軽減税率・・なのか?

軽減税率の自公協議は
自民が公明党案丸のみの形で決着つきそうだね。
公明党からしてみれば
先の安保法案で、学会員の反発を無視してまで
安部さんに全面協力したのだから
今度は、こっちに協力しろよってな感じで迫ったのかな。

しかし、この【軽減】税率っていう言い方
気に入らない。
だって何も【軽減】しないのだから。
食品の消費税率を5%に戻す。というなら【軽減】と言えるが
他が10%になる所を、8%に据え置くだけだろ。
こんなの【軽減】でも何でもない。
周りが上がるから【軽減】されてるように思えるだけで
実際には軽減じゃなくて据え置きにしか過ぎない。
なのに、いかにも税率を軽減しました。みたいな言い方するのが気に入らない。
まぁ、創価活動家にしてみれば
来年の参院選の支援に当たって
「公明党は1兆円規模の軽減税率をしました」風に言うのだろうが
【軽減】ではなく【据え置き】
しかも、その足りなくなった財源は
結局、他の何かから搾り取るわけで
1兆円を、無しにしたわけじゃない。
早速、たばこがやり玉にあがってる。
とっても文句の少ない所から取る。
そんなやり方ってどうなんだろうと疑問に思う。
そして何より、取る事ばかり考えていないで
出費を減らす方もちゃんとやれよ。って言いたい。
国会議員の定数削減はいつやるのか?
議論にもなっていないじゃないか。
定数削減なんてやる気になればすぐにも出来るはずだろ。
社会保障や医療費もいままのままではダメだろう。
現役世代だけに負担させては不公平だ。
高齢者にも一定の痛み(負担)を求めないと。
国が借金まみれならば、高齢者も若者も、民も官も
皆で痛みを平等に分け与える。
それが政治というものだと個人的には思うのだが。

それにしても創価上層部
先の安保法案の時は
学会員がなんといっても自民党になんのクレームもつけなかったのに
今回の軽減税率については随分と圧力をかけたようだね。
ある時は、政治の事は公明党に任せてあるので口出ししないといい
ある時は、公明党なんか飛び越して口出ししまくる。
しかも、その判断は庶民が幸福になれるかどうかではなく
選挙に勝てるかどうかにしか思えないんだよな。
こんなことしておいて「政教一致」じゃありません。
と言っても世間は納得しないだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

そうですね。

 特定の宗教団体が政治上の権利を行使してはならない、というのが条文です。 内閣法制局の見解というのは一貫して、どちらかというと権力側からの規制や便宜供与や、侵害などを禁止している面を答弁することで、混迷党を結果的に擁護してきたわけです。 本来は「相互性」があったはずです。 私らも、そういうガッカイ指導しか聞いたことはないですね、

 ですから鮫島(元・小泉首相補佐官でしたか、)氏がアメリカで、いざという時の『混迷党の「抑え方」は判っている』と強弁したわけでしょう。

 この財政難にも拘らず、その押さえどころを今回、使わなかったのは、ひとつにはこれからも自公政権は継続する(選挙協力)という路線が続くということですね。 連日の政治ショーでひっこみもつかなくなっちゃったし、、。

 あるいはお互いにもういろんな「事情」を知り合っていて、別れるに別れられない男女関係みたいになっちゃってる(笑)、、。 腐れ縁ですね。

 今回のも創価がじっと黙って見ていたとは思いがたく、管理人さんが仰るように、官邸と信濃町との話し合い(?)が決着したということが判ります。    そしてネックは当然、来年の参議院選の布石です。
 
 週刊誌などはもう「衆参W選」を既成事実として書いていますが、本年度の日本のGDP成長率が1・5%程度であると海外は分析してますが、安倍さんの景気対策は結局、もう頭打ちであり、如何に今の40%くらいの支持率が下落しないうちに、解散に打って出るかという魂胆ですから、公明の支援はどうしたって欠かせない。  とても公明を切るタイミングではない。 近い将来の磐石な自民党単独政権を目指すうえでも、今回は譲ったのだと思います。 かくて、両者、ウインウインで手打ち。  たばこ税アップは私もそう思います。  「健康信仰」の妄信は世間的にも話が見えやすい。  そして原発を再稼動していけば膨大な輸入ガス燃料代も軽減。
 結局、国民の犠牲や負担でまかなう図式ですね。

 混迷党はいずれは切られると思いますが、政治上の権力(影響力)を手放すはずはないから、学会員が血眼でかき集める「票」を武器に、この国に居座るでしょう。 一にセンキョ 二にザイム 三、四がなくて、五に聖教の三大秘法は絶対の教義です。 昔は「反権力」の闘いだと教えられましたが、「親・権力」だったんですね。 これらも「水滸会記録」にはその構想を先生は云われてました。  
  すべては水面下の構想通り。  何も知らされなかったのは当のガッカイ員なんです。  まだ信じようとしていますから情けなくて涙が出ます。 言ってしまえばなんのことはない、「金と権力」の獲得達成です。 先生は「以後500年先の構想実現のための基盤は磐石になりました。 創価万歳!」とか言ってましたが。

 これが末法の修行であり、これからも絶対の功徳、福運がつくとか言い続けるんでしょうね。    吐き気がしますな。。(--;)

ランボーさん

こんにちは。

>  これが末法の修行であり、これからも絶対の功徳、福運がつくとか言い続けるんでしょうね。    吐き気がしますな。。(--;)


本当のその通りです。
選挙でも新聞啓蒙でもやりたい人はやればいいとおもいますが、
そんな活動に功徳があるとか福運がつくとか
ウソを言うのはやめて欲しいですね。
純粋な会員を騙すのは許せませんね。

ご質問ですが

はじめまして。
御書に詳しい管理人様。
私は、地区リーダーで活動していましたが、あまりにバカバカしくなり未活になりました。
創価教学しか御書を学ばず、いくら原文を読んでも本当の意味が読み取れません。

そこで、お伺いしたいのですが、公明党は立正安国論に基いていると思いますか?
私は、管理人様のブログにあるように、都合よく解釈され御書を利用しているようにしか
見えないのですが。
管理人様のご意見をお聞きしたく投稿させて頂きました。
よろしくお願い致します。

No title

初めまして。
食品の消費税率8%というのは、すでに海外の消費税と比較しても重税ですよね。
それより高い消費税の国もありますが、北欧など医療費、教育費が無料の北欧のような国々です。
それから、食品の軽減税率の話題に埋もれてしまっていますが、対象品目に新聞が入っていることです。これこそ軽減税率の隠れた本当の目的だったのだと思います。
新聞だけ対象にすると目立ちますが、食品の軽減税率に紛れ込ませれば目立ちません。
マスコミに恩を売ることができた安倍政権は、
これで選挙対策とマスコミ対策はバッチリです。

callさんへ

  同様なことを思いました。

 新聞?? と。政教新聞(ママ)も恩恵をこうむるわけですね。
 聖教新聞社も一安心。  もっとも新聞社と名乗ることもおかしいわけですが。  一般紙各社への懐柔策としては抜け目がないですね。

 公明も当然、異論はなかったでしょうね。  こういう「抱き合わせ法案」は実に危険ですね。  所詮、テクニックとしては常道ですが。

callさん

初めまして。こんばんは。コメントありがとうございます。

> それから、食品の軽減税率の話題に埋もれてしまっていますが、対象品目に新聞が入っていることです。これこそ軽減税率の隠れた本当の目的だったのだと思います。
> 新聞だけ対象にすると目立ちますが、食品の軽減税率に紛れ込ませれば目立ちません。

全く同感です。今時新聞なんて富裕層しかとってないでしょう(笑)
新聞の税率据え置きは意味がわかりません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる