シャボン玉さんのご質問への回答

シャボン玉さん、まずは初めまして。そしてコメントありごとうございます。

>質問ですが 管理人様は 今 どのような活動を内部において されていらっしゃるのでしょうか?
座談会や同時中継… 活動されてないなら 自宅での 勤行?新聞? よければ 教えて下さいますよう

私の場合、座談会・同中その他諸々の日程は組織の方から一切連絡ありません(笑)
別に拒否しているわけじゃないのですが
組織のほうが私を拒否しているのでしょう。
まぁ、下手に私に関わると組織の方も大変でしょうから。
なので、学会内部の活動は一切していません。
会合に出るのはやぶさかではありませんが
今の学会の活動をする気持ちは毛頭ありません。
理由は以前書きましたが
今の学会で活動するのは、百害あって一利なし。だからです。
一大秘法の大御本尊を捨てた現在の創価は邪宗となりました。
邪教団の手助けとなる学会活動は
謗法への布施(法施)となります。
大聖人は謗法への布施を厳しく禁止しています。
また、謗法への布施を止めることが立正安国の根本であると言われています。
このように、大聖人のお言葉に従えば学会活動などやめる。という結論になります。
むしろ、いま学会員が一番にすべき活動は
【学会活動をやめる】ということだと思います。
【学会活動をやめる】こと。つまり謗法への施をやめる。
それこそが、今の学会員さんがやるべき
最大の活動であり、最高の広宣流布の戦いだと思います。
もちろん、同じ理由で新聞購読も財務もしない。
財施・法施のふたつの供養をやめること。
それが大聖人仏法へ戻る最初の入口です。

学会活動をやめて何をするのか?
純粋に大聖人仏法を実践するだけです。
私の場合は、朝晩の勤行。五座三座が基本です。
そしてほぼ毎日、御書や日寛上人の書を読んでします。
他の学会員と話す機会があれば大聖人仏法のことを話します。
戒壇大御本尊に信を取らなけければいけない理由や
五座三座の勤行のこと。御書のこと。など色々です。
時には破折もします。
まぁ相手によりますが。
それだけです・・ああ、あとこのブログも書いてますね。
正しい本尊を信じる。正しい勤行をする。御書を読む。
それが、大聖人仏法の「信・行・学」だと思います。
学会活動など大聖人仏法の「修行」などと御書のどこにも書いていません。
選挙の応援や新聞啓蒙で功徳が出る。などという文証はどこにもありません。
ましてや、根本の大御本尊をすてた今の学会の活動など
大聖人とはなんの関係もない活動です。

学会では、よく

◆今日蓮が唱る所の題目は前代に異り自行化他に亘りて南無妙法蓮華経なり(三大秘法禀承事)

の文を引用して
「題目上げているだけではダメだ。化他(学会活動)もしないといけない」
なんて指導しますが、
これは、天台の唱える題目は自身の成仏にとどまるのに対して
大聖人の題目は自他共に成仏できる。という意味合いも含まれています。
つまり、本門題目の唱題行には既に自行化他が備わっているのです。
この文の次下に

◆名体宗用教の五重玄の五字なり

とあります。ここでいう五重玄は天台の五重玄でなく
大聖人の五重玄のことで、五重玄即妙法五字。五重玄即法体ということですから
本門題目即法体。本門題目即本門本尊。という意味です。
一大秘法の本門本尊には既に三大秘法が備わっていますので
当然化他の題目も備わっているのです。

また、御義口伝には

◆南無妙法蓮華経は自行化他に亘るなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経を勧めて持たしむるなり。

とあります。ここでは化他行(修行)としての折伏を言われています。
(学会活動させたないならこちらの御文を引用した方が効果的ですが)
当然ここで、勧め待たせるべき「南無妙法蓮華経」とは本門本尊のことです。
聖教新聞を勧めることではありませんし
創価は本門本尊つまり南無妙法蓮華経を捨ててしまったので
大聖人の言っている化他行をすることは不可能です。

話は長くなりましたが、学会活動をやめたら
正しい信心(信)・正しい修行(勤行)・正しい教学(御書)の実戦すればいいことです。
あとは、普通に世間の中で自分らしく生きていけばいいのです。
そうそればそのうち、信心の話をしたくなったり
信心の話を聞かせて欲しいと言う人が現れます。
その時には、自分の思ったところを話せばいいと思います。
非常識で世間知らずのバリ活さんになっては化他行はできません。

◆教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ(崇峻天皇御書)

また、何かありましたら是非コメントやら、お話を聞かせてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プログ村の創価カテゴリー

●管理人さん、度々のプログの更新お疲れ様です。
ボクは趣味のプログもってますが、定期的に記事を更新したり、コメントに返信したりするのは仕事もちながらだと結構大変ですよね((+_+))。

現在、当プログはプログ村の創価のカテゴリーでOUTもINも1位です。

●上位にきだしたら新規の方のコメントの数が多くなり、アクセス数も一気に増えだしましたから、やはり上位は注目が集まりますね!
当プログはバリ活系のプログからは叩かれ、法華講系のプログからは好意的に紹介されてます(笑)

閑話休題♪

ええ加減なやつ~じゃけーぇん  ほっといてくれーんさぁーぃ 

 あんたと いっしょにー 泣きとうはありーませーん

 どこへ いくんね~ なにかええことあぁったんね~

 住む気になったらー 手紙でも 出しんさいやー~♪

  吉田拓郎・「流星」より


 正直、今はこんな気分です(笑)  

  拓郎でも唄って、のびのびしようや。  映画のRamboもきっと拓郎が好きだろうなあ。

 依存しないで生きれるというのはウソだと思うけど、

 何かの組織にいなくても生きれるというのもウソだと思うけど

 生まれるときも死ぬときも、実はたった独りなんだという事実を

 人の人生は みんな「自営業」なんだってことを

 もっと解っていたほうがいいと 思うんだよね、、。

 SOKAの大組織だって

 とことん、あんたの面倒をみてくれはしないんだから

 もともとは 生き方を盗み取って 自分のものにすればよかったんだよ

 マイカーの ガソリンみたいにさ。

 今のこんな SOKAの呪縛から 逃れられたとしても

 世界には もっとすごい組織が

 易々と  徹底的に  周到に

 我々を我々以上に 知っていて

 ・・・

 そんな世の中なんだから

 てめえのいのちのありようぐらい
 
 自分で決めて  自分で生きて   

 その支配に  ツバでも吐いて 蹴飛ばして

 痛快に 生き   痛快に死ぬ

 ランボーは 意固地にならず 固執せず  のこりがあんまりない人生を

 生きてやる。   だから 「ランボー」   

 せめて 望むべき その魂は

 「ランボー」なんですよ。

いつもの訂正

また間違えちまった。

 こともあろうに 題名を間違えるなんて、おれもおしまいダネ。^^

 「流星」 → 「唇をかみしめて」でした。

 「刑事物語」のテーマ曲ね。

管理人様、いつもお世話になっております。
私はこの前小規模の会合に誘われたけれど、行かなかったら、電話やチャイムが鳴って対応しませんでした。
これからもこのようなことになったら正直に疑問に思っていることを言った方がいいのでしょうか?
それとも静かに離れた方がいいのですか?
主人には会合には出ない旨伝えました。強制じゃないから、でも、出たくなったら出た方がいいよとは言われました。

林檎様へ

●横から出てきてすいません。
御主人がバリ活の場合は、創価に対する疑問を言ったらケンカになるだけと思います。
御主人も活動を強制してくるワケではないみたいですので、できるならのらりくらりと婦人部からの誘いを上手に断ればいいと思います。
どうしても断れなくなったら座談会だけでて、後の会合はカットということでもそれほど波風は立たないと思います。

●創価は高齢化が進む一方ですし(わかりやすく言うと自身の子供たちでさえ信心の後継者にならない→親の姿みて、ああはなりたく無いと思ってる福子が多いくらいですからもう先は見えてます)廃人同様の池田氏をひっぱり出し三文芝居でごまかしてまで会員の減少を食い止めるのに必死ですからもう長くは持たないないと思います。

●それほど遠くない将来に池田氏も世を去るだろうから、いつまでもあんな写真でごまかすことはできないと思います。
親の手前嫌々ながら創価に在籍してるが、池田氏がこの世を去ったら創価を辞めようと思ってる層が脱会に踏み切ることが予想されますから、今回の創価の会則の変更と比べ物にならないくらい組織に動揺が走ると思います、その時の状況を見てどう動くのか考えるのが一番かと思います。

●ボクの予想では創価は管理人さんが述べられていた、毒にも薬にもならない立正佼成会のような団体に変貌していくと思います。(宗教+サークルのような団体)

古本屋店主さん

こんにちは。

> 当プログはバリ活系のプログからは叩かれ、法華講系のプログからは好意的に紹介されてます(笑)

そうなんですか?
バリ活さんは自らこのブログを宣伝してくれてるわけですね。(笑)
まぁ、これからもマイペースで書きますね

ランボーさん

こんにちは。

1泊2日で旅行に行ってました。
天気が良くなかったけど、
のんびりしてきました。

林檎さん

こんにちは。


> 管理人様、いつもお世話になっております。
> 私はこの前小規模の会合に誘われたけれど、行かなかったら、電話やチャイムが鳴って対応しませんでした。
> これからもこのようなことになったら正直に疑問に思っていることを言った方がいいのでしょうか?
> それとも静かに離れた方がいいのですか?
> 主人には会合には出ない旨伝えました。強制じゃないから、でも、出たくなったら出た方がいいよとは言われました。

難しいですね。ご主人が活動家だから波風立てないように静かに離れたほうがいいのでしょうが、
静かに離れさせてくれにいのが学会活動家ですから。
林檎さんが会合に行かなくなれば、電話や訪問が頻繁になることでしょう。
いつかはソレもなくなりますが、それまでは長期戦になると予想されます。

私個人の意見を言うと
疑問に思っていることをハッキリいって
「私はこのような理由で学会の方針にはついていけません。学会に関わり合いたくありません」
と言ったほうがスッキリするかな。と思います。
勿論、相手もそれに対し色々と言ってきます。
そうなると一種の法論(といっても学会側は感情論・人情論ですが)みたいになります。
面倒くさいですが、そういう時こそ実は仏法を学べるチャンスでもあります。
相手の主張が正しいいかどうか?
自分で学んで判断する。そういうことのできるいいきっかけになります。
あとは、林檎さん次第です。
創価を無視するか?創価と戦うか?
どちらを選ぶかは性格や状況によって決めてください。
どちらを選んだとしても、林檎さんの行動は
仏法に照らして正しい。
それだけは間違いく言えることです。

古本屋店主様、初めまして。
コメントありがとうございます。
この前主人は強制しないと言っていたものの、昨日本幹に誘ってきました。

そうですね。できるだけカットして、最終的には活動しない方向にできるようにしたいです。
婦人部以前に主人から理解してもらわないといけなくなりました。

確かに学会は高齢化が著しいですね。座談会とか特にそう思います。
活動していた時でも、聖教新聞を読んで先生の写真が最近のではないのはおかしいなぁとは思ってました。
師匠と呼べる後継者もいないみたいだし、今後どんどん縮小化されていくんでしょうね。
その時までに主人が気づけばいいのですが。

管理人様、ご回答ありがとうございます。

静かに去ることが理想ですが、あまりにもしつこければ正直に話してみようかなと今は思ってます。その前に主人に私が活動しないことを理解してもらえるようにします。

昨日、主人が本幹に誘ってきたので、また大御本尊について話しました。主人は創価が正しいと思う前提で話すので、納得できる回答がもらえるわけでもなく、よくわからないまま終わりました。謗法の地にあるから大御本尊を信受しないと言っているだけだと言ってました。このブログを読んで、大聖人を謗ることが謗法だから大石寺にあるからと言って謗法じゃないと思うとも言いました。それに新勤行要典に大御本尊について書いてないのもおかしいと。主人もよくわからなくなってきたようで、今度壮年部の本部長に聞きに行こうと言ってました。機会があれば、本部長に質問してみたいと思います。

ありがとうございました。

林檎さんのやりとりを読んで思うこと。

  まったく余計な、さしで口だと解ってて書いているのですが、お許しください。

 「忠誠心」という言葉が浮かびました。  
 ガッカイのこれは白も黒も、賛成反対もクソもない心ねだなあと。 
 
  当然、キーワードは「池田先生」

 師弟とは 信伏随従(しんぷくずいじゅう)の義。  これがもっとも大事。

 (でも本来は仏(大聖人)に対しての我々の振る舞いですね)


 そういう自分に酔うのもよし。 あくまで知性主義でいくのもよし。義理人情でつきあうのもあり。 トモダチがいるから、のサークル感覚もよし。

 でも、教団に属して幹部やってたり、ザイムしたり 新聞を拡販してると、いやでも知性も理性も、物事の本質を感じとる能力も退化する。流されるままになってしまうです。

 使わない機能は 廃用性萎縮で、確実に劣化する。(その代わりに無批判な素直さが身につく)

 信仰の側面として、実体のない「多幸感」や安堵が生まれるし、使命感まで生じるし、第一、人生の苦悩を考えなくても、悩まなくてもすむから、とても楽。(これは「小善」)

 みんな大なり小なり、「寝た子」になっちまって・・・

 だから 「寝た子を起こす」と面倒極まりなくて、起こさないことに限りますが、  当事者にすれば、そうもいかなくてほんとに悩むんです。

 私が妻と「そういうはなし」をしていた時期は、よく険悪な雰囲気になりました。  実につまらない時期でした。  妻は結局、自分自身で、「どうしてこんなにつまらないんだろ、、会合に出ても、誰かの幹部と話しても、カツドウの話とノルマばかりで、もし達成した時も、なんの感動もないのはどうして??」と思うにいたり、そこでようやく私の話を実感したようです。

 そしていま。。

 ガッカイの信心の空洞化が顕著になり、空疎で実体のない「師弟(師匠)」論がだんだんみんなの感じるところになり、幹部たちの作為が感じられ、年中、疲れながら走ってる婦人部さんの姿を、改めて見て、
今年からザイムをやめようというところまできました。

 どなたかがここで書いておられましたが

 「考えるな 感じろ」(ブルース・リー)

 これに尽きますね。 だんなさんはまだそこに来ていらっしゃらない。。

 でも案外、すぐに来ると感じます。

 今はそういう「時」になっていますからね。  執行部大幹部さんたちも、だれよりもそれを知っていまして、縮小路線後のデザインは出来ていますから。

 平和的に平穏に「移行」ができるかどうかは 疑問です。

 ガッカイ大震災に備えましょう。  私はそうしています。 ご主人さまをその時こそ、支えてあげてくださいませ。

 

 

 

林檎さん

こんばんは。

> 静かに去ることが理想ですが、あまりにもしつこければ正直に話してみようかなと今は思ってます。その前に主人に私が活動しないことを理解してもらえるようにします

それですね。それがいいでしょう。

> 昨日、主人が本幹に誘ってきたので、また大御本尊について話しました。主人は創価が正しいと思う前提で話すので、納得できる回答がもらえるわけでもなく、よくわからないまま終わりました。謗法の地にあるから大御本尊を信受しないと言っているだけだと言ってました。このブログを読んで、大聖人を謗ることが謗法だから大石寺にあるからと言って謗法じゃないと思うとも言いました。

林檎さんの言うとおりです。大御本尊がある場所は、大聖人がいらっしゃる場所ですから謗法の地であるはずがないのです。
ですから、謗法の地にあるから信受しないなどと言うのは全く本末転倒の理屈なのです。
大聖人御在世の鎌倉時代は日本国中が謗法の地でした。創価の言い分であれば、謗法の地にいた大聖人は信じない。という理屈になります。

>機会があれば、本部長に質問してみたいと思います。

疑問を質問することはいいことですね。
本部長さんが、御書を用いて答えてくれるといいですね。

気苦労とか大変でしょうが、頑張ってくださいね。
林檎さんが正しい大聖人仏法を実戦し
功徳をたくさんもらえるように応援してます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる