創価の組織をかく乱しているのは

先日、元学会職員3名様のブログを読んだ感想を書いた。
どうしても池田センセから離らない3名様は本当に残念なんだけど
言いたいことは分かる。
俺も彼らと同じような扱いを
地元の幹部・組織から受けた一人だからだ。
俺は、彼らと違って創価職員じゃないから
職は失わないけど
彼らと同じように組織を追われた。
ある幹部達の悪意によって苦しめられた会員を救おうとしたが
逆に、組織をかく乱したと言われ
師敵対の輩と言われ
圏長は除名にすると言いに来て(結局除名にならなかったが)
同世代でただ一人、人事の時期でもないのに男子部から壮年部に送られ
会合の連絡もなくなり、活動もできない状態にされた挙句
幹部連中が俺のことを退転したと組織中に広め
俺と近しい会員さんに俺と付き合うなといい。
俺と付き合うなら座談会に参加させない。といわれた会員さんもいた。
まぁ、彼等3人組とほぼ同じだ。
つまり、こうした役職という権力を使って
同じ学会員を貶めたり中傷したりする行為は
なにも彼らのいた創価中枢だけじゃなく
末端の組織でも平気で行われてるわけだ。
そうした奴らの大義名分は決まって
「創価の組織を守るため」って言葉だ。
幹部の指導や活動方針に異を唱えたり間違いを指摘したりするような会員は
組織をかく乱している。というわけだな。
それならそれで、どうして批判が間違っているのか?
批判している会員と話説得するのが幹部ってモンなのだが
決してそういう患部は対話などしない。
影で蠢き自分たちを批判する会員を貶めようとする。
それはとりもなおさず、批判されている内容が正論である証明でもある。
教義変更以後、学会活動家が本尊義等に関して
その批判者に面と向かって本尊義等の変更の正しさを語れないのと同じである。

そもそも組織をかく乱していると言えば
今の創価の上級幹部の方だろう。
勝手に本尊義を変え、化義を変え
その変更内容は、戸田会長の指導とも
破門前の池田センセの指導とも
全く180度違ったことを言っているのだから。
大御本尊を用いない。
活動家の中でさえもいまでもこんな教義に混乱している会員は山ほどいる。
しかも、これだけ多くの会員に困惑と疑念を抱かせながら
きちんとした説明はほぼ何もない。
聖教新聞に与太話を掲載しただけで
それに対する疑問を問い合せたら
「だったら退会してください」ってんだからね。
学会の会則に則れば、
組織をかく乱した罪で、現執行部も
そしてそれに準じている活動家も
除名対象だと思うよ。
だから元職員3名様の言い分はよくわかる。
ただ、こんな創価にしてしまったのは池田センセなんだな。
池田センセのいうような「麗しい創価家族」なんてものは
最初から無いんだよ。
そんなのは池田センセが演出した幻想に過ぎない。
また、戸田の命よりも重い創価学会もいまは無い。
大聖人の仏法なんてそっちのけで
上層部は、自身の既得権益を守るため内外で権力争いをし
下部組織も、好き嫌いで人事が行われ
自分達の言うこと聞かない奴は抹消する。
そんな組織を作ってきたのが池田センセだ。
組織ってのは指導者や責任者の
思った通りにしかならない。
ましてや、池田センセは常日頃から思い通りになってきた。といって憚らない人だから
いまの創価は池田センセの思いどうりの組織ということだろう。
もし、池田センセの思ったとおりの組織じゃないなら
創価の為に祈ってきた池田センセの信心が間違っていたのだろう。
まぁ、池田センセの信心が間違っちゃったから
こんな創価になった。ってのが正解だと思うが。
そう考えると、組織を一番かく乱したのは池田センセってことになるな。
真っ先に池田センセを除名にしないと
例の3名様にも、ほかの会員にも示しがつかないようなぁ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分が創価の経営者と仮定すると見えてくるものがある。

●自分が㈱創価の経営者とかんがえて見たら比較的わかりやすいと思います。

三人組みさんが述べたように㈱創価は本部職員が100人体制で、池田氏とほとんど面識のない識者との対談集や聖教新聞や大百蓮華等に載せる池田氏のスピーチを等フル生産して商品として仕上げて会員に販売してして利益をあげてます。
これら書籍の商品群のほかに財務等の寄付金が加わります。
●聖教新聞 公称500万部(とする)→2000円×500万部=10に0が9つ→毎月100億
財務 一口1万×100万人→100億円(毎年) 
     100万×1万人→100億円(毎年)
大百蓮華 200円×100万人→2億 毎月
これに新人間革命等の書籍代や民音等の券の販売代も加算されます。

●実態は会員を集めて市場をつくり会員相手に商品を販売してるだけです(宗教でカムフラージュしてる部分を取っ払うと実にシンプルですよね(笑))

●株式会社の目的は利潤をあげることですが宗教の目的はその宗教独自の持つ人生観や死生観を流布することです、つまり理念を広めることですね(本来はコロコロ変わってはマズイものです)

宗教の目的は理念をひろめることですが㈱創価の目的は金もうけです。(金儲けはビジネスですから当然時代やニーズに合わせて変化させていく必要があります)

●本来この二つは相反しますからどうしても矛盾がでてきます。
そこで矛盾(教義の変更や勤行の短縮等)を取りつくろう必要があるわけです。

●矛盾を取り繕ってもやはりボロがでてきます、そこを痛烈に批判されると大変困るワケです、経営者目線で考えると、本来の目的が金儲けにあることが会員にバレることは絶対防がねばありません、教義的矛盾の追求から発展して売上及びお金の使途に追及が波及するのは絶対防がねばなりません、そこでうるさい会員は、はじく必要がるのだと思います(確かに組織防衛ですね(笑))

●追記、特にバレたら困るのはお金の使途だと思います、なりふり構わず自民党にすりよるのは課税を防ぐためだと思います。
課税対象になれば取引先の名前がバレる恐れがあります。
税金を払いたくないというよりも取引先の団体にヤバイところがそこそこあるんじゃないでしょうかねぇ~\(◎o◎)/!

古本屋店主さん

こんばんは。

創価ネットCMみました。
そしてブログに書いてみました
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる