永遠の指導者の正体は・・

昨晩、男子部時代の後輩と夕食。
彼は最近昔の池田センセの指導を読み直したそうで
改めて、今の学会の言ってることと
昔の池田センセの指導が違いすぎると嘆いてた。
昔の池田センセの指導は
法華講員と対論すると必ず引用され
そのあまりの変わりようを指摘されるのだが
学会員の返しとしては
「昔は正宗を守るために言っていた」とか
「池田センセは常に研鑽されているのだから昔と違って当たり前」とか
まぁ、とにかく「昔の指導なんて関係ない」って感じの返しをするのが定石だ。
で、破門後は正宗を守る筋合いないし
正宗は邪宗だから破折しなければならないので
昔の指導と違っていてもいいんだ。ってワケなんだろう
まぁ、正宗の坊主は裏ではこんなだった。あんなだった。
正宗側も池田はこうだった。ああだった。ってお互言い合ってる分には
リベンジポルノを曝け出し合っているようなもんで
俺にはそんなスキャンダル合戦はなんの興味もないが
こと、法門・法義に関してはそうも言ってられない。
戒壇大御本尊に関すること
唯一一人の血脈相承のこと
勤行のこと
など、大聖人仏法の根幹に関する指導においては
昔も今もないし
破門した。された。も関係ない。
そんな創価と宗門の関係いかんで
大聖人仏法の法門・法義が変わるのはおかしいしあってはならないことだ。
そのあってはならないことをしでかしているの今の創価だ。

池田センセの昔と今。
その180度違う指導はどっちが本当なの?
って聞けば、当然今の創価の主張が池田センセの本意だというだろう。
そして、池田センセが狂っていないのだとしたら
池田センセは最初から
大御本尊なんていらない。
血脈相承なんてあるわけない。
勤行なんて方便自我偈で十分だ。
って心の底で思っていたわけだ。
でも、宗門を守るため、破門前は宗門の言う通り指導していた。ってことになる。

昔の池田センセ曰く
□ 「信」とは、本門戒壇の大御本尊に、謗法の念を捨て、一心に南無したてまつり、正法正義を訴えきっていくことである
□ 日蓮大聖人の御魂は、富士大石寺にまします本門戒壇の大御本尊に御留めおかれているのである。この御本尊に唱題し、この御本尊を教えていくことは、もっとも尊いことなのである。
□日蓮正宗の根幹をなすものは『血脈』である。 大御本尊を根本とし、代々の御法主上人が、唯授一人でこれを受け継ぎ、令法久住をされてこられた。 御本尊をおしたためあそばすのは、御法主上人御一人であられる。 いくら広宣流布といっても、御本尊の御認めがなければできない。
□ただひたすらに正しき修行である五座三座をめざしゆくことが、大切ではないかと思う。

などなど今の学会が捨て否定している法門・法義を
かつては池田センセイが指導していた。
このような池田指導は枚挙にいとまがない。
これらの池田センセの指導は
全部本意でなく正宗を守ろための発言だったと言うのか?
そうならば、池田センセは全く心にもないことを昔は言っていたということだ。
これは、宗門に対しては面従腹背であり
学会員に対しては欺瞞の戯言で人気取りしていたということだ。
これが、創価の言う永遠の指導者の正体なのか?
たった、80年ばかりの人生の中で
言うことが180度違う。
しかも信心に関しての発言が全くブレている
そんな宗教者・仏法者として小っ恥ずかしい人を
永遠の指導者って思える創価幹部・活動家の気がしれない。

仮に、池田センセが嘘つきでないなら
精神分裂症か痴呆症。または狂言癖。いずれにしても病気だ。
また、池田センセが正常ならば
詐欺師・二枚舌・大嘘つきの極悪人。
さぁ、永遠の指導者の正体は一体どっちかな。
どっちにしても、ロクなもんじゃねぇって感じだな(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

 結局のところ、ガッカイには「定点」はあるのかないのか、ということでしょうか。

 私はあったと思います。  ただそれは常に変わってしまうということ。
 そういうのは、そもそも定点とは言いませんが。

 ① 財務について
 ② 政教分離について
 ③ 謗法について
 ④ 化儀(たとえば勤行)について
 ⑤ 宗門外護について
 ⑥ そして大御本尊への信について

 少なくとも、これらは徐々に変わったものや、怒涛のごとく変えてしまったものがありますし、変えたと見せて実は変えてはいないものもある。

 それらは暗に「先生」のご指導であり、先生のご了解であったのは当然で、最高会議だの執行役員だので決定といっても、多分多くの会員さんは、そこに先生の存在を想起するはずです。 だからこそ、少々の疑問が湧いたにせよ、ついて来たのです。  今もってそうですね。

 「永遠」という言葉も私はあまり好きではなく、これはキリスト教の概念からですから、学会が用いるのはよろしくないと考えてきました。

 あっさり「絶対指導者」とか「根本の指導者」とかと称するほうが良かろうと。。 

 私はここで書いてて、いつも考えるのは、少なくとも「S45年の言論出版妨害問題からこっち」を知っている人が、いったい何人いらっしゃるのだろうということです。  実感も知識も原体験も異なる方々に、いくらモノ申しても無理があるのだろうと感じますね。

 管理人さんも、それもあって、あえて様々な事件・事象ではなく、法の
根本義を前面にして書いておられるのだろうと察します。

 幾多の変遷やスキャンダラスな出来事の本質を 結局どこに求めるか、ということですね。

 

 

 

洗脳活動家は今のことしか頭にないので、過去のことは全く気にもしていない感じですね。
新しい勤行要典が来月15日から販売されるようで…大きいのが72円だそうですが、これを1人何冊も買うと計算したら…ボロ儲けですね(笑)

大御本尊ある大石寺に背き、師匠戸田氏の御遺命にも背き、 これから創価学会はどんな道筋を歩んで行くのだろうか? まあ~身延や立正校正会や顕正会も存在してるから?創価も無くなりはしないだろうけど、大御本尊から頂いた大功徳を忘れたのかな?
今後の創価学会の現証が楽しみです

ランボーさん

こんばんは。

>幾多の変遷やスキャンダラスな出来事の本質を 結局どこに求めるか、ということですね

そういうことだうと思います。

それと、なかなか応対できずに申し訳ありません

現役男子部さん

こんばんは。

> 洗脳活動家は今のことしか頭にないので、過去のことは全く気にもしていない感じですね。

なんだか思考停止してるみたいですね。

> 新しい勤行要典が来月15日から販売されるようで…大きいのが72円だそうですが、これを1人何冊も買うと計算したら…ボロ儲けですね(笑)

全く(笑)

まささん

こんばんは。

> 大御本尊ある大石寺に背き、師匠戸田氏の御遺命にも背き、 これから創価学会はどんな道筋を歩んで行くのだろうか? まあ~身延や立正校正会や顕正会も存在してるから?創価も無くなりはしないだろうけど、大御本尊から頂いた大功徳を忘れたのかな?

創価のおかげ。池田センセのおかげ。で大御本尊に感謝するという思いはないのでしょう。

> 今後の創価学会の現証が楽しみです

歴史が証明するでしょう。

管理人さん

 全然、気になさらずとも結構ですよ^^

  私は勝手に気ままに 書きたいときに書いているだけですから。

 お互い仕事も家のこともあるし、こちらこそ同意同文な内容のときなどはお返事をいただくと恐縮していますので。

 

永遠の指導者の偉大なる業績

●宗教ビジネスという分野で大成功をおさめた業界の第1人者

創価無くして生きていかれないという狂信者を大量に生産するのに成功、伝統仏教の教えと平和の理念で巧みにカムフラージュしながら、本来の目的(お金儲けの事)を遂行するビジネスモデルを確立(指導集や御書の解説書等の販売等)

今、売り出し中の幸○の科学は創価の幹部をスカウトしてきてノウハウを吸収したくらいだから、まさに王者である。

宗教ビジネスの売りといえば、濃い人間関係のコミュニティだが、その先駆けとなる座談会システムを構築、他のビジネス宗教会社の模範となる。
このコミユニィティを売り物とする手法の前に他の既成の宗教団体は歯がたたず、落ち目に歯止めがかからないという惨状~(T_T)

●音や光、大量動員のイベントで教団の力を誇示し、信者を熱狂させる手法を編み出したのは、創価が最初である(いまでは、どこでもやってますね)

◎追記、今回のプログの記事に(宗門を守るため、破門前は宗門の言う通りに指導していた)と記載されてますが、これはフリをしていただけです。

三代会長の時にお坊さんチームを配下にしょうとしましたが、時期尚早で失敗(戸田会長の時の幹部もかなり残っていたし、なによりも、御本人を除いて多くの幹部が日蓮正宗を信じていたからムリがあった、一時撤退、その後、池田本仏論を組織にながしたり、創価大学等の教育機関を設立したりして、池田チェルドレンと呼ばれる勢力を養成、自分の息がかかった勢力が学会内で主流となったのを見計らって宗門を攻撃する(このころからですね宗門に対する見解が180度、変化したのは、ある意味わかりやすいですね(笑)




古本屋店主さん

こんにちは。

確かに宗教ビジネス界にイノベーションを起こしたのが池田センセですね。
力が無い時は日蓮正宗を利用し
力を付けたら後ろ足で砂をかける。
事業家としては相当のやり手です。
そんな、センセもそろそろでしょう。
今世を謳歌した先には何が待ち受けているのか?
私には分かりませんが御書に照らせば・・・・
あ~恐ろしい(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR