創価教学じゃない御書講義(3月度座談会御書・一生成仏抄)

◆衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり、譬えば闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるが如し、只今も一念無明の迷心は磨かざる鏡なり是を磨かば必ず法性真如の明鏡と成るべし、深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし何様にしてか磨くべき只南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり。
(3月度座談会御書・一生成仏抄)

今月の御書は「一生成仏抄」だね。
この御書は短い御書だけど、一生成仏(生きてる間に幸せになる)する方途が書かれている重要な御書だよ。
俺たちが大聖人の信心をするのは「生きている間に幸せになる」というのが目的だからね。
まず、大前提として一生成仏は法華経の教えじゃないと叶わない。
爾前・迹門の教えでは、何度も生まれ変わって徐々に成仏するとか
死んでから極楽浄土や浄瑠璃世界に行って成仏するとか説かれてるんだけど
そんなの待ってられないし、やってられないよね。
ところがどっこい法華経の教えでは、一生成仏(または即身成仏)ができちゃう。
一体何故かと言うと、法華経では十界互具・一念三千が説かれたからから。
冒頭の
◆夫れ無始の生死を留めて此の度決定して無上菩提を証せんと思はばすべからく衆生本有の妙理を観ずべし
この部分の妙理ってのは、自身の生命の中に仏界が存在する。つまり人界所具の仏界がある。十界互具の法理説明。
それを受けて
◆但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず
と言われてます。
今回の範囲じゃないけど、一生成仏抄を拝読する上でこの部分が非常に重要なので書いておくね。

幹部・活動家は上記の御文を引用して、「我々こそ仏である」とか
「妙法蓮華経は自分自身の中にしかない」とか指導しまよね。
いわゆる創価の好きな「凡夫本仏論」「生命本尊論」ですね。
しかし、これは全くの間違いです。
なぜならば、この一生成仏抄で説かれている一念三千の法門は「理の一念三千」だからです。
一往・総じて・理に訳せば、我が己心も南無妙法蓮華経である。と書いてあるわけです。
この一生成仏抄は立宗宣言まもなく書かれた御書で
この時点ではまだ大聖人は、本懐である本尊義を説かれていませんから
一応、権実相対の上から諸法実相の理の一念三千に約して、
衆生の己心に本有の妙理が備わるという「理」をご教授されているわけです。
ですから、この御書の御教示のままでは実際に一生成仏は叶わない。
(大聖人御在世ならばいいのでしょうが、今は無理)
事実の上で一生成仏するわけだから、事の一念三千の当体を受持しないと。
また、我々末法の衆生は理の一念三千(釈迦・天台仏法)では成仏できません。
で、事の一念三千とはどこにあるかと言えば、御本仏大聖人が所持されているわけですね。
そして末法万年の衆生のために、その事の一念三千の法体を
大御本尊として顕わし残してくれたわけです。
(実際には残したのでなく大御本尊とは大聖人様なんだけど)

◆三大秘法其の体如何、答て云く予が己心の大事之に如かず汝が志無二なれば少し之を云わん寿量品に建立する所の本尊は五百塵点の当初より以来此土有縁深厚本有無作三身の教主釈尊是れなり、(三大秘法禀承事)
◆日蓮が己心の仏界を此の文に依つて顕はすなり、其の故は寿量品の事の一念三千の三大秘法を成就せる事此の経文なり秘す可し秘す可し(義浄房御書)
などの御聖訓にあるように、一生成仏の根本である事の一念三千の御本尊とは大聖人の己心(心法)なわけです。
その御本仏(仏界所具の仏界)の己心に対して信をとるから、我々の仏界も涌現するわけだね。
◆我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり
(法華初心成仏抄)
で、そこを抑えて前半部分の
◆但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず
という御文だけど、ここでいう己心とは、御本仏・日蓮大聖人の己心を指しているわけ。
間違っても、自分が本仏とか自分が本尊なんて勘違いしちゃダメだよ。ここ重要。
さて、大聖人の己心とは大御本尊であるから、
この御文は「大御本尊の他に仏法があると思ったら妙法じゃない。一生成仏できない」
このように読む。
ここが分からないのが今の創価だね。

前置きが長くなっちゃったけど、それを念頭に今回の研鑽箇所を解説すると
ポイントはふたつまずは
◆衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり
ここね。
ここはね、迷う時とはつまり大御本尊に不信を抱いた時で、
悟る時とは大御本尊に信を取った時。という事で
大御本尊を信じられない状態を衆生と名ずけ
大御本尊を信じる状態を仏と言う。と大聖人が言われている部分だね。
では、大御本尊を信じるにはどうするのか?ってのが次で
◆深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし何様にしてか磨くべき只南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり。
深く信心を発してというのは、大御本尊に対して信心を発するってこと。
つまり日々の本門の題目の実践が一生成仏の方法であると言う事。
本門の題目とは、
●本門の題目には必ず信行を具す、所謂但本門の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うるを本門の題目と名づくるなり(文底秘沈抄)
と、日寛上人がご指南されているように、大御本尊に信を取って題目をあげる。とい事だね。

結論として、大御本尊を信受しない。などという創価の教義を是としている学会員さんが
いくら題目上げようとも、一生成仏など出来ない。不可能ってことなんだよ。

気付こうよ。いい加減。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

以前、地区の白ゆり長に「財務をして功徳があるのか?ご供養なのか?」と聞いたところ、
「財務は会館の費用にも使われていて、(その会館を使う)私たちの中にも仏が居る(私たち自身も仏)ので、供養として問題ない。」
みたいな答えが帰ってきました。

まさにこの御書の都合のいい部分を勉強させられ、都合のいい様に解釈をされたのですね……(苦笑)

そのときは違和感を感じつつも勉強不足・知識不足の為、変な顔で聞き流すしかできませんでした(´•ー•`;)

次に同じような事を言われたときに反論したいので、やはり自分で御書を買って読んで勉強した方が良いと思っているのですが、創価学会が出している御書では良くないのでしょうか……?

管理人さん

 毎回、学ぶことが多いです・

 己心の解釈は改めて驚きましたが、それでもまだストンと落ちないのが正直なところですが。、

 確かに仏界所具の仏界と人界の仏界との違いの説明は解るのです。
文上では。

 しかし、学会では相互の仏界に「違いはない」と、ずっと習ってきましたからね。

 同時に、大御本尊様がどうして必要なのかについてはこれでさらに納得しました。 恥ずかしながらね。。

 昔、若いころ、学会の友人と話したことがありました。  自分の中に仏があるのなら、鏡に向かって拝んでもいいんじゃ??とかね。(笑)

 

はっさくさん

こんにちは。

> 以前、地区の白ゆり長に「財務をして功徳があるのか?ご供養なのか?」と聞いたところ、
> 「財務は会館の費用にも使われていて、(その会館を使う)私たちの中にも仏が居る(私たち自身も仏)ので、供養として問題ない。」
> みたいな答えが帰ってきました。
> まさにこの御書の都合のいい部分を勉強させられ、都合のいい様に解釈をされたのですね……(苦笑)

よく創価幹部が言うセリフですね。

> そのときは違和感を感じつつも勉強不足・知識不足の為、変な顔で聞き流すしかできませんでした(´•ー•`;)
> 次に同じような事を言われたときに反論したいので、やはり自分で御書を買って読んで勉強した方が良いと思っているのですが、創価学会が出している御書では良くないのでしょうか……?

はい。教学は大切です。何度かこのブログにも書きましたが、教学ないと騙されます。
騙されだけならいいですが、知らぬ間に謗法の片棒を担がされてしまいます。
御書の件ですが、創価版と今の正宗版は多少違うようです。
創価対策の教学ですから創価版でいいと思います。
創価の作っているものとはいえ、御書に変わりはありませんので心配ありません。

ランボーさん

こんにちは。

>  毎回、学ぶことが多いです・
>  己心の解釈は改めて驚きましたが、それでもまだストンと落ちないのが正直なところですが。、
>  しかし、学会では相互の仏界に「違いはない」と、ずっと習ってきましたからね。
>  昔、若いころ、学会の友人と話したことがありました。  自分の中に仏があるのなら、鏡に向かって拝んでもいいんじゃ??とかね。(笑)
 
あくまでも、私の個人的な御書解釈なので取捨選択はお任せします。
補足しますが

◆但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず

この御文の解釈で、創価の言う己心に御本尊が存在する。自分自身が仏である。
という事を否定する気はありません。むしろそれはそれで正しい。
ただ、その大前提として御本仏(大御本尊)の存在が不可欠と言う事です。
上記の御文で重要な部分はつきつめると「己心の法」によって一生成仏できる。という意味です。
一生成仏の法とは言うまでもなく、文底秘沈の事の一念三千の法です。
そして事の一念三千とは大御本尊です。

「己心の法」=「一生成仏の法」=「事の一念三千」=「大御本尊」

故にここで言う「己心」とは、再往・別してこれを述べれば「御本仏の己心」であり
一応・総じて言えば「我々の己心」であるのだと解釈します。
ですから、御本仏の己心の他に法(事の一念三千)があると思ったらそれは、妙法(事の一念三千)でなく
妙法でないのだから一生成仏はできない。と解釈しています。
創価の言う、宇宙の法則の南無妙法蓮華経を書き顕わしたのが本尊である。というのは
まさに、大聖人(の己心)から離れて南無妙法蓮華経が存在するという邪義。
理の一念三千であり、己心の外に法ありと主張しているものだと思います。

初めてコメント致します

管理人さん 初めまして!
いつも勉強させて頂いております。

50歳を目前にしている、そして物心ついた頃から、仏縁を頂戴している、増上慢でございます(^▽^)/

私も幼少の頃より、創価の婦人と知り合いで、聖教新聞を”御好意”で入れてくれてます。

人間日蓮という方には興味・関心があり何を説こうとされたのか?理念は何なのか?という思いがあり、また学会に対しては「日蓮仏法」とか「仏意・仏勅を得た団体」と言い張っている、そこに疑問を持って研究しておる未熟者でございます。

そして同じ住宅に学会員が住んでいまして、”悩乱”?している男性がおります。

毎月御書の解説がありますが、管理人さんの仰る如くだと。
「日蓮仏法」と言いながら、弘安二年のご本尊は大聖人の出世の本懐の御図顕なのに、また自分たちも教義で学んでいるようなのに、”受持の対象にしない”とか?

話し合えばまともに返してくれる会員もいますが、この一生成仏抄然り、己の中に仏がある、という考え。ご本尊=大聖人を離れての信心は少し違うなぁ~と、感じております。

どうか、また管理人さんとは善知識の交流をお願いしたく、また管理人さんを応援させて頂きたく、伏してお願い申し上げます。

愛国 清澄 拝

愛国 清澄さん

こんにちは。始めまして。コメントありがとうございます。


> 私も幼少の頃より、創価の婦人と知り合いで、聖教新聞を”御好意”で入れてくれてます。
> 人間日蓮という方には興味・関心があり何を説こうとされたのか?理念は何なのか?という思いがあり、また学会に対しては「日蓮仏法」とか「仏意・仏勅を得た団体」と言い張っている、そこに疑問を持って研究しておる未熟者でございます。
> 毎月御書の解説がありますが、管理人さんの仰る如くだと。
> 「日蓮仏法」と言いながら、弘安二年のご本尊は大聖人の出世の本懐の御図顕なのに、また自分たちも教義で学んでいるようなのに、”受持の対象にしない”とか?
> 話し合えばまともに返してくれる会員もいますが、この一生成仏抄然り、己の中に仏がある、という考え。ご本尊=大聖人を離れての信心は少し違うなぁ~と、感じております。

私も、まだまだ未熟モノですから、共々に学と信を深めて参りましょう。

> どうか、また管理人さんとは善知識の交流をお願いしたく、また管理人さんを応援させて頂きたく、伏してお願い申し上げます。

応援いただきありがとうございます。こちらの方こそ是非交流させてください。
いつでもコメントお待ちしています。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる