日顕宗なんてものは

学会活動家が、アンチ学会の人間に向かって言う常套句に
「日顕宗」という言葉がある。
つい先日も、たつやさんなる人が
俺を「日顕宗だ」と発言した。
これは、ネットだけじゃくリアルでも同じで
俺も、地元の組織の人間に
散々「日顕宗」と陰に日向に言われている。
大抵「日顕宗」だの「退転者」だのいう活動家は
対論で分が悪くなると
教学とは全く関係ないことを口走る。
そのひとつが「日顕宗」というキーワードだ。
がしかし、「日顕宗」なる宗派はこの世に存在しない。
「日顕宗」という宗派が存在しているのは「創価村」だけのお話で
世間の一般人に「日顕宗」なんていっても
「はい?」と言われ笑われるだけだ。

活動家が「日蓮正宗」を「日顕宗」などと呼ぶ一番の論拠は
日顕前法主は法主本物論の邪義を唱えたから。というものだ。
で、その証拠として正宗の能化文書の

○本仏大聖人、戒壇の大御本尊、歴代の御法主上人が、その内証において、一体不二の尊体にまします

の一文(しかも切り文)をあげるのだが
これのどこが法主本物論になるのかサッパリわからない。
まづ、第一に正宗に法主本仏論だとか法主絶対論などという教義は存在しない.
そんな指南があったら文証を出してからい言うべきだ。
そして、【内証】において法主と大御本尊と不二なのは当然でしょ。
もし法主の【内証】が違うのであれば、学会にある全ての本尊には
大聖人の魂が存在しない。ということになる。
【内証】が一体であるからこそ、時の法主が書写した本尊が
別体の本尊として成立するのだから。
【内証】においては三宝一体でなければ大聖人仏法は成立しない。
それは、何も日顕前法主が言い出したことでなく
それが日蓮正宗いいか変えれば日興門下の教義である。

■日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり(日興上人・御本尊七箇相承)

それを承知の上で学会上層部は故意に【内証】と【外用】を混同させ
学会員にあたかも正宗、就中日顕前法主が「自分は本仏である」といったるかの如く吹き込んだわけだ。
こんな事は少し教学を学習すれば分かることだが
なにせ学会活動家は、学会の言うことばかり鵜呑みにして
自分で、学習・検証しないからウッカリ騙される。
認知性の欠如で一種の病気のようなものだ。

まぁ、それ以外にも「僧俗差別」は謗法だ。
「学会を破門したのは」謗法だ。
「僧侶か贅沢する」のは謗法だ。
なにが何でも宗門を謗法にしたがるが
一体、学会活動家さんたちは
「謗法」という言葉の意味を知っているのか?甚だ疑問だ。
謗法とは、御書に様々書いてあるが基本的には

◆凡そ謗法とは謗仏謗僧なり三宝一体なる故なり(真言諸宗違目)

とあるように三宝を謗ることをいう。
大聖人仏法における三宝一体の「体」とは
いうまでもなく大御本尊だ。
それを信受しないということが謗法なのである。
宗門がいつ大御本尊を信受しないと言ったのか?
おれの記憶が正しければ、そう言っているいるのは創価の方である。

また、謗法とは

◆正法を人に捨てさせるが謗法にてあるなり(顕謗法抄)

とあるように正法(大御本尊)を人に捨てさせるのが謗法ともいわれている。
これまた、俺の記憶では大御本尊を信徒にすてさせたのは創価の方ではないか?

そもそも、日顕宗なんて創価はいうが
正宗には「日顕教学」はもとより「日寛教学」なるものすら存在しない。
「日寛教学」「日寛教」などというのは身延くらいだ。
対する、創価は自ら「創価教学」と自称し
自ら「日蓮正宗と関係ない独立した宗教法人だ」と言っている。
ならば正宗のことを日顕宗などと呼ぶべきではなく
自分達が、「創価教」「池田教」を名乗るべきだろう。
誰がどう聞いても、「創価教」「池田教」でしかないだろ。
いつまでも、創価村にしか存在しない「日顕宗」などという宗派を
あたかも世間に存在するかの如く
会員を欺くのはやめたほうが良い。
自分たちが正しいと主張したいなら
堂々を
「俺は創価教の信者である」
「私は池田教を広めてます」と胸を張っていえばよろし。
そして「日顕宗」などと姑息な言葉を使うのでなく
「日蓮正宗」を破折したどうか。
もう、君たちは大聖人仏法の信仰者じゃないんだから
潔くそれを認め、開き直って
堂々と創価教信者として日蓮仏法を破折してみたらどうか。
それが、学会活動家としての正しい態度だ。
まぁ、創価教学では逆立ちしても
三世永遠に無理な話だが(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

然りです!

深夜族である私は、この時間辺りが元気になり、足らない知恵も少しは巡る時間です。

 「日顕宗」  いや、実に見事で語呂もよく、またたく間に広まりましたね。   日顕上人はご相承もなく、C作戦で、あろうことか大誠実を尽くしてきた先生とガッカイを無残にもカットした極悪法主。  そして大御本尊と信徒(学会員)とを切り離した、無慈悲きわまる法主である。
あまつさえ、広宣流布を事実上、妨害した大謗法の男である。  

 その法主に連なる宗門はすべて日蓮大聖人とは縁もゆかりもない宗派に成り下がったので、あえてそれを「日顕宗」と称する。

 まあ稚拙ですが、ひとつの定義として、こう教えられてきましたね。

 面白がりな私は、かつて睨下が宗内で睨座の是非を攻撃されていたとき、ガッカイはどう言っていたかを思い出し可笑しくなったりするのです。

 「信徒の分際で、相承の儀や睨座についてを云々すべきではない」

  驚くべきことに、かつてはこう指導していましたよね。

言い訳としては 「あの時は、まだ僧俗和合で宗門をお守りしていた時期だったから、、、」とか言うんでしょうね。

 戸田先生の赤誠は、「どんな理由があれ、わが創価学会は断固、御宗門をお守りしてゆくのだ」、云々と仰っていたのです。

 つまりガッカイは永遠の指導者のお一人である戸田二代に、もう背いています。  センセイは常日頃から、「他の幹部はともかく恩師(戸田先生)と自分とは寸分も相違なく、仰ったことも仰らなかったことまで、全部、実現してきたのです」と仰せでしたが、ここはどうなのか。

 水滸会記録でしたか、 センセイは「このご本尊だけが絶対だなんていつまでも言ってたら、宗門にガッカイがのっとられてしまう」云々と発言されてました。  このあたりから、すでにきな臭くなっていますね。

 もう水魚の思いでもなんでもなく、水と油のような関係だったのかなぁと感じてしまいます。

 ある先輩幹部が私に語っていた話があります。

 「中央幹部制」がひかれて、それに連なったその先輩は、S47年、和歌山研修道場に参加するように言われたのですが、そこでセンセイは「いよいよやるぞ! (宗門との決別の意味)」と、もうあの頃からそういう流れだったんだ、と聞かせてくれました。

 面従腹背とはつまりこういうメンタリティのことをいうのですね。

 そういう体質こそ「現著於本人」の仏語のとおり、側近の大幹部さんたちが、次々と先生のもとを離れていくことになったことの実相だな、と私は感じます。

 冗長を避ける意味でこれくらいにしますが、私はガッカイを愛してきました。 センセイの指導「自分が学会の中にいるというのではなく、自分の中にガッカイがあるんだという気概で、、」のままに生きてきたつもりです。   ですから、私はそのスタンスを変えてはいません。

 私の中の「ガッカイ」と事実上の創価学会とが著しく違ってきただけです。
 管理人さんの書かれたように、やるならやるで、もう自らの立場を旗幟鮮明にすべきでしょう。  平成14年の改正で「日蓮世界宗」と名乗った以上、「対・日蓮正宗」と位置づけて正々堂々、法論でもやればいい。

 「強兵が先んじて」とあるように、そこそこの幹部にやらせてないで、「責任者たる者」が先陣を切ればよい。

 実際はというと、法華講の樋田氏らに連戦連敗のありさまですけど、まあ、時の「砂糖青年部長」らも再対論を避けて、逃げ回るばかりだったのですから、無理な話ですけどね。

 御書に

「謗法と申す罪をば、我もしらず、人も失(とが)とも思わず、但仏法をならへば貴しとのみ思いて候程に、此の人も又此の人にしたがふ弟子檀那等も、無間地獄に堕つる事あり」(妙法比丘尼御返事)

 まさに恐々謹言ですね。 

 ランボー

 

 

 

 

 

    

 

 

ホントに学会が正しいというなら、日蓮正宗以上に日興上人以来受け継がれて来た信心を実践するべきなのに、それをしなかった時点でもう負けですよね。(もともとそんなつもりはなかったんでしょうが)

色んなことがあって、ハゲるほど悩みましたが、実は10月12日に日蓮正宗の寺院に参詣して勧戒を受けました。

まだ正式に脱会の手続きをしていないので、まだ籍は残っていますし、一族揃って学会員ですので、その辺で色々大変なこともあります。
それでも、自分がこのまま学会に止まって罪業を積んでしまい、その結果が自分の妻や子どもにも及んでしまうかも知れないことが怖くて、宗門に飛び込みました。

今は内得信仰で家に御本尊はありませんが、休日の朝は近くの寺院に参詣して御住職の導師のもとで勤行をしながら、お寺の御本尊を拝していると本当に心が洗われるような気持ちがします。
大石寺に行って、戒壇の大御本尊のご開扉を受けた時はどのような思いがするのだろうかと思います。

近々、ホントに学会員ではなくなりますが、元)学会3世として、お邪魔したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

ランボーさん

こんにちは。

私も学会を愛してます。
いまは、愛する人が犯罪に手を染めていると言う感じです。
なんとか更生させたいと思っています。
そのためには、破折以外に方法はない。
まさか、いままで学んできた事で
創価を破折するとは夢にも思ってませんでしたが
悲しい現実ですね。

関西の創価3世さん

こんにちは。

そうですか。正宗に行くんですね。
それは、それは大変な勇気を出して決断したのだと思います。
天晴です!
これからも、色々と心労はあると思いますが
晴れて大御本尊にお目通りが叶う日が来る事をご祈念しています。
今後は、【元】ですね。
よろしくお願いします。

内部アンチ

このプログも有名になり、ついにバリさんプログからのパッシングが始まったようです。日顕宗の代弁者でないかと思われてるのかな?

もともとは創価は日蓮正宗の外護団体だったのが規模が拡大するにつれ宗教ビジネス団体へと変貌を遂げていったんです(初期のころは今ほど金・金と言ってなかったかですよね)

つまり途中で、宗教は運用次第で儲かると気が付いてしまったワケです
見ての通り、マインドコントロールされた人は、本人の自覚は別として、教団からうつ病になる程こき使われても喜んでお金や労働力を差し出します。
おまけに教団を批判するものを攻撃してくれますから教団にとってはありがたい存在です。

●日蓮正宗や日蓮宗と創価とは立ち位置がちがうから比較しても無意味です。前者は伝統宗教団体ですからこじんまりと、それほど外部と摩擦おこすこともなく地味に運営してますが、創価はビジネスとして宗教を利用してます。

比較するなら立ち位置が同じの統一○理や幸福の○学等と比較しないとワケがわからなくなります。
例えば→http://www.chojin.com/news.htm
これなんかすごいですね、この団体も金満教団ですからこの動員力!
平和運動のイベントにかける執念はすごいです(外部の人は誰もこの団体を平和を求める団体と認識してませんよね(笑)宣伝と信者をマインドコントロールするための手段ですが、あまりにも演出の規模のスケールが大きいのでコロリといってしまうんです)

平和といえばつい最近、創価のインチキ平和の提言が暴露されてしまいましたね。
日本の国家が重大な岐路を迎えて今こそ、平和の提言を実行にうつす最高の舞台がやってきたのになんにもしない。
なんにもしないなら平和の提言なんて最初からしなければいいのにと思うのは、私だけでしょうか?

○創価は宗教ビジネスではない!と思ってこのプログ読んでるそこの貴方!
会長や福会長や理事長の年収や宗教貴族と呼ばれる本部職員の年収等を
幹部に訪ねてみてください。
その時の幹部様の反応でこのプログに書かれてることが事実かどうかわかりますよ。

No title

創価学会のみなさんはこの池田氏の平成5年1月27日アメリカSGI&関西合同総会 のスピーチを見ても学会幹部や池田氏に騙されていることに未だに気づけないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=JDGyNtprjzQ

池田センセ曰くお世辞を使えば会員から公布基金がたくさんとれるそうですよ(笑)
あと口を上手くうんと人をだまして警察に捕まらにようにですって(笑)

日蓮正宗をバカにしてきた人間の本性です。

No title

学会員は「日顕宗」の悪口を言う際、すぐ「時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事」(日興遺誡置文・御書1618 ㌻)を持ち出してくる。でも仮に「法主本仏論」のような己義があったとしても、それを理由に法主を否定し、大御本尊を受持しなくていいことにはならない。それは破門後の2003年に学会が出した『日蓮大聖人御書講義』別巻を見ても分かる。

そこでは「時の貫首為りと雖も…」について、「『時の貫首』、それぞれの時代の教団の中心者という立場にある者であっても、仏法と異なる自分勝手な義(己義)を立てた場合は、教団としてその己義を用いてはならない、という戒めである」(P306)と講義している。「己義を用いてはならない」のであって、法主をエセよばわりしたり、大御本尊から離れていいという戒めではないわけだ。

その一方で、池田大先生は次のように指導している。

「一生涯、大御本尊様と離れないで、大御本尊様を放さずに、まっすぐ進んでいけば、あとの指導はなにもないのです。ぜんぶふくまれます。『善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし』(開目抄二三二)です」(池田大作著『会長講演集』第9巻 創価学会 P323)

どんなことがあっても、大御本尊から離れてはいけないんだとさ。「日興遺誡置文」を振り回して「日顕宗」などと悪口を言い、大御本尊から離れて平気でいるような人は、学会のツラ汚しだよ。

「大御本尊を拝まなければ、もう学会員ではないのです」(池田大作著『会長講演集』第10巻 創価学会 P192)

管理人さん

  家族愛とも違う。 師弟愛と同志愛がありました。  その契りは日本全国、どこで会員さんたちや会館に行っても、すぐにこみ上げる温かな思いでした。

 それは同じ「大御本尊様」の元、志を同じくするもの同志の絆でしたね。
 そう、 みんなで広布に励んで社会と世界を変え、自身も家族もみんなが幸せになろうぜ!  負けずに戦おうぜ! といったものでした。

 今、我々は、管理人さんの仰ったように、あるは道理証文の上から、そして現実のあまりの変貌に苦しみ悲しみながら、その団体を破折しています。

 悲しいですよ   こんなことは哀しいですよ

 私は僧俗和合への再建を願いながら、死期が近づくまで頑張るしかないと誓って戦いを進めます。  

 良くも悪くも、一生を通して!と決めた道の途上にいるのですから。
 
  バッシングなぞ眼にもくれず、正論を通していきましょう!

  ランボー

ザイムの行く末について

ここでコメントされいる方々はもうすでに参照されていることでしょうが、

 ヤフー知恵袋のが判りやすいですね。

 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n133930


 さすがにもう休みます。 おやすみなさい。
 

古本屋店主さん

こんにちは。

> このプログも有名になり、ついにバリさんプログからのパッシングが始まったようです。日顕宗の代弁者でないかと思われてるのかな?


そうなんですか?
それは、光栄なことです。(笑い)

ランボーさん

こんにちは。

>   家族愛とも違う。 師弟愛と同志愛がありました。  その契りは日本全国、どこで会員さんたちや会館に行っても、すぐにこみ上げる温かな思いでした。

そうですね。
昔、男子部5人で選挙のF取りに行った時にトイレに行きたくなり近くに何もなく困っりました。
その時に三色旗ははためく家を見つけ「男子部なんですがトイレを貸してください」と言ったら
快く貸してくれ、更にはお茶とお菓子まで振舞ってくれ、
「頑張ってね」と激励された事があります。
そんな創価が好きでしたが、
仏法は好き・嫌いではなく、正邪で判断しなければならない。
残念ながら今の創価には正義はありません。
悲しい現実ですね。

>   バッシングなぞ眼にもくれず、正論を通していきましょう!

バリ活諸氏のバッシングっていってもたかが知れてますし
どうせ遠くの方でコソコソしてるだけなんで気にもなりません(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる