一山いくら

桜梅桃李。自分らしく、個性豊かに。
創価の信心にはソレがある。
って言う幹部・活動家がいるけど
俺には、そんな創価幹部・活動家は
一山いくらのジャガイモに見えるな。
まぁ、確かに一山の中にも、
大きい・小さい・形がいい・形が悪い・中には腐っていると様々あるが
所詮は、全部同じジャガイモ。
それが創価幹部・活動家じゃないかと思う。

まず、彼等は説明ができない人ばかり。
自主的に創価の信心をし、創価が正義だ。大聖人直結だ。というならば
当然考えに至った理由や、創価が正義である理由を説明できるはず。
ところが彼等にはそれができない。
話すと途中までは色々というが
皆、大聖人仏法の法義に則して説明ができず
多くの会員がいるから正しいとか
世界から顕彰されている池田センセの言う事は正しい。などど言いだす。
信者が大勢いるのが正しいのなら
キリスト教やイスラム教の方が創価より正しい。
世界から顕彰されるから偉大で正しいのなら
池田センセよりも、ダライラマ14世やマザーテレサのように
ノーベル平和賞を受賞した人の方が偉大で正しい。
このような人達を師匠にし、永遠の指導者にしたらどうか。
こうした発言を見聞きする限り
とてもじゃないが、創価の正義を叫ぶ活動家に自主性は感じない。
単に創価の言ってる事をそのまま無条件に受け入れているだけ
本当に自主的に創価の正義を信じているなら
その正義を説明できて当然じゃないか。
日蓮仏法の信者と言うならば当然キチンとその理由を説明できるはず。
説明できないのは他人(創価幹部)に言われた事をまんま信じているだけじゃ
全く受動的で、能動的な部分は全く見当たらないよ。

また、創価の活動についていうと
これまた、どこにも主体性がない。
上からの打ち出しをまんま言われたとおりにこなしてるだけ。
俺にも経験があるが、幹部言ってる事をやらないと
組織から事実上追放される。
つまり活動家として創価の組織に残っているのは
主体的に信心をしている人でなく
組織に言われた事を従順に守っている人達だ。
これまた受動的で、主体性のかけらも感じないよなぁ。

このように、自主性も主体性もない人達が
創価活動家・幹部として創価の似非正義を主張するんだよ。
こうした、自主性・主体性のないひとは
残念だか世間の信頼や功績を残す事は出来ないでしょ。
つまり世間では相手にされないか利用されるかって所だよね。
だから、そうした人は学会の中に逃げ込んじゃうんだね。
学会はそうやって世間から逃げ込んできた人達を囲って
巧妙に利用してるんだな。
結局は、自主自立していないと、どっちにしても利用されちゃうワケだね。
そんなワケで、創価の信心で個性を伸ばす。な~んてことは有り得ない。
むしろその逆で、自らの自主性・主体性を奪われて
一山いくらのジャガイモにされ創価に収穫されるのがオチだよ。
ジャガイモにされる前に、創価の活動をやめないと。
自主性・主体性を保つならば、自主的に創価の活動をやめるべきだね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

創価が好きだったワケ

 まず言ってることがすごかった。 世界の平和実現! なんでも祈りがかなわぬことはない。 病弱だった私は、健康になれるということも魅力だった。  戦争反対。  政界の浄化。 各々の個性をつぶさず、むしろありのままの自分そのままで成仏できる。  強くなる たくましくなる。
魅力ある人間になる。 家庭も地域も社会も変えられる。 ETC

 まあともかく高校一年で急にめいっぱいの幸せが「約束」されたのだった。  かっこよく言えば、人生の主人公として目覚めが来た!

 高等部総会に出た。 ただの我欲がいっきに使命感に変わった。

 自分の理想の創価学会が「私の内面に」次第に構築されていく。

 ガッカイは絶対に正しい。 友人を折伏した。 男子部の名簿で年齢を割り出し、高等部員の家々を回った。 んなことしてたら日教組の教師ににらまれた。 国語の先生だったが、彼がいく教室という教室で、実名をあげて非難されて有名になった。  誇りだと思った。   これが俗衆増上慢だ!と信じた。(ただしこれは後知恵)

 そうしてたら45年の「言論出版妨害問題」が国会で騒ぎになった。

 男子部・壮年部の幹部さんたちは、市内の書店をまわり、藤原弘達氏の手になる「創価学会を斬る」の本を買いあさった。  金のない私はそこまでしなかった(笑)  が、一般人に読ませないためだ。(広宣流布にはお金がかかるのだ)

 ともかく、ガッカイを、センセイを信じよう。 これは法難なんだ!と幹部さんたちが動揺しながら訴える会合が続いた。

  ↓
 
 とりあえず「そういうこと」になった。

 センセイが「特に男子はみんな大学に進みなさい」と指導。

 東京に出た。  絵に描いたような苦学生時代を送る。 ギャンブルも少し覚えたし女性にはそこそこもてなくもなかったが、先輩から恋愛禁止令が出ていたせいで、「いろんな楽しいこと」をあきらめた。

 つまり頭の上でささやく、槍を持った悪魔と戦った。(自界叛逆難・頻発??)

 おれの青春をかえせーーー!!!

 ☆長くなりそうなので、今回はいったん置きます。 

 次回を請うご期待!^^;(誰もしてないだろうけど)

 ま、だいたいの結果予想はつくでしょうし。。(笑)

 
 
 

楽しみです♪

ランボ-さん、早く続きを 読ませて下さいませ。

ランボーさん

こんばんは。

>  次回を請うご期待!^^;(誰もしてないだろうけど)

期待してます!  

ランボーさんへ

ボクも続き読みたいです。

ランボーさんへ

私も期待して楽しみにしております。(笑)

すぐ調子にのる性格ゆえに。

  くだらない来し方の思い出を続けてみます。あくまでガッカイの良かった時代の話です。

 まず、言論出版妨害事件について再度ふれておきます。  これは複数の出版社や作者に圧力をかけて、「事実と違う内容が書いてある!」ということで抗議をし、出版段階の手前でさしとめようとした事実に、ついに藤原弘達氏が激怒、 そんな「創価学会」を諌めるというか、義憤に燃えて彼が書いた本にも、この「出版差し止め工作」が行われたが、彼は断固これを拒否。  大きな社会問題になったわけです。

 時の竹入委員長らがガッカイの指示命令により、当時の自民党幹事長だった「田中角栄氏」に泣きついた。 角栄さんは藤原氏と面談して、ガッカイの依頼を伝えたが、これが余計に藤原氏の逆鱗にふれて、本は出版の運びになり、一連の騒動が明るみに出た。国会でも共産党を中心にガッカイ・ハム党への攻撃が始まった。

会長だった池田先生は国民に正式に謝罪。 疑義のあった「政教一致問題」についてもお詫びをして、国民に「政教分離」を約束。  いちおうの収拾というカタチになった。(この事例は後述したい)

 しかし、それまで倍々ゲームのように衆議院の47まで議席を伸ばしてきたハム党はその後の衆議院選挙で大敗(たしか29議席)を喫した。 

 ガッカイではこれを「法難」と呼ぶ。  正しいからこそ難が起こるのだ。

 厚顔の、いや紅顔の美少年であった私もそれを信じた。 だって池田先生がそんな卑劣なことをするはずがない。  そして公に明るい、からこそ「公明党」だ。 庶民大衆のための唯一の政党なんだもの。
 
 事実、国会や東京都議会なども当時、「伏魔殿」といわれるほど汚れきっていたのを、公明党が次々と事前通告のない質問をぶち上げ(爆弾発言と呼ばれた) 政界の浄化をやったではないか。  それらに恐怖した勢力がガッカイ・公明つぶしに出たからなんだ。  

 そう信じた。だって私は正義に燃える紅顔の美少年だったのだ。(くどいが)

 そんな中、親に頼み込んで、勉強を開始、 当然、一浪のあげく、ど貧乏の我が家(及び一族郎党)から初の、「花の大学生」になった。

 入学早々からバイトに明け暮れる日々で、なかなか大学にも行けない日々、夜の学生部のカツドウには頑張った。  ある夜、持病の発作が出て、狼狽し苦しんだが、先輩の確信あふれる激励により、必死の唱題の声は、家賃5千円のアパートに響き渡った。  不思議に苦情はなかった。

 そしてスーパーサイヤ人のごとき、灼熱の生命力が沸きあがる瞬間を迎えた。  あれほどの歓喜を以来、経験したことはない。  持病は吹っ飛んでしまったのだ。 こんなおれでもお題目の力を体で味わうことができたのだ。 

 当時の血脈も、ご本尊さまもすごかったし、先輩たちは地球人でありながらも、つわもの揃いであった。

 でもガールフレンドはいなかった。 もしもいたら先輩の部屋には行かずに彼女のアパートにでも転がり込んでいただろうと思う。  淋しくもあるが、守られたなという出来事であった。

 学生部時代は毎年、夏季講習会で本山に行った。  4回生のとき、ようやく念願の弘教ができた。  一週間に2世帯。  本気で決意したらあっという間に出来た。 (後日談があるがこれも後述します)

 このころ、後輩のG長を援護し、グループ内は燃えに燃えていた。
 5~6人のメンバーで、結局7世帯を達成。  毎日がお題目と湧き上がる会合の連続で、充実した人生の思い出となった。

 (だが、彼女はいなかった。  あんなに頑張った私の当然の権利たる功徳の中には「彼女が出来る!」というメニューはないらしいのだ。恐るべし! あの鬼の部長指導の祟りというべきか。。)

 さて、学業であるが、我が学び舎では多分、私の記録は破られてはいないと今でも思う。

 そんな生活をしていた私はおよそ絶望的な単位数を溜め込んでいた。

 私の半分以下の残留単位でも、自主的留年、退学する輩はたくさんいた。

 卒論と、試験勉強に励んだ。  「困難(怠慢)への挑戦」を開始だ!  
 
 そして誰もが驚く「卒業」という夢が達成できた。 「ぼくらの希望です!鑑です!」と後輩たちはマジで讃えてくれた。  今流に言えば「ナンチャッテ卒業」ということになろう。 高校野球の代打の一年坊主が、甲子園で9回ウラ逆転満塁サヨナラランニングホームランを放ったような事件ともいえようか。。。

 かくて、意気揚々、故郷へと凱旋帰国。(東京を離れる前日、道で五千円札を拾った。 これはご本尊様からのご餞別だと納得)

 そこには惨憺たる我が家と地元組織の現状が待ち構えていたのである。

 以下、次号。 

 

 
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる