C作戦

正宗批判のひとつ「C作戦」について質問をもらったので回答を書きます。
学会の言う「C作戦」とは、正宗が学会を「カット」するための謀略のことだが
実際に「C作戦」なるものは、「法主絶対論」などと同じで存在しない。
むしろ「C作戦」なるものが存在していたが如く会員を誘導した学会の謀略と言っていい。
このことは、某裁判で「C作戦」の存在の有無について
「これらはいずれも一方的な陳述の類であり、その内容も客観的根拠に乏しく、また、これらを補強し得る的確な証拠もない」
という判決が出ている。
その後20年以上経過した今でも
学会は「C作戦」なる謀略が存在した事を
客観的に証明していない。
まぁ、お得意の創価のでっち上げのデマである。
そのデマを延々と会員に教え続けているってワケだ。

学会が正宗から破門になる直接のきっかけは、平成2年11月16日の本部幹部会でのセンセのスピーチ
いわゆる「池田スピーチ」だ。内容は、

○猊下というものは信徒の幸福を考えなきゃあいけない。権力じゃありません
○(猊下の御説法に対して)全然、また難しい教義、聞いたって解んないんだ。誰も解らないんだ。ドイツ語聞いているみたいにね。それで「俺偉いんだ。お前ども、信徒ども、信者、信者」って、そんなのありませんよ
○50周年、敗北の最中だ。裏切られ、たたかれ、私は会長を辞めさせられ、ね。もう宗門から散々やられ

こんな感じだ。
この様な池田スピーチが原因で破門へとなっていく。
つまり、「仕掛けた」のは池田センセと不愉快な仲間達の方である。
その後宗門側から提出された、学会に「お尋ね」なる文書を学会は受け取り拒否。
さらに宗門側からの回答文書の提出の要求も再三拒否。
ようやく「お伺い」なる文書を学会が宗門に提出したが
宗門側からの「お尋ね」にたいする回答ではなく宗門を批判する内容の文書。
事実上宗門からの質問に対し0回答である。
これが正しい信者のあるべき姿なのかどうかよく考えて見て欲しい。
で、翌年かからは宗門批判キャンペーンを始め、結果破門である。
冷静に事の経緯をみてみれば
明らかに、学会側が仕掛け、わざと破門されるように仕向けたようにしか思えない。

学会側は「池田スピーチ」は改竄されていた。宗門を批判したものではない。などと抗弁したが
だったら宗門の誤解を解くようにキチンと説明すればいい話で破門云々に発展する話ではない。
また、俺もそのスピーチをリアルタイムで聞いていたが
池田センセが法主及び宗門を批判している。としか思え無かった。
だから、スピーチ内容が改竄されているとは思わない。
多少の違いはあっても、宗門に対する批判的な内容だった事は事実だ。
それが証拠に、それから3ヶ月も経たないうちに
宗門に対する批判を繰り広げている。
つまり、最初に学会がいった「宗門を批判したのではない」なんていうのは
真っ赤なウソということだ。

学会幹部・活動家は「C作戦」を実行した宗門は「破和合僧だ」なんて言うが、
むしろ「破和合僧」は池田センセの方ではないか?
創価のみならず当時正宗信者のトップの人間が
多くの信者の前で、法主と宗門を批判する。
これこそ、信者と宗門とを分離させる「破和合僧」の行為だと思う。
たとえば、俺が学会幹部で、会合の折に会員の前で
池田センセや創価の事を批判したらどうなる?
そしてそれを聞きつけた上級幹部の質問に一切答えず
「あなた達の言ってることに答える筋合いなどありません」って言ったら?
当然、除名になり、「破和合僧だ」と言われるだろう。
現に幹部を批判するのは「破和合僧」になる。っていつも指導してるからな。
そう言う事を池田センセと不愉快な仲間達は宗門に対してしたのである。
そうした経緯を考えれば「C作戦」を画策し実行したのは学会の方である。
宗門をカットする(宗門にカットされるよう仕向ける)
学会の言動こそが「C作戦」そのものだと思う。

そもそも、創価を破門して正宗に何の得があるのか?
もっとも供養してくれる、もっとも人数の多い信徒集団を破門する
そして破門すれば必ず創価が攻撃してくることも分かってて
好き好んで破門はしないはずである。
対する創価は破門される事によって得るメリットは大きい。
まず何よりも宗門に供養しなくて済む。
つまり集金した金は全額自分達で使える。
また、宗門から指導されずに済むので
自分達で好き勝手に本尊や教義を決められる。
宗門と離れるデメリットは何も無く、メリットしかない。
案の定、破門後は創価本尊を会員に買わせ
勤行を変え、更には大御本尊まで捨てた。
その事実を見れば、どちらの言い分が正しかったかは明白だ。
要するに池田センセと不愉快な仲間達は
宗門に破門されるように仕向けた。
それが真実だと思う。
自分達から宗門から独立すると、会員の動揺や非難が大きい。
でも宗門から破門された。というテイであれば
「悪いの学会を破門した宗門だ」って言えるからな。
まぁ、いかにも幼稚な人間が考えそうなことだが
それにまんまと引っ掛かり、20年以上も騙されずづける幹部・活動家がいるのだから
学会が仕向けた正宗カット作戦。「C作戦」は一定の成功を収めたと言うところか。

最後に、学会の言う「C作戦」の根拠は
正宗の河辺氏の私的メモ、通称「河辺メモ」だが
そんな私物をどうやって入手したのか?
河辺氏が公開した訳じゃないのだから
「盗んだ」以外に入手するすべはないと思うのだが。
また、「河辺メモ」には、戒壇の大御本尊に対する疑難らしき事も書いてあり
その時学会活動家は、それをもって
戒壇の大御本尊に疑念をもつなどともってのほかの大謗法だ。と言っていたが
いまの学会は戒壇の大御本尊に対する疑念どころか信受しない。
もっと酷い会員になると、大御本尊は後世のニセモノというヤツもいるが
これは、大謗法じゃないのか?
この自語相違を、キチンと説明できる活動家はいないのか?
なんとも情けない活動家さん達じゃありませんか。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも明快です!

管理人様

いつも明快な御記述に大変感銘を受けております。
非活約30年の小生は、本件をリアルタイムで把握していません。

ただ、常に客観的に文書のやり取り等の情報は、事ある毎に入手してプレーンな気持ちで思考していました。
小生の拙い分析でも管理人様の仰る通り、宗門から何かを仕掛けるような事はなく、常に冷静に対処されていたと記憶しています。
当時の猊下様は「利」より「理」を貫かれたと大変僭越ながら凡夫なりに愚考しています。

学会の宗門に対する罵詈雑言、特に聖教新聞の礼節の欠けらもない下品な紙上座談会を見聞し、悩乱しているのではないか?と感じ、言葉に表せない苦悩の日々が続きました。何よりも大御本尊様に御目通りできない状況にこの身を置く事に、何ともやり切れない想いがありました。

信濃町官僚の中から、一代聖教大意を正しく理解し、大聖人様の仏法、日興門流の化儀、化法を実践するリーダーが出現することを祈っております。

今になって思えば

僕はこの当時、中学生くらいでしたので、完全に宗門が悪で学会側が正しいんだと思い込んでいました。
自民党からの学会バッシングが激しくなったのもこの直後だったように記憶していますし、そのことも併せて当時は学会は正法正義を守るために戦っているもんだと信じていました。
ところが、一歩下がって見てみると、宗門は教学上の面から学会を正そうとし、学会はゴシップネタ(しかも捏造をして)で宗門を叩くのですから、どちらが正しいのかは推して知るべしですね。
結局、学会にしてみればどんなネタでも良いから学会員に宗門は悪だというプロパカンダをばら撒いて、会員を抜けさせないようにすることだけが目的だったんでしょうね。
少し前に、YouTubeで当時の学会と宗門の争いのことを取り上げたワールドビジネスサテライトの映像を見ましたが、学会の婦人部の方がこれからご開扉を受けられなくなることを泣きながら寂しがっているのに対し、取材に応じた副会長が自分は何度も御目通りをしたからもう十分だ、とコメントをしていてこのギャップが印象的でした。
結局、幹部にはこのことから信心がなかったんでしょうね。

いつもお世話になります。

管理人様

いつも明快な記事で私も大変感銘を受けております。
私も当時小学生でしたので自分の意志や選択しで考えられず今まで創価にいたことが悔やまれてなりません。そもそも宗門を破門されたのはすべて創価(池田)が原因であるにも関わらずねつ造で宗門をたたくその行為に人間性のかけらもありません。

創価の皆さんは昭和五十二年の池田氏の本尊模刻事件を御存じなのでしょうか?

http://www.geocities.jp/kagami_akira750/sf02.html

https://www.youtube.com/watch?v=e2MNT_H63r4

大石寺に無断で御本尊を聖教新聞社の記者に隠し撮りさせ、勝手に模刻しさらにその御本尊に池田大作の名前を入れ東北研修所に安置して、自分の身替わりと称して拝ませようとした。その他に七体の御本尊を模刻したが、その中には、日付を自分の誕生日に変えた変造模刻本尊もある。自分を本尊と同格にしようとしたことは明らかで日達上人を大激怒させました。
しかも全面的に池田氏は、その事実を認め謝罪しているにもかかわらず、学会内では開き直り、池田氏は会員の目につかなさそうな7面に聖教新聞に謝罪広告を小さく出せと命令するほどです。

御本尊まで商売道具に使おうとする創価はもはや邪教の何物でもなく破門されて当然です。
その破門を逆恨みし大石寺の御僧侶をねつ造記事やねつ造工作で叩くなど正気の沙汰とは思えません。本当にこんなのに騙されていたかと思うと自分が情けないです。
本当に創価のみなさんも騙されていることに一刻も早く気付いてほしいです、私も管理人様のブログで気付くことが出来たうえ正しい方向に行けるようになれたことに感謝しています。日蓮正宗に戻り正しい信仰をすることも真剣に考えています。いまは五座・三座の勤行と正宗のご観念文を拝読し大御本尊様根本にしっかり頑張り行動していこうと考えています。

管理人様も寒くなってきたのでお身体に気をつけてください、そして正しいことに気がつかせていただけたことにいつも心から感謝しております。


古刹信徒さん

こんにちは。

> 信濃町官僚の中から、一代聖教大意を正しく理解し、大聖人様の仏法、日興門流の化儀、化法を実践するリーダーが出現することを祈っております。


信濃町官僚は既得権益を守る事だけに腐心しているので、正しきリーダーの出現は不可能でしょうね。

関西の元学会3世 さん

こんにちは。


> ところが、一歩下がって見てみると、宗門は教学上の面から学会を正そうとし、学会はゴシップネタ(しかも捏造をして)で宗門を叩くのですから、どちらが正しいのかは推して知るべしですね。
> 結局、学会にしてみればどんなネタでも良いから学会員に宗門は悪だというプロパカンダをばら撒いて、会員を抜けさせないようにすることだけが目的だったんでしょうね。

そうなんですよね。事実を冷静に見れば見抜けると思うんですが、なかなかですね。

> 結局、幹部にはこのことから信心がなかったんでしょうね。

信心が有れば大御本尊をすてませんから。

【元】がつきましたね♪

非活動男子部 さん

こんにちは。



> 創価の皆さんは昭和五十二年の池田氏の本尊模刻事件を御存じなのでしょうか?

今の活動家。特に青年部の年頃では知らない会員さんが多いと思います。
自分で勝手に本尊を作る。という発想自体が信心の欠片もないと思います。


> 管理人様も寒くなってきたのでお身体に気をつけてください、そして正しいことに気がつかせていただけたことにいつも心から感謝しております。


いえ。こちらこそ皆さんのコメントに勇気をいただいて感謝しています。
お互い風邪などひかないように体調管理に気をつけていきましょう。

管理人様へ

なるほど。こちらも明快です。
すでに本部幹部は信仰者ではないのですね。悲しい限りです。

怒る(いかる)

  仮にも絶対性を標榜する『宗教』の世界で、今回のような会員に対する裏切りがあっていいものだろうか。

 時節や情況に応じて?コロコロ変わる教義や会則。 会長職の絶対を謳っているが、とりもなおさずそれは、ご本仏でもない存在が、絶対となりうるという吐き気を催すようなことになっている。

 日蓮仏法は単に人師のみを崇めることはなく、法が尊いからこそ、それを広める人も尊いということを言ってきた。 これはすごいことだ。

 くりかえし討論・検証してきたように、飽くまで『ご本尊様』があってのことである。

 それを、ひどい目にあってきた、、と言わんばかりの被害者づらで、
「魂の独立」などと宣伝し、会員をまんまと、そのご本尊さまから引き離してしまった。

 これはおかしいと思わないほうがおかしい。 教えられてきたことを忘れず、頑張ってきたら、梯子をはずされた格好だ。 明らかに裏切られたのはこちらのほうだ。

 動かずば会員にあらず。 供養無きは会員にあらず。 意見を述べれば先生の弟子に非ず。 

 ばかなことを言うんじゃない。  私は絶対に負けない。 

 私にとって『C作戦』の真偽は失礼ながら、この際どうでもいい。  結果として睨下とお山を守りきれなかったこと。 大御本尊様を捨てたこと。  これで十分だ。

 大好きな拓郎は40年も前に歌った。

 古い水夫は新しい船には乗らないだろう。  古い水夫は知っているのさ  新しい海の怖さを。

創価学会の本尊はお金です。

管理人さん、すいません、同じ内容の文章を手違いで投稿してしまいました。

●もともと、御本尊を会員から金を引き出すツールとしてしか認識してない創価の経営陣様は、もう、不要となったから御本尊はポイなんです。

㈱創価を宗教団体と考えるから、㈱創価が販売してる商品としての理念と現実の学会活動の狭間で悩んでうつ病になったりしますが、今回の安保騒動でわかったと思いますが、㈱創価の経営陣様にとって理念は商品にすぎません。

平和の提言したり、人間革命でキレイ事書いたり、勲章をマニアみたいに集めたしてるのは、決して平和という理念を実現するためでなく、商品としての『平和』に付加価値をつけるためであり、バリ活様みたいな盲信者を養成するためです

●養成したバリ活様に㈱創価=御本尊と刷りこむためにやってるんです。
(こんなに、うちの団体は世界のエライさんと会えるから素晴らしい団体なんだよ~んてな具合いですね、騙しのスケールちがいますからバリ活様はコロリといきます)

●それが証拠に、今回の安保騒動において、㈱創価はなんにもしなかったですよね、『平和の理念』が商品に過ぎないということが見事に露呈されてしまいましたね。
哀れ、㈱創価の鉄砲玉として利用されてるのが、理解できないバリ活様なんか安保法案反対の署名もっていった同志を仏敵と攻撃してるくらいですから完全にイカレてますよね(笑)
これなんかバリ活様が㈱創価=御本尊と思ってることを示してます。
組織の打ち出しを盲目的に信じてる好例です。

●毎年、10万人の本尊流布→3000円×100000人=300,000,000円→3億円

○聖教新聞 公称500万部(仮定)→2000円×500万部=(毎月)100億

○財務 一口1万×100万人→100億円(毎年) 
     100万×1万人→100億円(毎年) 
     
大百蓮華 200円×100万人→2億 (毎月)
新聞啓蒙を推進するのがわかります(笑)
これに民音その他諸々付随しますから、システムさえ確立してしまえば、笑いが止まりませんよね!
つまり、勲章もらうためにお金ばらまいても、それ以上の投資効果があるということです。(会員がボッタクラれてるワケです)

ある程度規模が大きくなり、システムが確立してくると、宗教的理念がゼロの㈱創価の経営陣様にとって、教義等に色々口出ししてくるお坊さんチームは目の上のたんこぶになってくるワケですね(宗門にお金の援助する必要もあるワケですから)
何度もかいてますが㈱創価の商品は1創価仏教 2インチキ平和運動 3コミユニティから成り立ってます。

●㈱創価の経営陣様にとっても会員にとっても大事なのは3のコミユニティなんです。
宗門との関係が切れれば、宗門を養うお金が必要ないし、自民党様を支持する宗教団体とも結託できるし、オリジナル御本尊やオリジナル御書もコミユニティを通じてジャンジャン販売できます。
会員にとっても自営業だったら仕事の斡旋、その他、公営住宅の斡旋、お見合いの斡旋、一人暮らしの老人にはセイフティネットという多機能をもつ便利なコミユニティなんです。

●バリ活様養成システムでバリ活様を養成してしまえば、後は、養成されたバリ活様がコミユニティ維持のためにうつ病になってまで貢献してくれますから、コミユニティさえ維持できれば宗教貴族としての生活が永遠に保障されます。
まさに天国ですね!(*^^)v

古本屋店主様へ

仰る通り学会のコミュニティ=学会独特の世法がある為に、
教義改正に不信を抱いても脱会できないで苦しんでいる方がいらっしゃいます。
小生の場合、約30年非活ということもあり、一切のしがらみを断ち切ることは比較的容易でした。
しかしながら親族は学会員ですので、如何にして創価ビジネスを解らせるかに苦悩しております。
こちらのブログに出逢って、管理人様、皆様が記述して下さる具体的な事象を吸収することができ、大変感謝しております。

ランボーさん

こんにちは。

そうです。裏切ったのは学会組織の方です。

なんのために

管理人様へ

創価学会の批判の記事を拝見しているのですが、
なんのために批判されているのでしょうか。
そこに興味があります。

できれば、トップページに、「こういう目的のため」って大前提があるとうれしいです。

せっかく文証まで示す記事なのに、
ただのスルメ食って、野球見ながら愚痴言ってるオヤジと同じくらい
にしか感じ取れません。

不適切であれば、コメント削除しておいてください。

一元さん

コメントありがとうございます。

> 創価学会の批判の記事を拝見しているのですが、
> なんのために批判されているのでしょうか。
> そこに興味があります。

色々と思いはありますが。簡潔に言うと

◆汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ
◆如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには
◆唯我が信ずるのみに非ず又他の誤りをも誡めんのみ

って感じです。


> せっかく文証まで示す記事なのに、
> ただのスルメ食って、野球見ながら愚痴言ってるオヤジと同じくらい
> にしか感じ取れません。

それは失礼しました。(笑)
まぁ、ブログですからご勘弁を。
どう感じ取るかは、読者のみなさんにお任せしています。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR