退会してくれて結構です

創価の活動家の友人と会って話す。
その友人は男子部時代からの付き合いで今は壮年部。
創価が大御本尊を用いなくなったことに納得してはいないが
まぁ、創価の一幹部として現役の活動家だ。
その彼が過日学会本部に電話して
大御本尊について色々と質問したらしいが
どうも腑に落ちない回答ばかりだったらしい。
そんなやりとりを電話口でしばらくしていると
電話先の本部職員から
「納得できないなら退会してくれて結構です」と言われ
電話を切られたそうだ。
本部に教義ついて問い合わせると「退会して構わない」と言われる。
そんな噂は聞いていはいたが
実際に自分の知り合いが本当にそう言われるとは・・
噂は本当だったんだなぁ。
これが今の創価の実態・本音なんだと今更ながら再確認した。
「創価学会でなければ幸せになれない」
などといっつも言っているくせに
「嫌ならヤメロ」というのは
その会員さんが不幸になろとどうなろうと関係ないって言ってることだ。
そもそも、俺も含め本尊義や化義に関して疑問を抱くのは、
これまで学会が言ってきたことと全く違うことをいいだしたからだ。
そしてそれに対する説明が十分にされていないのが原因だ。
聖教新聞で軽~く説明にもならない駄文を発表しただけで
説明はこれで終わりです。って感じ。
あんな与太話で納得するのは
完全に逝っちゃってる活動家・幹部と
正しい教学を教えてもらえない可哀想な会員さんだけだろ。
信心の根本たる本尊義・・つまり本尊を変えたのだから
各種会合で幹部連中が、もっと丁寧に会員に説明すべきなのだが
本尊変更や勤行要典の改悪について
会合等での説明は一切なされない。
ただ聖教新聞に書いて、ハイそれまでよ。である。
もっとも、端から大聖人の仏法の教義に反した改悪なので
幹部も本部職員も説明できないっていうのが本音だろう。
説明しようとすればするほど
自分達の謗法が明らかになっていくから
勝手な言い分を聖教新聞で発表して
質問・反論は一切受け付けません。ってところだな。

でも、それにしても言うに事欠いて
そうした疑問・質問をしてくる会員に
「いやならやめろ」とは凄い宗教団体だな。
本部職員は会員の財務で食ってる連中なわけだろ。
いわば、会員さんは彼らにとってお客様。
いや違う。彼らをやっといる雇用主である。
その人に対して「嫌ならやめろ」などという暴言を吐くのは許せない。
社員が社長に「俺たちの決めたことが嫌なら社長をやめろ」っていってるのと同じ。
普段は、散々会員をおだてて持ち上げているくせに
奴らの本音は、会員を見下しているわけだ。
まぁ、俺のように金にも票にもならない会員に言うならともかく
友人は、金も票も創価に差し出している
立派な活動家だ。
その会員になんという言い草だろうか?
この本部職員のセリフひとつでも
創価が邪教団と化した事がわかるというものだ。
でも、彼はまだやめられないんだなぁ活動を。
ここまで馬鹿にされても酷い仕打ちされてもやめられない。
そんな彼や彼と同じ想いをしつつも同様に活動をやめられない会員さんたちが
本当に痛々しい。
「言うこと聞かなきゃやめちまえ」なんて言う宗教団体のために
日夜、こき使われいる姿が悲しくて仕方ない。
ほんの少し勇気を出してくれれば。
そう願って止まない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行く年来る年

●会員は所詮駒にすぎませんからね~
本部職員や外郭団体職員が食っていけるだけの会員さえ残ってくれればいい、うるさい会員はさっさと辞めて欲しいというのが本音だと思います。(笑)

●ストレートに「教義や本尊は金儲けのツールにすぎないから、時流に合わせて、コロコロ変わるんじゃないですか?ぶっちゃけ高給と噂される職員の給与はいくらなんですか?まさかと思いますが、会員は宗教官僚が高給を育むために、上手いこと言い含められて(功徳、福運、境涯革命等のつねに見えないモノ)利用されてるだけじゃないですか?ちがうというなら職員の年収を教えていただけませんか?」
激怒することまちがいなしですね!(笑)

●今年も、残すことあとわずかとなりました。
管理人様、一年間お疲れ様でした。
管理人さんのご尽力のおかげでコメント欄も盛り上がりを見せてきました。
管理人さんやコメンティタ-の方々のおかげで、いろいろ学ぶことができました

◎この、プログをご覧の皆様、よい、お年をお迎えください。
来年もこのプログでお目にかかりましょう!<(_ _)>


よいお年を

今年は、このブログに巡り合えて心が癒されました。本当に毎回の更新ご苦労様でした。
来年も欠かさずに読ませていただきます。 管理人様をはじめ否定派、賛成派も含めすべてのコメント参加のみなさんも、よいお年を!

管理人さんへ

  一読して、思うのは本部(信濃町)職員は彼ら自身が最も自信も確信も抱いていないのでは、ということでした。

 多分、池田先生の肉声も姿も聞こえず、見えず、依って立つ精神的基盤を失って、間接的に伝わってくる「先生のメッセージや指示」の真偽を信じれないでいる。  そういう会員さんの疑義や質問に堂々と答える根拠を失っている。

 ガッカイは良くも悪くも二言目には「先生は、あるいは、先生が、、」という切り札で収まってきました。  

 今はその「扇の要(かなめ)」が無くなったに等しいと感ぜられます。

 当然、個々人の力量だけが頼り。 そこに加えて「上」の派閥抗争に戦々恐々としなければならない、いわば流動化の中で、彼らの一言一言は極めて慎重になる。  言質をとられてはならないという保身の意識。

 そんなカオス状態において、最も面倒なのが、会員さんからの疑問や疑義に直面するのは、彼ら「現場」です。

 おそらく自分たちも被害者だと思ってるのではないでしょうか。

 これとて私の憶測に過ぎませんが、少なくともスッキリとはしていないのでしょう。

 そんな電話などが毎日毎日、うんざりするほどかかってくる。  どこかで指示と申し合わせがあって、結局の切り札が「退会してもらって結構です」という言説。

 ここまでの言い方は、個人の一存でできることではないでしょう。

 おれの立場ではあるが、おれの責任ではない。。

 これが創価官僚といわれる所以です。

 明治維新いらい連綿と続いてきた官僚国家の毒が「我が創価」にも浸潤してきていますね。 どんな組織でも過渡期にさしかかると、混乱は起こるし、離反する者も必ず出てくる、。 それはもう仕方がない。 去るものは去ればいい。  それは時代のせいであり 少なくとも広報室などの窓口の責任ではない。
でないと やっとられん!  私が彼らの立場ならそんなところでしょう。

 幕末から新勢力へ   あの時代で、一般庶民で「今この国は生まれ変わろうとしているんだ」と意識できていたものは、ほとんど居なかっただろうと考えます。

 みな後代になっての総括で、僕たちはそれを現在だからこそ俯瞰できるから、どうのこうの言えるし、それぞれが評価しているだけ。

 善悪を抜きにして、それが時代の激動期の現象だろうと思います。

 だからこそ「大御本尊」なのですね。

 国会議員候補になったら、「いざという時にご本尊をとるか、池田先生につくか」とかいう踏み絵を迫られる、と、ある参議院議員が書いていました。 「池田先生が地獄にいくなら、自分も地獄に行く!」という決意を迫られて、それを選んだものだけが、そこに残れる。

これは精神論としてはりっぱだけれど、信仰人としてはおかしい。 我々は信心がすべての根本であり、「人」ではないのだから。

 話が散らかりましたが、少なくとも本部広報などには「当事者意識と責任感」はないと断じます。

 しょせん「小官吏」に過ぎません。

 つくづく、「人生は自己責任」なんですね。
信心も。□

 

 

そこまで、ですか

創価邪教化は、私もあちこちで云っていますが、そこまでひどいとは・・・。

しかし私は諦めませんよ。

創価はきっと立ち直って、良き方向へ向かう日が来ます。

そう思わなければ、創価に残って改革を云う意味がないですから。

諦め悪いんです、わたし(笑)

古本屋店主さん

こんばんは。

> ●会員は所詮駒にすぎませんからね~
> 本部職員や外郭団体職員が食っていけるだけの会員さえ残ってくれればいい、うるさい会員はさっさと辞めて欲しいというのが本音だと思います。(笑)

そうなのでしょうね。広宣流布なんてどうでもいいのでしょう。

> ●ストレートに「教義や本尊は金儲けのツールにすぎないから、時流に合わせて、コロコロ変わるんじゃないですか?ぶっちゃけ高給と噂される職員の給与はいくらなんですか?まさかと思いますが、会員は宗教官僚が高給を育むために、上手いこと言い含められて(功徳、福運、境涯革命等のつねに見えないモノ)利用されてるだけじゃないですか?ちがうというなら職員の年収を教えていただけませんか?」
> 激怒することまちがいなしですね!(笑)

今すぐ退会してください。って言われそうです(笑)

> ●今年も、残すことあとわずかとなりました。
> 管理人様、一年間お疲れ様でした。
> 管理人さんのご尽力のおかげでコメント欄も盛り上がりを見せてきました。
> 管理人さんやコメンティタ-の方々のおかげで、いろいろ学ぶことができました

ありがとうございます。

> ◎この、プログをご覧の皆様、よい、お年をお迎えください。
> 来年もこのプログでお目にかかりましょう!<(_ _)>

良いお年をお迎えください。

よしひろさん

こんばんは。

> 今年は、このブログに巡り合えて心が癒されました。本当に毎回の更新ご苦労様でした。
> 来年も欠かさずに読ませていただきます。 管理人様をはじめ否定派、賛成派も含めすべてのコメント参加のみなさんも、よいお年を!

ありがとうございます。
よしひろさんも良いお年をお迎えください

ランボーさん

>   一読して、思うのは本部(信濃町)職員は彼ら自身が最も自信も確信も抱いていないのでは、ということでした。
こんばんは。

>  ガッカイは良くも悪くも二言目には「先生は、あるいは、先生が、、」という切り札で収まってきました。  
>  今はその「扇の要(かなめ)」が無くなったに等しいと感ぜられます。

私も同感です。

>  おれの立場ではあるが、おれの責任ではない。。
>  これが創価官僚といわれる所以です。

組織が官僚化したら終わりだと池田センセもよく言ってましたよね。

>  みな後代になっての総括で、僕たちはそれを現在だからこそ俯瞰できるから、どうのこうの言えるし、それぞれが評価しているだけ。
>  善悪を抜きにして、それが時代の激動期の現象だろうと思います。
>  だからこそ「大御本尊」なのですね。

その通りです。永遠の指導者などいないし必要ない。
我ら日蓮門下には大御本尊があるのですから。

>  国会議員候補になったら、「いざという時にご本尊をとるか、池田先生につくか」とかいう踏み絵を迫られる、と、ある参議院議員が書いていました。 「池田先生が地獄にいくなら、自分も地獄に行く!」という決意を迫られて、それを選んだものだけが、そこに残れる。
> これは精神論としてはりっぱだけれど、信仰人としてはおかしい。 我々は信心がすべての根本であり、「人」ではないのだから。

まったくです。

 

macska さん

こんばんは。

> 創価邪教化は、私もあちこちで云っていますが、そこまでひどいとは・・・。
> しかし私は諦めませんよ。
> 創価はきっと立ち直って、良き方向へ向かう日が来ます。
> そう思わなければ、創価に残って改革を云う意味がないですから。
> 諦め悪いんです、わたし(笑)

いいじゃないですか!
創価の中で大聖人の正義を叫ぶことは
外から叫ぶより大変なことです。
私も今のところ創価です。
退会すべきは、疑問を持つ会員でなく
会員に「退会せよ」などという職員・幹部・活動家の方です。
かんばってください!

今年は良い年になりました。

  管理人さんへ

 このブログに出会えたことはいろいろな意味で良いことだと感じます。

 人が他人からの影響で行動を起こすことには、いろいろあります。

 ひとつはそれが「脅し」や「脅迫」である。 あるいは「誘惑」もあるし、
「付和雷同」もある。 「裏を読んで」動く場合 など、多くあります。

 ここでコメントを書かせてもらうことになった理由は、「共感」と管理人さんの「丈夫の心」であったかもしれません。

 年を重ねると、軽薄な動機には自らのブレーキ装置も働いて、結局なにを考えているのか他人には察せられなくなったりします。

 その寡黙さが、なにやら魅力に思えてきて、つきあってみると大したものじゃなかったということは、しばしばありました。

 勿論それはお互い様なのです。  だから時間をかけてみないと判りません。  しかし、速攻でピントが合うことだってあります。

 そんなに多くの時間(それも活動的な)が残されていない私ですから、自らのファイナルに向けて あまり選択肢は残されてもいないし、今更
「もうひと花、咲かせよう」というようなアホではないつもりです。

 限られた時間と限られた心身の力をどう使うかというのは、難しいテーマでした。

 人並みに家庭的な、あるいは経済的な、 また老後の生活という未知のエリアに対して、準備もしなければいかん、、 そんな課題多き中でこの「創価」の問題はどうしても決着をつけておきたいという切迫感もありました。

 これ以上、ゴタゴタ言うのはやめますが、その一点において、このブログは鈍重になっていった私の眼を開くきっかけになりました。

 であるから、駄文を続けさせて頂いたというのが、本当のところだと思います。
 
 こうして数ヶ月が経ちました。  まあ明日をもしれぬわが身ですが(笑) 

 とまあ、そういうことで明年も どうぞお邪魔にならないように気をつけますので、よろしくお願いします。

 ありがとうございました。

感謝!

管理人様

小生もランボー様と同様に、こちらのブログに出会えて大変感謝しております。
様々な事を学ばせて頂きました。
ありがとうございます。

今年は学会から宗門への移籍、約30年ぶりに戒壇の大御本尊様へのお目通りが叶い、人生の節目となりました。

「僧を敬い法を崇め仏を供養すべし」

残された人生、如来の使いの自覚を持って、佳き檀那となれるよう大聖人様の仏法に精進して参りたいと存じます。

明年もよろしくお願い申し上げます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR