今週の言葉(11月23日)

 「妙とは蘇生の義なり」
 信心は無窮の活力。
 祈り切って壁を破れ!
 生まれ変わった勢いで
 新時代へ出発だ!
@@@@@@@@@@@@

なんだかなぁ・・・
とりあえず御書とか引用すれば
大聖人仏ぽく聞こえるように仕向けてる?
そんな感じだなぁ。
今回は、「法華経題目抄」かぁ。
この御書は、「具」「開」「蘇」の妙の三義が書かれている御書だね。
この御書に書かれている「題目」ってのは
修行としての唱題と
法体としての題目と二つのことが書いてある御書だ。
主題の「法華経題目抄」というのは、
「法華経」=法体
「題目」=修行
を意味する。
正しい題目を唱える功徳を妙の三義をあげながら説明されている。
正しい唱題とは本文に
◆夫れ仏道に入る根本は信をもて本とす
書かれているように「信」のある題目だ。
では、何に「信」を置くのか?
この御書は佐前の書だからご本尊はまだ顕されていない。
なので、一応文上では、
「法華経」(法)と日蓮大聖人(人)を信じて題目をあげなさい。
そうすれば、法華経の法門のことなど知らなくても功徳が出ますよ。といっている御書である。
佐後以降大聖人のご入滅のあとは
当然、一大秘宝たる本門戒壇大御本尊を信じて唱えるところの
本門の題目に功徳があるということだ。
法体である大御本尊を信じて題目を上げれば
法門法義がわからなくても功徳があるのだ。
昔の学会員はそうやって信心して功徳を受けていたわけだね。

さて、新時代の学会及び幹部・活動家は
その法体である大御本尊を捨て、敵対した。
つまり、いくら題目をあげようが
「蘇生」も「成仏」もしない。
大御本尊に「信」を取らなければ、本門題目ではなく
ただの、カラ題目である。
身延や佼成会・顕正会などと変わらない。
そんな題目は、体にもよくないし時間の無駄。
幹部・活動家は別として
本当にこの信心で功徳を受けたい会員の皆さんは
いつも書いているが、大御本尊に信をとって題目をあげてください。
創価教学なんていうインチキを学ぶより
何もわからなくても、大御本尊を知らなくても
大御本尊様・日蓮大聖人様に「信」を取って題目を上げることが
仏道=成仏に入る根本ですよ。

それにしても創価の言う「新時代」ってなんなんだ?
仏意仏勅の正統なる大聖人の弟子から退転し
邪教仏敵への大変換をしたことなのか?
な~にが「新時代」だ。
こんな言葉に騙されちゃいけないよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

インフレ言語はもういい・

  空疎ですねぇ。。 恥ずかしさまで込み上げる。  内実のないこういう言葉にはなんの言霊(’元来は神の言葉の場合にいう)も感じません・
 確かに今の機根にピッタリ合って、元気を出す活動家さんもいるかもしれませんが、実生活でなんの実証(現証)も喜び(あえて歓喜とは言いません)もない多くの方々にすれば、「こうすれば必ず結果がでますよ!」というふうに教えて欲しい!と思ってるのではないだろうか。

 勿論「結果」とは数字ではありません。  これが信心のすごさだ!これが信心の醍醐味だ!というような実感のこと。

 これまでの僧俗和合の時代において、弘教をしたり、大御本尊様への信があった時代になら、こんなスローガンも有効であったかもしれない。

 でもその大御本尊様を信受しない!!としてしまった今の今では、
 足が腐るほど唱題をしても、弘教を実らせても(第一、その人をどこに結びつけるんだ?)、功徳を受けることはありません。

 信心というものがそんな大雑把でいいものなら、別に教団を組んで、組織だってやらなくてもいいはずです。  各々が聞きかじりで、お題目をあげれば済む。

 そうではないから、いろんな決め事やご指南や禁忌や様式が続いてきたわけで、そうではないものを「SOKAルネサンスだ! 魂の開放だ!」だというなら、もう私なぞに言える言葉はありません。 でも信心というのは、そんな「修行のボーダレス・バリアフリー」なものじゃないと私は信じます。  すべて様式には意味があるし、歴史の試練をくぐり抜けてきたものだろうと思います。 ましてや根本義においてをや、です。

 一週間の賞味期限の「ことば」なぞに気をとられる(多分そんな人はそんなにいないでしょう)より、大聖人の仏法の真髄とはなんだろう、 どういうふうに祈ればかなうんだろう、何年もやっても一向に変わらないのは何故だろう、ということに意識と関心と信心をむけるほうがいいのです。

 人生はあっという間です。  「一生を虚しくして万歳を悔ゆることなかれ」です。
 
 今日のSOKAの信心で、みごとに蘇生ができた!という人がいれば、ここでお待ちしています。 語り合いましょう。 そしてご指導下さいませ。
 

ランボーさん

こんにちは。

一体いつまで、「言葉」で人をだまし続ける事ができるのでしょか?
以前、池田センセは
「少ない人を長く騙す。または多くの人を短期で弾す事はできても
多くの人を長期間騙す事はできない」と言ってました。
見物です♪
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる