大聖人直結の信心とは

古刹信徒さんから、創価の大聖人直結の邪義を破折するコメントをいただいた。
非常に勉強になるし、素晴らしい内容です。
特に文証として、日興上人の「佐渡国法華講衆御返事」の引用は素晴らしいの一言。
「佐渡国法華講衆御返事」で日興上人が
●案のごとく聖人の御後も末の弟子共が、誰は聖人の直の御弟子と申やから多く候。これらの人は謗法にて候也
と言われているとおり、大聖人直結なとど言うのは謗法である。
また、この御文の前文には
●この法門は、師弟子をたゞして仏になり候。師弟子だにも違い候へば、同じ法華を持ちまいらせて候へども無間地獄に堕ち候也
とも書かれている。
これだけ読んでも大聖人直結などという、池田創価教学がいかに邪義であるかわかるというものだ。
日興上人が直結信心を明確に否定しているのだから。
それとも、大聖人直結なのだから、日興上人の言葉は用いないのか?
え?どうなの?

釈迦も、天台も、伝教も全て一人相承をしていることでわかるように、
唯授一人相承とは仏法相承の基本なのである。
大聖人だけが、上記三人と違う相承をする道理はないし、違った相承をしたという形跡もない。
日興上人のいう「師弟子を正す」というのは、
この唯授一人血脈相承に信を置くということに他ならない。
創価のなかの師弟論などとは全く異なる。
仏法上の師弟義と世法(凡夫同志の)の師弟論を同レベルで語るのは無知というものだ。


そもそも、大聖人直結信心が正しいのなら
創価の三代会長を広宣流布の永遠の指導者とする。
なんていう会則は邪義じゃないか。
直結なら、三代会長を指導者とする必要はないし
むしろ永遠の指導者にしたら直結じゃなくなっちゃうだろ。
日興上人すら飛び越していいのだから
三代会長なんて何の存在価値もない。
そんなもん永遠の指導者にしたらば直結じゃなくなっちゃうじゃないか。
違うのか?

池田センセは、大聖人直結について
○「御本尊に、また御本仏・日蓮大聖人に直結しゆく時こそ、功徳の泉が無限に涌き出ずることを、確信していただきたい。また僧侶をはじめすべての仏法の指導者は人々を[自分に]でなく、[御本仏に]直結すように導くのが使命である。それが御書の仰せである」
と指導している。
自分と会員を師弟であるなどといい、また永遠の指導者などと会員に半ば強制するような池田センセは、
完全に会員を【自分に】つけているのだし
その池田センセに【つく】ように指導している、創価の活動家・幹部も同類だ。
つまり、池田センセと不快な仲間たちは仏法の指導者としての資格はないし
自ら言う「大聖人直結」を否定しているというわけだ。

俺も男子部時代に御本尊直結の祈り。という話を部員さんにしたが
それは、いまの幹部がいうような内容ではなかった。
あくまでも、祈りとは「大御本尊と自分」の一体一で
自分とご本尊の間には誰も入れないということだ。
誰も自分自身の悩みを解決してくれるわけではない。
自分一人の信力と行力でしか、仏力・法力を引き出すことはできない。
そうした意味では、御本尊と自分は直結であり
自分の信と行で道を切り開いていくのが本当に意味での大聖人直結信心というのだと思う。

ところが学会活動家の祈りってのは
「池田センセにお応えするためこうしますから悩みを解決してください」とか
「池田センセをお守りするので願いを叶えてください」的な祈り方をしている人が多い。
誓願の題目なんて幹部に言われてそんな感じで祈ちゃってるんだろうけど
いやいや、ここは「大聖人直結」でしょ?
池田センセのためとか学会のためとかソレいらないよね?
池田センセも創価も今や大聖人とは何の関係もない・・・
いや、大聖人の仏敵だもん
そんな人達の為とか祈ってたら、叶う願いも叶わない。
学会員の皆さん。
いいですか?
祈る時こそ大聖人(大御本尊)直結ですよ。
池田センセや創価のことなど思わなくていいのです。
それが、本当の大聖人直結信心というのです。
一人血脈を否定するのが直結信心ではありません。
むしろそれを否定したら大聖人と永遠に結ばれないのですよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

 仰るとおり、古刹信徒さんのコメントで霧は晴れましたね。

 つくづく文理は大切ですねぇ。。

 これで創価の「大聖人直結論」の破折はおおかた終わったとみても良いのではないか。。

 あとはその文理をどうやって聞く耳を持ってもらえるか・そういう媒体というか、私なら私の振舞い方の問題になっていきました。

 個々人の機根のタイミングもあるでしょうが、私としては創価にいずれ
「自界叛逆難」というべき事態が遅かれ早かれ訪れると信じています。

 ここまで創価が権実雑乱している以上、そうならなければおかしい。

 その時にこそ最大限の頑張りをしていきます。  今も無論、様々な問題を個々の方が持ち込んできていますが、なにせMCの頭といのちで絡まってて、なかなか骨が折れるのです。

 生活と人生と離れて仏法はない。  いや存在してるけれども、活性化させなければ意味は半減する。  さっきまである議員と話していましたが、あまりに問題の一点に集中してしまうと、思考も判断も囚われすぎてしまい、全体を見失ってるものです。    彼もそうでした。

 創価の場合はまず「原点」からもういちど構築しないといけませんから、ことは大変ですが、残された人生にジハード(笑)に捧げていこうと決めています。

 私自身がまず人格を磨き、性格を改め、品格を備えていかないとです。

 今まで以上、何倍もです(ふぅ。。笑)   監視も厳しいし。。(爆)

 ともあれ、古刹信徒さん、管理人さんの実り多きコメントに接し、感謝です。

 ありがとうございました。

伝行

始めまして。
少し疑問なんですが、日本天台宗は伝行大師以降の座主の堕落で駄目になってしまったんですよね。
これは一人相承の限界を示すのではないでしょうか?
素人考えながら疑問に思いました。

恐縮です。

管理人様、ランボー様

小生のコメントを補強して頂き恐縮です。ありがとうございます。
また、管理人様の「学」と、その表現力に只々感銘を受けております。

最近の学会員は教義・教学を投げかけても自分で考えることを放棄していますね。
壮年部の方々は、学会がおかしいのはすでに承知していて、近所付き合い・世法を重視して思考停止に陥っています。困ったものです。
行動を起こして御住職に話しを聴きに来られる学会員は、教学がしっかりしています。
小生、ちょうど昨年の今頃に、近所の正宗寺院を訪ねて御住職と語り合い、ご指導を頂戴し勧誡を受けました。
本堂の常住板御本尊様を拝した際、止めどもなく涙が溢れてきました。
大聖人様から「よく戻って来たな」と激励されているようでした。
今後もできる処から大御本尊様の仏力・法力と信心の喜びを語っていきたいと思います。


古刹信徒さん

こんにちは。

> 小生のコメントを補強して頂き恐縮です。ありがとうございます。
> また、管理人様の「学」と、その表現力に只々感銘を受けております。

とんでもございません。先日の古刹信徒さんのコメントの内容には感服しました。

> 最近の学会員は教義・教学を投げかけても自分で考えることを放棄していますね。
> 壮年部の方々は、学会がおかしいのはすでに承知していて、近所付き合い・世法を重視して思考停止に陥っています。困ったものです。

本当ですね。教学は完全にスルーしてます。
今の壮年部の中心は私と同年代だと思いますが
男子部時代に何を学んできたのか?甚だ疑問です。

> 今後もできる処から大御本尊様の仏力・法力と信心の喜びを語っていきたいと思います。

それが広宣流布ですよね。
正しい信心には正しい功徳・喜びがある。
その体験を語るのが広宣流布です。
私も、自分の出来る範囲で頑張ります!
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる