元創価職員3人組

古本屋店主さんが紹介してくれた元創価職員3名。
なんでも、今月末に横浜で150人収容の会場を借り
座談会を開催するようで
全国各地の学会員から参加の問合せを殺到してるらしい。
創価の自界叛逆難劇場を観戦している分には楽しめるが
今回の座談会の開催には、違和感というか不快感というか嫌悪感というか
そういう得体の知れない気持ち悪さを感じる。

というのも、彼等が何をしたいのか?がサッパリ分からないのだ。
創価の除名処分・免職処分を撤回してもらいたいのか?
自分達こそ池田センセ弟子であることを分かってもらいたいのか?
それとも、選挙にでも立候補してあわよくば議員にでもなつつもりか?
座談会の開催する目的が全くわからない。

彼等が自身の主義・主張をするのは自由だし
その主義・主張をどのような形で発信するかも自由。
ただ、多くの関係ない学会員を巻き込むやり口は
気持ち悪いと言うか・・なんだかムカムカする。
彼等は学会を除名された人達である。
そんな人間が開催する反創価執行部の会合に参加した会員が
もしもその事が原因で組織で問題になり
彼ら同様に除名処分を受けるような事になったら
一体どのように、その会員さんに対して責任を持つのだろうか?
そのような事態になる事を想定していると思えない彼等の行動はまりにも軽率すぎる。
ブログに「私達の座談会に参加する場合組織から除名される恐れがあります」
といった内容の文言の一言でもあれば
彼等も会員さん達の事を思っているのだなぁ。と感じるが
そのような内容は一言も書かれていない。
もちろん、彼等の座談会に参加する会員さんが
「除名になっても構わない」という覚悟をもって参加するのであれば何の問題はない。
が、どう考えても参加する会員さん達が
そこまで覚悟を決めて参加するとは思えない。
ただ、彼等の主張に賛同した。とか彼等に同情した。とか
元学会職員から創価本部の内情を訊いてみたい。という気持ちで参加するのが大半だと思う。
そうした会員さん達に万一彼等と同じ処分が下されたら。どうするつもりなのだろう。
彼等自身が除名になったときの苦悩を一番分かっているのに
会員さんに同じ思いをさせるつもりなのか?
なんとも、身勝手で幼稚で軽率な事をするのだろう。
そう思わずにいられない。

創価執行部の悪を叫び、「師匠の創価へ」などと、カッコイイ事をいちゃいるが
所詮は、除名・免職という自分達の個人的な汚名返上・名誉挽回が根本であって
もっといえば、創価執行部への私怨を晴らすために
池田大作の言葉を借りネットで全国の学会員さん達を味方につけようとしてるだけだ。
座談会の内容も、式次第を見るとほぼ安保の件。
信仰上の活動ではなく、政治活動だろ。これじゃ。
そんなものに全国の会員さんを巻き込んでリスクを背負わすという感性が気持ち悪い。
自分達の目的のためなら会員のことなど知ったこっちゃない。
というか会員の事には思いが及ばない。という感覚。
そして池田大作を利用して会員を集める手法。
彼等3人組も除名されとはいえ、創価幹部・本部の感覚そのまんま。
これで現執行部を糾弾するとは正直イタイ。イタすぎる・・

俺が、組織を追放された時
近しかった男子部員十数名が、俺と一緒に活動をやめる。と言ってきた。
その時に俺は皆に
「オマエら活動やめる必要はない。むしろ活動しろ。
どうしても活動やめたきゃやめてもいいけど、俺のせいにするな。俺は責任持てないし持たない。」
と言った。
その時に活動やめたメンバーもいるし、そのまま現在も活動を続けているメンバーもいる。
どちらにしても、自分の事に他人も巻き添えにするのはよろしくない。
「俺は活動やめるから、オマエもやめろよ」なんていう手法は嫌いだ。
3人組の座談会に参加してた会員が万一処分受けたら、
謗法・創価からいなくなる人が増えるのはいい事だし喜ばしい事ではあるが
誰かの巻き添えになって創価を去る会員が増えても喜べない。
創価の謗法を自分で学び、感じ、自分の意思で創価と決別する。
そうでなければ、本当の意味での謗法・創価との決別にならない。
心から創価と決別すると言う強い意思のもと決別してこそ
謗法を断ち切る事ができるのだ。

彼等のブログの中には
【同志の真心を踏みにじる戦いに未来も勝利も絶対にない】
と書いてあった。
もし、今回の彼等の主催する座談会参加した会員さんが
組織から何らかの処分を受けたら・・
いや、その危険性があるような事をやること自体
すでに同志の真心を踏みにじっているのも同じだ。
故に彼等の戦いには、未来も勝利も訪れないだろう。
いま彼等がやるべき事は
キチンと再就職をし、自分達の人生を立て直し
ちゃんとした社会人として、仕事を通して社会の貢献することだ。
社会にも学会員にもなんの貢献もしない創価の職員などという仕事をしてきたのだから
まずは、キチンと仕事をして社会や家族に貢献するのが最優先課題だろう。
なっちゃらの正義だ。なんだ。ってのは
まず、自分の生活を正してからやればいい。
罪のない会員に、自分達と同じ目に合わせるようなリスクを背負わせる活動では
到底、応援する気になれない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

  管理人さんへ

 拝読しました。 私も前に後輩からこの一連の記事を紹介され、読んできました。   それ以外のスレも読んでました。口汚い幹部の素行の暴露合戦であり、いっとき読んでみましたが、なんの生産性もないし、いのちが汚れるだけで、読むのをやめました。 T川総長が昔どこそこで女子部を酔わせたあげくレイプした「○○○○○事件、だとか、、、。
当事者のかたにはお気の毒としか言いようのないことですけども。。


 まあ、真偽はともあれ匿名をよいことに、言いたい放題の罵りあいでした。

 このブログに来た理由は飽くまで「文証。理証 現証」の上からの破折であるからです。

 第一義悉壇、対治悉壇が主だからです。

 ここは大事であって、いたずらに[ガッカイ世間]の醜聞やなどに終始せず、それらを参考程度にされつつ、自らの体験と御書研鑽に基づいた論証だからです。

 であるから、ただ「悪事の羅列」だけでは、個々の問題をあげつらうだけであり、それを如何に社会問題化にしようとしても、なかなか共感は得にくいですね。

 またかれら三人組さんの主張は画竜点睛を欠くものです。

 人師に過ぎない池田先生への思慕とその切望を武器にするだけでは、ただの内輪もめの色が濃い。  世間様からみたら、言葉は悪いけれど、浪花節程度で終わる類のものでしょうし、また同時に周辺に誤解を与えるだけではないか。。

 つまりなんのことはない、池田先生=執行部なのです。

 、いま現在の「池田先生(私はすでにこの世にはいないという立場ですが)」への冷静な批判なしには、的はずれです。言い換えれば、本来の仏法論からの池田先生の過去からの言動への検証と切り込みが無いに等しいと考えます。

 私のまわりの連中もいろいろ不満を抱いていますが、彼らを誘導し、引き入れようとはしていません。  彼らは彼らの立場や、やむにやまれぬ事情もあるのですから。

 いささか悲愴感も感じながら、これは一人で戦うべきことであるゆえに、ランボーというHNを使っているのもそれが由縁です。

 かれら今の三人さんたちへの私の心情は「見苦しいなあ、、」 それだけです。

 

 

ランボーさん

こんばんは。


>  であるから、ただ「悪事の羅列」だけでは、個々の問題をあげつらうだけであり、それを如何に社会問題化にしようとしても、なかなか共感は得にくいですね。
>  またかれら三人組さんの主張は画竜点睛を欠くものです。
>  人師に過ぎない池田先生への思慕とその切望を武器にするだけでは、ただの内輪もめの色が濃い。  世間様からみたら、言葉は悪いけれど、浪花節程度で終わる類のものでしょうし、また同時に周辺に誤解を与えるだけではないか。。
>  つまりなんのことはない、池田先生=執行部なのです。
>いま現在の「池田先生(私はすでにこの世にはいないという立場ですが)」への冷静な批判なしには、的はずれです。言い換えれば、本来の仏法論からの池田先生の過去からの言動への検証と切り込みが無いに等しいと考えます。

全くその通りです。
どっちが池田センセの真の弟子か?
そんなのどっちでもいい。
どっちも謗法の弟子ですから変わりません。

>私のまわりの連中もいろいろ不満を抱いていますが、彼らを誘導し、引き入れようとはしていません。彼らは彼らの立場や、やむにやまれぬ事情もあるのですから。
>  いささか悲愴感も感じながら、これは一人で戦うべきことであるゆえに、ランボーというHNを使っているのもそれが由縁です。


獅子は伴侶を求めず。いいですね~。大好きですそういうの。

ともあれ、私が3人組に違和感を覚えるのは
自分達の私利私欲のために会員を利用し、それに気づかない所です。
分かっていて利用する執行部・池田センセよりはマシですが
会員の力を利用して自分達の目的を達成しようとする発想が
すでに創価の発想でしかない。
例えば、今の執行部にとって変わって3人組が執行幹部になったとしたも
今の創価と何も変わらないでしょう。
創価を変えるのでなく
創価を潰す。というのなら応援するのですが。  

このネタの提供者です。

●もともとこんな事態になったのは創価のダブルスタンダードが原因なんですね。

師匠の指導真に受けてそのとおり実践したら解雇ですからね、ひどい話しですよ(笑)
ボクの記憶が間違いでなければ、3人組さんとともに正義感にかられて行動した一般地方幹部も数名干されて、3人組さんが一般地方幹部の処罰の取り下げを直訴したが却下されたんじゃかったかな?

3人組みさんは純粋に義憤に駆られての行動だと思います(S大には池田先生命、創価学会命みたいな方結構いましたから、なんとなく理解できます)
もともと、自分たちの利益だけ考えてれば告発なんかせずに、他の職員の方同様高給もらいながらのほほんと過ごしていればいいわけですからね。

3人組さんは、不正を暴いて解雇されたようですが、そこのとこ具体的にしてないのは、創価にこんな仕打ちされても、まだ多少創価をかばってるんじゃないかと思います。

●職員になるくらいだから家族や親せきも創価のそれなりの幹部だと推測されますが、もう、望む望まないにかかわらず巻き込んでます。
3人組さんは懲戒解雇ですから、もとの職員に戻れると思ってなくて純粋に師の理念に殉じての行動だと思います(この組織を作り上げたのが池田先生だということが飛んじゃってますが)

●ボクは勇気ある行動だと思いますよ、(裏で何やってるかわからない巨大組織相手にケンカ吹っ掛けるなんか度胸あるか、世間をしらないかどちらかですから)

●3人組みさんは、当初はそんなに倒幕府運動が共感を得るとは思ってもいなかったような気がしますが、いざ、行動したら、あまりの反響にビックリ!というところが本当のところだと思います。
確かに管理人さんのいうことは正論だと思いますが、20歳すぎたら大人なんですから、3人組さんの座談会にでて創価クビになっても自己責任という考えもあながち間違いでないと思います(ボクは判断しかねるというのが正直な感想です)

●3人組さんの運動に対する支持の広がりといい創価のアンチサイトに対するアクセスの以上な増加といい、末端会員の創価中枢部に対する不満が少しづつ広がり始めてるような気がします。


古本屋店主さん

こんばんは。

私も心情的には3人組には同情的しますし
彼らの主張するところに共感できる部分もあるのですが
今回の座談会という方法と
内容(安保に関する件で政治的な内容であること)が
どうもしっくりこないんですよね。
また、確かに参加する側に何かあれば自己責任なんですが
それもまたどうなんだろう?って思っちゃう。
やり方が、創価の執行部と変わらないんじゃないか。って感じちゃうんですよ。
まぁ、彼らと私では創価に対するスタンスが違うのでやむを得ないのですが
なんとなく残念なんですよね。
どうせなら、創価上層部の悪事をとことん公にして
こんな創価から退会しよう!って呼びかけて欲しいかな?
まぁ、それは私の個人的な願望に過ぎませんが。

再度の書き込みになりますが

 古本屋店主さんへ

 私は貴方様のなんともいえない風合いの文章が好きですよ。(笑

 優しい方だなとしばしば感じてきましたから。

 だからして、この件についてあえて意見を戦わしたいとも思っておりません。   彼ら(三人さん。 以後、彼らと称します)とて、しごく真面目で、純真で、正義感に溢れるひとたちだなとも思っております。

 ただいわゆる「学会っ子」なんだなあとも思えますね。

 上記の私の記事では「ひとことで見苦しい」と書きました。

 これは仏法社会正義(造語です)の上からの印象です。 今の今、
学会が「法滅の妖怪」と化してしまい、会員さんから正しい信心を奪い、「僧団も供養を受ける資格がある(破門後の指導)」とし、新聞、センキョ 財務というガッカイカツドウを信心修行であり、功徳がある!と教えMCをしながら高給をもらい、地方指導もほとんどせず、あるのは選挙勝利への「てこいれ」くらいのもの。   そういう年月をへて、ついには公明も根本精神をすてて大衆の味方でもなくなり、公権力を行使して、与党にい続けることが自己目的化してしまった。   そういう酷い実態の只中ではないか。

 こと、ここに至って、その本部職員であった彼らの主張の論点というのが、少し矮小化してはいまいか、、これでは終いには、問題の焦点がすり変わってしまうなと思うわけです。

 これはいわば「三類の強敵」との戦いなのではないか(少なくとも私はそういう認識です)。  管理人さんの仰ってたとおり、再就職をして、一人前の「生産的な社会人」になって、彼らが知りえた本部執行部の悪業を暴き出して、自らのためではなく、全国の会員さんと世間さまに対して「すべきこと」をして欲しいと考えますし願います。

 それが件の「座談会」なのであれば、私とて彼らを支持して応援も惜しみません。

 私の文章は硬いですし、ご批判もあると思いますが、これでも小説も書いたり、落語も2~3ネタくらいやってます。  娘や息子たちから、「かなりおちゃめなとうさん」と言われたりして、人を笑わせることが好きな、大人気ない大人なんです。(弁解です「笑」)

 ただこのブログでは、眦(まなじり)を決して、いくさに臨む心境で書かせて頂いていますので、そこんとこヨロシクお付き合いくださいませ。^^
 

 

 

お声をかけていただき恐縮です。

●3人組さんは勇気あると思いますよ!

●自分が生涯の師とする池田先生の指導に殉じて、まったく自分たちの利益にならないのに師の正義を示すために行動にでたワケですから、男気ありますよ(池田先生!埼玉でピアノ弾いてる場合じゃないですよ!)
フツーできないですよ、男気にうたれて応援したくなるなるじゃないですか!(スイマセン応援してるのが仏敵のボクで(笑)

●ここからは、ボクの推測ですが3人組さんは、創価学会は反戦平和を旗頭にする仏意仏勅の団体であり、悪いのは一部の腹黒い幹部だけとおもってると思います。(先生の意を汲んでるんだからという理由で、職員100人体制でゴーストライターしててもあまり、おかしいと思ってなさそうですから~)

●有志を集ってしばらくは、創価に自己改革を求めていくというスタンスをとると思いますが、相手はそんな甘ちゃんじゃなくて信者を騙してお金と労働力を吸いあげる極悪カルトで、職員に対する高額な報酬には口止め料も含まれているということがそのうち3人組みさんにもわかってくると思いますが~)

●公明党の安保関連法案に対するスタンスは池田先生の唱える反戦平和をの理念に反する師敵対の行為であるという訴えは広範囲に支持を集めるにはかなり役にたってると思いいます(池田先生の過去の日本国憲法9条に対するお言葉を引用されて
公明党の安保関連法案に対する行動を非難されたら沈黙するしかないですからね~)
創価学会が勧誘用の商品として使用してるくらいですから「平和}を錦の御旗と立てたのはいまのところは支持を集めるのには上手くいってるように思います。

●とりあえずは2月28日の集会頑張ってくださいね!という思いです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2月26日付の週刊朝日に元創価学会の職員3名

●度々の投稿すいません、3人組さん、マスコミに内部情報を暴露し始めました

創価あいてに全面戦争が開始されました。
こうなった以上管理人さんが危惧されていたように
→「反創価執行部の会合に参加した会員が
もしもその事が原因で組織で問題になり
彼ら同様に除名処分を受けるような事になったら
一体どのように、その会員さんに対して責任を持つのだろうか?」となる可能性が高いですね

●一部記事抜粋→毎日の聖教新聞の「新・人間革命」や「わが友に贈る」も、師匠は弟子に一任されている。聖教新聞社の記者から下書きの内容が送られ、第一庶務の中心者がチェックをして完成させる。
こうした作業は、部門ごとにチームが置かれ、多くの本部職員がかかわっていた。会員への激励品の書籍などに池田氏の印を押す作業なども含めると、100人をこえるスタッフが従事していたという。

●2月28日の集会に参加される方は最悪創価を除名されるリスクもあるということをふまえて参加してくださいね!
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR