言論問題再考だってよ(笑)

先日、昔からの知合いの学会員さんの家に行ったら
帰りがけに、学会の月刊誌である「第三文明」をもらった。
今更、学会雑誌もらっても・・・って思ったたケド
昔からの付き合いもあるので無下に断る事もできないし
とりあえず持ち帰った。
折角もらったので、少しだけ読んだ。
作家の佐藤優氏と松岡幹夫氏の
「創価学会とは何か」という連載対談があって(書籍として発売してるみたい)
その第6回目に「言論問題」再考という対談内容を読んで
なんだかなぁ~って思った。
(言論問題についてはウィキペディアで調べてね)

(佐藤)創価学会は民間団体であって国家機関ではないで「言論弾圧」にあたらない。
(松岡)「学会が様々な組織的圧力をかけた」と言われていますが、それらの圧力が仮に全て事実だっとしても非合法な事は何ひとつしていない。

つまり、合法であれば圧力をかけても許される。らしい。

(松岡)中身は低劣なヘイトスピーチに過ぎなかった藤原弘達の書籍・・

宗門から破門後の聖教や新報での、宗門を口汚く罵ったのはどこの誰だ?
それこそ低劣なヘイトスピーチだろ。
毎度のことだが、自分達のやってる事は棚上げで
同じことをやられると文句を言う。
どんな神経してるのやら。

(松岡)言論問題は、実際には要望に過ぎなかった。
(松岡)言論問題において学会はむしろ被害者であった。

被害者?合法的な圧力かけた側が被害者だって?
だったら、何故謝罪したんだ。

で、謝罪した理由ってのがなんと

(佐藤)池田会長のこれまでの歩みをずっと追っていくと。「一度は戦術的退却をするものの態勢を立て直して二度目に勝利する」というパターンが繰り返されている。
(松岡)いずれのケースも池田会長による戦術的退却は正しい選択だったと思います。たとえば第一次宗門に際して(中略)あのとき戦術的退却をしたからこそ第二次宗門問題に勝利できたのです。

だって。対談でこんなこと言っていいのかい?
これって、言論問題の時の謝罪も
第一次宗門問題(52年路線)のときの謝罪も
池田センセは心から謝罪したのでなく
【戦略的】に謝罪(撤退)しただけだったってことだよな。
つまり、52年路線時から池田センセは宗門に対し
とりあえず謝罪したテイだけ繕ったわけだ。
その後は面従腹背し、虎視眈々と宗門から離れるチャンスを狙っていた。
それが今ハッキリとわかって
スッキリしたよ。
破門されるテイを作り、まるで宗門が悪のように会員に思わせ
まんまと勝利したってことだね。
破門された事を【勝利】という言葉を使う事自体、
計画的に破門されるように持って行ったってことだろう。
まぁ、そう受け止める方が納得感があるんだよな。

しかし、自分の野望の為には、心の無い謝罪も
戦略的として平気でできる。
ある意味スゲ~ナ池田センセは。
信心なんてどこにもない。
御本尊なんて糞喰らえ。
それでいて宗教指導者ぶってる所は
普通に良心と信心のある人間なら出来ない。
ある意味偉大なお方です。池田センセは。

でも、こんな人間が宗教家を名乗る資格はあるのか?
宗教以前に道徳心すらないと思わないか?
子供だって謝る時は心から謝るだろう。
そんな人を指導者と仰ぎ師匠と仰ぎ
報恩感謝すらしている創価活動家の人達。
まぁ、師匠が師匠なだけに弟子も似たり寄ったりだろうけど、
こんな裏表のある大ウソつきのペテン師を
俺は師匠とも指導者とも思えない。
個人的には最も唾棄すべき人間だと思う。

◆教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ(崇峻天皇御書)

戦略として一度は一応形だけ謝罪する。
人の振舞いとして正しい。と松岡君は言っている。
俺には正しいとは思えない。

まぁ、池田センセの本性を池田センセの弟子と
池田センセシンパの作家が暴いてくれるとは
愉快って言えば愉快だ。
騙るに落ちるってのはこう言う事だな。
この対談は、創価活動家との対論に使えるよ。
言質とられたなぁ、松岡君(笑)
これから対論の時には使わせてもらうよ。
池田先生は第一宗門問題の時から
謝罪などする気はなかった。
当時からずっと宗門を欺き、会員を欺いていた。って
第三文明もたまには役に立つんだなぁ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誠(まこと)がないってことがよく判りました。

 こういうことだからやたら永遠だの絶対に、だのという言葉が白々しく聞こえてしまうんです。

 それでいて「先生の大誠実が、、、」なんて手下が礼賛する。 対談の論者が言うことを一応聞いてやろう。 勿論、「戦術論」として。でもこれは「後だしジャンケンだ」だね。 言論人としては最低の部類じゃないか?

それならそれで、今にして思えば、これは会員をもあざむく「愚民思想」ではないのか。

 それでいいという会員もいよう。  会員と学会を守るための先生のご努力だった、という幹部もいよう。

 でも、私はそれに組しない。   上は戦術としてウソもつく。 我々下の者どもは、ばんたびに繰り出される「真実」とやらを信じて、批判的な友人知人に「正義」を振りかざして主張してきた。 ガッカイと先生が好きだったから。
大好きだったんだ。 ここにたまにやって来るバリ活さん  おめえらには負けねえほど、ガッカイを信じ、ガッカイと同志と先生を守る戦いをしてきたんだ。
命を張って死んでしまったやつだっていたんだ。  てめえらにその真似が出来るか。 火事になってその火炎の中に飛び込んでいって、ご本尊さまをたたみ、二階から、下で叫ぶ妻にむけて「後はたのんだぞ!」と言って投げて渡して死んだ男子部だっていたのを知ってるか? 登山会で会員がホームではさまれそうになったのを救おうとして死んだ、当時の「輸送班員」だっていたんだ。

なのに、上ばかりが次々と事件を起こした。  そういう歴史を知らないのなら、偉そうに我々を罵るのはやめろ。

 シアトル事件といい、芸者写真、月間ペン裁判、金庫破棄事件、ルノアール絵画事件 東村山事件、損失補てん事件、そして言論出版妨害の事実。 まだまだある。 全部、世間が間違っていてガッカイは正しかった、と必死になって現場は戦ってきた。

 挙句が、独一本門の大御本尊様の不認定(今までの教学の完全否定)に至った。  おれたちにはもう最後の武器までなくしてしまった。 最後の誇りも、根拠も、約束も 最大の安堵も確信の根拠もなくなったのだよ。

 ガッカイの一世も二世も三世もあるか。 関係ねえ! ご本尊様あっての創価じゃないか。  与太話もたいがいにしてもらいたい!

 私はもうそういう惨めな人生を送りたくないだけである。  これは信念の問題なのだ。 会員に愛される指導者、愛されるガッカイでありたいのなら、会員さんをこれ以上、翻弄して欲しくはない。

 我々以下同文のカメレオンではないのだ。  ひとりの人間だ。 仏子とまで先生は仰ってきた。  大事な大事な家族もいる。  父であり母であり、夫、妻であり、会社や地域では、ガッカイを代表する人間なのだ。  信仰の正しさも無論さることながら、ひとりの人間としての誠実さなど、もう、どう言いつくろったら、取り戻せるというのか。

 やっと財務はスルーした。  後悔もなにもない。60歳を過ぎて、私の戦さが始まります。 箱庭の平和で満足してる人は、ここでいろいろモノを言う資格はない!  機関紙読んで不安解消した気分になってる活動家は、ちっとは世間や歴史的経緯や、世界の視点から この創価の移ろいの惨状をよく見てから言い分でもなんでも言って欲しい。

 たとえヤクザの世界だってなんだって、本気の男にはかなわねえんだぞ。  

管理人さん。 マジで戦おうや! おれは逃げないぜ。

ランボーさん

こんにちは。

> 管理人さん。 マジで戦おうや! おれは逃げないぜ。

もちろん。
自分自身との戦いです。
大聖人を見下す謗法との戦いです。
会員を欺く創価患部との戦いです。
御本尊あっての創価
まさしくその通りです。

本尊の大事

宗祖日蓮大聖人、本因妙抄に曰わく「この血脈並に本尊の大事は日蓮嫡嫡座主伝法の書・塔中相承の禀承唯授一人の血脈なり、相構え秘す可し秘す可し伝う可し」

学会が御本尊様の下附を始めた頃、当時非活の身とはいえ、どうなってしまうのだろう?大丈夫なのか?と思案していましたが、昨年11月の教義改正でやはり最悪の方向にシフトしてしまいましたね。
小生にとって、脱会を決意する端緒にもなりました。

管理人様、ランボー様の記述を拝し、その憤りは計り知れない事と愚考しております。信濃町官僚に対して、仏法以前に世法もデタラメ過ぎると断じます。
口先だけの御書根本を改めて、正法正義の「信・行・学」の実践に、一人でも多くの学会員が臨まれる事を祈念しております。

今朝も朝勤行の際に御授戒、勧戒がありました。歓喜と勇気を頂き、朝から涙しました。

古刹信徒さん

こんばんは。

> 管理人様、ランボー様の記述を拝し、その憤りは計り知れない事と愚考しております。信濃町官僚に対して、仏法以前に世法もデタラメ過ぎると断じます。
> 口先だけの御書根本を改めて、正法正義の「信・行・学」の実践に、一人でも多くの学会員が臨まれる事を祈念しております。

全く同感です。大聖人の仏法に帰るべきです。一人ひとりが自覚すべき時です。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる