お聞かせください さんのコメントへの回答

まづは、こんばんは。そしてコメントありがとうございます。
>以下の文章について破折してください
とのことですので長くなるので本文で回答させていただきます。
今回のコメントはとてもいいコメントだと思います。
なぜなら、今回のコメントは多くの学会員が同じような間違いをしているからです。
前置きはこのくらいにして本題に入ります。

>これに対する回答は、既に池田会長の「御書の世界」第2巻で述べられています(2003年5月発刊)。 本書の「御本尊」の章で、池田会長は、御本尊は書かれている意味や内容が最も大事であり、「法」を書き表しているのが御本尊なのだと言われています。

まずはこの部分からしてすでに狂ってます。
この池田センセの言っていることは、池田センセの単なる我見です。
昨日、ブログに書きましたが単なる教学不足の池田センセの妄想を
「真」とした前提での理論展開ではなんの説得力もありません。
この前提が通じるのは学会活動家だけの世界で
それ以外の場所では全く通用しない前提です。
私が昨日のブログで言いたかったのは、
こうした間違いを正しい。
という所からスタートするから創価教学は世間に通用しない。
つまり何の普遍性も客観性もなく
独りよがり論法でしかない。ということです。
こうした独りよがり論を振りかざし押し付けるから
世間のほとんどの人が創価の言葉に耳を貸さないわけです。
聴いてる方は何の興味もないしかもどこが自慢なんだからわからない自慢話を聞かされいるようなものです。
創価が正しいということを、創価の指導者の言葉で証明しようとして何になるのでしょうか?
こんな論法に騙されるる人はおそらく「オレオレ詐欺」に騙される人より少ないと思います。
だから創価は三流の詐欺師だと私はいうわけです。

「御本尊」は単に法を書き残したのではないのです。
池田センセの言うところの「法」とはどんな「法」を指すのか?
その説明がなければ御本尊を説明すことができません。
では御本尊にはどのような「法」が書き表されているか?
それは、法華経文上の法でなく文底独一本門の法であることは共通認識でしょう。
文底独一本門の法とは「事の一念三千」にほかなりません。
では、文底独一本門の法たる事の一念三千の体とは何かというと
日寛上人の文底秘沈抄に

■問う、文底独一本門を事の一念三千と名づくる意如何。
答えて云わく、是れ唯密の義なりと雖も今一言を以って之れを示さん、所謂人法体一の故なり。

とあるように、単なる法ではなく「人」と一体法なのです。
ここで言うところの「人」とは言うまでもなくご本仏(久遠元初自受用身)です。

◆釈迦如来五百塵点劫の当初凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき(三世諸仏総勘文教相廃立)

と御書に書いてある通りです。
つまり、法というのは具体的にはご本仏の色心二法なのです。
そして御本尊とは、

■若し当流の意は事を事に顕わす、是の故に法体本是れ事なり、故に事の一念三千の本尊と名づくるなり。(日寛上人・文底秘沈抄)

とあるように理(法)を書き表したものではなく事(本仏の色心二法)を書きあらわしたものなのです。
故に、ご本尊というのは、法に即せば事の一念三千ですが
人に即せば大聖人そのもの(ご本仏)なのです。
ここが、学会員は分からないのです。
大御本尊はご本仏そのもであることがわからないから
平気で大御本尊を捨てるということができるのです。

さて、それがわかると次の

>「根本は何だ?」と聞かれれば、あえて言えば「目に見えない『法』が根本であり、物体としての根本については議論する意味がない」という答えになるかと思います。

はい。これ。完全に間違ってます。「目に見えない法を根本」とするのは「理の一念三千を根本とする」ということですから、大聖人仏法ではありません。そして末法では理の一念三千でが成仏できません。

>「法」を文字で表現しているのだから、お手本とされていた大御本尊があってもなくても、「法」の内容さえきちんと踏襲されているならば、コピーしようが書写しようが特に問題はない、ということになるかと思います。

これも間違いですね。「法」を表現しているのでなく大聖人の心法を表現しているのです。勿論大聖人の心を総て分かり尽くしている凡夫がいるならその人が書写してもいいでしょうが、凡夫が舎利弗ですら知ること能わず。と経文に書かれているご本仏の智慧を 知ることができるのか?答えはNOです。もしそういう凡夫がいたのならそれは破仏法の輩です。つまり法(本仏の心法)を総て踏襲できる凡夫はいません。ただ血脈相承を受けた法主のみがその心法を書き写すことができるのです。これは日興上人の代からの日蓮仏法の奥義です。相承とは法門・法義を伝えるのでなく、ご本仏の心法を伝えることなのです。

>これらの考え方から、改定された「御祈念文」では、大御本尊という物体を中心とした祈念文から、法華経に説かれた「法」を中心に据えた「法華経の肝心・南無妙法蓮華経の御本尊に・・・」となっているのだということがわかります。

はい。これも狂ってます。大御本尊は物体ではなくご本仏そのものです。そもそも南無妙法蓮華経のご本尊とはご本仏なのですよ。法華経に説かれた法というのは、文上・理の一念三千の法です。そんなものに南無するのは天台宗とか日蓮宗です。大聖人仏法は天台の仏法でも釈迦の仏法でもありません。

最後に、
>「創価学会執行部が暴走して、池田会長の意向を無視して教義条項の改正をした」というようなお話が見られますが、
池田会長の意向を無視したどころか、彼の思想を忠実にトレースした「教義条項改正」であり「御祈念文改正」だったことが、今回の考察から見えてきます

これは同意見です。池田センセのように御本尊が法を書き表しただけ。
などという低レベルな教学の持ち主を永遠の師匠に祭り上げてしまったので
仕方なく、池田センセのレベルに合わせて教義を変更したのでしょう。
また、創価教学もそれに合わせて陳腐で
教学と呼ぶには恥ずかしすぎるレベルまで落ちていったということです。
いまの創価教学は身延や顕正会レベルで
リアルの対論なら法華講活動家はもとより
仏法を知らない人でも簡単に破折できちゃうレベルです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お聞かせくださいさんへ

はじめまして。
創価学会の活動家の方ですか?
今までも活動家の方が数人見えましたが1番理論だって説明されてると思いますよ。

●今では学習資料が日蓮上人の御書でなく、池田氏が書いたとされてるスピーチ等が主でですから活動家の方が根拠として引用するのは当たり前なんでしょうね。

●ニュートンの引用なんかなかなかでしたよ、正邪はともかく、訴えたい内容は理解できました、種々多様な意見のなコメントがされることがプログの活性化につながりますからね

●→「御本尊に関する議論」は1回の投稿では書ききれないので、後日改めて投稿したいと思います)
お待ちしてますので、またコメントよろしくお願いします<(_ _)>

大御本尊様の学会指導

管理人様

遅れ馳せながら本年も宜しくお願い申し上げます。

小生、大御本尊様への絶対の確信は、
学会から教わりました。
以下、わかりやすい学会指導がありましたので引用させて頂きます。
読者の学会員の皆様が、功徳をいただいていた時代を思い出して頂ければ幸甚に存じます。



■三大秘法について過去の学会指導

戸田会長指導

三大秘法とは題目、本尊、戒壇の三つであり、三大秘法の南無妙法蓮華経とは、弘安二年十月十二日御図顕の一閻浮提総与の大曼荼羅のことである。(『戸田城聖全集』第5巻)

 末法の法華経とは、いうまでもなく、日蓮大聖人出世の御本懐たる三大秘法の南無妙法蓮幸経であり、その実体は、大聖人の極説中の極説である、弘安二年十月十二日ご出現の一閻浮提総与の大曼荼羅である。

 『(御本尊においては)弘安元年已後は究寛の極説なり就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は究寛中の究寛、本懐の中の本懐なり、既に是れ三大秘法の随一なり、況んや一閻浮提惣体の本尊なる故なり』と。
 これをもってみるに、本門の題目の建立は、建長五年四月二十八日、本門の本尊の建立は、弘安二年の十月十二日で、本門の戒壇の建立は、一期弘法書にみるがごとく、後世の弟子に残されたのである。

 三大秘法の義に照らし、御本尊即日蓮大聖人であり、日蓮大聖人即御本尊であると信ずるところに、御本尊を讃嘆する義があるので、この讃嘆こそ身口意三業の讃嘆というべきではなかろうか。 
(『戸田城聖先生 巻頭言集』)


 日蓮大聖人の仏法の極理は事行の一念三千であり、実践の形態は三大秘法にある。ゆえに、本門戒壇の御本尊を信仰することのみが、その縁となって即身成仏をえられるのである。

 法華経以上の『大白法』を打ちたてられたのが、日蓮大聖人である。法華経以上の『大白法』とは何か。 それは、本門の三大秘法であり、なかんずく、三大秘法随一の本門戒壇の大御本尊こそ、いっさいの教典の帰趣するところであり、あらゆる生活、あらゆる学問の根源である。
(『戸田城聖先生 論文集』)


 三大秘法の南無妙法蓮華経とは、弘安二年十月十二日御図顕の一閻浮提総与の大曼荼羅のことである。(『戸田城聖全集』第5巻)

 日蓮大聖人の仏教は三大秘法であり、本門戒壇の大御本尊があらゆる教え、あらゆる修行の根本となり、中心とならなければならない。(『戸田城聖全集』第5巻)



池田名誉会長指導

 八万法蔵といえども、せんじつめれば、ぜんぶ法華経二十八品に帰着する。法幸経二十八品が帰着してしまえば三大秘法になる。三大秘法を要約すれば南無妙法蓮華経の一大秘法の大御本尊様になってしまうのです。

 釈尊の本懐、天台大師、そして伝教大師の本懐、ぜんぶ日蓮大聖人様の三大秘法の大御本尊様に要約されているのです。

 あくまでも、文献のうえ、文証のうえから拝するならば、その究極は、日蓮正宗の三大秘法の仏法を信心することに帰一する、尽きるということだけは断言しておきますから、その確信をもって進んでいただきたいと思うのでございます。

 末法の救世主である日蓮大聖人様の三大秘法の大御本尊様によって、それをひろめて、平和と真実の幸福をつくらねばならない宿命に立ち上がっているのが、日蓮正宗創価学会なのであります。
(『会長講演集 第一巻』)


 絶対に天に二つの日がないように、一国にふたりの国王がいないように、末法において、ただ一つの宗教は、日蓮正宗の三大秘法の大御本尊様以外には断じてないのであります。

 法華経の開経に『無量義は一法より生ず』という原理が説かれております。『一法』とは南無妙法蓮幸経のことであり、即三大秘法の大御本尊様のことでございます

 末法今時においては、大聖人様の三大秘法の大御本尊様以外に仏になる道はないのです。

 三大秘法の大御本尊様を拝む以外に、幸福になり、仏になる道は絶対にないのであります。

 三大秘法の大御本尊様を受持しなければ、私は幸福になれないと絶叫するのであります。

 末法の救世主。日蓮大聖人様の遺された三大秘法の大御本尊様以外に、真実のものはないと、私は思います。

 三大秘法の南無妙法蓮幸経の御事であります。すなわち、大御本尊様です。
(『会長講演集 第二巻』)


『善に付け悪につけ』三大秘法の大御本尊様と離れることは、ぜんぶ、等しく地獄にはいってしまうのである。地獄の生活をする以外にない。また、死して阿鼻叫喚地獄に落つるのである。
(『会長講演集 第四巻』)



あくまでも、日蓮大聖人様のお教えの根本は「三大秘法の大御本尊様を奉持していきなさい」「大御本尊様に題目をとなえていく以外に成仏の道はない、宿命転換の道は絶対にない」との教えであります。
(『会長講演集 第七巻』)


 その根本の宗教こそ日蓮正宗であり、即三大秘法の大御本尊様であることはとうぜんであります。
(『会長講演集 第九巻』)


 大御本尊を三大秘法総在の御本尊と申し上げ、三大秘法といえども一大秘法に帰着するといわれるゆえんは、ここに存するのであります。この三大秘法総在の御本尊こそ、弘安二年十月十二日ご図顕の本門戒壇の大御本尊であることは、いうまでもありません。
(『観心御本尊抄講義』)


 末法万年尽未来際まで、この三大秘法総在の大御本尊による以外に、人類を根本的に救済できる法はないのである。

 三大秘法総在の戒壇の大御本尊を絶対に疑ってはならない、捨ててはならない、との仰せである。
(『広布と人生を語る』第1巻)


 三大秘法の大御本尊を信受し、そこからいっさいを展開していくという、御本尊と自分との関係がいちばん大事なのである。

 三大秘法総在の大御本尊――多宝富士大日蓮華山大石寺におわします一閻浮提総与の大御本尊―― への勤行・唱題がいっさいのなかの完璧な修行の根幹であることはいうまでもない。
(『広布と人生を語る』第2巻)

 社会はますます複雑になっていくであろう。その動向に対処するため、学会も多様性を要請される場合がある。しかし、ただ、次の点だけは不動の路線であることを忘れてはならない。それは、
一、三大秘法の大御本尊がいっさいの根本であると拝していくことだ。
(『広布と人生を語る』第3巻)

古刹信徒さん

こんばんは。

素晴らしい指導の引用ありがとうございます。
改めて読ませていただきました。

顕正会の教学を否定するのは何故

貴方が仰ることと顕正会が言ってることは同じですよ。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR