名前を変えたました

先日、このブログでの名前を変えました。
新ネームは、「否創価活動家」
「学会活動はしない」
「学会活動をさせない」
そんな活動をする活動家になるという決意です(笑)
まぁ、活動家さんに言わせれば
「何言ってんだよ。お前は!」って感じでしょうが
「活動をしない活動」
それが、大聖人仏法に即した創価活動家の活動だと思います。
ってなわけで、一応ご報告しておきます。
これからもよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね。

  カッコ管理人、とありましたから、ガッカイ絶賛ブログだとは思いませんでした。(笑)

 しかしあれですね。 今までよくここが「持ち」ましたね・

 外部的圧力(ネット上の操作)で消されることもあるんかなあといつも心配はしてました。  なんといってもパソコン音痴ですから。

 さきほどまで信頼NO1のかわいい後輩くんと話をしてました。50前のいいおじさんになりましたが、心は若く きれいないのちと正義感の持ち主です。

 彼とよくこのブログの話題になります。  でも彼は桁違いの苦労人で、
そんな孤独と絶望の底に生きていた時、池田先生から受けた激励の恩が忘れられないという、人としての信念の人でもあります。

 勿論、その一点以外は、100%で私と同意見です。  彼も折伏の闘士でした。  管理人さんと同様に。  更に教学部の総県幹部でした。

 当然、組織からスポイルされていますから、現今の「異分子パージ」の嵐の餌食になるかもしれません。  こういう組織実態では、それぞれの人を単に「白か黒か」と分けられないなと今夜も思いました。

 活動家ではないし第一線からあえて外されている。そして今の執行部を許せないといいつつ池田先生を信じている層も大勢いらっしゃるのですね。  除名になっても先生を渇仰している、「あの三人組さん」のように。

 いずれにせよ、全ては自己責任、自己決断。

 いい大人が結果がどうであろうが、誰かのせいにすることはみっともないし、因縁果報は自分もち。  

 戦国時代がしばしばそうであったように、「どlっちが勝てそうな陣営か」をギリギリまで様子を見ながら、そっちに加勢するようなことは私もしません。 

 今回の改名で、管理人さんの「腹」を更に確認できて私も良かったと感じました。  今更で失礼でしたが、そんな感想です。

 

 

 

Ramboさん

こんばんは。

>  しかしあれですね。 今までよくここが「持ち」ましたね・
>  外部的圧力(ネット上の操作)で消されることもあるんかなあといつも心配はしてました。

ハハハ(笑)単なるブログですから。
たかがブログ。されどブログ。ですかね。

>  さきほどまで信頼NO1のかわいい後輩くんと話をしてました。50前のいいおじさんになりましたが、心は若く きれいないのちと正義感の持ち主です。
>  彼とよくこのブログの話題になります。  でも彼は桁違いの苦労人で、
> そんな孤独と絶望の底に生きていた時、池田先生から受けた激励の恩が忘れられないという、人としての信念の人でもあります。

そこなんですよね。年配になればなるほど、信心歴が長ければ長いほど、池田センセから離れられない。
本当は、池田センセはそうしてはいけなかった。
会員に大御本尊の素晴らしさ、大御本尊に対する感謝、恋慕、報恩することを指導しなければいけなかった。
それをしないで「自分」に付けてしまった。
仏法指導者としては失格なんですよ。

>  勿論、その一点以外は、100%で私と同意見です。  彼も折伏の闘士でした。  管理人さんと同様に。  更に教学部の総県幹部でした。
>  当然、組織からスポイルされていますから、現今の「異分子パージ」の嵐の餌食になるかもしれません。  こういう組織実態では、それぞれの人を単に「白か黒か」と分けられないなと今夜も思いました。
>  活動家ではないし第一線からあえて外されている。そして今の執行部を許せないといいつつ池田先生を信じている層も大勢いらっしゃるのですね。  除名になっても先生を渇仰している、「あの三人組さん」のように。
>  いずれにせよ、全ては自己責任、自己決断。
>  いい大人が結果がどうであろうが、誰かのせいにすることはみっともないし、因縁果報は自分もち。  
>  戦国時代がしばしばそうであったように、「どlっちが勝てそうな陣営か」をギリギリまで様子を見ながら、そっちに加勢するようなことは私もしません。

本当にその通りですね。
私の好きな御書の一節です。

◆ 但生涯本より思い切て候今に飜返ること無く其の上又遺恨無し諸の悪人は又善知識なり、摂受折伏の二義仏説に依る、敢て私曲に非ず万事霊山浄土を期す

潔く、思い切って行きたいですね。
>
>  
>
>  
>
>  

違和感

二度目の投稿です。
縁があり、御本尊様に巡り会えた理由は
個々にあると思います。ブログ主様は
どんな理由で何がきっかけで、
大聖人の仏法に巡り会えたのか、
ちょいと気になりました。
私には教学がないので
小難しい事は分かりませんが、
仏縁って何?って思います。

四月二日、大阪で座談会+懇親会開催予定

●管理人さん度々のプログの更新御苦労様です、名前の変更の件了解しました。

○スレ違いスイマセンm(._.)m
創価学会元本部職員三人組さんのその後です、横浜での座談会が好評でぜひ関西でも開催してくれとの要望が多かっため大阪でも開催する運びとなりました、現在、創価に吹き荒れる異分子排除の動き、遂に三人組さんの病身の母親にまで粛清の手は伸びます。
○創価理念派(池田先生は安全保障に詳しいとは思えないが日本の安全保障大丈夫なんですか?)VS創価学会既得権益派+バリ活連合(池田先生の平和への提言を指針とするなら理念派のいう事に部があると思えるですが~宗教の教議や本尊と一緒で先生のアリガタイ御指導に対する解釈も時代に応じて変化するんですね(笑)
両者が先生の御心は当方にあると言って一歩も引きません

○ところで肝心の大先生は何をしてるのか?というとイ○チキ新聞じゃなくて聖教新聞上では関東近辺の会館をお忍びで訪問しながらピアノを弾いたりご夫婦で新人間革命読んだり、執筆活動をしたりパワフルな日々を過ごしてるそうです。
先生!先生が安保関連法案に関する見解を述べれば、このゴタゴタ瞬時に解決するんですよ、平和の提言のように言うだけ番長ではなくて弟子に救いの手を差し延べて下さいm(._.)m
詳細は→http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

(注)もし、プログの読者の方で座談会に出席しようと思う方がございましたら最悪、創価学会を除名になる事も有り得ると覚悟して出席して下さい。






古本屋店主さん

こんにちは。

3人組さん頑張ってますね。
池田センセは守ってくれないですね(笑)

再投稿ですが

  創価は遠くなりにけり、の昨今ではありますが、やはりふと考えてしまう小生。

 結局のところ

 ① 池田名誉会長の「生存」 「健康状態」 の如何。

 ② 宗旨替えともいえる会則変更や、連立与党公明党(創価執行部の様々な行  動に対し、その関わり方とご意思はどうなのか。

 ③ 弟子に一任、というスタンスであるにせよ(三人組情報)、こうまで
   会の内外に動揺や不安、そして異分子パージの嵐が巻き起こっていること   を、どう感じておられるのか。

 ④ 明らかに日蓮世界宗の宗勢は質量ともに、弱体化していると思える。   この先、一体、どこへ行こうとしているのか。(500年先の構想も出来てい らっしゃるという話もあった。

 などを考えてしまいます。

 小生の願いは、ただひとつ。

  「僧俗和合の路線復活」です。

 かなりハードルは高く、事実上、不可能なところまできていると感じますが、こういう発想は水滸会記録から考えても、「離脱」の時期は尚早ではなかったかと思うのです。  

 では何故そうなったのか。 過去、様々な事件はあったものの、

 まず「会員第一」の会是は結局、ウソだったと思わざるを得ません。

 しばしば「民衆救済」という言葉を耳にしてきましたが、これは何をさしているのか。 会員のことなのか、 日本国民の謂なのか 世界人類のことか。  今に至れば、判然としませんね。

 要するに「広宣流布」を目指してきて、結局「誰が得をしたか」と考えると、見えてくるものがあります。 残念ながら。

 今夜、再度「水滸会記録」を読み直してみようと思います。

 枝葉末節はさておき、全てはここから始まったんだろうと思うわけです。

 上からの、つまり聖教PSなど、大本営発表がきれいごとに過ぎないと分かってしまった以上、各人が自ら情報を集めて考えるしかないのではないでしょうか。

 依存していては何も知らされず、大切な人生と時間を無駄にしてしまうから。

 退会届発送を前にして、なお、そんなことをしている私ですが、結局は新た  な(あるいは本来の)「志」が欲しいという動機で動いています。

 「凡夫と申すは 志(こころざし)という文字を心得て 仏になり候べし」

 「本心を失うとは謗法なり。本心とは下種なり、不失とは法華経の行者なり、 失とは本有る物を失う事なり。  今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉るは本心を失わざるなり。」

 
いつもながら名残惜しむ心、プンプンです。(苦笑)
 

 

 
  

退転壮年部のおじさん さん

こんにちは。

> 縁があり、御本尊様に巡り会えた理由は
> 個々にあると思います。ブログ主様は
> どんな理由で何がきっかけで、
> 大聖人の仏法に巡り会えたのか、
> ちょいと気になりました。

私の場合は、嫁の親戚にいわれ仕方なく(笑)
日蓮正宗に入信し創価学会に入会しました。
よくあるパターンです。

Ramboさん

こんばんは。

>  小生の願いは、ただひとつ。
>  「僧俗和合の路線復活」です。


わたしもずっとそれを望んでいましたが
教義変更で完全にその目はなくなったと諦めました。

管理人様、こんばんは。
学会活動をしない活動。私も急には無理ですが、徐々に創価の活動から遠ざかるように頑張ります。選挙は活動しない方向で考えてます。
昨日の聖教新聞に義父が支部のブロック5勇士という記事に写真が載っているとのことで小さいですが写ってました。
それにしても5勇士なんて壮年部も活動家が少ないのでしょうか。折伏より未活動家を活動家にする戦いってどうなんだろうって思いました。

林檎さん

こんばんは。

> 学会活動をしない活動。私も急には無理ですが、徐々に創価の活動から遠ざかるように頑張ります。選挙は活動しない方向で考えてます。

そうですね。ご主人とうまく折り合えつけつつ徐々に学会会からフェードアウトするのがいいかと思います。

> 昨日の聖教新聞に義父が支部のブロック5勇士という記事に写真が載っているとのことで小さいですが写ってました。
> それにしても5勇士なんて壮年部も活動家が少ないのでしょうか。折伏より未活動家を活動家にする戦いってどうなんだろうって思いました。

いまの創価活動家では、外部の折伏はできないと思いますよ。自分達のしている信仰がどういうものか?なぜ創価に入会すると幸福になれるのか?そういうことをキチンと話せない人ばかりですから。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR