創立1周年

今日11月7日は、創価が大ご本尊を捨てて丁度1年の記念日ですね。
俺の知らない創価学会。
そう、邪教・創価学会の1周年記念日です。
折角の記念日なので、
邪教・創価学会の言い分を簡単に振り返ってみます。
え~っと・・なんて言ってたかな?
「三大秘法」については、
「弘安二年の大御本尊も本門の本尊に含まれる」って言ってたな。
で?その本門の本尊に含まれる筈の
大御本尊を信受しないし、大御本尊には功徳がない。って話だよね。
本門の本尊なのに信受しないとか
本門の本尊なのに功徳がないとか
それって、「本門の本尊じゃない」って事だよ。
いくら教学に疎い会員さんでもこんな理屈はさすがにおかしいと思うはず。
要するに、古くからの会員さんの手前
大御本尊も「本門の本尊」ということにしてはいるが
ホントは「本門の本尊じゃない」って思ってる事でしょ?
会員の皆さん!「本門の本尊」の定義はなんですか?
何を持って「本門の本尊」というのですか?
今一度、思索・研鑽をしてみてくださいね。

で、「出世の本懐」は、三大秘法の確立と民衆仏法の確立だっけ?
まぁ、「出世の本懐」ってのはこんな事じゃなく

◆円融の三諦は何物ぞ所謂南無妙法蓮華経是なり、此の五字日蓮出世の本懐なり之を名けて事と為す(御義口伝巻上)
◆あまりにありがたく候へば宝塔をかきあらはしまいらせ候ぞ、子にあらずんばゆづる事なかれ信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ、出世の本懐とはこれなり(阿仏房御書)

とあるように、弘安二年の大御本尊御建立なんだよね。
だって、そうでしょう?
三大秘法の確立。民衆仏法の確立。って言った所で
それは「理」でしかない。
事実の上でどう【確立した】のかと言えば
弘安二年に大御本尊を建立した事によって【確立】したのだから
「出世の本懐」とは大御本尊建立以外にないじゃん。

日寛上人の「一大秘法」の義は御書にないから用いない。だっけ?
曾谷入道殿許御書にある「妙法蓮華経の五字」を一大秘法と明かしているとか言ってたっけ。
じゃぁ、この妙法蓮華経の五字ってなに?
曾谷入道殿許御書で言われているのは、大聖人(四菩薩)が付属された法体の事。
で同御書には
◆妙法蓮華経の五字名体宗用教の五重玄なり
と書いてある。(天台の五重玄でなく、妙法蓮華経(自受用身)五重玄)
その法体の妙法蓮華経の五字とは、大御本尊であることは他の御書から読み取れる。
「御書にない」などという詭弁を言って会員を騙すとは恐れ入ります。

あとは、「創価学会が御本尊認定する権能がある」だったなぁ。
それこそ、御書の【どこにも無い】
片や「御書に無いから用いない」といいつつ
一方では「御書に無い事を勝手に決める」という
この、ご都合主義。

時が経過すればするほど、邪教・創価学会のペテンが鮮明になるなぁ。
そんな邪教・創価学会をまだ「創価は正義だ」と
なんの論拠も無くホンキで言っている(思っている)
活動家の会員さんの心の中と言うか、頭の中が
申しわけないが俺には理解できない。
魔に食い破られたとか、怨嫉してるだとか言うのだろうが
あれから1年経ってもこのブログに
理路整然と文証を示しながら
「なるほど創価の言ってる事は正しい」とコメントくれた人は皆無だ。

しかし、創価の言ってる事は、こんなに分かりやす邪義・己義なんだけどなぁ。
詐欺は単純な方か騙しやすいのかな?
こんなペテンに純粋な会員さんが騙されてると思うと切ないよ。
創価上級幹部とそれに従順する活動家会員の責任は大きいね。

まっ、何はともあれ
「邪教・創価学会」の幹部並びに活動家のみなさん。
創立1周年おめでとうございます。
創立1周年を祝して私の方がら御文をひとつ贈ります。(笑)

◆善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし(開目抄下)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

反論できない?

管理人さんいつもご苦労様です。毎回、記事を欠かさず読ませていただいています。
コメントも全部読ませていただいています。
学会は相手にしていないつもりかもしれませんが、読者は管理人さんの反論が怖くて
堂々と投稿できないないんだと感じます。学会も恐れづに管理人さんが間違っているのなら
指摘してもよさそうなものです。何回か向かってこられた方もおられましたが、スッと消えて行かれるようで情けないですね。
管理人さんも時々感情があふれる時もあるようですが、誹謗、中傷されても管理人さんらしく冷静に大人の対応してあげてください。
私は学会員でもなにかの宗教を信心しているわけではないのですが、このブログの読者の方の真摯な信仰心に尊敬しています。だからこそ創価学会の中から、二代戸田城聖氏の時代の創価学会に戻られるようにがんばってください。
                          
                       部外者ですが、若干関りができてしまったお父さんでした

もはや

 正義、正義はうんざりします。 よってコメント中止。(苦笑

 反・共、反・権力!だった時代がなつかしい。

ランボー様へ

そうですね。昔の反権力の姿勢で臨んでいた時代が懐かしいです。

竹入委員長、矢野書記長の体制で与野党が伯仲していた頃は、
候補者に戸田門下生の方がおり、
出陣式でも御書の一節がスラスラ出てきたことを記憶しています。

大聖人の時代と形は違えども、
妙法流布の為に権力に対して立ち向かう気概を感じました。

今は学会の保身の為に、広宣流布とは無縁の中で学会員さんたちが活動してるんですね。

教義が改正された今の学会には
妙の照覧が無いことを、
小生も管理人様、ランボー様を見習って一人でも多くの学会員に語っていきたいと愚考しております。

宗門は組織としての創価学会を破折していますが、
学会員さん個人には大慈大悲の精神で懇切丁寧に教導しています。
法を憎んで人を憎まずです。
今朝も脱会を考えている学会員さんが、
朝勤行にいらしてました。

よしひろさん

こんにちは。

> 管理人さんいつもご苦労様です。毎回、記事を欠かさず読ませていただいています。

ありがとうございます。

> 管理人さんも時々感情があふれる時もあるようですが、誹謗、中傷されても管理人さんらしく冷静に大人の対応してあげてください。

はい。努力いたします。

> 私は学会員でもなにかの宗教を信心しているわけではないのですが、このブログの読者の方の真摯な信仰心に尊敬しています。だからこそ創価学会の中から、二代戸田城聖氏の時代の創価学会に戻られるようにがんばってください。

いつも激励ありがとうございます。                           
よしひろさんも御苦労が多いと思いますが一緒にがんばりましょう。                       

ランボーさん

こんにちは。

>  反・共、反・権力!だった時代がなつかしい。

本当に。
悪しき権力との闘争
それが学会活動を必死やれた力の源泉のひとつでした。
まさか、こんな事になるとは・・

茹でカエル

  いきなり熱い湯に入れれば、誰だって飛び上がって這い出るものですが、冷たい水にカエルをいれて、そぉっ~と小さな火で熱していく。  
すると、なかなか変化に気がすきにくいから、長くそのままでいるのです。    温度変化する水の中に。

 そして鍋の外に絶えず関心ごとを見せて、そっちに眼を向けるさせる。

 効果的な茹で料理法です(笑

 水滸会記録で、頻発する文言。

 「世間が(会員も?) あっと気がついたときはもう遅いのです。 そういうふうにうまくやるんだ」(主意)

 既コメントですが、私の先輩の和歌山研修道場での話にも、

 「会員が減ってもいいんだ。 やるんだ」(同じく主意)

 こう仰っていたというのも思い出しました。

 これというのは、どう考えたら納得できるのでしょうか。

 我々は決して「大切な仏子」などではなく、惜しみなく貢ぐ財源であり、運動体(ハチでいえば働き蜂)の一匹であり、防衛隊に過ぎなかったのかな・・

 誰しも自らの信心(人生)を否定したくないから、学会とその運動の正当性を必死で語るものです。  でないと実存の儚いの沼に堕ちこんでしまう。  寄る辺なき人生ほどこわいものはありません。

 だから、なんだかんだと「辞めない」理由を見つけ出し探し続けるし、信じつづけよう、 いや、少々のことがあっても学会の中に属していたい!と。。 こういう心象になっていると考えるのです。  ほかならぬ私がそうだったから。

 ある方面幹部から、私がこの耳で聞いたセリフ。。

 「このご本尊で(平成5年の日寛本尊へのお取替え)ほんとに功徳がでるのかどうか、実は本部はハラハラしてたんだよ」 と。


 ご判断はみなさんにお任せします。  私はガッカリしてたもんですが。

 熱湯ですでに足も下半身も火ぶくれしてしまってることに、気づいてみましょう。  そろそろ、ね。
 

 
 

 

 
 

 

古刹信徒さんへ

 順番があと先になってしまいました。 ごめんなさい。

 リコメントをありがとうございました。

 語って語って、相手が一、言えばその十倍も話していくんだ!臆病ではいけない!

 そう、かつて、Pも仰っておりましたし(笑) 語っていけばいいと考えます。

 かのゴルバチョフが Pとの会話でペレストロイカとあとなんてったっけ、、ま、今の言葉でディスクロージャー??、つまり機密国家を解体し民主化を図ったことで、人民は感謝しつつ、次第にゴルビー自身をも攻撃することになった事実に触れ、「真の指導者はその矛盾をも甘受しないといけませんね。云々。と言い、Pも賛同しておられたのを思い出します。

 真実を語る。 少なくともそう信じることを主張するのを恐れてはいけない。 真正の勇者として(これもP指導) やっていくころが正しいと考えます。

 管理人さんは、獅子身中の虫かも。。。と仰ってましたが、そうでもいいと私は思っています。  会内にとどまっている理由のひとつも、それもあるかなと。
 これを『獅子 身中の 獅子」と申します。^^

 

ランボーさん

こんにちは・

>  誰しも自らの信心(人生)を否定したくないから、学会とその運動の正当性を必死で語るものです。  でないと実存の儚いの沼に堕ちこんでしまう。  寄る辺なき人生ほどこわいものはありません。
>  だから、なんだかんだと「辞めない」理由を見つけ出し探し続けるし、信じつづけよう、 いや、少々のことがあっても学会の中に属していたい!と。。 こういう心象になっていると考えるのです。  ほかならぬ私がそうだったから。


全く同感です。
そこを打ち破っていけるかどうかですし
そこを打ち破るのが大聖人仏法であり法華経の行者なんですけどね。

創価学会の本尊はお金です。


●もともと、御本尊を会員から金を引き出すツールとしてしか認識してない創価の経営陣様は、もう、不要となったから御本尊はポイなんです。

㈱創価を宗教団体と考えるから、㈱創価が販売してる商品としての理念と現実の学会活動の狭間で悩んでうつ病になったりしますが、今回の安保騒動でわかったと思いますが、㈱創価の経営陣様にとって理念は商品にすぎません。

平和の提言したり、人間革命でキレイ事書いたり、勲章をマニアみたいに集めたしてるのは、決して平和という理念を実現するためでなく、商品としての『平和』に付加価値をつけるためであり、バリ活様みたいな盲信者を養成するためです

●養成したバリ活様に㈱創価=御本尊と刷りこむためにやってるんです。
(こんなに、うちの団体は世界のエライさんと会えるから素晴らしい団体なんだよ~んてな具合いですね、騙しのスケールちがいますからバリ活様はコロリといきます)

●それが証拠に、今回の安保騒動において、㈱創価はなんにもしなかったですよね、『平和の理念』が商品に過ぎないということが見事に露呈されてしまいましたね。
哀れ、㈱創価の鉄砲玉として利用されてるのが、理解できないバリ活様なんか安保法案反対の署名もっていった同志を仏敵と攻撃してるくらいですから完全にイカレてますよね(笑)
これなんかバリ活様が㈱創価=御本尊と思ってることを示してます。
組織の打ち出しを盲目的に信じてる好例です。

●毎年、10万人の本尊流布→3000円×100000人=300,000,000円→3億円

○聖教新聞 公称500万部(仮定)→2000円×500万部=(毎月)100億

○財務 一口1万×100万人→100億円(毎年) 
     100万×1万人→100億円(毎年) 
     
大百蓮華 200円×100万人→2億 (毎月)
新聞啓蒙を推進するのがわかります(笑)
これに民音その他諸々付随しますから、システムさえ確立してしまえば、笑いが止まりませんよね!
つまり、勲章もらうためにお金ばらまいても、それ以上の投資効果があるということです。(会員がボッタクラれてるワケです)

ある程度規模が大きくなり、システムが確立してくると、宗教的理念がゼロの㈱創価の経営陣様にとって、教義等に色々口出ししてくるお坊さんチームは目の上のたんこぶになってくるワケですね(宗門にお金の援助する必要もあるワケですから)
何度もかいてますが㈱創価の商品は1創価仏教 2インチキ平和運動 3コミユニティから成り立ってます。

●㈱創価の経営陣様にとっても会員にとっても大事なのは3のコミユニティなんです。
宗門との関係が切れれば、宗門を養うお金が必要ないし、自民党様を支持する宗教団体とも結託できるし、オリジナル御本尊やオリジナル御書もコミユニティを通じてジャンジャン販売できます。
会員にとっても自営業だったら仕事の斡旋、その他、公営住宅の斡旋、お見合いの斡旋、一人暮らしの老人にはセイフティネットという多機能をもつ便利なコミユニティなんです。

●バリ活様養成システムでバリ活様を養成してしまえば、後は、養成されたバリ活様がコミユニティ維持のためにうつ病になってまで貢献してくれますから、コミユニティさえ維持できれば宗教貴族としての生活が永遠に保障されますからまさに天国ですね!


古本屋店主さん

こんにちは。


全く仰る通りですね。
バリ活さんには本当に同情します。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる