信・行・力

「信・行・力」(しん・ぎょう・りき)
男子部活動家なら一度は聞いたことのある
幹部の鉄板ネタだ。
本当は「信・行・学」なんだけど
「男子部は、信・行・力でいきましょう!」と幹部が言うと
ドッと会場がウケるわけだな。
青年部時代の、谷川も佐藤も必ず使ったネタだ。
まぁ、笑って聞いている分にはいいが
これを地で行っちゃってるのが今の活動家だね。
(最近では力すらとんとなくなったが)
とかく、創価の活動家は「学」に対する意識が低い。
一応は御書根本なんていっちゃいるが
読んでるのは人間革命やら池田センセのスピーチやらで
御書なんて座談会の時と教学試験の勉強会くらいでしか読まないんだろうなぁ

壮年・男子・婦人・女子そして学生部と
誰と話してもその教学力の低さに唖然とする。
こう言うと、決まって
「教学よりも行動が大事なんだ」と活動家は言う。
このブログでも、実際にそんなニュアンスのコメントを何度かもらった。
もっともらしい言い分だと思う人もいるだろうが
果たして、教学より行動なのだろうか?
甚だ疑問だ。
勿論、一番いいのは行も学も揃っている信心なんだろうが
それは置いといて
「行なき学」と「学なき行」
果たしてどちらがいいかと言えば
断然、「行なき学」の方がマシだと思う。
自分たちが勝手に作った教え。
自分達の正義を
宗教(大聖人)を隠れ蓑にして主張していく。
それがいまの創価の活動だ。
自分たちは正義と思っているのだろうが
悪を助長しているだけなのだ。
そしてその悪の所業に周囲の罪もない人を巻き込み
他人を不快にさせるどころか不幸にすらする。
それならば、「行なき学」の方が断然マシである。
少なくとも「行なき学」であれば
周囲を巻き込むことはない。
不幸の種を蒔き散らかすこともない。

「行」と「学」は両方大切だ。
が、あえてどちらがより重要かと言えば
「学」だろう。
仏法の基本は仏の教えを正しく信じることだ。
仏法者の行動の規範は、その教え(法門・法義)だろう。
「学」はいうならば、仏法者の行動規範だ。
それをないがしろにして、何を根本に行動するのか?
行の規範となるの学を正しく学ばずに
勢いだけで行動して何になるのか?
そんな行動は仏法者(信仰者)の行動ではない。
ただ本能の赴くままに行動している
いわば畜生界の生き方だ。

そして「学なき行」とは宗教テロと呼ぶべき活動である。
今の創価の活動は宗教テロ行為であり
創価という団体は宗教テロ団体だ。
確かに創価には人殺しの教義はない
でも仏法の法義でみれば、立派な人殺し集団だ。

◆悪象等に於ては心に恐怖する事無かれ悪知識に於ては怖畏の心を生ぜよ何を以ての故に是悪象等は唯能く身を壊りて心を破ること能わず悪知識は二倶に壊るが故に乃至悪象の為に殺されては三趣に至らず悪友の為に殺されては必ず三趣に至らん(唱法華題目抄)

不慮の事故や事件で命を失っても三悪道には落ちない。
が、創価の謗法によって正しい信心を破られたら(殺されたら)必ず三悪道に落ちる。
それが、大聖人のお言葉なのだ。
仏法上では、巷で囁かれている以上に
創価は危険な宗教テロ集団なのだ。
それも、これも全ては活動家に学がないのが原因だ。
「信・行・力」などといって笑っている場合じゃないぞ。
御書を学び、一日も早くテロ活動から足を洗って欲しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

林檎さんへ


●スレちがいですが、わかりやすいようにこちらにレスしときます。

あまり詳しく書くと身バレするからかけませんが出身大学がS大なんです。
昔は授業料が確か、国立大学含めて日本で1番安かったと記憶してます。
それで、スベリ止めとして受験したんですが、S大しか受からなくて入学しました。

●当時のボクは創価学会というのは知らなくて、入学して驚愕しましたよ!
みなさん、若いのにお祈りしてますからびっくり仰天です!\(◎o◎)/!
3日で退学しようと思いましたが卒業しました(笑)
一般人でまちがって入学した方は、あの雰囲気ですから退学された方も多々おられます。

●当時から都合の悪いことは隠すという創価の伝統は健在で(バイクでの事故率が全国の大学でNO1だったはずです、活動であれだけ動きまわれば事故率NQ1なのも納得ですが、秘密にされてましたね)

●地方からS大に入学された方は生真面目な方が多いですが、学園からS大にトコロ天で入学した方はスレッからしが多かったです(アホでも学園からはS大に入れましたから分数計算ができない学生もいましたよ)

●幼いころから勤行しなかったら飯抜きとか、ぶたれたとか、押し入れにとじこめられたりしてカルト信仰を叩きこまれた人間と一般人とは発想は違います。

●御書に即した福運や功徳は管理人さんから説明があると思いますが、福子の場合はあいさつの言葉みたいなもんです(別に深く考えて使ってるワケではないです、例えば良いことがあったら、福運を積んだからとか、功徳と考えることが習慣化されてるだけです)

●林檎さんもわかってると思いますが、御主人は決して悪意でカルト信仰をすすめてるんではなくて林檎さんともども福運に満ちた人生?を送ろうとしてカルト信仰をすすめてくるからやっかいなんです、人にもよりますが、福子に信教の自由と言っても理解できないと思います(笑)

●あんまりカルト信仰のことを考えるとうつ病になってしまいます。
趣味のサークルでも見つけて意識をちがう方向に向けた方がいいと思います。
(会合に出ない理由にも使えるかもね!)
創価もひたすら自滅への道を走ってるようですから、そう将来悲観したものでもないかもしれません。
また、悩み事があればまた相談してください、管理人はじめ、コメンティターの方々が力になってくれると思います。

すいません、一部訂正です

●管理人はじめ、コメンティターの方々→管理人さんはじめ、コメンティターの方々
さんが抜けて失礼な表現となってしまいました<(_ _)>

No title

むかし柏原女史が「創大の男子はウ○コだ」と言っていたそうですが、創大に限らず男子部はだいたいそんなもんでしょう。とても単純な話で、「学」がおろそかになる人は、信心が欠けているだけだと思いますね。御書にある通り、求道心は「信心よりをこる」ものですから。

■行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず(中略)行学は信心よりをこるべく候(「諸法実相抄」学会版御書1361㌻)

作用

 管理人さん

 どうしても夜になると創価関連のサイトをみるくせがついてますです・

 しかし様々な人がいるものですね。 独自で日蓮大聖人の法門を学んでいると自称する御仁も。 その人物からすると宗門も法華
講も学会も滅多斬りでしたね。

 しかし読んでみると斬り方が甘く、致命傷には至らない程度です。

 併せて、樋田(とゆだ)氏が創価のプラケース入りのお守りご本尊をペンチで破壊・解体して、ライターで火をつけ、燃やす様子も再度見ました。   燃え方からするとあれは紙製ではなく、樹脂製かと思いましたが、長く燃える様子をみて、周りの講員などが「燃え方が異常だ~  あ、やっぱり緑色の燃えカスだ!」とかなんとか、大げさに騒いでます。  

 私などは相貌が同じである以上、ご本尊はご本尊かと考えていますから、ああいう真似はできませんが。

 ともかく権実雑乱ですねぇ。。

 樋田氏にせよ、まわりの法華講員にせよ、元は男子部だったとも思います。 

 信 行 力の血は争えないというか、、(笑

 このままでは間違いなく

 信 行 危機・・  または 死期かも。(笑

 ともかく私は私の道を模索中で、誰かに従ってこうしよう、というようなのはもう御免蒙りたく、ランボーと称した意味はその決意があってのことですから、そろそろサイト巡りもやめようかと考えます。

 10数年も「お悩み中」をやってりゃ、いい加減、これはもう自身にとって「離れたい世界」だと分かりましたしね。

 何度も自分に念押しするのも、もうやめです。

 結局、誰の、何のための信心か、、 そこしかないのです。  

 >林檎さんへ

 自分自身の人生ですよ。  ラストキーワードはそこです。 結果はともあれ、早く「地獄界」の苦しみから逃れられますように、、 祈っています。

 (レコメはご不要です)

 

 

Re: No title

コメントありがとうございます。

> むかし柏原女史が「創大の男子はウ○コだ」と言っていたそうですが、創大に限らず男子部はだいたいそんなもんでしょう。とても単純な話で、「学」がおろそかになる人は、信心が欠けているだけだと思いますね。御書にある通り、求道心は「信心よりをこる」ものですから。
>
> ■行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず(中略)行学は信心よりをこるべく候(「諸法実相抄」学会版御書1361㌻)


全く、同感です

ランボーさん

こんばんは。

>  しかし様々な人がいるものですね。 独自で日蓮大聖人の法門を学んでいると自称する御仁も。 その人物からすると宗門も法華講も学会も滅多斬りでしたね。
> しかし読んでみると斬り方が甘く、致命傷には至らない程度です。

独学派の方は押し並べてその傾向ですね。

>  併せて、樋田(とゆだ)氏が創価のプラケース入りのお守りご本尊をペンチで破壊・解体して、ライターで火をつけ、燃やす様子も再度見ました。   燃え方からするとあれは紙製ではなく、樹脂製かと思いましたが、長く燃える様子をみて、周りの講員などが「燃え方が異常だ~  あ、やっぱり緑色の燃えカスだ!」とかなんとか、大げさに騒いでます。  
>  私などは相貌が同じである以上、ご本尊はご本尊かと考えていますから、ああいう真似はできませんが。

ああ、アレは悪乗りが過ぎますね。法門法義で対論するならいざ知らず、あのような幼稚なマネをネットで流すのはいただけません。アレは破折でも何でもない悪ふざけです。

>  樋田氏にせよ、まわりの法華講員にせよ、元は男子部だったとも思います。 
> ともかく私は私の道を模索中で、誰かに従ってこうしよう、というようなのはもう御免蒙りたく、ランボーと称した意味はその決意があってのことですから、そろそろサイト巡りもやめようかと考えます。
>  10数年も「お悩み中」をやってりゃ、いい加減、これはもう自身にとって「離れたい世界」だと分かりましたしね。
>  何度も自分に念押しするのも、もうやめです。

そうですか。誰に従う必要もありませんよ。ただ大御本尊に従って生きていく。それでいいと思います。

No title

スレッドが違いますが、この三船小仏さんの記事をずいぶん読んできました。

 戸田先生がどうして急に釈放になったのか。 昔、住職との討論中、これをぶつけられて初めてこの存在を知りました。

有名な「通謀」ですが、この中に書かれております。  牧口・戸田氏はもともと極右翼思想であったこと。  池田氏の本当の師匠は誰か。 創価が本当に戦争絶対反対の思想団体だったのか。 どうして池田氏は当時一般サラリーマンの100倍の給料を得ていたのか、 また牧口。戸田両氏の暮らしぶり(遊びぶり」など、、ここに書かれています。

 http://sky.geocities.jp/mifune008/000h40.htm

ランボーさん

こんばんは。


> 有名な「通謀」ですが、この中に書かれております。  牧口・戸田氏はもともと極右翼思想であったこと。  池田氏の本当の師匠は誰か。 創価が本当に戦争絶対反対の思想団体だったのか。 どうして池田氏は当時一般サラリーマンの100倍の給料を得ていたのか、 また牧口。戸田両氏の暮らしぶり(遊びぶり」など、、ここに書かれています。
>
>  http://sky.geocities.jp/mifune008/000h40.htm

読みました。
牧口初代会長については、以前から信仰者というよりも
教育者・学者としての心が強いと思っていました。

ありがとうございました

 サイトなどの引用はもうやめた、とか言いながら、またやってますが、この三船小仏さんのは、長く参考にしてきたものですから、、。

 長い資料ですが読んで下さって感謝しています。  おぼろげな記憶ながら、このサイトのどっかにドクター部の「精神科医さん」の様々な報告や所見、そして○○美代子さんの「池田大作・小説人間革命批判」などもあったように思います。

 様々な個人の意見なりを吸収できない組織だなという、確信にも似た思いは確固たるものになっておりますし、封殺・無視・批判しか繰り返せない組織には、やはり未来はない。

 聞いてりゃ調子に乗りぁがって!とかいうものなんでしょう。  エスタブリッシュというものはただちに「保守」に走ります。

 だから先生の言われてきた「革新の法」などという言葉に言霊は感じなくなってしまいました。  玄関をみればその家が分かる、という言葉もありますが、なにかそれに似た印象でもあります。

 俗世の願望、欲望(つまり給料や地位・女・遊び)にも易々と負けて保身に走る職業学会員には、改革の声も新生の意気も期待はできません。

 そしてこのサイト(URL)に見られるように、「元からそうだった」という知見に至った現在は、ただただ、己自身の信仰的態度を反省、是正、改革しながら できるだけ「真っ当な」信心だけは忘れないという生き方で頑張っていきたい。

 私もだらしない男ですし、浮世の垢も帯びていますよ。  高潔な世間の人物に尊敬の念を覚えますよ。

 しかしそういう男ならそれだけ必死に仏法にしがみつきたい。  これだけは!というもの(信心)がなければ、生きる甲斐もない。

 様々な相談や悩み事を受ける中で、自身はなんと、うそ臭い男だろう、、と恥ずかしくもなりますが、だからこそ自分の敵は自分だという自覚は持っていたい。 これは哲学というより本能でしょう。

 それをもあんたの保身だろう!と言われれば人は生きていけないのではないか・・

 己の弱さを誰よりも自覚できなくなれば、それは「人として」死ぬ時です。

 哲学者ほどの自制心や自立心も当然、私にはないがゆえに、信仰者としての生き方とその意味がある。

 私はそういう考え方です。

 だからサイトにある牧口・戸田先生の有様を、ただ非難する気持ちだけではないのです。
 人間とは「そういうもの」なのですから。

 ゆえに「日蓮大聖人とその仏法」に対して「どう求めながら、あえぎつつ、生きたか」ということだけに関心のイシューがあるのです。

 己の理想を簡単にどっかの人物や政治家に、あるいは宗教家に仮託してもだめなのです。 その意味で「なんでもかんでも世界の偉人だ、先生は世界の指導者だ、 人間革命の生きたお手本が先生なのだ」などという発想は捨てたほうがいい。  それは高校時代に捨象してきたつもり。

 それでもどこかに「そういう未練」もありながら、信心をしてきました。

 いい加減、大人になれよ。。 ある先輩に言われました。6~7年前ですか。。。

 自嘲気味に、今その言葉を思い出しています。

 では、休みます。

 ランボー

 

 

 

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

こんばんは。コメントありがとうございます。

このブログの事を話すのは全く問題ありません。
気になさらずに話してください。

相手は複数人で来るかも知れませんが気後れしないでください。
こういってはなんですが、何人来ても言うことはたかが知れてます。
創価の幹部といっても、特別に教学がある訳じゃありません。
むしろ教学はほとんどありませんのでビビることもありません。
ご自分の思っていることをまんま話せばいいと思います。
いいくるめられるよう筋の通った話はできませんから。
聖教新聞やら池田センセのスピーチやらだしてきて
宗門の悪口と、創価学会でしか幸せになれない。というような
何の根拠もないことを繰り返すのが
大半の創価幹部の話です。
あとは、軽く聞き流す。
反論するとうるさいと思ったら聞き流せばいいと思います。
まぁ、テイのいい無視といったところでしょうか(笑)

しっかりと、ご自身の考えを主張されることを願っています。
陰ながら応援しています。
また、何かご質問などありましたらお気軽にコメントください。
今後もよろしくお願いします。



お返事ありがとうございます

周りに相談出来る人が居ないので、こうしてお返事頂けるととても心強いです!
ありがとうございます!
まだ話し合い(偉い人が来て私の学会に対する不信を取り除き、財務をさせる為にお話をされる会)の日程は決まっていませんが、

●財務はしない(何に使われているかはっきりしない・功徳があるという根拠に不信感がある)
●聖教新聞はとらない(半年間頑張って読んでみたが、毎月2000円出して読みたい内容ではなかった)
●今回の教義変更に納得がいかない(こちらのブログを参考に、大石寺にある大御本尊を信受しないのはおかしいと感じた)
●朝夕の勤行、題目をしっかり行い、(自分の出来る範囲で)御書の勉強をする
●御本尊・日蓮大聖人のことは信じているが、創価学会のことはあまり良く思っていないので、学会活動はできればしたくない

と、自分の思っていることをしっかりと伝えられるように頑張ってみます!
またコメントさせて頂くかもしれませんがよろしくお願い致します。

これからもブログ楽しみにしています!

はっさくさん

こんにちは。

> ●財務はしない(何に使われているかはっきりしない・功徳があるという根拠に不信感がある)
> ●聖教新聞はとらない(半年間頑張って読んでみたが、毎月2000円出して読みたい内容ではなかった)
> ●今回の教義変更に納得がいかない(こちらのブログを参考に、大石寺にある大御本尊を信受しないのはおかしいと感じた)
> ●朝夕の勤行、題目をしっかり行い、(自分の出来る範囲で)御書の勉強をする
> ●御本尊・日蓮大聖人のことは信じているが、創価学会のことはあまり良く思っていないので、学会活動はできればしたくない
> と、自分の思っていることをしっかりと伝えられるように頑張ってみます!

はっさくさんの思っていることは、正しい考えだと思います。
普通の感覚の会員さんなら誰でもはっさくさんと同じように感じます。
創価幹部は正論に弱いので多分理屈の通らない話や
答えにならないようなことを言ってくると思います(笑)
とにかく、中途半端に妥協をすると相手もしつこいので
キッパリと意思を伝えることが大切です。
人間関係などもあって言いづらい事もあるでしょうが
頑張って言い切って欲しいです。
応援してますよ。

> またコメントさせて頂くかもしれませんがよろしくお願い致します。

はい。なんでも、いつでもコメントしてください。
はっさくさんが大聖人仏法を信仰していく上で
少しでもお役に立てれば幸いです。

頑張ってくださいね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR