創価教学の本質

今も創価活動家は自分達の教学が正しいと
一生懸命主張しているんだけど、
その創価教学を聞けば聞くほど
ホントにチンケだなぁ~って思うし
そんな主張している活動家の教学力の無さに唖然とするな。
本人たちは、自分らの言っていることが
真っ当な教学だと思っているのだろうし
それっぽいことをいっちゃいるが
よく聞いてみると全くチンケなんだよな。
創価教学の基礎というか本質ってのは
妄想とデッチ上げなんだよな。
例えば、日寛上人のご指南である一大秘法の否定。
創価の言い分は、日寛上人のご指南は
時代的背景を考えて取捨選択すべし。ということだが
では、一大秘法のご指南を否定する時代的背景とは何なのか?
そもそも法体についてのご指南が時代的背景を理由に変わってしまうのか?
その理論的論証はしないし、できない。
また大御本尊もその他の真筆の本尊もそれを書写した本尊も
総て本門の本尊である。といい主張の論拠はどこにあるのか?
この理論で言えば身延の本尊でもいいのではないか?
そうした問いかけに関しても納得する回答は皆無だ。
さらに笑ってしまうのが、前法主の顕師は法主を詐称したので血脈はない。
という主張。
法主を詐称したという客感的な証拠が全くない。
学会が勝手にそう言っているだけ。
そもそも、血脈相承がどのようになされているのか知ってるのか?
正しい血脈相承がどのようなものかもわからないに
どうしてニセ(詐称)の血脈相承なのがわかるのか?
さすがの池田センセだって
正宗の血脈相承がどのように行われているか知らないだろう。
後見人として立ち会ったわけじゃあるまいし。
それでいて詐称した。詐称した。って騒いで
こんなの完全な妄想・デッチ上げだろ。

日寛上人は時代的な背景で一大秘法義を唱えた(だけだろう)
大御本尊もほかの本尊も同じ(はずじゃないか)
日顕は法主を詐称した(ことにしておこう)

創価教学ってのはすべからく
こうした自分達の都合のいいように妄想しでっち上げたことを
あたかもそれが事実であるかの如く刷り込み騙す。
そしてそのでっち上げを元に理論を展開しているだけなので
彼らの言う大元の妄想を論証しろ。と言われれば
「君はまだ信心がわかっていないね」とか
「学会活動しない人には本当の教学がわからないんだよ」
とか言っちゃってうまくごまかして逃げる。逃げる(笑)
そうした創価教学の本質さえ分かってしまえば
創価教学なんてものかいかにチンケでデタラメかがよくわかる。

日寛上人の一大秘法義や本尊義・血脈に至るまで
創価が否定する正宗教義を
理論的・客感的に文証・理証で否定することは
創価教学と創価教学信仰者にはできないのだ。
それは、今までそれができる学会員が皆無であるという事実が物語っている。
大御本尊を用いなくて良い理由は?
正宗が謗法の理由は?
顕師が法主詐称したという証拠は?
教学的に何一つまともに答えられないだろう。
せいぜい答えは自分たちがそう思っているから。程度の妄想だ。
そんな与太話を「教学」というとは片腹痛い。
もっとも、創価は独立した宗教法人であるのだから
何をどう言おうと創価の勝手だ。
勝手に言ってる分には俺も無理やり止めやしない。
だけど、そんな妄想と欺瞞で成立している創価教学を
日蓮大聖人の仏法である。と言うのは
大聖人仏法の信仰者として看過するわけにはいかない。
そんなインチキ教学を教える創価や創価活動家さん達には
一日も早く大聖人仏法・大聖人仏法の信仰者という看板を降ろしてもらいたい。
邪宗・創価学会とちゃんと名乗って欲しいね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以下の文章について破折してください

この改正の論点について。
1.「一閻浮提総与の大御本尊を根本にしないのであれば、何を根本にするのか?」
2.「創価学会員に授与されている御本尊は、一閻浮提総与の御本尊を書写したものだから、これらの御本尊も意味がなくなるのではないか?」

一見、もっともな疑問ですが、これに対する回答は、既に池田会長の「御書の世界」第2巻で述べられています(2003年5月発刊)。
本書の「御本尊」の章で、池田会長は、御本尊は書かれている意味や内容が最も大事であり、「法」を書き表しているのが御本尊なのだと言われています。

御本尊には、法華経の会座に登場する人物たちが描かれているわけですが、
法華経に説かれる「法」に合致した生き方を彼らが実践することによって、各人の「生命」が本来持っている「無限の可能性」を引き出すことができた、という膨大なストーリーを、1枚の紙に端的に表現したのが御本尊だといえるのでしょう。

これは、たとえて言えば「万有引力の法則」をアイザック・ニュートンが直筆で書いた原稿があったとして、
それは貴重な遺産とはいえますが、そこに書かれている「法則」に意味はあっても、ニュートンの原稿が根本であるとか、原稿をコピーしたものがニセモノだホンモノだという議論は、何の意味もないわけで、
「法」を中心に考えるということは、大御本尊という「物体」の真偽論などとは別次元の話に変わるということです。

さて、先の2つの「御本尊に関する論点」に戻ると、1点目は
大御本尊根本という「物体を根本とする価値観」から「御本尊に表現された『法』を根本とする価値観」へのパラダイムシフトを起こしているといえますので、
「根本は何だ?」と聞かれれば、あえて言えば「目に見えない『法』が根本であり、物体としての根本については議論する意味がない」という答えになるかと思います。

2点目は、ちょっと乱暴な言い方にはなりますが、
「法」を文字で表現しているのだから、お手本とされていた大御本尊があってもなくても、「法」の内容さえきちんと踏襲されているならば、コピーしようが書写しようが特に問題はない、ということになるかと思います。

これは「誰でも御本尊を書いてよい」という論法にもつながりますが、誰でも勝手に御本尊を書くのは大混乱を引き起こすので、とりあえず「マトモな法主」だと考えられる日寛の書いた御本尊を形木本尊として創価学会が「認定」し、授与の対象にしているようです。
「認定」とは、いわば混乱が起きないように交通整理しているようなもの、と考えるのがわかりやすいかもしれません。

逆の例で言うと、17代法主の日精などは、釈迦仏像を造立した「マトモでなさそうな法主」なので、彼の書いた御本尊は「認定」されることはないと思われます。
(この「御本尊に関する議論」は1回の投稿では書ききれないので、後日改めて投稿したいと思います)

これらの考え方から、改定された「御祈念文」では、大御本尊という物体を中心とした祈念文から、法華経に説かれた「法」を中心に据えた「法華経の肝心・南無妙法蓮華経の御本尊に・・・」となっているのだということがわかります。

ネットに落ちている噂などでは「創価学会執行部が暴走して、池田会長の意向を無視して教義条項の改正をした」というようなお話が見られますが、
池田会長の意向を無視したどころか、彼の思想を忠実にトレースした「教義条項改正」であり「御祈念文改正」だったことが、今回の考察から見えてきます

毎日手を合わせている本尊に、「奉書写之」とわざわざ書かれている意味を考えれば、どこかに根本となる御本尊がご一幅あるのが分かりそうなもんですが、そんなことは知ったこっちゃないんでしょうね。

ご質問者さんへ

まあ どなたにも言い分はあるものですが、今までの法門を捨てていくには、それ相応の手続きが必要になりませんか?。

 理法の上からもそれは大事です。 また大きな団体である創価は、社会に大きな影響力を持っていますから、中心となる教義の変更も、その備えや、大多数の会員の納得がなければいけませんね。

 「最高責任者」たる人が、時間をかけて、会を挙げて、全国津々浦々にそれを進めていくことが必要だと考えます。  ところが上のやることはそうは思えない乱暴なやり方でした。

 だから、こうして末端(失礼)で己義を構えて、本来無用な論をやりとりをしなきゃいけない。  勿論、公開でそれが出来ないのは事がことだけに、いきなり混乱の中にほっぽり出された私らにすれば、匿名のネット社会ででもやるしかない。   現場には独り身の人もいるし 大事な家族、親戚もいる人も多い。  おかげでここでも混乱、離反 喧嘩だって起きている。
 「そういうことらしいから、別にいいんじゃない!?」という風にはいかないから、困っているのです。 

 結局、「根本のモノ(池田先生・本幹での表現)としてのご本尊は必要ないです」 ということですね?   この点は故人となられて久しい「石田次男さん」もかなり思索されておりましたものを私も読みましたが、「大御本尊・不要論」には至ってなかったと記憶しております。

 「法」が中心ということですが、今になって、「だから大御本尊様は必要が無い」というのはかなりの飛躍と乖離が感じられて仕方がありません。

 人法一箇であると習いました。  そういう大聖人のお命(いのち)そのものが 御魂そのものが 墨に染め流されて認められた(したためられた)大御本尊を今になって「相対化」されても、私などの凡夫(ぼんぷ)などには納得がいきません。   いいでしょうか?  「そういう人」が全国にものすごくたくさんいるわけです。

 この大事中の大事の法門を、たかだか2回そこらの新聞発表で済ませるという、そのやり方に、まず疑問を抱くのです。 たとえば方面で、総県で、県ごとに そして本部で 支部で 地区で、(つまり従来のように) 徹底的に、そして会合に来ない人には家庭訪問で、資料を持って説明。納得してもらうという手続きを どうしてやらないのか。

 あれだけ本部の教学部と4人組が、激論?して、独断的に決めて、反対し続けた教学部幹部を左遷させ(粛清ですね)、押し切ったからには、いわば『大問題』なわけですから、「やれやれ、これですんだ。。)と肩をなでおろしてもらっては困るのです。

 貴殿はこの説明を「現場」でなさっておられますか? 多くのガッカイ員さんや、疑問にも気づかないままでいる方々にも、丁寧に解説なさっておいででしょうか?   「正論である」というからには、それを当然なさっておいででしょうね。  あるいは信濃町にそういう勧告をなさってますか?   どういうお立場の方かは存じませんが、ここで語るも大事。 
同時にこの本尊義についてを 会内部に広く流布しないで済むのでしょうか?   これは素朴な疑問です。

 私は現場でそれを進めています。 微々たる力であっても続けております。  信者と行者の違いはそこではありませんか。。

 ニュートン力学の例もありましたが、勿論 彼を拝んではいません。

 彼は「発見者」でしょう。 大聖人さまは「覚者」ですから渇仰する対象です。 私の拙い教学力では、そんな程度ですが。。(笑)

 

 

 

管理人様、こんばんは。
この前支部長が、創価学会だけが広宣流布している団体で、192カ国地域に広まっているから正しいことが証明されているなんて言ってるのを聞きました。
相変わらず活動家幹部の言ってることはめちゃくちゃだなぁと思いつつも、会合に関わらなきゃならないのが辛いです。
拒否すると主人がしつこいです。
今年こそは会合&選挙活動を拒否できるよに頑張りたいです。

日蓮正宗の教えでないものが、世界192ヶ国に広まっても それは広宣流布とは言えません。
創価学会のやってきた事は自分たち池田教を世界に広めただけです。日蓮大聖人を蔑ろにして池田先生ばかりを中心に活動していても、またはそれが世界に広まっても広宣流布とは言えませんね

関西の元学会3世さん

こんばんは。

> 毎日手を合わせている本尊に、「奉書写之」とわざわざ書かれている意味を考えれば、どこかに根本となる御本尊がご一幅あるのが分かりそうなもんですが、そんなことは知ったこっちゃないんでしょうね。


毎日、勤行していないのかも?
または、方便自我偈だけだから御本尊を見ていないとか(笑)

林檎さん

こんばんは。


> この前支部長が、創価学会だけが広宣流布している団体で、192カ国地域に広まっているから正しいことが証明されているなんて言ってるのを聞きました。

最近は、世界何か国に・・・ていうのばかりですね。
数が大勢いるのが正しいのなら、キリスト教やイスラム教の方が正しいということになりますね。
また、日本でも神道が圧倒的に多いし、仏教系でも創価より浄土真宗や曹洞宗の方か多い。
それらの宗派の方が創価より正しいってことですね。
だったら、「創価やめて浄土真宗になります」って言ってもいいわけですね(笑)

> 相変わらず活動家幹部の言ってることはめちゃくちゃだなぁと思いつつも、会合に関わらなきゃならないのが辛いです。
> 拒否すると主人がしつこいです。
> 今年こそは会合&選挙活動を拒否できるよに頑張りたいです。

ご主人との関係もあるでしょうから、
無理をしないでくださいね。
林檎さんの想いは大聖人にはしっかり伝わっていますよ。

まささん

こんばんは。

> 日蓮正宗の教えでないものが、世界192ヶ国に広まっても それは広宣流布とは言えません。
> 創価学会のやってきた事は自分たち池田教を世界に広めただけです。日蓮大聖人を蔑ろにして池田先生ばかりを中心に活動していても、またはそれが世界に広まっても広宣流布とは言えませんね

ですね。
にしても、世界に広まったっていう割には
日本では会員増えてないですよね。
世界自慢してる暇があったらもっと日本の会員増やせよって言ってやりたくなります。
まぁ、法力も仏力のない創価がこれ以上増えることはないでしょうが

はじめまして

私は学会を脱会していわゆる日顕宗に移った者ですが、学会時代に聞かされていた宗門の様子と実際自分の目で確かめた実態があまりにも違うのでびっくりしています。

私の所属する寺院では昨年の11月23日に年間402世帯目の折伏を達成し、年が明けて今月10日現在で既に27世帯の折伏が実っています。
毎月のお講では老若男女、家族揃って参詣される方々が多く、高等部の皆さんが受け付けの手伝いなどをしています。勿論、毎回ご授戒が行われ、外国人の方も多くいらっしゃいます。

一方の創価学会では、私が脱会する直前は座談会には男女青年部、又、未来部も壊滅状態で、同時中継は会館の真ん中がガラ~ンと空いていました。

新入会員を獲得しやすいように、また外国人の方も出来るようにと勤行を大幅に短縮しても、この衰退ぶり。
これは日頃の新聞啓蒙やF活動、はたまた財務が、却って法を下げてしまっているような気がします。
つまり、創価学会に入ったら新聞や選挙のノルマに追われる。又、三桁財務、四桁財務なんて内部にはステータスでも一般の人から見たら狂気の沙汰。そうなるのが怖くて近寄りたくないと思われてしまっているのではないでしょうか?

中にいたら、気が付かなかった事も、外から見てみると、よ~くわかります。

第二次世界大戦中の日本人が、玉音放送を聞くまで、日本が敗戦するとは思っていなかったように、バリ活の方は創価学会が間違っているなんて、微塵も思ってないんでしょうね。
それとも「池田先生、奥様、万歳~!」とでも叫んで死んでいくつもりでしょうか

ミツコさん

はじめまして。こんばんは。そしてコメントありがとうございました。

> 私は学会を脱会していわゆる日顕宗に移った者ですが、学会時代に聞かされていた宗門の様子と実際自分の目で確かめた実態があまりにも違うのでびっくりしています。

そのようですね。私の後輩も正宗に移って同じことを言っています。


> 私の所属する寺院では昨年の11月23日に年間402世帯目の折伏を達成し、年が明けて今月10日現在で既に27世帯の折伏が実っています。
> 毎月のお講では老若男女、家族揃って参詣される方々が多く、高等部の皆さんが受け付けの手伝いなどをしています。勿論、毎回ご授戒が行われ、外国人の方も多くいらっしゃいます。
>
> 一方の創価学会では、私が脱会する直前は座談会には男女青年部、又、未来部も壊滅状態で、同時中継は会館の真ん中がガラ~ンと空いていました。

ああ、確かにそうですね。特に若い層がいませんよね。

> 新入会員を獲得しやすいように、また外国人の方も出来るようにと勤行を大幅に短縮しても、この衰退ぶり。
> これは日頃の新聞啓蒙やF活動、はたまた財務が、却って法を下げてしまっているような気がします。
> つまり、創価学会に入ったら新聞や選挙のノルマに追われる。又、三桁財務、四桁財務なんて内部にはステータスでも一般の人から見たら狂気の沙汰。そうなるのが怖くて近寄りたくないと思われてしまっているのではないでしょうか?

その通りだと思います。信心以外の活動ばかり。当然、信心の歓喜などわかないし、世間から見れば信仰者と思われないことばかりしてますからね。

> 第二次世界大戦中の日本人が、玉音放送を聞くまで、日本が敗戦するとは思っていなかったように、バリ活の方は創価学会が間違っているなんて、微塵も思ってないんでしょうね。
> それとも「池田先生、奥様、万歳~!」とでも叫んで死んでいくつもりでしょうか

そうなんでしょうね。
で、死んだあとは無間地獄でセンセとご対面ですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お願い

T様

そうだったのですか。
知らずに失礼いたしました。
また、多々お気づかいいただきありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる