日目上人もついに抹殺

今回の御祈念文(創価はご観念文って言わないだったね)の改定。
地味~に、こっそり日目上人を抹殺(抹消)してたね。
とうとう一閻浮提座主には南無しないってか。
まぁ、血脈否定・法主否定する上で
御祈念文から日目上人を外すのは予定通りなんだろう。
三宝破壊もここに極まれり。って感じだな。
もっとも、大御本尊を捨てた時点で三宝破壊してるのだから今更言った所でなんだが。
そのくせ、いまだに御本尊と大聖人と日興上人には南無する。ってんだからワケ分からない。
大聖人仏法における三宝とは、
大御本尊・日蓮大聖人・日興上人なのだが、
これは久遠元初三宝で、信仰の根本。
この久遠元初三宝に南無すればいいというのが学会の主張だ。
が、この久遠元初三宝の立て分けには、内証と外用の立て分けの内
外用による立て分けだ。
内証の久遠元初三宝は、三宝一体でありその体は言うまでも無く
日蓮大聖人=大御本尊だ。
その内証久遠元初三宝を信受しないで
外用の別体三宝に南無するなんどう言う神経してるのやら。
では、日目上人以下の歴代法主は
「住持の三宝」である。
内証の久遠元初三宝は大御本尊であるが
化法に即し外用の面において、御本尊・大聖人・日興上人と定めている。
そして、その内証を住持つまり守り伝えるのが住持の僧宝である歴代法主の立場だ。
この「住持の三宝」は、南無する対象ではないというのが今の学会教義になる。
これは、完全なる学会の邪義だ。
まず、「久遠元初」であろうと「住持」であろうと
「三宝」と呼ぶのであれば、それは僧宝であり南無する対象である。
これは、仏法の基本中の基本である。
さて、大聖人仏法では歴代法主はどのような存在かと言えば
日寛上人の三宝抄には

■所謂僧宝は日興上人を首と為す、是れ則ち秘法伝授の御弟子なる故也。然に則吾が日興上人嫡々寫瓶の御弟子なる事分明也。故に末法下種の僧宝と仰ぐ也。

とあり、続いて

■爾来日目日道代々咸く是れ僧宝也

と明確に書いてある通り
日興上人以降の日目上人以下の法主も僧宝であると言われている。
また、同じく日寛上人の文底秘沈抄には

■而して後法を日目に付し、日目亦日道に付す、今に至るまで四百余年の間一器の水を一器に移すが如く清浄の法水断絶せしむること無し、蓮師の心月豈此こに移らざらんや、是の故に御心今は富山に住したもうなり

とあり日目上人以下歴代法主も僧宝であると日寛上人は言われている。
故に、当家三衣抄において

■南無仏・南無法・南無僧とは若し当流の意は、
南無本門寿量の肝心、文底秘沈の大法、本地難思境智冥合、久遠元初、自受用報身、無作三身、本因妙の教主、末法下種の主師親、大慈大悲南無日蓮大聖人師。
南無本門寿量の肝心、文底秘沈の大法、本地難思境智冥合、久遠元初の自受用報身の当体、事の一念三千、無作本有、南無本門戒壇の大本尊。
南無本門弘通の大導師、末法万年の総貫首、開山付法南無日興上人師、南無一閻浮提座主、伝法日目上人師、嫡々付法歴代の諸師。

とご指南されているのだ。
学会員の中には、この文において日目上人の前に「南無」と書いてないから
日目上人には南無しなくていい。と日寛上人も言っている。
などという事をいうのもいるが、
上記の日寛上人のご指南を読めば、寛師が目師に南無しなくて良い。などと言う道理が無い。
また、目師に南無しなくて良いならば、
南無すべき「一閻浮提座主」ってのは目師以外の誰なのか?
具体的に誰が「一閻浮提座主」なのか是非教えてもらいたいものだ。
まさか創価学会が一閻浮提座主なんて・・・
言うヤツがいるんだなぁコレが。
そういう幹部活動家は、三宝抄の

■及び門流の大衆亦爾也云々

の文を出してきて、法主及び大衆だから
俺たちも僧宝だと言っていいんだ。
とか言っちゃうんだけど
ここでいう大衆ってのは、一般大衆って意味じゃないんだよ。
大衆ってのは「ダイシュウ」って読む「タイシュウ」じゃない
で、この「ダイシュウ」ってのは、僧侶の事。
広く言えば、僧侶(教団)とその僧侶(教団)の信者って意味。
だから創価学会や学会員は「大衆」じゃない。
よって創価&学会員は僧宝と呼ばれる資格はないってこと。

てなわけで、一応三宝論で予想される学会員の反論も
最初に破折しておいた。(まぁ他にもあるけど)
いずれにせよ日寛上人の当家三衣抄には

■行者謹んで次第を超越する勿れ、勢至経の如きんば妄語の罪に因って当に地獄に堕つべし

と書かれていいる。
僧宝たる日目上人以下歴代法主を抹殺(抹消)するような
次第を超越する創価の幹部・活動家は地獄に落ちるってさ。
ああ、日寛上人も抹殺してるのだから
日寛上人の言葉なんてどうでもいいってか?
それでいて、よくも日寛上人書写(のコピー)の御本尊を拝めるね。
たいした二枚舌だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

、、

  三度、読みました。 原典をあたらないと判りにくいのは仕方がないとして、こういう化儀の勝手な変更はこれからも続くでしょうね。

 何より化法(法体)さえすべて学会認定(文底ぢゃない)本尊でいいと言うのだから、こういうのは軽々とやっちゃいます。

 昔、立正佼成会さんとの法論で、「本尊を6回も替えたなんてどういうことじゃ! その前の本尊を本気で拝んできた信者さんは、どないすんねん。」とか言ってたのですが、まさかここにきて、ウチもそうなるなんて夢のまた夢でした。

 いまさらながら、自信なくすなー・・ (笑)

目師会

先週、日目上人のご威徳を偲びご報恩感謝申し上げる目師会が奉修されました。手続の師である御住職より、「日目上人は折伏、諌暁に尽くされたご生涯であった」との説法がありました。
また、「広宣流布の時来れば、日目上人が再誕され、時の猊下として御登座される故に、一閻浮提御座主と拝する」旨、分かりやすくご教示されました。

折伏精神を身を持って実践された日目上人に対して、感謝の意を示さなくなった今回の改正は、まさに師敵対を改めて宣言し、五逆罪、謗法の上塗りであると断じます。

ランボーさん

こんにちは。

>  昔、立正佼成会さんとの法論で、「本尊を6回も替えたなんてどういうことじゃ! その前の本尊を本気で拝んできた信者さんは、どないすんねん。」とか言ってたのですが、まさかここにきて、ウチもそうなるなんて夢のまた夢でした。
>  いまさらながら、自信なくすなー・・ (笑)

昔、他宗に言ってた事が、いまの創価にそっくり当てはまる(泣)
なにをやってんだか・・・
それと先日はありがとうございました。

古刹信徒さん

こんにちは。

> また、「広宣流布の時来れば、日目上人が再誕され、時の猊下として御登座される故に、一閻浮提御座主と拝する」旨、分かりやすくご教示されました。
> 折伏精神を身を持って実践された日目上人に対して、感謝の意を示さなくなった今回の改正は、まさに師敵対を改めて宣言し、五逆罪、謗法の上塗りであると断じます。


広宣流布の時まで目師の席を守るのが当代法主の勤めのひとつですね。
目師を含め目師以下の上人に南無も感謝もせず
創価三代会長に報恩感謝なんて
師弟の次第を超過した傲慢です。
もっとも、そんな創価では
広宣流布の暁に目師と会う事はないので
関係ないのでしょう。

ここまでくると騙される方にも問題がある

1、教義は破綻、本尊はクルクル変更

2、提言だけで実行が伴わない「平和の理念」

3、老衰で廃人同様と思われる池田氏の写真を臆面も無くS新聞に掲載して
  平然と「先生はお元気で、元気で執筆活動してます」と言ってのける創価の経営陣

●1を除けば教学力は必要無いし、1でも初歩的な教学力があれば小学生でも気づくレベルであるが、狂気に取り付かれると
もはや正常な判断能力を人間は失い騙されてることに気がつかない。

●ここまで無茶苦茶だと気がつかない方がおかしいが
狂信者になると創価以外の情報をシャットダウンして自我を保とうとする。
いままで、信じていたものが全て虚構であると認めることは自我の崩壊につながるのだろう。

リコメですが

  >管理人さん

 申し送れましたが、ありがとうございました! 嬉しいひと時でした。

  >古本屋店主さん、あるいは新しい会員さん

 結局、依存体質になってしまうということでしょうかね。 本来、自我を形成し、自分のバックボーン(背骨)として信心をおく。  あるいは「人間革命」の意訳は、主体性の確立だ、と教えられてきたのですが、、

 有名なマルクスの批判、→ 「宗教はアヘンである」 当時のキリスト教へのものでしたが、なんか似てないか、、。 私の言う依存とは

  先生絶対主義、 組織(幹部)信仰、  コミュニティ(創価のみんな)大事。

 さらにランボー的には、声聞界の欠如(?) な感じを抱きます。

 いろいろな疑難に対して、どう応戦するかを考えれば、御書を読み、先生の指導をひもとき、唱題して、そうやってひとつひとつ山を越えてきたはずなのです。  折伏弘教・対話を真剣にやろうとすると、どうしたって学びたいという方向にいきます。  モチベーションは「悔しさ」だったりしましたが(笑)

 牽強付会だといわれそうですが、ひょっとしたら「六道」にいのちが留まってしまってる??   これでは新たな視点には気づかず、保守に固執すると感じます。 勿論、勤行・唱題で、そうしたいのちの殻を破っていけるはずなのですが、

 昔の河合師範の指導にあったように、

 ガッカイ活動を頑張るために頑張ってる。  頑張っちゃいけない。 「 変わるための信仰」。  だから祈り方を間違えて100万遍あげては事態はなにもかわらないので落ち込んでる婦人部さんが多い、、云々。 

 むしろ変わりたくないのでは、、と思っちゃいます。

 疑い無きを信という(無疑曰信)ですから。  疑わざる、ではないのですね。 もっと知りたい もっと掘り下げたい 深まりたい。 変わりたい!これでいいと思うな。 だから「剣豪の修行(戸田先生)」なのですよね。

 河合さんはこうもおっしゃってました。

 「創価は折伏をしなくなっちゃったから罰をうけてるんです」  当時はこれを聞いて驚きましたが。 結局、大聖人のご遺命を忘れてしまったから、成長もしないし、使命感もうすれる。  境涯も変わらないから何も変わらない。 自行だけのお題目だからイコール、お願い信心で、祈りも叶わない。    まあキリがないのでやめますが。

 結論として「鈍根」になっちゃって、ケツに火がつくまで気づかないんでしょうね。

 私は3度 ご本尊さまに、いのちを救われました。 気づかさせていただいた。

 すばらしい体験でした。  ご本尊さまあっての創価学会。

 逆ではない。   今は魔逆(ママ)です。

 
 

ランボーさんへ

なんか、うまく表現できないんですが、なんか得たいの知れない恐怖を感じるんですよね~
超えてはいけない一線を越えてしまったような~

●実行する気がさらさらない平和の提言は、置いとくにしても、メッセージ(指導等)の口述筆記にしてもできる状態でないであろう池田氏の健康状態なのに、滝のようにS新聞からメッセージや指導が流れてきてます。なんか怖いですよ(@_@;

●こうなってくると、御元気な時に書かれた指導やメッセージは本人が携わっていたかどうかの信ぴょう性が問われだすような気がするんですが~(先生の指導だと言うことで多くの学会員がお金出して書籍購入して、生きていく座標にしていたものだし、いまでも勉強会等してるんでしょうから)

すいません、うまく表現できなくて。

古本屋店主さん

とりあえずこれを

 「人間革命批判」

   http://9312.teacup.com/4285abc/bbs

 同じ名前の、もっと、かなり長いスレッドを以前に読んで、とっておいたのですが、なくなったのか、今は出せません。

 もうこれは読んでおられるかもしれませんが、創価が実はなにを目指して、今日まできたのか、を知れば、恐怖の中身も冷静に観察できるかもしれません。  受け止めることも可能かもしれません。

 我々はもう遅きに逸した感もありますが、誹謗正法を止め、非悪防止の行動を自身の人生のテーマにおいていかないと、もっと怖いですね。

 究極において創価の野望をくい止めるには、大多数の会員さんが目覚めることしかないでしょうね。

 布施を断つこと。  盲目的に追従しなくなること。 堂々と声を挙げること。

  ある意味、表面の牧歌的な?活動で満足してきた私ですが、この戦後最大の虚構のしっぽをつかんでしまいました。  もう知らんもんね!と逃げてしまうことも可能です。

 でも、「仏法」を基として生きてきた以上、自分をごまかすことも出来ません。

 全貌など勿論見えません。   でも、言論戦でいくしかない。

 「白バラ通信」では◎◎教授はまさに裁判闘争中。 日々、恐怖と不安の中で闘っておられます。

 東村山事件の真相など、かなりヤバイことも散見できます。

 先生はかつて、「広宣流布は民衆を愛する戦いだ」と。。 ま、今となっては内面のほどはあやしいご発言ですが、善知識ととらえれば、ここで単に愚痴や鬱憤晴らしではなく、真の仏道修行の実践をしていくしかなさそうです。  

私も意を尽くしてはいませんが。。 そんなことを思います。
 

 

 
 

 

 

訂正です

[非悪防止」 → 「防非止悪」だったですか。。。すみません。 スッポリと記憶がおぼろで、、(苦笑)  「慈悲」のひとつの解釈でしたと思います。  そのつもりで引用したんですが。

 違ってたらご指摘ください・  

なんちゅうこっちゃ!

どうも間違った引用先のURLを出してました。

 ここは「創価学会をみんなで考えようpart3」でした。

 小説人間革命批判 はまた探します。

 たびたびで紙面を汚してしまいました。 ごめんなさい。

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

関西の元学会3世さん

確かに今の学会はなんでアリですから。
邪教化のスピードが加速していますね。

なるほど。勉強になりました。

昨年の会則改悪と今回の御観念文改悪を否定する者です。
日目上人に対する報恩感謝を削って、その反対に池田大作をこれまで以上に持ち上げているのですから、これは「池田大作の方が日目上人よりも上である」と表明したことになります。
日目上人の方が日寛上人よりも上であることは否定しようがありませんから、現在の創価学会の教義に従えば、以下の式が成り立ちます。

池田大作 > 日目上人 > 日寛上人

もう池田大作が御本尊を書いたらいいんじゃないでしょうか?
どうして池田大作は自分より2ランクも下の存在である日寛上人の御本尊を拝んでいるのでしょうか?
創価学会はもはや完全に邪教と化しました。

Takedaさん

コメントありがとうございます。

> どうして池田大作は自分より2ランクも下の存在である日寛上人の御本尊を拝んでいるのでしょうか?

いや、センセは、ご本尊など拝まないでしょう。
自分が本仏と思ってますからね。
そう思ってなければ、ここまで大聖人仏法を否定することはできないと思います。

> 創価学会はもはや完全に邪教と化しました。

その通りです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる