今週の言葉(11月2日)

 創価とは無限の希望!
 世界一の生命哲学を
 広げゆく誉れの人生だ。
 創立の志みなぎる
 歓喜踊躍の座談会を!
@@@@@@@@@@@@@@@

11月18日は、創価学会の創立記念日。
【創立の志みなぎる】座談会。
大変いいことを言ってるなぁって感心してます。
【創立の志】
入会浅い会員さんはよくわからないかもししれないので
ここで、創価学会の【創立の志】をおさらいしましょう。
知っての通り昭和5年11月18日の牧口・戸田先生が中心となり「創価教育学会」を設立し
その後、日蓮正宗の信徒団体となったわけです。
日蓮正宗法華講のひとつの「講」であったわけです。
昭和27年に戸田二代会長の時に
今の宗教法人・創価学会になりました。
さて、その宗教法人・創価学会の目的(志)とはなんだったのか?
戸田先生は創価学会を宗教法人にするときに宗門と下記の約束をしました。

1、折伏した人は信徒として各寺院に所属させること。
2、当山(日蓮正宗)の教義を守ること。
3、仏・法・僧の三宝を守ること。

また、当時の創価学会の教義には、

○この法人(創価学会)は、日蓮大聖人御建立(こんりゅう)の本門(ほんもん)戒壇(かいだん)の大御本尊を本尊とし、日蓮正宗の教義(きょうぎ)に基(もと)づき云々

と明確に書かれています。

上記の3つの約束を守る条件のもと、宗門は創価学会が宗教法人を取得することを許し
大聖人のご本尊を創価学会員に下付すすることを許したわけです。
そして、宗門から下付された御本尊のお陰で会員は幸福になり
学会も大きくなってきたのですね。
決して、「学会があったから大聖人仏法は広まった」のではありません。
大聖人仏法(御本尊)があればこそ、学会は大きなれたし
池田センセもそれなりに名を上げたわけです。
「広宣流布をしてやった」なんてのは増上慢のいうことで
「広宣流布をさせてもらって幸せになった」と御本尊に感謝するのが人の道ですね。

話は戻りますが、
【創価の志】みなぎる座談会というからには
当然、宗教法人・創価学会設立の当初に戻るってことですよね?
今月の座談会では、戒壇大御本尊を信受しないなんて言ってゴメンナサイ。
創価教学などという我見を吐いてスミマセン。
これからは、【創立の志】を忘れずに守っていきます。
と、幹部連中が、大御本尊と戸田先生に懺悔するわけでしょ?
それが【創立の志のみなぎる】ってことですもんね♪

え?違うの?
真実の創立は、去年の11月に大御本尊を捨てた日なの?
そうか、そうか、今の学会は
戸田先生の創立した創価学会じゃなく
邪教・創価学会でしたっけね。

大御本尊は思い切って捨てる。
教学は池田教学根本。
仏・法・僧ではなく、選挙・新聞・財務を三宝とする。
それが、ネオ創価の創立の志だよね。
冒頭で、「いいこと言ってるなぁ」って
褒めて損しちゃったよ(笑)
そんな創価だから
待っているのは、無限の希望ではなく
無間地獄でしょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

永遠の指導者である戸田会長の意志に背く創価学会は大謗法集団である。

学会は日蓮正宗の本山を食い物にして、 やがては一派独立の野望に燃えている新興宗教だというような、およそ誤認識をするものがある。
創価学会を論ずるには、初代会長牧口先生及び二代目会長戸田先生を知り、先生のお言葉、御精神、御振舞を、心して拝さなければならない。
戸田先生は学会再建いらい十四年間、初代会長牧口先生の御意思を受け継がれ、ひたすらに大御本尊様への御奉公にに身を捧げ、御本山をお守りする真心一筋に貫かれた。その粉骨砕身のお働きは、かねがね日昇上人様にも、日淳上人様にも、「戸田は決して一宗一派を開くものではございません。ただ生命の続く限り御本山へ忠誠一途につくすのみであります」と言上しておられた通りの御振舞であられた。すなわち五重の搭の始め総本山各坊、全国末寺の改築、奉安殿、本門大講堂の建立等々、その御供養のまことは数を知らず、すなわち日蓮正宗の良き檀那、大信者として、偉大な御一生を貫かれたのであり、「お前たちもこのようにせよ」と示されたのである。ここに創価学会と日蓮正宗との関係は自ら明白となろう。

コメント蘭盛り上がってますね

管理人さん、度々の更新御苦労さまです。
管理人さんの尽力のおかげで、このプログもいろいろな立場の方がきて盛り上がりってます。
プログ村の創価のカテゴリーでいろいろな立場の方がコメント蘭に自由に書き込めるのは当プログだけじゃないかな?

●正視眼さんの文章は読んでわかるので助かります。
このプログに過去見えた活動家の方の文章は読んでも意味不明の方が多かったのでコメントのしようがなかったです。

ボクは立場的には創価は宗教ビジネスであり、会員の多くはお金と労働力をマインドコントロールによって搾取され、一部の宗教でメシを食べてる者たちだけが潤うシステムという認識ですので 正視眼とはすいませんが正反対の立場です。

昔のことはともかく、最近の事でも創価はおかしくありませんか?
公明党はイラク派兵や今回の安保関連法案でも結局賛成にまわりましたよね。

別に賛成でもいいんですよ。
ただ、賛成の場合、管理人がこのプログで掲載していた、池田氏の提言や人間革命との整合性はどうなるんですかねぇ~

こういう国家が重大な岐路を迎えた時に創価学会として、なにもしないなら、最初から平和の提言なんかしなきゃいいと思いませんか?

創価学会では、日蓮上人の御書ではなくて、人間革命や池田氏のスピーチを中心に学ぶようになってきたという話ですが、こんなの見せつけられたら学ぶ気無くなりませんか?

安保法案反対の署名を後生大事に公明党本部にもっていった学会員の方やS大で安保法案反対の署名集めた方も、池田氏のスピーチや人間革命を読んだからこのような行動にでたんでしょう。

このような国家が重大な岐路を迎えた時になにもしないなら、人間革命や池田氏のスピーチは等は必要ないと思いませんか?

●正視眼さんもテレビで見たと思うけど、署名もっていった学会員さんに対する公明党の対応。
テレビカメラが回ってるのに、あの無造作な対応、これには本当にビックリですよね!あれはヒドイですよね!

●今回の事は創価学会にとってものすごいチャンスだったんですよ!
なんらかのアクション起こせば、創価学会ここにあり!と天下に知らしめることできたんですよ!
婦人部やバリ活さんも火の玉となって行動したと思いますが~
残念ですね~

●来年の参議院選挙は、言い訳DVD持って支持者回りするハメになってしまいましたね、頑張ってくださいね!

新入会、信心暦浅き方々へ

仏法は素晴らしいということを新たに感じています。

 いろんな方のコメントを読みながら、これを読むほかの読者の方も少なくないだろうから、更にもっとご意見を聞きたいとも思いました。

 だが少なくとも、こういう一見 対立にみえる様子で、もっとも陥ってはいけないことは、学会員第三者の方々が信心そのものに嫌気をさして退転する方向にいってしまうことでしょう。  

 だから発言をしたらいいと思う。 自分の思いを、確信ある意見を書いたらまた見えてくるものです。 叩かれてもそれもいいと。。
なにせ、傍観するのが最も悪い選択だろうと感じます。

 大事な自分の一生に関わることだからです。  ここは本来の座談会なのかもしれません。  協議会であり、今日の発心、であるかもしれません。 相手が「退転だ!」と言ってもそれは新たな前進の一歩にもなりうるんです。

 予定調和な会合なぞ、なんの意味もない。  クソの役にも立たない。

 管理人さんも過去ログで書いておられましたが、折伏にいって、軽くあしらわれて、せせら笑われて、相手の哲学的論述にまったく歯が立たず、悔し泣きをしながら帰っていく自分を、想起してみたらいい。 経験したらいいと思います。 私も同伴の後輩の前で無様な姿を晒してきました。  情けなかったものです。 「男は名を惜しむ生き物」ですから。

 だからこそ卑小で偏狭な自分、学会の「庭」でしか通用していなかった自分を恥じるのがいい。  そのほうが、はるかにマシです。

 新しい会員さんにとっては、何が解らないのかが判らない。 そんな情況かもしれません。   それが末法という時代相です。

 私は以前から、創価学会にも「三時」を適用して考えてきました。

 正法時代 像法時代 末法の時代 です。

 こんなものは牽強付会に過ぎないかもしれませんが、実によく見える角度でもあると考えます。

 学会はその伝でいけば、末法の初めに思えます。 

 先輩幹部さんに訊いてみてください。  なにがなんやらわけわからん時代に、自分はどうすればいいかと。

 正義をかざし、世界で唯一の正しい仏法(宗教)を自称してきた学会。

 世界で最高の師匠・池田先生をいただいて、みんなで頑張ってきた歴史。

 時系列で学会と社会の相互の史実を学んでいってください。  

 そうすればするほど「わけわからん時代」になっちゃってることだけは判るはず。

 でも、安心していいのは、途中の人師・論師の言なぞどうでもよくて、
ただただ文底独一本門の、人法一箇の大御本尊様をいのちの中心軸において唱題して生きていけば大丈夫なのだという事実です。

 そしてまさにそれを捨てた創価学会だからこそ、現場の我々は必死でものを言っているだけなのです。

 すげえ上からの目線に読めたかもしれませんが、ただのひとりの先輩目線だと思って 勘弁してください。

 

 

 

 

 

 

 

学会員様へ

コメントを拝見して想う処がありました。
小生、本年春に脱会しご宗門に帰依しましたが、寺院での毎日の朝勤行終了後に御住職より20分程度御書講義がございます。

脱会直後は現在宗門が用いる平成新編御書が手元になく、登山の折に早速買い求めました。
手にした御書の発刊の辞を読み進めていくと、「戸田大講頭の懇志」と記された箇所があり、昔の学会は宗門に御奉公を尽くしていたことを窺い知ることができました。
発刊の辞を記述されたのは、学会が罵詈雑言を浴びせてきた日顕上人猊下です。

「あぁ、やっぱり宗門は何も変わっちゃいない」涙腺の弱い小生、再び震えるように泣けてきました。

管理人様や皆様の仰る通り、今の創価学会には、事実を事実として直視する勇気を持って欲しいと思います。
特に管理人様がご指摘された日興遺戒置文は、今の学会教義を正面から破折されており、日興門流の自覚があるなら謙虚に拝するべきと存じます。

No title

管理人さん、お久しぶりです。
あれから一度、学会に誘ってくれた友人と地域の座談会に出席しました。
が、僕が入会時に感じたものと求めているものが掛け離れていることが痛いほどわかりました。


まず、池田先生とお偉い方(いわゆる人生で成功を成し遂げた人)との対談のビデオに違和感を感じました。
悪い言い方かもしれませんが、僕にとっては、お偉い方のちょっとした沿革に学会との出会いや交流と池田先生との対談で「イイ話だ~」としたいだけで、深く追求した中身(何故成功したのか、どのような行いをしてきたか)がないように思えました。

次に、学会の歌や信仰告白。
歌については歩んできた歴史を体現している歌詞があるので失礼ながら個人的に面白いと思いますが、しかしながらわざわざ歌う必要性があるのかが理解できません。「時代に臨機応変合わせていくならわざわざ座談会で歌う必要ないのでは?」とも思います
信仰告白についても自由とはいえ「別にやらなくていいのでは?」と思って仕方がありません。

最後に、仏法についてあまり触れず学会のことばかりに触れることに疑問を感じました。
確かに学会について触れるのは必要だとは思いますが、仏法を二の次にまでして触れる必要性があるのかが僕にはわかりません。


以上がその座談会で僕の感じた点となります。
それに友人は学会の宗教批判に賛成の様子で僕にとっては考えが狭すぎるとしか思えません。
学会は一般的に間違っているとされていること(公明党との癒着疑惑や政教新聞など)があるというのに、それをあたかも棚に上げて学会を正しいと思い込み他の宗教を貶めている、というのは間違っているとしか思えないのです。
正宗から破門されている時点で既に正しいかどうか僕にはわかりませんが……
それと、何故に入会した信徒に仏法をまず学ばせようとしないのかもよくわかりません。
一番大事な核であると僕は思いますし、会館にはあまり訪れないのですが、会館にも解釈はどうであれ本は幾らでもあると思うのです。
それに案内や誘導しない時点でおかしいとも思いますし当の折伏した本人があまり詳しくないというのも……(あれから僕も学ばずにいるのは恥ずかしいところではありますが、失礼ながら学ばなくてもいけないわけではないと割り切ってます)

ともあれ、今日の夜に久方ぶりに友人と会う約束をしていますが、その際に脱会の旨を伝えるつもりです。
実際に、友人は間違っていないことを確信している(僕にとっては盲信に見えるのですが……)からか「間違っていると思ったら脱会すればいい」ともよく言ってますので、この機に話してみようと思います。

古本屋店主さん

こんにちは。

> 管理人さんの尽力のおかげで、このプログもいろいろな立場の方がきて盛り上がりってます。
> プログ村の創価のカテゴリーでいろいろな立場の方がコメント蘭に自由に書き込めるのは当プログだけじゃないかな?

そうなんですか?
あまり他のブログ(特に活動家のブログ)は読まないもんで・・・
まぁ、反対意見や批判もあっていいかな?って思ってます。
創価活動家さんの批判がもう少し高レベルだとなをいいのですが・・・

> ●正視眼さんの文章は読んでわかるので助かります。
> このプログに過去見えた活動家の方の文章は読んでも意味不明の方が多かったのでコメントのしようがなかったです。

確かに、単なる「創価は正しい」の一点張りよりはいいのですが。
惜しむらくは、【ネット教学】なんですよね。
創価擁護のサイトを引っ張ってきては貼りつける。
それだけなのが残念ですね。

リコリスさん

お久しぶりです。

> あれから一度、学会に誘ってくれた友人と地域の座談会に出席しました。
> が、僕が入会時に感じたものと求めているものが掛け離れていることが痛いほどわかりました。

そでうですか。そうかもしれませんね。
リコリスさんのコメントを読んで、座談会はもう何十年も変わり映えしないなんだなぁと再確認できました。
リコリスさんの言う通り、本来であれば「日蓮仏法座談会」であるべきが
「創価座談会」になっちゃってますからね。
今の創価では、仏法を学ぶ事はできません。
教える方(活動家・患部)が分かっていませんから・・・

> ともあれ、今日の夜に久方ぶりに友人と会う約束をしていますが、その際に脱会の旨を伝えるつもりです。
> 実際に、友人は間違っていないことを確信している(僕にとっては盲信に見えるのですが……)からか「間違っていると思ったら脱会すればいい」ともよく言ってますので、この機に話してみようと思います。

そうですね。恐らく引きとめられるでしょうが。
私的にはリコリスさんが座談会で感じた事は、全くその通りと思っています。
なので退会するなら早く退会することをオススメします。
今の学会に籍を置いておくのは正直言うと「百害あって一利なし」です。
とか言ってる私はまだ退会してないのですが
私もやり残したことをやったら退会するつもりでいます
もっとも、その前に除名になる可能性の方が高いですが・・・
いずれにしてもご友人と本音で語り合ってください。

退会につきまして

管理人様へ

お世話になります、非活動男子部です。先日は素晴らしいご指導ありがとうございました、毎日の五座三座の勤行大変充実しております、ほんとうに管理人様に教えていただけたことに感謝の毎日です。私も母もいま御書根本に大御本尊を信じ、五座・三座の勤行とお題目を上げていけるようになって真剣に創価学会を退会することを考えるようになりました。
そこで管理人様にお聞きしたいのですが、管理人様は退会した場合はどのようになさろうとお考えですか?また御本尊様は創価学会の日寛上人のものを今後も続けていかれるのでしょうか?
私も母も退会することには何の抵抗もないのですが、その後の御本尊様のことと日蓮正宗に行くべきなのか真剣に悩んでいます。
ぜひ管理人様のご意見をお聞かせいただけると幸いです、管理人様のおかげで正しいものに巡りあえたので是非よろしくお願い致します。

管理人様、お世話になっております。度々すみません。
管理人様のブログを始め、コメントを書かれてる皆様の言葉にも色々考えさせられました。
日々唱題したり、御書を拝読したり、管理人様のブログを読んでいて、大御本尊様にお目にかかりたいと思うようになりました。
でも、主人が活動家、それも友人、親戚、職場の人みな学会員という環境で、学会を疑うこともなく毎日会合、部員さん周り等活動しております。
それが私にとって物凄くストレスといいますか、辛いです。
一度教義変更について聞いたとき、時代が変われば教義も変わるみたいなことを言われ、新聞に載ってた説明のようなプリントを貰って以降何もありません。勿論納得できなかったですが、これ以上話しても会話が成り立たないのでやめました。
私もできれば辞めたいですが、離婚も視野に入れなければならず、辛いです。いつも悩んでいます。

非活動男子部さん

こんばんは。

> そこで管理人様にお聞きしたいのですが、管理人様は退会した場合はどのようになさろうとお考えですか?また御本尊様は創価学会の日寛上人のものを今後も続けていかれるのでしょうか?
> 私も母も退会することには何の抵抗もないのですが、その後の御本尊様のことと日蓮正宗に行くべきなのか真剣に悩んでいます。
> ぜひ管理人様のご意見をお聞かせいただけると幸いです、管理人様のおかげで正しいものに巡りあえたので是非よろしくお願い致します。

これは、人によって様々で一概には「こうした方が良い」とは言えないです。
今まで書いたとおり学会の日寛上人のご本尊でも問題ないと思っていますが、
やはり、大御本尊にお目通りしたいし、お目通りすべきだと思います。

日寛上人は、
「志有らん人は登山して拝したまへ」(寿量品談義)

ご指南されてます。
もしも、何も差し障りがないようでしたら
日蓮正宗に行き、ご本仏(大御本尊)にお会いし
ご本仏にご供養(金銭面だけなく)差し上げるのがいいかと思います。
その場合は学会の本尊を返納し
しばらくは内得信仰になりますが、非活動男子部さんなら大丈夫です。
また、正宗に行くのに不安があるのでしたら
近くの正宗寺院にいって、学会を退会の上その旨を話し
しばらくの間その寺院に足を運んでみたらどうでしょうか?
そこの住職さんの話を聞いて決めるのもひとつの方法かと思います。
いずれにせよ、最後には大御本尊にお目通りできる状態になっていたいですね。
私も、現在はこのような状態(学会員)ですが
やはり、今世の内に大聖人(大御本尊)にお会いしたいといつも思っています。

林檎さん

こんばんは。

> 日々唱題したり、御書を拝読したり、管理人様のブログを読んでいて、大御本尊様にお目にかかりたいと思うようになりました。

それこそ、林檎さんが正しく信仰している証拠です。唱題(行)も御書(学)も最後には大御本尊に行き着くのが正しい姿なのです。

◆行学は信心よりをこるべく候(諸法実相抄)

この通りなのが今の林檎さんだと思います。

> でも、主人が活動家、それも友人、親戚、職場の人みな学会員という環境で、学会を疑うこともなく毎日会合、部員さん周り等活動しております。
> それが私にとって物凄くストレスといいますか、辛いです。
> 一度教義変更について聞いたとき、時代が変われば教義も変わるみたいなことを言われ、新聞に載ってた説明のようなプリントを貰って以降何もありません。勿論納得できなかったですが、これ以上話しても会話が成り立たないのでやめました。
> 私もできれば辞めたいですが、離婚も視野に入れなければならず、辛いです。いつも悩んでいます。

それは、お辛いと思います。学会活動にのめり込んでしまうと、とかく家にいる時間もなく残された家族は寂しいし不満なのは当然です。お互活動家ならともかくそうでない場合はもう少し家庭に配慮しないといけませんね。家族を放っておいて世界広布もヘッタクレもありません。
ただ、離婚とは穏やかではないですね。夫婦間のことは他人にはどうこう言えませんが、一度ご主人に真剣に林檎さんの想いを伝えてみてはどうでしょうか?
活動ばかりでなくもっと家庭を大切にして欲しい。
学会の教義には納得できないので学会に関する会合等には行きたくない。
とか思っていることを言ってみてはどうでしょうか?
ご主人も真剣に聞いてくれるのではないでしょうか?

最後に、辛い時は御本尊にお題目をあげてください。
ただ「辛いです。なんとかしてくだい」とありのまま御本尊に相談してください。
よく祈りは具体的と指導されますが、
具体的じゃなくても大丈夫です。
相手はご本仏です。すべてわかってくれます。
私も、辛かったり苦しい時は、「どうにかしてください」と祈ってます。
林檎さんの祈りなら必ずご本仏が一番いい形で叶えてくれます。

◆苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ、これあに自受法楽にあらずや、いよいよ強盛の信力をいたし給へ(四条金吾殿御返事)

ありがとうございます。

管理人様

いつもながら丁寧に御回答くださりありがとうございます。凄く道理の通ったコメントですごくすっきりしました。私も子供のころ母や家族と一緒に日蓮正宗と創価学会が別れるまで、大石寺の大御本尊に毎年お目通りに行ってました。その後に別れる時に創価に行ってしまいましたが(今は後悔してます)今になって管理人様のブログに出会えて御書根本に大御本尊を信じ、五座・三座の勤行とお題目を上げていけるようになって、やっと何が正しいのか目が覚めました。ほんとにまたご本仏(大御本尊)にお会いしたいです。いつか管理人様と一緒に行けたらいいななんて思ってます。いつもながら素晴らしい御書ありがとうございます。

日寛上人は、
「志有らん人は登山して拝したまへ」(寿量品談義)

もっと御書を勉強して寺院に足を運んでみたりそこの住職さんの話を聞いて決めて見ようと思います。これからも管理人様のブログを拝見させていただき、管理人様の様な御書根本・大御本尊根本の人になれるように頑張ります、またお世話になることもあると思いますがよろしくお願い致します。この度は御質問にコメントいただきありがとうございます。

非活動男子部さん

こんにには。

> もっと御書を勉強して寺院に足を運んでみたりそこの住職さんの話を聞いて決めて見ようと思います。これからも管理人様のブログを拝見させていただき、管理人様の様な御書根本・大御本尊根本の人になれるように頑張ります、またお世話になることもあると思いますがよろしくお願い致します。この度は御質問にコメントいただきありがとうございます。

そうですね。正宗寺院に行って色々と訊いてみるのが一番いいと思います。
それと、非活動男子部さんはもう立派に御書根本・大御本尊根本の方ですよ。
また、いつでもコメントくださいね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR