凡夫が定めた勤行要典

邪教創価学会の創立1周年を迎え
またしても、会則の変更と
勤行要典の制定が行われましたなぁ
無間地獄街道まっしぐらって感じだね。
まぁ、学会活動家・幹部は聞く耳をもたないだろうが
今回の勤行要典を、聖教新聞発表記事に沿ってみてみようか。

○(聖教記事)名称は「創価学会『勤行要典』」と定めました。

この名称からしておかしいよね。もう日蓮大聖人の仏法の修行でもなんでもない。
この名称に如実に現れている。

○日蓮大聖人の仏法の本義に基づき、創価学会の宗教的独自性をより明確にするため、「創価学会『勤行要典』」を制定しました

これも言ってる事が滅茶苦茶。大聖人の仏法の本義に基づくのであれば、
創価のの独自性など存在しないはずだ。
なぜ創価の独自性が必要なのか?独自性など必要ないだろう。
創価の独自性とは言い換えれば凡夫の己義ということだ。
己義を構えることは、大聖人の仏法の本義からすでに外れてるということだ。
創価が【大聖人の仏法を信じ広める】のであるのなら、創価独自のモノは何も必要ないのである。

○池田先生のご了承をいただいた上で、会則に則り、師範会議と最高指導会議の賛同を得て、制定するに至ったものです。

いつも言っているが、凡夫が化義を制定していいという文証は今回もなしかい!
勤行とは仏が定めた修行だ。凡夫が好き勝手に行うのは修行じゃない。

○従来、朝の勤行の際に行っていた「諸天供養」については、最初の題目の中にその意義を込めることといたします。

その文証は?ちゃんと説明しろよ。
ああ、学会活動家には文証なんてなくてもOKってことかい。

そして御祈念文がこれまた更に滅茶苦茶だな。

○ 日蓮大聖人が御書に「南無妙法蓮華経」を「法華経の肝心」と度々、仰せになっていることから、根本の法である南無妙法蓮華経を現された御本尊を、「法華経の肝心・南無妙法蓮華経の御本尊」と分かりやすい簡潔な表現にしました。そして、この御本尊に深く報恩感謝申し上げ、御本尊根本の信心を誓います。

これなんか、完全に悩乱してるね。とうとう御本尊を三大秘法とも言わないのか。
【人】法一箇の御本尊を単なる法としか見ていない邪見。
まぁ、学会のコピー本尊には大聖人の魂がないから人法一箇じゃなからこういうのか。
にしても「法華経の肝心」ってなんだよ?
これじゃ、法華経の方がご本尊より上みたじゃいじゃね~か。
ああ、あれか。宮田の言ってた釈迦本仏への移行する布石か。
しかし、こんな幼稚なことをよく言えるな。

○ また、御本尊を現された日蓮大聖人を「末法の御本仏」と仰ぎ、報恩感謝申し上げ、大聖人直結の信心を誓います。

大御本尊を捨てた創価が大聖人直結?一体どんな脳みそしてんだ?
悩乱してるとしか思えんな。

○「三代会長への報恩感謝」の項目については・・・

ここに至ってはもう言葉もない。
なんで、凡夫が凡夫に報恩感謝する必要がある?

○三代会長に貫かれる「師弟不二」と「死身弘法」の「学会精神」を永遠に継承していく以外ありません。

はぁ?戸田先生の指導をことごとく否定する池田センセが戸田先生と不二だって?
寝言は死んでから言ってもらいたい。

○「三代会長」の死身弘法の御徳に報恩感謝申し上げるとともに、その指導を実践し、その精神を受け継ぐことを誓います。

戸田先生の言ってることと池田センセの言ってることと、どっちの指導を実戦しどっちの精神を受け継ぐんだ?
言ってることが真逆だろ?はっきりしろよ。

○創価学会が、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現しゆくことを明確にすることとしました。

大聖人の御遺命は、大聖人仏法すなわち、一大秘法たる本門本尊(大御本尊)の流布だ。
法体もない創価の単なる邪義をまき散らかすのは広宣流布とはいわない。

○私どもは、ますます、「三代会長」、なかんずく池田先生への報恩感謝の思いを深めるとともに・・

最後に本音が出たな。三代会長への報恩感謝なんて誤魔化しちゃいるが
結局、池田センセに報恩感謝しろってことだろ。
こんな気持ち悪いご観念を毎日本当に学会員はするつもりか?
なんで、三代会長の中でも特に池田センセに報恩感謝するんだ?
多くの純粋な信者に大御本尊を捨てさせた張本人だよ。
大御本尊を捨てさせてくれて感謝しますってか?
それでいいの?本当に?

ご観念文には大聖人仏法の相承の深義が含まれいる。
例えば、本尊供養(二座)の正宗のご観念文は

□南無本門寿量品の肝心・文底秘沈の大法・本地難思境智冥合・久遠元初・自受用報身如来の御當體・十界本有常住・事の一念三千・人法一箇・獨一本門戒壇の大御本尊、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為)に

である。
これを読めば戒壇大御本尊が、単なる法華経の肝心ではなく、たんなる根本の法ではなく、ご本仏・日蓮大聖人であることがわかる。大御本尊は日蓮大聖人である。という日興門流の正しい本尊義がわかるのである。
言葉の意味はわからなくても、このご観念文を読めば正しい本尊供養になるのだ。
ご観念文には、仏法を知らなくても正しく供養できるという意味・意義がある。
こっちのほうが言いやすい。こっちのほうがわかり易い。
そんな安易なものでない。
結局、勤行様式にせよ観念文にせよ
正しく修行することが大切なのだ。
そして正しい修行とは相承によって受け継がれる。
創価の上層部が決めた修行なんてのは
所詮、凡夫が自分勝手に決めたことであって
仏法の修行ではないイカサマに過ぎない。
凡夫の決めたことを実践したところで功徳も成仏もないと知るべきだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨年の教義変更も、今回もそうですが、創価首脳部の言っていることが重要なことを変えるための説明としては非常に軽いな〜薄っぺらいな〜と常々思います。
こんな馬鹿げた変更すること自体間違いなのはわかりきっていますが、会社の経営方針変えます程度にしか聞こえないですね。
こんな謗法に謗法を重ねるような気味の悪い勤行を実践するなんて怖くて僕にはできません。

恐怖政治

浅薄、誤謬、悪意 独善 朝令暮改、ご都合主義、不知恩、軽佻浮薄、そして大謗法。

 まだまだ足りないが

 御義口伝に  「三千羅列なり 厳しきなり」と。

 結局、仏法を信じてないから、こういう真似が平気でやれる。

 許せないのは、こういう誹謗正法を、自らだけではなく一般会員に
 強いていること。  騙し続けること。 こちらが早くそれに気づかない  でいると
 かならず、与同罪(よどうざい)でみんなが罰の今生・後生になる
 ということ。

 いずれ骨身に染みてわかる日が必ずくる。 哀れです。

 

現役男子部さん

こんにちは。

> 昨年の教義変更も、今回もそうですが、創価首脳部の言っていることが重要なことを変えるための説明としては非常に軽いな〜薄っぺらいな〜と常々思います。
> こんな馬鹿げた変更すること自体間違いなのはわかりきっていますが、会社の経営方針変えます程度にしか聞こえないですね。
> こんな謗法に謗法を重ねるような気味の悪い勤行を実践するなんて怖くて僕にはできません。

全く同感です。
勤行・唱題は「行」の基本です。
それすらまともにできないのですから
日蓮仏法とは言えません。

ランボーさん

こんにちは。

>  結局、仏法を信じてないから、こういう真似が平気でやれる。
>  許せないのは、こういう誹謗正法を、自らだけではなく一般会員に
>  強いていること。  騙し続けること。 こちらが早くそれに気づかない  でいると
>  かならず、与同罪(よどうざい)でみんなが罰の今生・後生になる
>  ということ。

全くその通りです。
活動家達はあたかも創価批判をしている方が退転者だといいますが
文証・理証に照らせばどちらが退転者なのかは一目瞭然です。
まだ手遅れになっていない会員さんには是非気づいてもらいたいです。

御書一文

 『謗法と申す事をば、我もしらず、人も失(とが)とも思わず。
但(ただ)仏法をならへば貴しとのみ思いて候程に、此の人も又此の人にしたがふ弟子檀那等も、無間地獄に堕つる事あり』

  妙法比丘尼御返事(1408ページ)

 弟子の修行として、心得として、何が誹謗正法になるのか。
なにが正しいあり方なのか、を飽くまで大聖人の御書にもとづいて、
学んでいくことが大切です。

 いわんや、弘安二年 十月十二日、御建立の大御本尊様を、他の
ご本尊と並列においてしまうなどは、別に御書・他をひっくり返して検証しなくたってすぐ判るほどの、愚行です。大悪です。

 更にそれを前提とした一連の改悪が続いているわけで、ここに至ってなんとも感じない会員さんのほうもおかしい。  これが無知ゆえの服従というやつなんでしょうか。 私は怠慢だと思います。 誰のためでもない、自分自身のためにも。  学ばずは卑し、という言葉もあります。

 上記の御文にあるように、ただ先輩幹部に素直に従っただけです、、という弁明は成り立たないほど、仏法は厳しいことを知っておいたほうがいいです。(私の解釈ですが)

 逆に正しく仏を敬い、供養し、自行化他の信心に励めば、福過十号といわれるほどの大功徳が叶うともあります。

 新しい会員さんは、私も幾度もここで書かせていただいたように、早く
質問をしてみましょう。 

 ◎いまの学会は本当に仏法の本義にかなっているのかどうか。

 ◎一点の曇りもない大聖人様の信心なのかどうか。

 ◎牧口初代から池田三代会長まで、なんの間違いもなく、正しいありかたが受け継がれているのかどうか。

 答えはこのブログにすでに管理人さんを始め、幾人もの方が、何度も何度も書かれていますから、それと先輩幹部たちの言うこととを、考えあわせてみてください。  

 そして祈っていけば、感じれるはずです。
 

訂正します、

 上記御文で

 謗法と申す「事」をば  は 謗法と申す「罪」をば、の誤記でした。

 訂正します。

 

あ~恐ろしや
恐ろしや
大聖人の怒りの声が聞こえないのか?… 頭破作七分の現証が現れてから間違いを気づいても遅いぞ!
今すぐにでも心ある学会員は正宗の寺院に行って、今までの謗法を懺悔しなさい!
恐ろしや恐ろしや

池田創価学会のインチキ信心に騙されるな!(笑)

管理人様、こんばんは。
勤行要典の変更を新聞で読んでびっくりしました。ますます簡略化されて本当にいいのだろうかと思ってます。管理人様のおっしゃる通り、池田先生に報恩感謝ってなんか気持ち悪いです。
数日前から五座三座を始めて、今日初めて主人に五座三座していることを伝えました。
とても驚いていました。何があったの?と聞かれたので、経緯を話しました。否定はしないけど、できれば創価の形式に従って勤行してほしいと言われましたが、五座三座にすると言いました。嫌な顔してました。ただ、一緒に勤行するときは創価の形式にしてほしいそうです。
また、私が学会に対する疑問(戒壇の大御本尊を否定、池田先生を師匠としていることなど)を正直に話しました。
否定せず聞いてくれましたが、私に幸せになってもらいたいし、疑問を解決してスッキリした状態で信心してほしいと言ってくれました。
話したことでスッキリはしましたが、疑問は解決できないままです。
しまいには深く考えすぎ、頭でっかちと言われました。
主人は日蓮大聖人の仏法を信じているし、創価を信じていると言っていました。でも、なんで創価を信じれるのか聞いても、ただ、幸せになれると思ってるからと言われただけで、根拠なんてないんですよね。
人間革命を読んでみてと言われたので、読んでみようとは思いますが、とても創価で活動家になろうとは思えないと思います。
主人が学会のおかしさに気づくことができるように祈るばかりです。

「人間革命」のこと

林檎さん
はじめまして。
5座3座の勤行を始められたんですね。
本当にすばらしいです。
さてご主人がおっしゃった「人間革命」ですが、僕も今年の2月ころに初めてまともに読みました。
っというのも僕の場合、学会3世でしたが20年ほどご本尊に手を合わせない生活を送っていたのですが、ふとしたことをきっかけにご本尊を根本に生活を送ろうと決心をし、まずは信心のこと、学会のことを学ぼうと思い「人間革命」を手に取り読み始めました。(学会に都合の悪いことを書き変えた文庫版ですが)

僕自身の感想を書くと、小説を通じて戸田先生の時代の大御本尊を根本にした信心を知れたのが本当に自分の中で大きな影響があったと思います。
その後に大白蓮華で本尊義の変更のことを知りましたので、その瞬間学会への不信感はMAXになり、紆余曲折を経て今年の5月に御本尊を受けましたが、それをお返しし、日蓮正宗の勧戒を受けました。

ぜひ一度研鑽してみてください。
学会目線で読めば学会の素晴らしさしか見えませんが、本来の信心とは何かという目線で読んでいただければ、学ぶものは多いと思います。(僕は今でもときより読みますので)

もう一つ戸田先生の「創価学会の歴史と確信」という論文があります。
ネットで検索すれば全文が出てきますので、もしよろしければ一度読んでみてください。

いろいろ大変なこともあるでしょうが、頑張ってくださいね。
林檎さんの信心でご主人が学会の誤りに気付いてくれることを祈っています。
(僕も一族揃って学会で完全四面楚歌の状況ですが、頑張ります。)

ランボーさん

おはようございます。

先日の件は近いうちに。

まささん

コメントありがとうございます。

林檎さん

こんにちは。

> 勤行要典の変更を新聞で読んでびっくりしました。ますます簡略化されて本当にいいのだろうかと思ってます。管理人様のおっしゃる通り、池田先生に報恩感謝ってなんか気持ち悪いです。

ですよね。凡夫が凡夫に報恩感謝なんていう仏法は聞いたこと有りません。

> 数日前から五座三座を始めて、今日初めて主人に五座三座していることを伝えました。
> とても驚いていました。何があったの?と聞かれたので、経緯を話しました。否定はしないけど、できれば創価の形式に従って勤行してほしいと言われましたが、五座三座にすると言いました。嫌な顔してました。ただ、一緒に勤行するときは創価の形式にしてほしいそうです。

学会は別に五座三座の勤行をしてはいけない。とは言ってません。
五座三座の勤行。できないときは創価形式でもいいんですよ。
大事なのは、五座三座の正しい修行をしようという気持ちです。

> また、私が学会に対する疑問(戒壇の大御本尊を否定、池田先生を師匠としていることなど)を正直に話しました。
> 否定せず聞いてくれましたが、私に幸せになってもらいたいし、疑問を解決してスッキリした状態で信心してほしいと言ってくれました。
> 話したことでスッキリはしましたが、疑問は解決できないままです。

話をできたのは大前進じゃないですか。

> しまいには深く考えすぎ、頭でっかちと言われました。

創価の活動家さんは、返答に困ると皆そういうんです(笑)
疑問を抱いてる人に「頭でっかち」で終わらせてたら仏法なんて広まらないのに。(笑)

> 主人は日蓮大聖人の仏法を信じているし、創価を信じていると言っていました。でも、なんで創価を信じれるのか聞いても、ただ、幸せになれると思ってるからと言われただけで、根拠なんてないんですよね。

創価の教えには根拠がありません。だから説明できないのです。そういうのを盲信と言うのでしょう。

> 人間革命を読んでみてと言われたので、読んでみようとは思いますが、

そうですね。何でも読んで学んで自分で選ぶ事が大切ですよね。
日寛上人の代表的な書に「六巻抄」という書があります。
戸田2代会長が「教学は日寛上人の時代に還れ」といわれたように
「六巻抄」には正しい大聖人仏法の基本が書かれています。
文庫本ならそれほど高価な本ではありません。
ネットで購入もできます。
機会が有れば買い求めて読んでみてください。

> 主人が学会のおかしさに気づくことができるように祈るばかりです。

林檎さんがご主人と話をしている事は
御主人を折伏していると言う事です。
どんどん御主人と話をしてください。
あとは、御本仏・大御本尊の法力・仏力で
必ず林檎さんの望む方向に行くと思います。

また、いつでもコメントしてくださいね。

ありがとうございます。

 >管理人さん

 少し後悔もしていました。 ご迷惑だったのではないかという意味で。
気長にお待ちしています。


 >林檎さん

 さぞかし心を痛めておられることだろうと、お察しします。 最愛のご主人なのですから。

 でも、今は貴女が大御本尊様への大確信をつかむチャンスでもあります。  それが出きれば、ご主人を守ることが必ずできると信じます。
縁あっての夫婦なのですから。 修羅で法は説けません。 法のことで喧嘩はできません。  お題目を唱え、深い慈悲の心で接してあげて、管理人さんの仰るように、折伏行だと決めて、どうかがんばってくださいね。 だいじょうぶですよ^^ 私も妻のMCを解くのに4年以上かかりました。  今はしっかりと本質を知ってくれましたから、すごく仲がいいんです(笑)

No title

関西の元学会3世様、初めまして。
コメントありがとうございます。

昨日から人間革命を読み始めました。
以前途中まで読んで時代背景などが難しくて挫折してしまいましたが、
関西の元学会3世様が人間革命を読まれて、戸田先生時代の大御本尊を根本にした信心を知れたとのこと。
私も大御本尊根本の信心を知るためにも最後まで読もうと思います。

「創価学会の歴史と確信」教えていただきありがとうございます。
ネットで検索したところ、全文を見つけることはできなかったのですが、一部を見つけることができましたので、読みました。
牧口先生、戸田先生は神札を受け取らず、登山をして牢屋に入れられ、それでも大御本尊を捨てなかった。一宗のためではなく国のために難を恐れず諌暁された。大聖人の教えを守られた。素晴らしいと思いました。

祈って頂きありがとうございます。
私も関西の元学会3世様のご一族様が学会の誤りに気付かれるよう祈ります。


管理人様へ

いつもありがとうございます。
五座三座のことについてコメントありがとうございます。
五座三座の正しい修行をしようという気持ちが大事なんですね。

「六巻抄」について教えていただきありがとうございます。
大聖人仏法を学ぶためにも読みます。

主人と対話することが折伏していることになるんですね。
折伏してくれた主人に折伏することになるとは。
主人と対話を重ねて、勤行をしっかりやっていきます。

今の学会の誤りを教えてくれた管理人様、本当にありがとうございます。

ランボー様へ

初めまして、コメントありがとうございます。
大御本尊への大確信をつかむチャンスなのですね。
学会の疑問を話して、日蓮正宗の話をすると主人はいつも怒りだしてしまうので、私もムキになって言ってしまうことがあります。慈悲の心って難しいですが、自分自身が変わらないと主人も変わらないですよね。
ランボー様の奥様も気付くのに4年もかかったんですね。
凄いですね。私もがんばります。

林檎さん

こんにちは。

> 五座三座のことについてコメントありがとうございます。
> 五座三座の正しい修行をしようという気持ちが大事なんですね。

その通りです。
◆ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたるほくちに火をうちかくるがごとくなるべし、はげみをなして強盛に信力をいだし給うべし(四条金吾殿御返事)

> 「六巻抄」について教えていただきありがとうございます。
> 大聖人仏法を学ぶためにも読みます。

是非読んでみてください。分からない所があったらコメントください。

> 主人と対話することが折伏していることになるんですね。
> 折伏してくれた主人に折伏することになるとは。

もちろん立派な折伏です。
創価に入会して創価の教学を教えられたのにもかかわらず
大聖人仏法に信を取る林檎さんは本当に凄い人なんですよ。
応援してます。

一元様へ

●プログ村の当プログのところに、当プログの目的がちゃんと記載されてます。
(ただ今完全に迷走中の創価学会の、変な教義・変な活動・変な指導・変な幹部にダメ出ししときましょ)

●せっかく文証まで示す記事なのに、
ただのスルメ食って、野球見ながら愚痴言ってるオヤジと同じくらいにしか感じ取れません。 ←これは非常に失礼な表現ではありませんか?
このような記述をされるなら、当プログのどこを読んでこのように感じられたのかを具体的に記載していただけませんか?


一元さんへ

 少しだけ興味があります。

 「一元」 

 ①物事の「基本」が一つの意   ②数学では、「未知数」が一つの意 

 こんなんが出てました。  すごい方なんですね。

 教えてくださいね。  所以をば、、

 まさかとは思いますが、一見の間違いじゃないでしょうね?

 私の「ランボー」の場合、詩人のそれではなく、S・スタローンの主演作からです。

 独りで戦う男、、とかなんとかで、お借りしたHNです。  基本は群れでわいわいやるのが好きではないからです。(すべては自己責任ではないかという思い)

 でも掟を破ってここでは、「我より智 賢き者=管理人さん」に親近すべく、コメントを書かせていただいております。

  貴殿がまじめな態度でコメントなさっていると信じて、一言、書きました。 でも、一連の記事やいろんな方がコメントしておられる内容を読めば、スルメ喰ってる場合じゃないことは、お分かりなはずですが。

 
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる