創価ネットCMの続き

先日、創価のネットCMの記事を書いたら
しょーたさんという方から

>あのCMは、あれで終わりじゃないです。
完全ではなく、不完全的な感じで終わってますよね?
これからよ、なんですよ笑

というコメントをもらった。
なんと、あのCMはこれから続編が出回るのかぁ
一体どんな風になっていくのかなぁ
おそらく学会2世(または3世)であろうCMの中の
女子部の妙子(仮称)さんと
男子部の伸一(仮称)くんの
行く末に目が離せませんな(笑)
大方の予想では、妙子さんも伸一君も
創価学会の活動を通じて幸せになっていく
或いは、人間として強くなっていく。成長していく。っていう流れだろうが
あまりウソっぽいのは作らないで欲しいなぁ
例えば妙子さんが会社で何かを任されて、
同僚や上司に認められて行く。とか
伸一君が夢を叶えてメジャーデビューを果たすとか
そんなコテコテのつまらないCMはやめて欲しいなぁ。

もしCMに出ている、妙子さん(仮称)伸一君(仮称)が実際にいるとして
今後どうなるか?を予想すると
まず、二人ともこのまま活動家への道を進んでいくってのはテッパン。
妙子さんは幸福になるため為、伸一君は夢を叶えるため
公明党の支援や聖教新聞の啓蒙をするようになる。
そして知人に学会宣言。
そして学会がいかに素晴らしいか。池田センセがいかに偉大か。
そんな話ばかり所構わずするようになっていく
さらには暮れには財務。
財務は功徳があるといつもお世話になっている学会の人から言われるままに
とりあえず一口からやってみる。
もちろん、そんな活動や財務が何故夢を叶えたり自分を幸福にするのか?
そんな事は考えもしない。
モチロン日蓮大聖人のことなど考えもしない。
ただ、創価の幹部や仲間に言われるままにやるだけ。
信心とは素直に幹部の言う事を聞く事だと信じている。

やがて創価の組織の中でおだてられ褒められ創価の活動が楽しくなっていく
いつの間にか役職まで貰う事が出来た。
反面、会社の同僚や上司、友人・知人からは
日に日に疎まれ嫌われて行く二人。
ただでさえ、つきあいずらいのに
口を開けば、公明党・聖教新聞・イケダセンセ
こんな二人に周囲が嫌悪感を覚えるにはさほど時間はかからなかった。
しかし、世間や周囲の人から嫌われれば嫌われるほど
二人は逆に創価の活動に入れ込んでいく。
「正しい事をしているか嫌われる」
そう幹部の人も言っていた。
そう私は、学会は正しいんだぁ~。

そうこうしているうちに、妙子さんと伸一君は
創価以外の場所に自分の居場所がなくなる。
創価以外の場所ではいても居なくてもいい・・
いやできればいて欲しくない人になっていく。
モチロン二人とも恋人はおろか友達も相変わらずいない。
もともと、妙子さんは会社で同僚や上司となじめなかった。
まぁ、仕事中にメールをして注意されている位だから
社会人としての自覚にも欠け、仕事に対する熱意も見られない妙子さんだから
上司も頭が痛いし、真剣に仕事をしている同僚は妙子さんを相手にしない。
てか、相手にされなくて当然だ。
伸一君に関しては、同世代が必死に就活しているのを横目に
音楽で身を立てる。などと就職もせずにダラダラと時間を過ごす。
俺が「父ちゃん情けなくて涙もでね~や」って位のバカ息子ぶりだ。
このように、妙子さんも伸一君も
もともと世間の中で疎外感を感じていたので
いまさら、世間に何を言われようが気にしない。
むしろ、今までは一人ぽっちだったけど
今は創価のみんながいる!勇気百倍だ。
創価の仲間がいる限り何も怖くない。
世間の評価なんだ。
仏法を広めている私の方が偉いんだ!
世間に認められなくていい。
僕には池田センセがいる。
誹謗も中傷も謗法も無間地獄も
私達は何も怖くない。
怖いのは創価の仲間を失う事。
だってここにしか咲けない花なんだもん。
こうして、妙子さんも伸一君も立派な創価活動家になっていく。
数年後、伸一君と妙子さんは出会い
創価の会館で仏前結婚をし
さらに数年後学会4世が誕生するだろう・・
こんなCMを作られたら
もう、涙なしでは見てられないね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

池田大作監修の折伏経典ではCMをする宗教は間違いだと
正しい宗教なら現世利益が出るので
おのずと結果が出るとのこと
池田大作創価学会は邪宗になったのかなぁ

管理人さん

 聞いただけで反吐がでそうな内容ですな。

 つまり、なんですよ。 日蓮世界宗創価学会は、新たなホウボウ団体への船出をするんですな。 破門後は教義解釈権もこっちの自由になったことだし、そうなると、ずいぶん昔っから弘安2年の大御本尊様が後世の偽作であるという見解は、大幹部あたりまで認知していたことなんだから、やっと本音で話が出来るって按配でね。 言い換えれば「日寛教学」の創価と、そうではない正宗の軋轢、あるいは、神本仏しゃく論の正宗と、そうではない立場を「仮にとっていた」創価の反目はこれで解決!

 会員には今更になってそこまで周知するには、相当の人物(池田先生)だけが頼りだったものが、もうそれは期待できない。  それなら一昨年の衆議院戦直前の11.8報道あたりで、小出しにして、先生もご承知である!とかなんとかで、細工の重みをこらそうとするも、多少は教学の解る会員らや、良い意味で純朴な会員らの反発が当然出た。 しかしこれも折込み済み。

これを粛清人事や更迭、ほかの力技でかわし、なおさら反発する会員は「辞めてもらって結構!」というところまでもう路線は出来ちゃってる。

 集団指導体制とやらになるためには、反目する大・大幹部さんらも締め出して、会員数が激減しても、メドの『20万』さえ確保すれば御の字。

 S42年あたりの活動家の数ですよ。  なんとかなるんでしょうな。

 そしてS45年も S54年も、なぁーんにも知らない世代各層を「NEO創価学会」として取り込んでいく。   下からの追求は来ませんしね。
彼らは歴史的経緯なぞ知ったこっちゃないんですから。

 伸一。妙子、これも胸焼けがしそうな名前ですね。 全国に何千人も該当者名がおられますが、 無論、第一庶務がつけただけであって、当該彼ら本人の責任じゃないんですが。。

 戦術としてはまだまだ『日顕宗撲滅!」とか言って、「すべてあいつらが悪いんだぞ路線」で行くんですね。  団結を図るいろはの「い」ですから。

 ことが静かに収まったころには、執行部もひとまず安心。 それまではこの狂犬!いや強権主義で団結してがんばろう!とかなんとか言いながらいくわけです。

 本当に可哀想なのは、何も知らされないまま、相も変わらず「それセンキョだ! 新聞だ! さぁ、財務で功徳だ!」とか言われながら必死こいて走り回らされる会員さんです。

 昨日、訪問してこられた婦人部さんも、そうでした。  めちゃくちゃになってる家族のことが悩みでいらっしゃったのですが、私は「創価の活動をやめましょう! 東に向かって祈りましょう!」と言いました。 家をほっぽらかして走り回ってきた当然の結果ですよ。 じっくり反省して真正面から取り組む決意もないまま、「幹部さんなら、なんとかしてくれる、、」とかいう姿勢ですから、厳しく言いました。  今までどおり、最後までつきあいますけどね。

 案の定、大御本尊否定の事実もなにも知らなかったですから、目を白黒させておられましたね。  今回の坂口婦人部主事の更迭もむろん知らなかった。  もう創価執行部の狙いなど明白です。 新聞発表も「健康上な事情で」としか出ないしね。

 これからも益々、こういう「人生の負け組」が量産されるのでしょう。  

 でも、今世で罰くらってる人たちは まだマシですけどね。(悲哀)

  明日あさってにかけて大幹部さんと面談予定。  当方、戦闘モードで待ち遠しくてたまらんです。

 「ランボー怒りのアフガン」(古!)なみに頑張ってきますわ。(^^)

 

 

 

 

 

創価学会おかしいです さん

コメントありがとうございます。


> 池田大作監修の折伏経典ではCMをする宗教は間違いだと
> 正しい宗教なら現世利益が出るので
> おのずと結果が出るとのこと
> 池田大作創価学会は邪宗になったのかなぁ


そうですね。完全に邪宗になりました。

ランボーさん

こんにちは。

>  本当に可哀想なのは、何も知らされないまま、相も変わらず「それセンキョだ! 新聞だ! さぁ、財務で功徳だ!」とか言われながら必死こいて走り回らされる会員さんです。

本当にその通りです。いつまで創価本部は会員を騙し続けるのか。腹が立ちますね。

>  昨日、訪問してこられた婦人部さんも、そうでした。  めちゃくちゃになってる家族のことが悩みでいらっしゃったのですが、私は「創価の活動をやめましょう! 東に向かって祈りましょう!」と言いました。 家をほっぽらかして走り回ってきた当然の結果ですよ。 じっくり反省して真正面から取り組む決意もないまま、「幹部さんなら、なんとかしてくれる、、」とかいう姿勢ですから、厳しく言いました。  今までどおり、最後までつきあいますけどね。

そこが、ランボーさんのいい所ですよね。

>  これからも益々、こういう「人生の負け組」が量産されるのでしょう。  
>  でも、今世で罰くらってる人たちは まだマシですけどね。(悲哀)

そうですね。今世で罰が出ればそこで悔い改め正しい信心にもどれますから。
無間地獄行きは逃れられますもんね。

>   明日あさってにかけて大幹部さんと面談予定。  当方、戦闘モードで待ち遠しくてたまらんです。
>  「ランボー怒りのアフガン」(古!)なみに頑張ってきますわ。(^^)

それは、楽しみですし、羨ましい限りです。
私の地元じゃ対論してくれる活動家がいません。
コッチはいつでもOK。と言ってるんですけど
聞こえてくるのは、陰口ばかり。
言いたい事があれば対面で言えばいいのに。
是非、活動報告してください。
楽しみです。  

管理人様御返事

  
 はい。ありがとうございます。 

 ま、あその幹部もしぶしぶ私と会わざるを得ないといったところですよ。   喜んで来るわけじゃないです。

 >>それは、楽しみですし、羨ましい限りです。
私の地元じゃ対論してくれる活動家がいません。
コッチはいつでもOK。と言ってるんですけど
聞こえてくるのは、陰口ばかり。
言いたい事があれば対面で言えばいいのに。
是非、活動報告してください。
楽しみです。

  それはそうでしょうね。  管理人さんほどのキャリアで腹の座った論客と会うなんて、剣道初段のにいちゃんが宮本武蔵とやりあうようなものです。  しかももはや「他流試合状態」(笑

 そりゃ来ませんて、、(爆)

 でもね、教学力だけじゃないと思いますよ?  もっと他の要素、、
 同志愛、、?  なにせ心配でなんとか分かってもらいたい、、あるいは慈愛のような。。。

 そんな心情で訪問して来たっていいんですよ。   いつもそう思います。  もともと折伏ってのは、打ち出しが出て、しかもセンキョが無くて、幹部からしめあげられたから、やろうか、、というもんじゃない。  「可哀想だから」話をするんでしょ?相手が先輩同志だって同じこと。

 確信+使命感+勇気=慈悲の行動でしょ?  そのいずれも欠けてたら対論なんてしませんね。  誰も当事者にはなりたくないし、増してや負け戦が判ってるんだから 管理人さんに対しては、確実に「黙殺・無視・引越し、あるいは死を待つ」しかないです(大爆)

 
 

  

No title

「ここにしか咲けない花」ならば
そんな生き方も仕方ないのでしょうかね?




ランボーさん

こんばんは。


>  確信+使命感+勇気=慈悲の行動でしょ?  そのいずれも欠けてたら対論なんてしませんね。  誰も当事者にはなりたくないし、増してや負け戦が判ってるんだから 管理人さんに対しては、確実に「黙殺・無視・引越し、あるいは死を待つ」しかないです(大爆)

こりゃ、まだ死ぬわけにはいきませんね(笑)   

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 「ここにしか咲けない花」ならば
> そんな生き方も仕方ないのでしょうかね?

そうなんですよね。
本当の大聖人仏法ってのはそうじゃないですんけどね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR