どこまでつけ上がるのだろう

昨日、第三文明の松岡・佐藤対談
「創価学会とは何か」の記事について書いたけど
今日はその続きを書こうと思う。
全体的に思わず笑っちゃうツッコミどころ満載の対談で
例えば、「折伏」についての回では
(松岡)危険な宗教かそうでないかは「敵対者を尊重できるかどうか」を見ればわかります。
と言っている。
宗門に対する態度を見ると、創価は危険な宗教である。という結論になっちゃうね。
まぁ、万事この調子で自分で自分の首を絞めてる発言が多い。

それはさておき、この対談を通して読むと
何が何でも池田センセを絶対的存在としようとする意図が見える。
例えば三代会長を語ると言う回では、
(松岡)釈尊は仏教の創始者、日蓮は完成者、三代会長は実現者であると言えましょうか。三代会長は、釈尊から日蓮に至る仏教史のいわば「総仕上げ」の役割を担ったのです。
また、最終回では
(松岡)日蓮が天台の教えに従って正しく仏典を読み、創価学会は日蓮の教えに従って正しく法華経を読んだ、そして今、学会員は池田会長の教えに従って正しく日蓮の御書を読んでいると言えます。智者である池田会長が認めた御書は全て真正テキストと認めてよいというのが私の考えです。

と、このように言っている。
正直頭がおかしい。としか言えない。
こんなやつが教授や僧侶の肩書を持っているというからお笑い草だ。
松岡の言っている事は、池田センセは、釈尊や天台そして大聖人と肩を並べている。
つまり、釈尊・天台・大聖人・池田大作が同じだと言っているわけだ。
釈尊・天台にも、遠く及ばない凡夫の池田大作を
事もあろうか御本仏・日蓮大聖人と同列に並べ語るとは
増上慢も甚だしい。
何が「総仕上げ」だ。
総仕上げってのは広宣流布が全て終わった時にいうセリフだ。
「総仕上げ」どころか、創価という最大級の謗法団体を作り上げたのが池田センセだ。
「池田会長の教えに従って御書を読む」だと?
その結果、大御御本尊を信受しないとしたのだろう。
これのど・こ・が正しく御書を読んでいるのか?
大御本尊をすてないだけ、顕正会の浅井の方がまた正しい。
しかもいうに事欠いて、池田会長が御書を認めるだと?
何様のつもりだ。
大聖人の御書をなんで、池田大作ごときが認めるだの認めないだの言えるのだ。
御書を「認める」「認めない」なんて言い草あるか。
御書ってのは信じるもであって認めるとか認めないかってもんじゃない。
認めるとか認めないってのは、結局御書を信じていないという事であり
信心が無いということだ。
同じ最終回には、御書には偽書もある。なんて言っているが
真筆があってもなくても、結局は池田センセが認めるか認めないかで判断するってことだろ。
所詮、その程度なのが創価教学ってヤツの正体だ。
もう完全に、池田本仏の池田教である。
一体、どこまで創価はつけ上がるのか。
そしてこんな洗脳をいつまで会員に施すのか。
バリ活さんは、池田本仏でも池田教でも望む所なんだろうが
ここまで日蓮大聖人を下しておいて
いつまでも大聖人仏法を利用している創価。
心ある会員さんは今すぐにでも創価の活動を止め
創価への布施を止め。
大聖人に帰命して欲しいと願わざるを得ない。
それが自分自身の幸福であり、愛する人達の幸福への道だ。

◆汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや(立正安国論)

「創価学会とは何か}というこの対談の結論は
創価学会とは、池田大作という凡夫を無理やり仏と同格に見せかけて
池田大作という凡夫のいうことを信じている団体。ってことかな。
仏法なんてどこにもないじゃん。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

笑止千万。

  大方が当たらない偽の予言者は、事件や事故がおこってから、その後になって、「実は予見していた、 一部にはちゃんと伝えていた」とかを言う。  こんなものはなんの役にもたたない。 子供にでも判る理屈だ。

 ではどうして大々的に警告なり注意喚起をしなかったのか?と言うとやれ社会的混乱や住民のパニックを起こさせてはいけなかったから、などと言う。

 これじゃあ、どうとでも言える話だ。  この対談とやらも、その伝でいえば、同じようなものだ。 ほとぼりが冷めてから小出しに「内部機関紙誌で御用学者のような者にそれを言わせる。 いつもの手法に過ぎない。

でも、あれだね。。

 「ランボーのクソ野郎!読んでから言え!と言われても癪だから、私も吐き気を抑えながら読んでやろう。  金は一銭も払いたくないから、どっかから拾ってこよう。  会館にでも行けば、センターあたりには配布の残りなどがいつも積んであるからね。  

 昨日と今日の時点では管理人さんの記事を読んで、管理人さんのフィルターを通しての伝聞ではある。  彼を信頼する私はそれで充分なのだが。。

 さて本稿のテーマに沿って今時点の意見を書くと、

 偉大なる人物ほど、「後世の評価」あるいは「名誉回復」が多い。「歴史の試練を経たもの」は信用出来るという伝である。

 通例、本人の生存中に建物やイベントなどにその名を冠してみたりする例は稀である。 亡くなった福島源次郎さんなどの書物を読むと、池田先生とのやりとりのくだりが書いてあったのを記憶しているが、要するに先生自身から「私なら自分の師匠の名前をつけるがね。。」と事実上、命令されて、ある記念会館に「池田」の文字を冠することにした。。というのがあった。

 いつも思うことだが、偉大な人といわれるような御仁は押しなべて謙虚なものだ。  そんなある日ある時、地元での人材学校(全国に発足した時期があった)で担当幹部がこう言った、

 「日本人は自分を主張するのがヘタな人が多い。 でも池田先生は違う。 世界的(世界水準のこと??)な人物だからね。。自身からこう。。仰るんだよ。。」とか云々の話だった。  違和感を感じたものだったがそのころはガッカイと先生は独自の価値観で動いているんだな、 世間に合わせる必要なんか感じなくてもいいんだな、、と納得したわけです。

 つまり、俗人のスケールで偉大な人物を推し量ってはいけない、とかいう意味で。

 そして有名な標語  「ガンジー・キング・イケダ展」が始まっていた。

 世界の偉人と肩を並べていることをあからさまに表徴したネーミングだった。  池田、ではなく「イケダ」であった。  こういうカタカナ表記にする場合、一種の普遍性を意味すると私としては理解する。

 外に向けてはこういう手法。  そして本稿にあったように、内向けには、釈迦、天台 日蓮、として三代会長、という言い方なのらしい。

 この順番すらまたいつか変わるかもしれないが。(笑)

 私は俗人だ。  だから、≒ 「ガッカイ庶民」として違和感と疑問と驚きを隠さず、以下の例を出す。

 年代など詳しいことは失念したが 「本・幹」での先生の講演でのこと。

 やたら先生は「ショウジカ、 ショウジカ。。」と仰った。  なんのことか判らなかった。    やがて何度目かに「小児科。。」と仰った。学校ではこれを「ショウニカ」と読むと習ったはず。

 私は次の2点を思った。  ひとつは、ああやっぱりその原稿は自らの手によるものじゃなかったんだ、、ということ。  そしてもうひとつは他人の書いたものにせよ、先生は「小児科」という文字が正しく読めなかったんだな、ということだ。(おそらくさすがにそこにはルビが振ってなかったらしい)

 別に重箱の隅をつつくようなことはしたくない。  しかし、少なくともあれほどの多くの書籍や学術的論文を自ら書いて主張して世界に発信してこられたはずの池田先生が、「小児科」という文字が正しく読めなかったのだと驚いた。 これも聞かなかったことにしなければいけなかったのだが・・・。 あの不協和音の『ピアノ演奏』を大拍手して聴いていたのと同様に、いかに予定調和な世界に居させられてるんだろう、という己のヘタレ具合。  虚構を虚構として見抜けなかった我々ド庶民のはかなさのようなものを思ったものだ。言い換えれば「先生は絶対でなければ、私が困る」とかいう自己保身ではなかったか。

 些細なことかもしれない。  しかしその虚像と実像の落差を思わずにはいられない。  大聖人様が当時は恥とされていた「平かな混じり」のお手紙をあえて書いて門下に送られていたのとは、ワケが違う。

 入信したその時から、「先生は偉大なる指導者なんだ」と毎日のように言い聞かされてきた、その刷り込みが、こうして今日には段々にほどけていったわけです。 御書には、「無作三身」ということが書かれている。
つくろわず、我々は凡夫そのままでよいというほどの意味で理解しているが、つくろい過ぎてきた指導者であったのか、と今更にして思うわけです。

よって結論として「笑止千万」のタイトルになりました。

 悲喜こもごもではありますが。

 

 

 

 
 

管理人様、こんにちは。
創価学会は池田先生を大聖人と同じに見せかけていますよね。
この前無理矢理連れて行かれた座談会で主人が「池田先生根本で頑張ります」なんて言っていたのを聞いて、ドン引きしてしまいました。
御書根本、御本尊様根本ならわかるのですが、池田先生は仏様なのでしょうか。とても疑問です。
それに若い頃の先生はとても良い顔をしていますが、新聞に載ってるような老齢の先生の顔は、失礼ですが見るに耐えない顔をしています。

ランボーさん

こんばんは。

> でも、あれだね。。
>  「ランボーのクソ野郎!読んでから言え!と言われても癪だから、私も吐き気を抑えながら読んでやろう。  金は一銭も払いたくないから、どっかから拾ってこよう。  会館にでも行けば、センターあたりには配布の残りなどがいつも積んであるからね。

くっだらない対談でした。しかし第三文明は青年部がよく読む雑誌なので、青年部が惑わされないよう記事にしてみました。


>  昨日と今日の時点では管理人さんの記事を読んで、管理人さんのフィルターを通しての伝聞ではある。  彼を信頼する私はそれで充分なのだが。。

ありがとうございます。

>「日本人は自分を主張するのがヘタな人が多い。 でも池田先生は違う。 世界的(世界水準のこと??)な人物だからね。。自身からこう。。仰るんだよ。。」とか云々の話だった。  違和感を感じたものだったがそのころはガッカイと先生は独自の価値観で動いているんだな、 世間に合わせる必要なんか感じなくてもいいんだな、、と納得したわけです。
>  つまり、俗人のスケールで偉大な人物を推し量ってはいけない、とかいう意味で。
>  そして有名な標語  「ガンジー・キング・イケダ展」が始まっていた。
>  世界の偉人と肩を並べていることをあからさまに表徴したネーミングだった。  池田、ではなく「イケダ」であった。  こういうカタカナ表記にする場合、一種の普遍性を意味すると私としては理解する。
>  外に向けてはこういう手法。  そして本稿にあったように、内向けには、釈迦、天台 日蓮、として三代会長、という言い方なのらしい。

所詮、謗法の人の事は理解できない。
池田センセの偉大なのは「金儲け上手」「人たらし」ってことくらいしかわかりません。
まぁ、分かりたくもありませんが

林檎さん

こんばんは。

> この前無理矢理連れて行かれた座談会で主人が「池田先生根本で頑張ります」なんて言っていたのを聞いて、ドン引きしてしまいました。

池田センセ根本ですか?(笑)
それで大聖人仏法を実践してます。っていうのだから困ったものですね。

> 御書根本、御本尊様根本ならわかるのですが、池田先生は仏様なのでしょうか。とても疑問です。

池田センセは凡夫です。お金・権力・地位・権威
そんなモノばかり求める、凡夫の中の凡夫しょう。
林檎さんは、御所根本・ご本尊根本。
そのような人を仏子といいます。
仏の子ですから林檎さんこそ仏ですよ。

林檎さん

管理人さんの言う通り仏子といえるんだと思います。
部外者ですが真摯な信仰心がみえます。
私と信仰で交わることはないと思いますが、ご主人を大事に、正しい日連大聖人のもとに手を携えて幸せになれると信じていますね^^

ランボーさん

部外者のおじさん )
いつも管理人さんととのかけあいを、真剣に読ませていただいてます
管理人さんに知り合って信仰について真面目に考えるようになりました。
皆さんと同じ方向に進むことはありませんが、大きな川の両岸から尊敬しあって、交わらなくとも
同じ方向に進んでいければしあわせでかな?と思っています。

No title

部外者なのであまりコメントできませんが毎回、毎回欠かさず、おうかがいしてます。
色々と宗教について教えていただいて感謝しています。
時々ですが、一言だけコメントさせてください。

よしひろさまへ

 コメント、痛み入ります。 

  私なぞもしも不幸にして実際にお会いすれば、なあんだ、、ははは、、みたいなオヤジです。

 できればソクラテスの如き痩身で、知性的な眸、ほどよくこけた頬、
長い総髪はロマンスグレィ。。。  ま、これは60歳代での願望でありました。  見事にあてははずれてしまいました。(笑

 同じ道には進むことはない、というのは、同じ船には乗らない、というほどの御意でしょうか。 それで結構だと思いますよ。 最後の最後まで自分の魂にしっかり染みこんだ信念とかいうものが、「その人」そのものだと信じていますから、それぞれ「マイウエイ」でいいのだと存じます。 ここにおいでであること自体が、いささか匂いが似てるな、と思ってはおりますが。(笑)

 私は現在、私の船旅で最大の困難に直面しておると自認せざるを得ない情況ですから、幸いに出会えたこのブログでも、「書くこと」がその闘いであると信じて居候をしておりますのです。  実生活は多分、皆様と同様、「もうあと10日で新年か!? ウェーン。。」とか言いながら、通帳と予定とをにらめっこしています。 (うちはそうでもないなぁ、という方々に失礼ですが)

 ま、仏法は実生活と隔離した世界ではありませんから、切ないし、また愉快でもあります。  その仏法の根幹を骨抜きにしようとしているからこそ、創価とはもう一緒にやっとれん!ということになっておるわけです。
 
 一人で船からさっさと飛び降りて、救命ボートを独占しておれば良いようなもんですが、残された『創価タイタニック号』の友人を見殺しにしては、それこそ罰を頂きますし、教えられてきた仏道修行とは、かけはなれた振る舞いになってしまう。   そういうわけで、ここで管理人さんのお伴をさせていただいて、書いております。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

 ありがとうございました!

 

よしひろさん

こんにちは。

> 部外者なのであまりコメントできませんが毎回、毎回欠かさず、おうかがいしてます。
> 色々と宗教について教えていただいて感謝しています。
> 時々ですが、一言だけコメントさせてください。

お好きな時に
お好きなだけ
お好きな事をコメントしてください。
いつでも大歓迎です。

よしひろ様ありがとうございます。
夫婦で正しい信仰ができるように日々頑張ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントについて

コメントは自由に書いていただいて結構です。
引用したいサイトなどもあれば引用してもらって結構です。
このブログでは、よほどの誹謗中傷・荒らし行為でないかぎり
自由にコメントしてもらって構いません。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR