どっちがウソつきなんだか

俺は、滅多に創価活動家のブログとか読まない。
興味もないし、そもそも創価活動家のブログは
ヤフーで検索してもあまり上位に表示されていない。
(圧倒的に創価批判のブログが上位を占めている)
創価活動家はネットをあまりやる人が少ないから当然か。
活動家でネットでブログを書いている方がちょっとニセ活動家なのかな?
でも先日たまたま創価活動家らしき人のブログをヒマつぶしに読んでみた。
内容的には、当然のだが創価の擁護と
創価批判に対する批判。
創価批判者に対する批判は、まぁいつもの活動のパターンで
目新しくもなく、新発見もないが
その人が言うには「創価批判者はウソつき」らしい。
そう言われると、どっちがウソつきなのか?と反論のひとつも書きたくなる。
そのブログの内容としては、
創価批判者は、学会員が聖教新聞を複数購読してるとか
財務を強制されているとか書いているが
そのような事実は学会の中ではなく
批判者(そのブログでは退転者と記述されている)が
創価を貶める為に、ウソをいってデマを流している。らしい。
まず感じたのは「本当にこの人は学会の活動家なのか?」って事。
聖教新聞の複数部購読は当たり前。
そもそも「マイ聖教」なんていって
本来ならば一家に一部あればいい新聞を(なくてもいい新聞だか)
一人一部購読させてる(自分の聖教新部でマイ聖教ね)
5人家族なら5部購読しているなんて普通にやってる。てか、推奨している。
また、財務は強制確かに強制はしていないが
財務の季節になると幹部が家庭訪問して(特に婦人部)
一口でも多く財務しなさいと指導しているのは事実。
創価という組織の中で幹部にそう言われたら、そうしちゃう会員さんもいるでしょう。
そしてなんといっても、財務に功徳がある。
などと仏法的根拠のない事を言って財務を促すのは
強制というより詐欺だ。
そう言った事をしているにも関わらず
そうした事は私の組織の中では見た事も聞いた事もない。と
そのブログには書いてあった。
もしそれが本当ならば、この会員さんは創価活動家ではない。と断言できる。
活動家ならば、ネットを見ている何も知らない人々に
創価に対する批判はみんな嘘ですよ。とウソを言っている確信犯だな。

それにしても、そのブログ主さんも
このブログにコメントをくれた活動家さんも
創価の活動家さんは必死だなぁ(笑)
必死で創価批判をなんとか封じこみ
創価はこんなに素晴らしいって吹聴していく姿は
ネットでもリアルでも
見ていて滑稽を通り越して憐憫の想いにすらなります。
創価批判者を、退転者・日顕宗・仏敵・師敵対などと
何の根拠もない悪口と、創価のウソを言い続ける(書き続ける)
なんだかなぁ・・・・

ああ、何の根拠もないと言えば
そのブログには
「創価批判されることこそ創価が正しい証拠だ」みたいな事が書いてあったな。
バカも休み休み書いてもらいたいもんだな。
同じ学会員としてあまりに低レベルな事を書かれると
こっちまで恥ずかくなるよ(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

学会活動を末端にさせることによって誰が一番利益を得るのか?

●管理人さんみたいな信者ばかりなら宗教ビジネス会社は全て倒産ですよ!(笑)

宗教貴族の仕事は、バリ活さんのように、自身のお金や労働力を全てカルトに捧げてくれる信者を養成することですから、狙い道理上手くいってます。
バリ活さんを養成するために、勲章世界中から集めたり、識者に提灯記事かかせたり、●●大勝利に向けて大量動員かけたり、いろいろ企画してるんですから~。

けっして宗教貴族の仕事は札束数えてるだけではないです(笑)
よく、カルトにからめとられるといいますが、バリ活さんの状態がまさに、そういう状態なんですね!一種の狂気に支配されてる状態です。
世間ではマインドコントロールと呼ばれてます(本人は教団にオツムの中身が乗っ取られてるのが理解できません)

●わかりやすい例を2点ほど上げてみますね。
日顕上人に対して、呪いの題目あげるなんてありましたけど、当の本人は日顕上人の事なんかほとんど知らないのに、幹部から言われるままに呪詛してるワケなんです(頭の中身が乗っ取られてるから、自分がいかにアホなことしてるか理解できない)
こんなこと祈るくらいなら、御本尊に、(財務や聖教新聞等の販売利益がどこに吸い上げられていくのか教えてください)と祈りましょう!

●聖教新聞に、たまに掲載されるロウ人形のような表情の池田氏の写真みて、本気で「先生はお元気で執務を取られてる」と思って見える方も見えるくらいですから、かなりの重症です。
オツムを教団にのっとられると、教団に都合の悪いことは見て見ぬふりということになってしまいます。(この状態を世間では、カルトにどっぷりはまるといいます。)

●カルトにどっぷりはまってるのが本人だけで済めばさほど問題ないですが、家族や配偶者にどっぷりカルトにはまってる信者がいると悲劇を巻き起こすケースがしばしば見られます。


古本屋店主さん

こんにちは。

学会活動家は完全に思考停止。
まんまと創価上層部の思うつぼです

広宣流布ごっこ。

こんばんは。 少し間があきました。  生きてます・

 しかしへんてこな論が書いてあったんですね。  レッキとしたマイ聖教、という学会用語があるのに、あえて無い事にしたのか、本当にその被害にあったことがないのか、。

 そもそもマイ聖教とは秋谷会長(当時)の発案だったと県幹部から聞きましたし、秋谷さんという人は、なんでも細かい数字を出すわけで、
センキョの内部票でも、「ZU」という「家族構成員ぜんぶ」を数えることにしましたね。  信心していないご家族でも全部です。  全部=Z 有権者=U  と、なんとも幼稚なネーミングでしたが。

 もう上から見下ろした員数あわせの思考法です。 現場は大変でしたよ。  例えば、一家4人の成人有権者がいて、信心しているのは奥さんひとりしかいない。 しかしあとご亭主としゅうと、しゅうとめさんの三人の票をこの奥さんが責任を感じて悩むわけです。  で、祈るわけです。
 御本尊様に、センキョの得票を祈り、「お願いだから!」と懇願する。

 結果は様々でしたが、そのせいでセンキョの時期になると、不穏な雰囲気になるご一家だっていたはずですね。

 聖教の話に戻りますが、こっちがお金を負担して購読者を増やすのは日常茶飯事でしたし、配達されると困るという友人知人さんだった場合、配達はしないことにする。  名前だけ借りて成果達成!となる。自分の「マイ聖教」を贈呈すればすむんですが、それでは成果にならない。

 かくして家には毎日、数部、十数部の聖教新聞が積み上げられていく。 こういうのを「資源のムダ」と言うのです。 ガッカイは木を植えるべきです。

 で、どうやってこのインチキを納得できるかというと、「先生を、ガッカイを(あるいは聖教販売店の店主)を守るため!」と考えるんですね。

 で、それを下位の会員さんにも教える。 こういうのをグルといっていいんです。  ガッカイの団結を言い換えると、「グル」でいいと今は思います。  大義名分さえ信じ込んでしまえば、なんだってやる組織。
それが創価なんだと思います。  

 上層部の巨悪からみれば、こんなのはカワイイもんですけどね。

 

 

 

ランボーさん

コメントありがとうございます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR