ランボーさんのご質問への回答 inwgx6

ランボーさんこんばんは。
ご質問への私なりの回答をさせてもらいます。

① 「日蓮と同意ならば」の修行的側面を「身・口・意」の三業の上から教えてくださいませ。一つは「正しい勤行・唱題」の実践が挙げられておりましたが。

まず最初のご質問ですが、正しい勤行・唱題の実践こそが唯一の修行と思います。
理由は、「正しい勤行・唱題」に「身・口・意」の修行が総て備わっているからです。
まず、正しい勤行・唱題とは正し対境である大御本尊に信じる事が根本です(意)
そして、御本尊に向かい数珠を手に持ち合掌するその姿や給仕する行動・姿は「身」の修行
で、勤行・唱題は「口」の修行です。
末法は受持即観心です。
大御本尊は六波羅蜜自然在前ですから
受持の修行に総ての修行が含まれます。
受持とは正しい勤行・唱題に他なりません。
故に、正しい勤行・唱題に勝るそして代わる修行はないと思います。

② 広宣流布の定義について我々の経験知では、いわゆる折伏、各種展示などのイベント、
かつて毎週日曜日に開催されていた「文化祭」、あるいは寄付、 そしてなんつっても「センキョ必勝=政界浄化、福祉の増進、   平和国家の理想実現など」でありました。 あえて難ずるならば、こういう既存のモデルではなく他にどういう具体的な行動が考えられるとお思いでしょうか。

それはないというか、そもそもいわゆる学会活動は必要ない。私も数多く折伏・本流をしましたが、学会のイベントに感動して入会した人は一人もいませんし、ましてや池田センセが好きで入会する人もいません。入会した全員が紹介者である学会員を色々な面を見聞きし信用して入会したのです。もしも学会活動をするのであれば「座談会」だけでいいでしょう。と言っても今みたいな座談会なら必要ない。草創期の(私は聞いただけですが)座談会。功徳の体験談と大聖人仏法の法門を語っていく。 それだけで十分に本流できます。事実学会はそうして会員を増やしてきたのですから。ただ残念ながら、今の学会の座談会では功徳の体験談も大聖人仏法の法門・法義も語られることはないでしょう。体験談はあったとしてもその体験が大聖人仏法の功徳であるという理論的裏付けがなければ本流はできません。少人数の会合そして対話。それ以外に広宣流布の方法はないと思います。

②ー2 地湧の菩薩の振る舞いがあれば自然に一大秘法の広宣流布が 成り、平和な政治経済が営まれ、地球全土に「如説修行抄」にあるような「楽土」が実現されるとお考えでしょうか。

これは非常に難しくて私にもわかりません。大聖人が広宣流布できる。と仰せなのは
「実際に広宣流布が完了する」という意味ななのか
それとも「自分が末法にいつ生まれてきても広宣流布ができる」という意味なのか
私は、どちらかというと後者の方にウェートをおいています。
というのも、もし広宣流布が完成(すべての人が信心をする)してしまうと
この地球は娑婆世界でなく仏国土となってしまう。
しかし一念三千の法門から言えば仏国土とはいえ、四悪趣を持っている
ということは仏国土にもまた悪は存在する。
だったら広宣流布は終わっていない。
とまぁ堂々巡りになっちゃいます。
また娑婆世界(九界)がそっくりそのまま仏界に変身することは
末法の今仏法の理論ではありえない。
結局この娑婆世界での仏国土とは、九界所具の仏界の建設であり
いわゆる極楽浄土や浄瑠璃世界の仏国土にはなりえない。
ということは、娑婆世界は常に仏と魔の戦いの連続で
常に仏が勝利する状態を広宣流布といい
仏国土というのではないか?
今の段階での私の考えはこんな感じです。

③  かつての派閥抗争、すなわち戸田先生が「石田は学会の長男。 大作は次男だぞ」とおっしゃっていたにも拘らず、大阪事件の 裁判中に池田先生が第三代に就任されました。 もしも、石田氏が会長職にあったとしたら、その路線や思想性は大きく違ったものになっていただろうとの観測もありました。逆にいえば「青年文化祭」などのダイナミックなものではなかったということだそうです。恐らく静かな弘教、教学の研鑽とかいうようなものをイメージされていたようですが、 このいわば「運動の ダイナミズム」という面に関しては、どのようにお考えでしょうか。

運動が静か動かはあまり関係ないような気がします。ランボーさんもご存知のとおり、成功者の成功の理由・秘訣なんていうのは皆、後付です。その時は無我夢中で成功したいと思っていても成功するかどうかなどわからない。たまたま池田センセは成功したからダイナミックな活動を展開した池田センセということになっているだけで、石田氏が別な方法でやっていても多分結果は変わらなかったと思います。四力が合致すれば大聖人仏法が広まるのは当然の結果です。池田センセはさも自分が、学会が大聖人仏法を広めてやった。風なことをいいますが、逆でしょう。大御本尊が病人と貧乏人だらけの草創期の創価学会員たちに功徳を与えあげてようと、広めさせてくれたのです。宗門に向かって学会に感謝しろ。などと言うのはお門違いです。学会こそ大御本尊に感謝し御本尊を守り伝えてきた宗門に感謝すべきなのです。学会は自分達のチカラで大きなったのでも、池田センセのお陰で大きなったのでもない。大御本尊のお陰で今の学会があるのです。それを忘れた今後の創価は何をしてもダメなのは明白です。

話が色々それて回答になっていないかもしれませんがご容赦ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

ありがとうございました。  もうしばらく思索してみたいと思いますのででこの件についての私の返事は後日にさせてください。

 さて、いろいろ思い出しているのですが、過去にはいいことばかりの情報が降りてくる中で、いくつか愕然としたこともありました。  一つは高校三年の時に図書館でみつけた「創価学会と公明党」という本を読んだ時。

 もう一つはこの画像を見た時ですかね、、

 掲げてみます。   
  
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/3306/ikeda01.html

 どう考えていいのか動揺しましたね。(苦笑

 後年になってはあの有名な「アメリカ・関西合同総会」での発言とか、「ハワイでの会合」そして有名になった?「沖縄での会合」。。本幹での数々の発言。  

 揚げ足を取るつもりはありませんが、先生は世界の指導者だという
 フレコミが聖教に乱れ飛ぶ中で、こういう実際の言動に接すると、混乱したわけです。  そしてそれを心の中で、誰にも言わずに正当化しようとすると、葛藤が生まれ悩んだものです。

 池田先生の功罪を考えること自体が、恐れ多いことだという思考停止。  本当の先生はそうじゃない、という思い込みなど。

 そしてニセ本尊発売の年に、私もついに心療内科に。

 うつ、ガン パニック障害、などが異常に増えていると後になって聞きました。   決して無関係ではないと今になって思います。

 そもそも40年代なかばまでの「折伏大行進」の頃にすでに「精神科」にはガッカイ員が殺到していたことも知ることになります。

 元ドクター部だった精神科医さんが、掲示板にバラシていたものを読んだところ、精神科医はほとんどがそういうガッカイ員の病態を いやでも知ることになり、今現在はどうか存じませんが、ほとんどのドクターは退転したり、ドクター部を抜けたりして、壊滅状態。  検査技師さんや、いわゆるドクターではない医療従事者だけが残っていただけだったと。

 精神科の医療現場の大半が「ガッカイ員とキリスト教徒だった」と書いていました。

  これは「頭破七分」の現証なのでしょうね。 

  そうなると、人生の師匠である先生も、上のURLのように、「理解しづらいこと」をされていたとしても、まんざらおかしくはないとも思います。

 サイレント・アピール中の職員3人組さんも、執行部批判はしても、「師匠・池田先生」だけは信じて疑わない。  これも純粋培養(MC)の弊害ですね。   執行部自体が池田先生の薫陶を受けた学会エリートなのだから、先生だけを「聖域」に置く思考はおかしいと誰もが思うのですが。

 いまや、大聖人様は四箇の格言に加えて、「創価○○」と仰るだろうと思います。  「五箇の。。。」になさるだろうと。

  まとまらないコメントになりましたが、昨夜 考えたことの一つです。

  ランボー

 

 

 

  
 

私なりの考え方

  長文のお返事をありがとうございました・  改めてお礼を申し上げます。

 ①ですが、勤行の正しいあり方、という意味でそういう三業が大事だと
学んできました。  そしてその祈りの姿そのものが「仏界」であるとも。
 (勿論、「ガッカイ」の指導ですが)

 まあそうでもなければ一体いつ仏界の生命が湧現するのか、ワケが分からなくなります。  ザダンカイにいる時、熱く仏法を語る時、他者のためにつくす行動、 6段円塔を完成させた瞬間、いろんなシーンをみてきましたけども、結局そっから始まりそこに帰着すると、、

 で少し疑問もあったのですが、②へのご回答でわかりました。

 ②では弘教が出てきました。 いわゆるガッカイカツドウではなく、広めること。  余談ですが、1990年代のころ、「これから2000年までの間にセンキョがない年は2~3年くらいしかない。 そこでしか折伏はできないから、がんばろう!とかいう「ワケの分からん」指導がありました。
 
 笑える創価学会そのものでした・(でも当時はそれほど法戦(!)は大事なんだと思ってもいたランボーはカワイイですね(笑))

 広宣流布の定義ですが、管理人さんの「大聖人がいつお生まれになっれ来ても広宣流布はできる」という部分は興味深かったです。 この解釈は一度も考えたことはなかったですね。  ただ、私はもし「今の創価学会がダメになっても」地湧の義に基づけば、「広宣流布をすすめる存在」はまた生まれてくる」という風に考えていました。

 そして広宣流布とはエンドレスだということは同意します。

 管理人さんの「、、、ということは、娑婆世界は常に仏と魔の戦いの連続で常に仏が勝利する状態を広宣流布といい仏国土というのではないか」ということですね。  この世は娑婆世界であり「堪忍世界」なわけです。  仏といえども十界互具であれば、民草の嘆きに対して苦悩し、お悩みになるのだから、「日蓮は泣かねど涙ひまなし」とおっしゃった。。

 最後の③ですが

 「後付け論」は思わず笑ってしまいました。 勝者は語るわけですからね。  言われてみればその通り。   でもしかし、その方式で人生を過ごしてきた私としては、それしかなかったし、それが人生の思い出になっています。  複雑ですね。  ま、どのみち人生は「一回性」なものだから、固執はしませんが忘れ得ません。

 最後部分の「大聖人が民草のために法を広めさせてくださった」のところ。  これは忘れていた私です。 教学として知ってはいても、実感が違っていたのです。  いわゆる「ワシらがやった」論です。

 仏の使い、とか言いながら、驕りもあったのです。 「法 みずから広まらず」のところで、センセイから常に「みなさんが偉大なんです。 だからガッカイはすごい団体なんです」とかいう指導でしたからね。

 ・・なのに宗門はなにをしてきたか、 なにもして来なかったじゃないか。。

 そういう心象は今なお あります。  「衣の権威」を否定しながら、「広めた学会のほうがえらいんだ。 そこが大事なんだ」ということ自体が、
「ガッカイの権威」を言っているだけだったのです。 今も大幹部さんたちはそれを言っています。 

 そも、私は「僧俗和合支持者」ですし、昔の鉄板活動家もそれはあると思います。

 そう言う私をして、内部の活動家は(一般人にも言われたことあり)、
「原理主義」だと言うのですが。 別に「それがどうした。」と思うだけです。

 まとまりのないコメントになりましたが、感想を述べさせていただきました。

 ありがとうございました。

 

 

 

ランボーさん

こんばんは。

> 「原理主義」だと言うのですが。 別に「それがどうした。」と思うだけです。


以前このブログに書きましたが、
「原理主義」「教条主義」などという批判そのものが
仏法をわかっていない人の言う言葉です。
南無妙法蓮華経(法体)は永遠・普遍のものです。
その法体(本仏)や本仏の法門を修正するといのは
仏法そのものの破壊です。
そうした間違った修正主義できてしまったから
学会は邪教化したのです。
法体が時代とともに変わったしまうなら
その教えには永遠性も普遍性もないということです。
法体がそうであるならば
凡夫の戯言など、永遠性も普遍性もなくて当然です
であるならば、凡夫を永遠の指導者と固定するのはおかしいのです。
池田センセを永遠とすることこそが
創価原理主義であり、創価の間違いなのです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR