年の青年部一級試験も辞退しました。
これからは正しい勤行・御書拝読・正しい日蓮仏法をしていけるようになりたいんです、そのために創価学会員である私もこのブログに来させていただいてるのです。
私はまだまだ学会活動家で間違った活動しかしてこなかった人たちといろんなことがあり、司法のお世話にまでなる体験もしたことがあります、ここではとても書けませんが、たつやさんも是非間違った道に行かないように正しいものを見れる目をつけて下さい。
せっかく日蓮仏法を共にしているのですから、日蓮大聖人の御書を根本にしてください。そうすると管理人様が伝えたいことがわかりますし、今の創価学会が御書から外れていることがわかります。

日蓮大聖人御書全集 月水御書 1,201ページ

予が愚見をもつて近来の世間を見るに多くは在家・出家・誹謗の者のみあり、但し御不審の事・法華経は何れの品も先に申しつる様に愚かならねども殊に二十八品の中に勝れて・めでたきは方便品と寿量品にて侍り、余品は皆枝葉にて候なり、されば常の御所作には方便品の長行と寿量品の長行とを習い読ませ給い候へ、

この御書を拝読すれば創価上層部が勝手に勤行形式を変えた現在の創価の方便品・自我偈の勤行は誤りであり創価学会の「五座三座の勤行はしなくて良い」「寿量品の長行を読まなくていい」という主張は御書から外れた間違いであり、何の説得力も根拠もない出鱈目だということがわかりますよ。もう少し勉強して大人の対応をされ考える力を身につけるるべきです、そうでないとせっかく御本尊を拝んでいるのに大聖人の教えから外れた滅茶苦茶な信仰をすることになってしまします、ぜひそこに今からでも遅くないので早く気がついてください。でないと本当に怖いです、間違ったものを信じて間違った活動してきた私の周りの人たちは本当に悲惨な結果がでてます。
御本尊に信があったのではなく創価学会に信があった結果です、ぜひ気がついて考えて見て下さい。

Re: 非活動男子部さんへ

コメントありがとうございます。

非活動男子部さんの少しでもお役に立てたなら私も嬉しいです。

きちんとした化義に則った勤行は、本当に気持ちいいんでよね。
眠い時とか疲れたときでも、五座三座すると元気がでます。
きっと祈りは叶いますよ。
因果俱時ですからもうすでに叶っていると思います。
あとはそれが実際に現れるのを楽しみに待つだけです。

財務を止めることもいい事だと思います。
大聖人にへの御供養ではない財務に功徳なんかありません。
また、学会員の私達は大聖人の財の御供養はできませんが
その分、題目の御供養を申し上げましょうね。

非活動男子部さんのコメントを読むと
私も頑張るぞ~!って気持になります。
ありがとうございます。

但南無妙法蓮華経なるべし

「今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし、かう申し出だして候もわたくしの計にはあらず、釈迦多宝十方の諸仏地涌千界の御計なり、此の南無妙法蓮華経に余事をまじへばゆゆしきひが事なり、日出でぬればとほしびせんなし雨のふるに露なにのせんかあるべき、嬰児に乳より外のものをやしなうべきか、良薬に又薬を加えぬる事なし」(上野殿御返事)

【通解】
末法に入った今は、余経も法華経も無益であり、ただ南無妙法蓮華経なのである。こう言い出したのも、私見ではない。釈尊・多宝如来・十方の諸仏・地湧千界(じゆせんがい)の菩薩の考え定められたことである。この南無妙法蓮華経に余の修行を交えるならば、大変な間違いである。太陽が出たならば、灯は無意味である。雨が降ったなら、露は何の役に立つであろうか。赤児には乳より外のものを与えるだろうか。良薬にまた他の薬を加えることはない。


日蓮大聖人の御在世には、まだ五座三座の勤行形式はなく、また、どこからどこまでを読誦(どくじゅ)すべきかを定めた定型があったわけではない。
方便品と寿量品の読誦は助行である。正行の南無妙法蓮華経の題目を賛嘆するという意義がある。中でも自我偈は、寿量品の要約であり、法華経二十八品の魂であり、仏法の真髄である。自我偈には、題目の功徳を助け顕す利がある。したがって、「方便品・自我偈の読誦と唱題」には、大聖人の仏法における勤行の本義と目的が欠けるところなく具わっているのである。功徳はどこまでも正行の南無妙法蓮華経にあるのであって、助行にあるのではない。

大聖人自ら御書の中で、松野殿が方便品・自我偈の勤行をしていたことを書かれている。
「御文に云く此の経を持ち申して後退転なく十如是自我偈を読み奉り題目を唱へ申し候なり」(松野殿御返事)

この「十如是」とは方便品の十如是までのことである。そのあとには、長行が続いており、実は方便品は寿量品より長い。昔は、方便品の長行を読んでいたことがある。
http://ameblo.jp/kiroku01/entry-10181475774.html

正視眼さん

コメントありがとうございます。


> 日蓮大聖人の御在世には、まだ五座三座の勤行形式はなく、また、どこからどこまでを読誦(どくじゅ)すべきかを定めた定型があったわけではない。

定型ががないのなら、方便・自我偈でよい。とも言い切れないはずでしょう。書いてなければ在家が勝手に勤行様式を変えていい。とはそれこそ御書のどこにも書いていませんから。むしろ化義を勝手に在家が決められる。という文証が欲しいですね。

また、日寛上人は

■「若し堪えたらん人は本山の如く相勤むべし、若し爾らずんば十如自我偈題目なりとも五座三座の格式相守るべし」
■但吾が富山のみ蓮祖所立の門流なり。故に開山已来化儀化法、四百余年全く蓮師の如し

とご指南されてます。
仮にも日寛上人書写の本尊に勤行・唱題している学会員が
その寛師のご指南を否定するのは自己矛盾もいいところだと思います。

>正行の南無妙法蓮華経の題目を賛嘆するという意義がある。中でも自我偈は、寿量品の要約であり、法華経二十八品の魂であり、仏法の真髄である。自我偈には、題目の功徳を助け顕す利がある。
>したがって、「方便品・自我偈の読誦と唱題」には、大聖人の仏法における勤行の本義と目的が欠けるところなく具わっているのである。功徳はどこまでも正行の南無妙法蓮華経にあるのであって、助行にあるのではない。

勤行の本義は、所破・借文、所破・所用だと私は思っています。
故に長行不読だと、所用の義が成り立たないと思います。
また、助行に功徳がないなら、
【自我偈は、仏法の真髄である】という発言はおかしいと感じます。
功徳のない自我偈が真髄であるというのはちょっと無理があるかなと思います。

長行読誦については

◆されば常の御所作には方便品の長行と寿量品の長行とを習い読ませ給い候へ、

との御文に明らかです。

結局、方便・自我偈は略式勤行であるということ。
基本は、寛師が仰せのとおり五座・三座ではないかと。
それに、学会も五座・三座を禁止していないと記憶してます。
また、実際方便自我偈よりも五座三座の勤行の方がスッキリします。
日寛上人書写の本尊に祈っているならば
日寛上人のご指南を守る。
わたしは、それが本筋・王道だと思います。
寛師の指導に背きつつ、寛師書写の本尊を拝む。
それはには抵抗がありますね。

いずれにしても、あなたの考えを否定する気はありません。
あなたが、考えた末にSGI方式の勤行で間違いない。と決定したのだから
それはそれで一つの意見として尊重します。
あとは、読者の方が判断してくれればいいか思います。

これからも、何でもコメントしてください。
学会肯定派の人の意見も貴重な意見ですので。



正視眼さんへ

正視眼さんへ

非活動男子部です。正視眼さんのブログも拝見しました。
あなたは私が日顕宗の人間だと思われているようですが、現在も創価学会の男子部員です。家族・親戚一同全員創価学会員ですよ、また日顕宗?につくつもりもないですよ、あなたのブログは何かと日顕宗という言葉が多いですね(笑)
私もこのブログに出会うまで(つい先月まで)は創価学会の勤行要典を使い創価学会の方便品・自我偈の勤行と唱題様式でやっていました。しかし生命状態もよくなく意味さえ見いだせないような状態にまでなりかかっていました。青年部1級試験の勉強で大白蓮華を読んでも肝心な部分が抜けているとまで感じていました。結局は意味を見いだせず試験は受けませんでした。
しかし管理人様のブログに出会い御本尊様のこと御書のことなど学会幹部と違い明快に答えて下さって本当に自分が求めていたものに出会えたような気持ちになりました。

管理人様の非活壮年部の方へのコメント読まれましたか?何が問題なのか?と言う見解でこんな説得力のある言葉はないです。以下管理人様のコメントです。

何が一番の問題なのかと言えば
在家が勝手に化義である勤行様式を変えていいのか?ってことです。
日蓮大聖人以来、在家が勝手に勤行様式を決めた。と言う事は皆無です。
そもそも在家が自分勝手に修行していいなら
もう仏法でも何でもない。
創価上層部は勤行形式を変えた時にその事を説明していないのです。
教学的に見ても、現在の創価の方便品・自我偈の勤行は誤りです。
寿量品読誦するのは、所破・所用故です。
で何を所用するかとえば言うまでも無く文底の南無妙法蓮華経であり
この所用すべき南無妙法蓮華経は自我偈の文底にはありませんから
長行を読誦しなければ寿量品読誦は意味を持ちません。
それに対し創価の言い分は、
自我偈には大聖人のエッセンスが全て入っているから自我偈でよい。
という趣旨のものでが、
これは自我偈に説かれている法体と修行を混同している邪義です。

◆自我偈は自受用身なり
◆諸仏は自我偈を師として仏にならせ給う

とあるように、自我偈とは「法体」です。
対する勤行は修行ですから、
この二つを混同してはいけないのです。

更に、

◆されば常の御所作には方便品の長行と寿量品の長行とを習い読ませ給い候へ

と大聖人は寿量品の長行を読む修行をしないさい。と言われてます。

このコメントを見させていただき自分で考えて御書や戸田先生の全集などを見たうえで、御書根本に大御本尊を信じ、五座・三座の勤行とお題目を上げています。本当に創価学会の勤行形式でやっていた時とは次元が変わるくらい生命状態が変わってきているんです、これは実践したものでしかわからないことです、私の父は創価学会の幹部で最初私が五座・三座の勤行始めたことを話したら鼻で笑われました、学会幹部なんてそんなものです、正視眼さんと同じような都合のいい御書を持ち出して、勤行形式を都合のいいように解釈する、本当に怖いことです、でも私には御書根本に大御本尊を信じ、五座・三座の勤行とお題目を上げていけば必ず正しい仏法が出来ると確信していますので、何とも思いませんし、日蓮大聖人様=戒壇の大御本尊様を11.8の聖教新聞で完全否定した創価学会に失望していましたので逆に正しい道へ行けるチャンスだとも思いました。
戸田先生のご家族が創価学会員ではないことは御存じですよね?現在創価学会は、戸田第二代会長の書籍をほぼ絶版扱いにしています。 今の学会をみると戸田会長の指導と正反対になっているのです。 都合の悪い事は全て排除するのが創価学会のやり方のようですね。 戸田会長の指導は創価学会の歴史改ざんに邪魔になるからです。 個人の方がwebで、戸田会長の指導を掲載していますが、もちろん今の創価学会に都合の悪い事は、時代に合わないという理由で削除されています。このような事実からも考えることはたくさんあると思いますよ。
私はもう管理人様と同意見で

日寛上人書写の本尊に祈っているならば
日寛上人のご指南を守る。
わたしは、それが本筋・王道だと思います。

です。しかし正視眼さんと対立するつもりもないです、意見を議論してより良い方向に行ければいいのではないでしょうか?ただ、今の創価学会の方向性は気をつけないと危ないと私は思います。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR