今週の言葉(12月7日)

 世界広布の本舞台は
 自分が今いる場所なり。
 励ましの拡大
 対話の拡大で
 大勝利の総仕上げを!
@@@@@@@@@@@@@

今、自分のいる場所で勝利の実証を示す。
それが広宣流布だ。
全くその通りだと思う。
今、創価活動家が折伏ができないのは
自分のいる場所で勝利できていないからであり信頼されていなからなんだろうね。
創価活動家にとって、創価の中は仏国土。
創価の外、つまり世間は娑婆世界。
創価の中では勇ましく自分の部員さんい指導する立場だが
一歩外に出たらその勇ましは消えちゃうんだろうな。
世間で、仕事や事業または地域の中で活躍している
壮年・男子部ってそんなにいない。
仮にいたとしても、そう言う人は幹部になれない。
世間で活躍していれば、早々毎日の様に創価の活動なんかしていられない。
仕事や付き合いが多く、創価の活動なんてできない。
なので幹部にはなれないし、そもそも創価の中での役職なんて興味ない。
で、実際そういう人のほうが
創価どっぷりの活動家より
やる気になれば、新聞も選挙支援も折伏も
偉そうに指導している幹部より結果をだす。
まぁ、当たり前のことだ。
創価の中で広宣流布(の名を借りた信者獲得)なんてできない。
もうすでに一人前の創価信者になっている人を相手に
創価の指導したところで信者は増えない。
広宣流布は世間の中で戦うことであって
創価という活動家にとっての仏国土で戦うことではないからな。

ここが創価のジレンマなんだろうな。
職場や地域で活躍している会員は
創価などという、ちっぽけな組織活動なんかに興味がない。
創価のバリ活のほとんどは、逆に創価組織に依存して
世間と正しく向き合う事ができない。
故に、広宣流布(という名の信者獲得)は
800万世帯(公称)から全く増えないわけだ。
いや、むしろ実際には世帯数は減少しているだろうし
頼みの活動家と言えば
その量も質も年々劣化したいる感も否めない。
これ以上の活動家の減少・劣化を防ぐために
世界広布だの大勝利だのと大風呂敷を広げて
活動家の自尊心を煽るくらいしか方法はないんだね。

自分のいる場所で幸福になる。
職場や家庭や地域で認められる存在になる。
それが日蓮仏法の正しい現証だね。
学会活動にのめり込んで
仕事も中途半端
家庭も中途半端
友達付き合いも中途半端
そんな活動家は今週の言葉を噛み締めてみるといいよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全く同感です。

  そもそも、いつまで創価の庭にい続けるんだと感じますね。
 せいぜい、高校生まででしょう。  そも創価の組織を支えてる?のは婦人女子たち。  数、おっかけっこの話です。

 妻が女子部のころを振り返ってよく言ってたのは,素直な優等生で汚れのない先輩幹部ばかりで、若い女性独自の悩み、つまり異性問題とか、子供が出来ちゃったとか、デートしたいのに、創価だということでフラれちゃったとか、義父や義兄から暴行を受けた、誰にも言えない。。。など ドロドロしたことが多いのが本音だったそうな。  

 指導を受けようにも、「そういうこと」を経験と優しさ(たくましさ)で受け止めてくれそうな先輩など、一人もいなかった、、と。

 妻はまじめな人間ではあったが、幹部へと登用される中で、婚期を逃していく活動家さんたちをみていて、自身もふくめ、将来の心配や不安があったようだ。

 ここで言いたかったのは「いかに世間の実情とかけ離れた組織だったか」ということ。

 如蓮華在水、、とかいくら口先で指導してても、いざ、そういう相談をすると、「お題目よ! 」「あなたがしっかりしないと!」とか言われるだけで、心を揺さぶるような指導・訓育をなぞ出来てはいないのだ。

 実際、私も今でもそういう女子部の娘さんたちを数人知っている。

 統合失調症をわずらい、どうしようもなくなった子もいた。  勿論、上層幹部だ。  いざとなれば誰も頼れない組織。 だから私は遠方からの連絡を受けて、面談して、出来る限りの処置をした。  いまでは結婚して年賀状もいただいている。

 そうでない女子部の子は親にも言えず、故郷を離れていったり、非活になったり、。  

 ここはいちいちのスキャンダルを披露する場ではないのは承知していますが、あまりにも表面のきれいごとの裏で、どれだけ実際問題を隠して、幸せになれると信じて、カツドウに追われているだけの人がいることか、 

 うつ病で苦しむ人。 借金苦の人。 事業に失敗して身動き取れなくなった壮年。 結婚もできず歳を重ねていくだけの男子部員。 余計にやっきになって活動に出かけていき、それでなんとかなると信じてる婦人部。。

 そこで頑張れ! そこで輝け!とか御託を言ってるヒマがあるなら、そこへ行け! 遠巻きにして心配するフリばかりしてないで、会いにいけ! 話しを聞け! 自分の言いたいことばかり言うな!そう言いたいのです。

 そういう自覚も思いやりも、増して慈悲心もない幹部らがいっぱいいます。

 つくづく創価は像法から末法時代の様相だなと、日々感じています。

 大聖人、そしてせめて釈尊はどう振舞ったかを知るべきです。

 「本当の人材は外にいる」  すくなくとも毎日、会館などで遊んではいない。
 

 

口承800まんはウソつき

創価学会が800万いると言っているけど
ウソつきです
事実は200万位ですけど
更に数は減少しています❗かやの外にいるからわからない様ですが、内部分列が始まりました❗
原田が会長に再選されましたけど、理事長の正木は左遷です

管理人様、こんにちは。
ご無沙汰しております。

この前主人に俺のいる前で五座三座しないで。気分悪いと言われました。
観念文に歴代法主(日顕上人)に報恩謝徳するとあるのが嫌だったみたいです。
凄い怖い顔してました。
私は主人がお風呂に入っている間にしただけです。
以前は別に五座三座でもいいと言っていたのに。おそらく義理母にでも私が五座三座していることを言って、それがどういうことなのか知ったのでしょう。
主人は謝ってはくれましたが、勤行自体する気力を失ってしまいました。かろうじて勤行するときもありますが、気力がありません。
このブログを読んでまた頑張りたいと思います!

自分のいる場所で勝利の実証を示す。大事なことですよね。
主人は創価の外郭企業なので、勝利の実証と言われても、世間から評価されるわけではないので、どうなのでしょう。友人も内部の人ばっかりで、創価なしでは生きていけない人なのかもしれません。
人のことは言えませんが、私も社会で実証を示す。中途半端な友人の付き合いをしないようにしたいです。

う~ん…

読ませて頂き
概ね あたっているなぁ~と 素直に思いました。
残念ながら…

会館で 県単位の大勢の会合で 見渡す限り、輝きがなく 貧相な会員が たくさんです。身なりは 外しても生命の輝きとか 品といいましょうか…
そういう 何かしら 訴えるもの 魅力が ないのです。

…やはり 業が深いのでしょうか…

本来なら 人間性や 福運と いった諸々がそろそろ 備わり 威風堂々とした
メンバーじゃなけりゃ…自省(^_^;)
課題山積ですね。

…どの世界

確かに まだまだ
一般会員と 社会にも地位ある会員との 様々な格差は あるように 思える、が しかし ワタシは 活動家ではないが 社会的に地位や金持ちは 寧ろ内面 内情は 酷いものだ。

つまり どの世界
どろどろとしたものには 変わらない。
どうあれ、人間的に 信仰を持ち、最高の法華経 創価学会に 生きている方々は 生命レベルでの 境涯革命への 希望をもっている。
(全ての会員とは いえないのが 残念だが)
さて 問題を抱えている 組織かもしれないが ワタシは 御書、法華経の智慧を主に 自立 自律の 信仰を心掛けている。
つまり どの世界
突き詰めると 個人の問題になっていく。 全て 自己責任。

まぁ そういう結論を述べてしまうと 見も蓋もないのですがね…苦笑

ランボーさん

こんばんは。


>  ここで言いたかったのは「いかに世間の実情とかけ離れた組織だったか」ということ。

そうなんですよね。世間と距離があり過ぎるんですよ。

>  如蓮華在水、、とかいくら口先で指導してても、いざ、そういう相談をすると、「お題目よ! 」「あなたがしっかりしないと!」とか言われるだけで、心を揺さぶるような指導・訓育をなぞ出来てはいないのだ。

幹部に力がないんです。力が無いから幹部に登用するってことかもしれません。

>  そういう自覚も思いやりも、増して慈悲心もない幹部らがいっぱいいます。
>  「本当の人材は外にいる」  すくなくとも毎日、会館などで遊んではいない。

全く同感です。

toshihiroさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 創価学会が800万いると言っているけど
> ウソつきです
> 事実は200万位ですけど
> 更に数は減少しています❗かやの外にいるからわからない様ですが、内部分列が始まりました❗
> 原田が会長に再選されましたけど、理事長の正木は左遷です

正木氏は学会内の権力争いに負けたということでしょう。
いっそ新しい創価組織でも作ってくれればいいのですが
正木氏にはそんな甲斐性はないでしょうね。
原田の後は、谷川・佐藤ラインでしょうから
いよいよ創価暗黒時代が近づいてきた感じがします。

少し活動家(^_^ さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 会館で 県単位の大勢の会合で 見渡す限り、輝きがなく 貧相な会員が たくさんです。身なりは 外しても生命の輝きとか 品といいましょうか…
> そういう 何かしら 訴えるもの 魅力が ないのです。

そうなんですよ。
世間的なお金とか地位とかそういうものではなく
人間的に魅力がない。
なんていうか薄っぺらい。
創価の活動家にはそんな人が多い気がします。

> 本来なら 人間性や 福運と いった諸々がそろそろ 備わり 威風堂々とした
> メンバーじゃなけりゃ…自省(^_^;)

そうですね。そうした人が法を説けば信じる人はいるでしょう。
ただ、今の創価教は大聖人仏法ではないと私は思っているので
活動家さん達は今のままでもいいかな?って思ったりしてます(笑)

鼻フウセンさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

>さて 問題を抱えている 組織かもしれないが ワタシは 御書、法華経の智慧を主に 自立 自律の 信仰を心掛けている。
> つまり どの世界
> 突き詰めると 個人の問題になっていく。 全て 自己責任。
> まぁ そういう結論を述べてしまうと 見も蓋もないのですがね…苦笑

いや、全くその通りですよ。
その自己責任が分かっていない方が多い。
「創価が言ってるから」信じる。
「池田先生が言ってるから」正義である。
これって、よく聞くと幸も不幸も創価任せって言ってるようにしか聞こえないんです。
自分の信じる事に対して
あまりにも軽すぎる。
自主・自立。まさにそれこそが大聖人仏法の神髄だと私も思ってます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR