日興遺誡置文、ちゃんと読んでるか?

昨日のコメントで、「日興遺誡置文」を挙げてコメントしてくれた方がいた。
実は、近いうちに学会の日興遺誡置文の悪用の件を書こうと思っていた矢先で
そのコメントを「うん。うん。」と頷きながら読んだ。
そのコメントより一部抜粋させてもらいますと

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
学会員は「日顕宗」の悪口を言う際、すぐ「時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事」(日興遺誡置文・御書1618 ㌻)を持ち出してくる。でも仮に「法主本仏論」のような己義があったとしても、それを理由に法主を否定し、大御本尊を受持しなくていいことにはならない。
そこでは「時の貫首為りと雖も…」について、「『時の貫首』、それぞれの時代の教団の中心者という立場にある者であっても、仏法と異なる自分勝手な義(己義)を立てた場合は、教団としてその己義を用いてはならない、という戒めである」(P306)と講義している。「己義を用いてはならない」のであって、法主をエセよばわりしたり、大御本尊から離れていいという戒めではないわけだ。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

と言う事で、全くこの通りなのだ。
学会が用いる上記の遺誡置文の一文は、その次の一文とセットだ。

◆一、時の貫首爲りと雖も佛法に相違して己義を構へば之を用ふべからざる事。①
◆一、衆議爲りと雖も、佛法に相違有らば貫首之を摧くべき事②

このように、この二つの文はセットになっており
全く真逆の事が書かれている。
学会教学は上記の①だけ引用し、
セットである②については全く引用もせず教えもしない。

さて、上記の二つの文には決定的な違いがある。
それは、「法主」が仏法に相違しても「用いて」はならない。のに対し
「法主以外」が仏法に相違したら法主はそれらに人間を「摧かなければならない」という事だ。
この事は、コメントでもいただいたように
「法主」が仏法に相違したとしても、信徒は「用いない」ようにするだけあり
「法主」を「摧く」つまりは「批判」して良いとは言われていない。
逆に、信徒が仏法に相違したならば、
「法主」は「摧く」つまり指導・破折を【しなければならない】のである。
つまり、池田センセや創価患部が法主を批判するのは遺誡置文に反した行為であり
日顕前法主が、池田センセや創価患部を批判するのは遺誡置文にのっとた行為なのである。
「用いない」事と「摧く」事は全く違う。
これを、もしも創価が「僧俗差別」と呼んで非とするなら
創価は日興上人を否定することになる。
これは「僧俗差別」ではなく「僧俗の区別」なのだ。
僧俗の別は大聖人の御書のそこかしこに
「弟子・旦那」との記述があり
大聖人自身が「弟子」(僧)と旦那(在家)に区別している。
どのように区別されているかというと

◆涅槃経に云く「内には智慧の弟子有つて甚深の義を解り外には清浄の檀越有つて仏法久住せん」(曾谷入道殿許御書)

と言う区別である。
そうした区別、いわゆる「総・別」「能・所」の立て分けを無視して
「僧俗差別だ」「謗法だ」「己義だ」といって正宗教義を攻撃しているのが今の創価だ。

また、上記の遺誡置文を遵守するならば
正宗が池田センセを除名して学会を破門するのは当然だろう。
法主は謗法者を摧かなければならないのだから。
破門に至るまでもどれだけセンセをはじめとする学会員が
信徒の分際を超えて「法主」を摧いてきたか?
それこそ、日興上人の遺誡に反した己義だろう。
日興上人は信徒が法主を摧いてもヨロシイなどと一言も言ってない。
また、大聖人仏法において初代法主は誰か?
大聖人が初代法主である。
だったら大聖人が仏法に相違したいたら摧くのか?
ああ、そうだった。
学会は大御本尊を捨てたんだったな。
大聖人が仏法に相違したから
大御本尊を捨てたってことか?
それと、日寛上人の一大秘法の本尊義も用いないのも
日寛上人が仏法に相違して己義を言ったからってワケか?
全く、笑っちゃうよ。

話はそれたが、「日興遺誡置文」に違背しているのは
どうみても創価の方だろう。
上記の文以外にも

◆一、義道の落居無くして天臺の學文すべからざる事
◆一、當門流に於ては御鈔を心肝に染め極理を師傳して若し間有らば臺家を聞くべき事

御書も読まず、大聖人仏法の法義も理解していないのに
人間革命だのセンセのスピーチだの学んでする姿は上記の遺誡に違背する。

◆一、論議講説等を好み自餘を交ゆべからざる事
◆一、謗法を呵責せずして遊戯雜談の化儀竝びに外道歌道を好むべからざる事

文証も理証も無く、反創価の人間を貶めることしか言えないバリ活さん
(このブログにもそうしたバリ活さんがきますが)
その姿はまさに上記の遺誡に違背する。

◆一、謗法と同座すべからず、與同罪を恐るべき事。

これは大御本尊を捨てた全学会員に当てはまる。

◆一、御鈔何れも僞書に擬し當門流を毀謗せん者之有るべし。若し加様の悪侶出來せば親近すべからざる事。

最近では、創価教学に合わない御書を偽書という学会員が増えている。
そういう会員は上記の遺誡に違背する

◆一、學問未練にして名聞名利の大衆は予が末流に叶ふべからざる事。

はい、これは創価教学を植え付けて自分達の財力・権力を拡大しようとたくらむ
創価の上級幹部達の事だ。

どうですか?
ことごとく日興上人の遺誡置文に見事に違背してるでしょう?
それとも違う言うのでしょうか?
さて、その遺誡置文の最後には

◆右の條目大略此くの如し、萬年救護の爲に二十六箇條を置く。後代の學侶、敢へて疑惑を生ずる事勿れ。此の内一箇條に於ても犯す者は日興が末流に有るべからず、仍つて定むる所の條條件の如し。

とあります。
つまり、創価は日興上人の末流じゃないのです。
それは、大聖人の末流でも無い。と言う事を意味します。
日興門流じゃない外道が
日興門流である正宗を「日顕宗」と呼んでいる。
憐れと言うか無慚とうかみっともないと言うかそんな気分です。
まぁ、だからこそ、大御本尊を信受しない。
などという大謗法を平気でやれるわけです。
日興門流ではない五老僧の末裔(身延など)にとって
一番目ざわりのが大御本尊だから、それを否定する。
これこそ大聖人の時代からの
謗法・邪宗の人々が言ったりやったりした事です。
学会も情けない邪教団に成り下がったモンです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人様、こんばんは。
家に今年の任用試験特集号があったので、みてみましたが、
「時の貫首たりといえども、仏法に相違して己義を構えば、これを用うべからざること」は載っていましたが、「衆議爲りと雖も、佛法に相違有らば貫首之を摧くべき事」は載ってませんでした。
法主が仏法に違背しても用いないだけのことであり、批判していい訳ではないと言うことは初めて知りました。勉強になりました。
私が任用試験を受験したときは五重の相対があったのに今は範囲ではないんですね。
御本尊についても弘安2年の御本尊もあまり触れず、「日蓮がたましひを…」の御文もなくなっていたりしていました。
任用試験内容には、「この御本尊、全く余所に求むることなかれ。ただ、我れらの衆生の法華経を持ちて、南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におわしますなり」を引用して、この御本尊は全く別の所に求めてはならない。ただ、私たちが法華経をたもって、南無妙法蓮華経と唱える胸中にいらっしゃるのであると言っているのですが、これは教義変更により、大御本尊を信受しないと言っていることと関係があるのでしょうか?
わかりづらい文章ですみません。

管理人さん

 こうして大兄の解説(破折)を拝見していると、創価の逸脱ぶりが鮮明になりますね。  

 昔にはこの二十六箇条の暗記に挑戦していたものです。

 化儀が変わるのは仕方がありません。 

 しかし化法まで変えてしまったことは 完全に逸脱、違背だと断じてよい。

 私は今となって思うに、どうして会員さんたちは、こういう学会のありさまを、おかしいと感じないのかということ。   

 自分の今の生活に不満がないからか、  そもそも極めて個人的な動機と利害で活動をしているだけで、上のことは上がやるんでしょ? という心理なのか、 いまさら、学会がどうのこうのと言うのも疲れるし、悩みのどツボにはまるから、避けて通ってるのか、  あるいはおかしいな、、と感づいてはいながら、自分ひとりではどうしようもない、ということなのか。人間関係が壊れてしまうしね・・(壊れたほうが良いんもですよ。笑)

 これって、一種の「昆虫の擬態」ではないかなぁ、と思います。  つまり、適当に活動家然として振舞っておいて、内心では除々に軸足をずらしていってるという、、、。たとえば、火事になったら真っ先に逃げるタイプでしょうね。。

 そういう保身の本能が一概に悪いとはいえません。  当の私も、恐れと不安と、義理と恩、そして何より、すべての疑問が最後には「池田先生」にいきつくことに、激しい迷いと心理的ブレーキがかかって、苦しんだからです。     数え切れない学会系・事件が社会を騒がせるたび、雲のように涌いてくる疑問なぞなかったことにして、目の前の責任を果たすことで自らを紛らわせていたからです。

でもそんな人はいずれにしても、「人間革命」など絶対に出来ないタイプになりますね。

 控えめに言っても、「自分改革」すら出来ません。 常に安全地帯にしか身をおかず、挑戦も内省もないから。 御書には「信心は無難にやっていい」とは書かれていないのですが。・・

 そういう中途半端さを厳しく先輩は戒めてくれていました。

 日興上人様は、きっと判っておられたのですね。  身に染みて、違背の輩の非道を味わってこられたのですから。

 人の心も学会お得意の「永遠に! 絶対に!」の指導だったものも、ここまで変わるものです。  人生の背骨を作りあげることが、私にとっての信心(発心)のひとつの理由でしたが、学会の中でそれは不可能だと判りました。ちょいちょい変わる「永遠の○大指針」の元では。

 その伝で、御書も多分、再刊行されるでしょう。  学会にとって不都合な御文が多すぎるからです。

 「願主不在!の携帯御本尊」の発売。 会場・拠点用のご本尊  大幹部には「常住ご本尊」を売りつけ、しかも数年後にまた 別のを授与するから以前のを返せと、何体も売りつける。私の先輩は、また7万円かかる。。とぶつぶつ言ってました。  そして今度は「御書」かと。。

 古きを知る古参の会員さんたちが歳を重ね、第一線から退いていっている時代。   時系列でみれば、おかしなことばかりの学会の歴史と指導性に声をあげるものがいなくなることを良いことに、やりたい放題です。
 
 きっと新しい御書(あるいはそれに類するもの)には、この

 『日興遺誡置文』は削除されるのでしょう。 というかいまに一斉に『学会の焚書坑儒』が始まります。 

 若い会員さんにとって、学んで習うには、今が最後のチャンスですね。
 
 ランボー
 

 

林檎さん

こんばんは。

> 「時の貫首たりといえども、仏法に相違して己義を構えば、これを用うべからざること」は載っていましたが、「衆議爲りと雖も、佛法に相違有らば貫首之を摧くべき事」は載ってませんでした。

そこが創価教学の姑息なところですね。自分達の都合の悪い事は教えない。そうした創価教学に毒されて大聖人仏法からずれちゃうんですね。ですから自分で学んで感じて何が正しいか見極めることが大切です。


> 私が任用試験を受験したときは五重の相対があったのに今は範囲ではないんですね。

創価大学の宮田教授が言っているように、将来的には大聖人仏法ではなく釈迦本仏に移行する下準備を始めたのだと思います。
そのためには種脱相対を教えると都合が悪いですから。

> 任用試験内容には、「この御本尊、全く余所に求むることなかれ。ただ、我れらの衆生の法華経を持ちて、南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におわしますなり」を引用して、この御本尊は全く別の所に求めてはならない。ただ、私たちが法華経をたもって、南無妙法蓮華経と唱える胸中にいらっしゃるのであると言っているのですが、これは教義変更により、大御本尊を信受しないと言っていることと関係があるのでしょうか?

要するに、大石寺の大御本尊なんか信じなくても自分の中に御本尊があるから大丈夫。みたいなことを言いたいのでしょうが、この御文には【我れらの衆生の法華経を持ちて、南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団に】と明確に書いてありますよね。ここいう法華経とは当然一大秘法つまりは大御本尊のことです。つまり、【大御本尊を信じて題目を唱える人】の胸中に御本尊がある。と言っているわけです。大御本尊をすてた衆生の胸中に御本尊があるなんてことはありえませんね。もしどんな人間の胸中に御本尊があるのなら、本尊自体必要ありません。鏡の前で自分を見ながら唱題すればいいわけですから。

このように創価教学はインチキでデタラメなのが多いのです。

林檎さん、頑張って御書を読んでくださいね。本当の大聖人仏法を学んでください。そして大御本尊(ご本仏)の功徳をいっぱい受けてください。

ランボーさん

こんばんは。

>  昔にはこの二十六箇条の暗記に挑戦していたものです。

そうでしたね。暗記しました。


>  化儀が変わるのは仕方がありません。 

それでも在家が勝手に化義を変えるのはいけません。

>  しかし化法まで変えてしまったことは 完全に逸脱、違背だと断じてよい。

はい。その通りです。流布する【法】自体を変えたら、もう何が何だかわからない団体です。

>  自分の今の生活に不満がないからか、  そもそも極めて個人的な動機と利害で活動をしているだけで、上のことは上がやるんでしょ? という心理なのか、 いまさら、学会がどうのこうのと言うのも疲れるし、悩みのどツボにはまるから、避けて通ってるのか、  あるいはおかしいな、、と感づいてはいながら、自分ひとりではどうしようもない、ということなのか。人間関係が壊れてしまうしね・・(壊れたほうが良いんもですよ。笑)

まぁ、一番は創価のコミュニティーから弾かれるのが怖いのではないでしょうか?
創価がなくても世間には自分を理解してくれる人などたくさんいるのに、そう思えないのではないでしょうか。

>  これって、一種の「昆虫の擬態」ではないかなぁ、と思います。  つまり、適当に活動家然として振舞っておいて、内心では除々に軸足をずらしていってるという、、、。たとえば、火事になったら真っ先に逃げるタイプでしょうね。。

言い得て妙ですね(笑)

>  控えめに言っても、「自分改革」すら出来ません。 常に安全地帯にしか身をおかず、挑戦も内省もないから。 御書には「信心は無難にやっていい」とは書かれていないのですが。・・

その通りです。

>  日興上人様は、きっと判っておられたのですね。  身に染みて、違背の輩の非道を味わってこられたのですから。

日興上人は時の法主が仏法に違背すると思って書いてないと思います。
この一文を書いて信徒を試したのだと感じます。
この一文を読んで増上慢の輩がこれ幸いにと法主を非難する。
そのような増上慢をあぶり出し富士門流から追放するために書いたのだと。
個人的にはそんな風に感じます。

>  その伝で、御書も多分、再刊行されるでしょう。  学会にとって不都合な御文が多すぎるからです。

ですね。戸田先生の指導すら封印するのですから御書なら尚更です。
でも、学会の都合の悪い御書を削除ちゃうと今の10分の1位のページ数になっちゃいますね(笑)


>  きっと新しい御書(あるいはそれに類するもの)には、この
>  『日興遺誡置文』は削除されるのでしょう。 というかいまに一斉に『学会の焚書坑儒』が始まります。 
>  若い会員さんにとって、学んで習うには、今が最後のチャンスですね。


そうですね。いつも書いてますが、キチンと学ぶ事が大切です。
その上で創価を是とするなら、もっと対論できるはずですが
残念ながら今のところちゃんと対論できる創価活動家は
私の周囲には見当たりません。
言ってくる言葉は
「日顕宗」
「退転者」
「不知恩」などなど
その理由も説明できない。
なんとも情けないばかりです  
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR