仏縁って何?

退転壮年部おじさん、さんから
仏縁って何か?というような内容のコメントをもらった。
創価幹部・活動家のひとつのロジックととして
「創価学会のお陰で御本尊にめぐり合えたから創価学会に感謝している」
「大聖人仏法を教えたくれた創価学会を守ってくれた池田センセに報恩したい」
というようなロジックがある。
かくゆう俺も創価学会によって大聖人仏法を知った一人であり
以前は、上記のような想いを持っていた。
創価のお陰で仏縁を結ぶことができたことを感謝する。ってワケだね。
さて、では仏縁ってのは一体何だろう?
御書には、

◆仏種は縁に従つて起る是の故に一乗を説くなるべし(減劫御書)

と書かれているように、仏縁とは「仏種に縁すること」
或いは「仏種に縁させる」ことだ。
この仏種とは一大秘法の法体、事の一念三千で
具体的に言うと弘安二年の大御本尊であるというのが大聖人仏法の根本だ。
上記の御文の一乗とは大御本尊に他ならない。

では、創価学会のお陰で仏縁を結べたのか?
池田センセのお陰で大聖人仏法(大御本尊)を知ることができたのか?
確かにある一面だけ捉えればそう思えなくない。
しかし、その前に忘れていけないのは
仏種(大御本尊)が存在していたということだ。
いかに池田センセが偉大だったとしても
創価に力があったとしても
仏種がなければ仏縁を結ぶことは不可能のは道理だろう。
その仏種たる大御本尊を、大聖人ご入滅の後
数百年間守りつづけ、創価学会に縁させ、池田センセに縁させたのは
他でもない、日蓮正宗の僧俗であることは
創価や池田センセがなんと反論しようとこれは歴史の事実だ。
ではなぜ数百年間仏種を守ることができたのか?
それは総じて言えば、大御本尊はご本仏そのものだからであり
別して言えば、唯授一人血脈により大聖人の法義が正しく相承されたからである。
それがなければ、正宗も身延同様の有様になり大御本尊も蔑ろにされていたかもしれない。
いや今の創価を見ればわかるように
寧ろその可能性の方が大きい。
そう思えばその根本(大御本尊と唯授一人血脈)に
まずは感謝し報恩の念を抱くのが信仰者として正しい思いなのではないか。
それは、池田センセも同じである。
池田センセだって正宗に大御本尊がなければ
正宗に正しい大聖人仏法がなければ
創価もないし、創価がなければ今の人生はなかっただろう。
せいぜい、マルチ商法で成功するか
振り込み詐欺の元締め位じゃないだろうか?
(まぁ、あまり違いはないが)

創価に感謝するのもいいし、池田センセに報恩の念を持つことも自由だが
大聖人仏法を信じているというならば
根本の大御本尊と一人血脈相承にも同じように感謝すべきだと思う。
それを、創価幹部も活動家も池田センセも
いまではすっかり根本への感謝と報恩の念を忘れ
仏種たる大御本尊まで捨ててしまったのだから
もはや、創価に仏縁を結ぶ行為などできない。
やりたくても仏種を捨てたのだから仏縁を結ぶことは不可能なのだ。
創価が今結べるのは「悪縁」だけだ。
それが不知恩の者の成れの果てである。

◆法華経の大海の智慧の水を受けたる根源の師を忘れて余へ心をうつさば必ず輪廻生死のわざはいなるべし、但し師なりとも誤ある者をば捨つべし(曾谷殿御返事)

創価や池田センセによって大聖人仏法に巡り会えたとしても
「誤りがあれば捨てよ」
それが大聖人仏法だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしい。

管理人さん

 見事な論証ですね。 貴方の魅力はまず「ブレない」ことだと思います。

 拝読して単純に浮かんだのは、創価はもう全く別物になったのだ、というコトでした。

 別の教義 別の活動、別な目的(有ればですが)の団体です。

 半端なのは、他の日蓮系教団と同様に「本家」を主張し
「正統」を語っていることですね。

 今まで創価が誇りとその正統たる根拠としてきたものは

 ○ 弘安二年の大御本尊を一大秘法と信じ奉り、法水写瓶の睨座の血脈を信じ奉ってきたこと

 ○ そのご宗門の外護の団体であるとし、多大なご供養を行い、あくまで在家団体としての矜持と弁えがあったこと。

 ○ 教義解釈権もご宗門にあることを踏まえ、生活法としての仏法の現代的展開を行ってきたこと(これが広宣流布であると指導)

 などがある。

 とり挙げた例は拙いものであるが、小生にもこのくらいは判っていた。


 早い話、経緯については双方に主張はあるものの、結果として、会員さんを「大御本尊様」から遠ざけ、教義から逸脱し、法座を否定し、僧を否定し、ご本尊様さえ創作し、公権力を求め続け、財力に固執するという、大いなる変質・変化をあらわにしたのが、現在の創価学会だ。

 これに消極的理解をしながら追従するものは、構いなし!なのだが、「それではおかしいよ!?」という者は毎度書いているように、排除し、詰問し、のけものにし、しまいには「問答無用のパージ」も、今現在、各地で行っているのが創価だ。  

 全国の心ある同志たちがどんどん排除され続けている。 小生の身近でも。   まるであの国の、かつての文化大革命を思い出す。

 これが「権力の魔性」でなくて一体なんだろうか。  

 「権力は腐敗する 絶対的権力は絶対的に腐敗する」という有名な格言があった。

 絶対的な権力のもとでは、民衆救済などはたわ言に過ぎない。 
 位相がまるで逆だ。

 かつて池田先生も、「職員幹部らが官僚化したらその時は創価は終わる」旨の指導をされていたではないか。(しかし社長会発言などでは「本当に理想なのは全体主義だよ」とか仰っていたが)

 その先生は沈黙しているままだ。  沈黙せざるをえないのだろうと考えざるを得ない。  あるいはヘゲモニーを完全に奪われた裸の王様になってしまったか。

 反対をすれば師敵対!とばかり排除される、 素朴に質問をしても「辞めていいよ」と言われる。  辞めても「裏切り者!反逆者!」とよばわりされる。  これこそが支配・被支配の関係だと断じていいだろう。
 そしてこれが権力というものだろう。  与えて言っても、この新・教団には「民衆仏法」を掲げる資格はない。

 また冗長になったが、創価は全くの「別の教団」に変質したのだから、
小生とて、ここにはいられないと思うに至ったわけであります。

 恩は大御本尊様にお返ししよう。 それがスジというものだろう。

 以上、「一度の高名」がせいぜいの私。  もう実際、疲れましたわ。。

 m(--)mオジャマシマシタ

 
 

 

 

  

明確な邪義破折に感動です。

管理人様

朝から明確な邪義破折を拝見し背筋がピンと張りつめました。
また、Rambo様のコメントも頷きながら拝見し同じ想いでございます。
いつもながらお二人に大変感銘を受けました。
ありがとうございます。

私事で恐縮ですが、今月末で正宗に帰依して1年が経ちました。
帰依した端緒は以前に記したと思いますが、「戒壇の大御本尊様を受持の対象としない」教義改正にあります。

常々願っていた事は、嘗てのように「僧俗和合」です。非活の学会員だった頃は、家庭訪問に来る方々に「宗門と仲直りしたら活動しますよ」と伝えてきました。
それも教義改正によって厳しくなり、残された人生を鑑み自身から大御本尊様を求めて行動するに至りました。

勿論、今でも全ての学会員さんが僧俗和合の陣列に戻れるようにご祈念しています。
また、正宗に属していない日興門流の興門八本山に於いても、いつの日か大石寺を本寺として、異体同心の信心に戻られる事を願っています。


「よき師と・よき檀那と・よき法と此の三(みつ)寄り合いて祈を成就し国土の大難をも払ふべき者なり」
(法華初心成仏抄)

「良き法と、良き師と、良き檀那との三つが、そろわなければだめなのです。南無妙法蓮華経、これは良き法にきまっている。大御本尊様は良き法なのです。また御法主上人は唯授一人、六十四代のあいだを、私どもに、もったいなくも師匠として大聖人様そのままの御内証を伝えておられるのです。ですから、御法主上人猊下をとおして大御本尊様を拝しますれば、かならず功徳がでてくる。ただ良き檀那として、その代表として、その位置にすわれたことを、私はひじょうに光栄とするものであります」(戸田城聖全集 四-三九九頁)

学会は、南条時光殿、四条金吾殿の如く、大檀那であり続ければ正法正義の信心を保っていけたのにと、今更ながら思います。

確かに

仰る通りですね。
たまぁーに、学会の会合のお誘いに
参加しておりますが、
今は参加者で勤行を
しなくて何か違和感を感じ、
昔の先生のスピーチを見て、
法戦に向けて頑張って参りましょう!!
創価に縁して、先生に縁して
幸せになれると言うなら、
いっそ、先生を信仰の対象にされれば
スッキリする。私は大聖人様が根本。
池田先生に感謝の思いは少なからず
あるが
ご祈念の 際に永遠の指導者云々の
クダリは無理。

Ramboさん

こんばんは。

>  見事な論証ですね。 貴方の魅力はまず「ブレない」ことだと思います。

ありがとうごさいます。
頑固なだけが取り柄です(笑)

>「一度の高名」がせいぜいの私。  もう実際、疲れましたわ。。

そうなんです。
疲れるのです。かの組織の連中と絡むのは。
でも、正法正義を訴えなければ与同罪です。
創価で積んでしまった悪業を返済しないとなりません。
疲れたら休んでまた前進です。

古刹信徒さん

こんばんは。

> 朝から明確な邪義破折を拝見し背筋がピンと張りつめました。
> また、Rambo様のコメントも頷きながら拝見し同じ想いでございます。
> いつもながらお二人に大変感銘を受けました。
> ありがとうございます。

こちらこそ、いつもコメントいただきありがとうございます。

> 私事で恐縮ですが、今月末で正宗に帰依して1年が経ちました。
> 帰依した端緒は以前に記したと思いますが、「戒壇の大御本尊様を受持の対象としない」教義改正にあります。
> 常々願っていた事は、嘗てのように「僧俗和合」です。非活の学会員だった頃は、家庭訪問に来る方々に「宗門と仲直りしたら活動しますよ」と伝えてきました。
> それも教義改正によって厳しくなり、残された人生を鑑み自身から大御本尊様を求めて行動するに至りました。
> 勿論、今でも全ての学会員さんが僧俗和合の陣列に戻れるようにご祈念しています。
> また、正宗に属していない日興門流の興門八本山に於いても、いつの日か大石寺を本寺として、異体同心の信心に戻られる事を願っています。

本当に同感です。
多分、多くの学会員は以前のような僧俗和合を心の中で願っていた(いる)と感じます。
僧侶も凡夫ですから嫌なこともあるでしょうが
広宣流布の大願の元、僧俗和合して戦っていくのが
本来、大聖人が望まれたことだとおもいます。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 仰る通りですね。
> たまぁーに、学会の会合のお誘いに
> 参加しておりますが、
> 今は参加者で勤行を
> しなくて何か違和感を感じ、
> 昔の先生のスピーチを見て、
> 法戦に向けて頑張って参りましょう!!
> 創価に縁して、先生に縁して
> 幸せになれると言うなら、
> いっそ、先生を信仰の対象にされれば
> スッキリする。私は大聖人様が根本。
> 池田先生に感謝の思いは少なからず
> あるが
> ご祈念の 際に永遠の指導者云々の
> クダリは無理。

そうですよね。
三代会長に報恩感謝って・・・
それって強制するようなことなのか?って思います。
感謝したい人はすればいいし
そうでもないひとはしなくてもいいでしょう。
凡夫が凡夫に報恩感謝しなきゃならない
そんな教義は大聖人仏法にはありませんから。
あくまでも根本は大聖人(=大御本尊)ですよね

文証を。

   
  to 御書をお持ちの新入会の方あるいはまだ染まってない活動家さんへ。

  ◎出典;法華初心成仏抄  p550 17行より。

 よき師とよき檀那とよき法と、此の三 寄り合いて祈(いのり)を成就し

 国土の大難をも払うべきものなり。  

  以下、

 よき師とは、指したる世間の失(とが)無くして、聊(いささか)のへつら うことなく、少欲知足にして慈悲有らん僧の、経文に任せて法華経を  読み持ちて人をも勧めて持たせん僧をば、仏は一切の僧の中に吉(よき)第一の法師なりと讃(ほ)められたり。   

 吉(よき) 檀那とは、貴人にもよらず、賤人(せんにん)をもにくまず、  上にもよらず、下をもいやしまず、一切人をば用いずして、
 一切経の中に法華経をば持たん人をば、一切の人の中に吉(よき)
 人なりと仏は説き給へり。  

 吉(よき)法とは、此の法華経を最為第一(さいいだいいち)の法と
 説かれたり。

 と、続きます。

 これが本義ですね。  このご文証に照らして、創価のありさまを素直に考えてみてください。  かならずしも、先輩の言う通りにではなく、自らの心法で思索してみてください。

  
 

創価長(昔で言うB長?)

未だに組織の中は在籍し、二週間には面接も受け晴れて?創価長なる役職を頂きましたが、私はこの学会が、大聖人様の仏法に少なからず縁があったのだから、大聖人様から大罰をくらってでも、、大御本尊様にお褒め頂ける在家信者の団体に戻れる様に祈っております。間違いは取り戻せないのでしょうね、もう、無理なのは重々承知ですけど。祈りとして叶わざるはなしですから、諦めない様に思います。そして、自身の行動と信仰心に注意を払いながら、私の受け持つブロックの方は、他人様に迷惑の掛けぬ様に。公明の支援なんか嫌なら無理せぬ様に。自分達こそが絶対だとおごらぬ様に。私も自戒の念を、振り返る事が出来る様に、管理人様のこのブログを拝見し、参考にして参ります!スミマセン。最後に創価癖が、決意発表か!

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。
B長さんのことは今は創価長っていうんですか。知りませんでした。

> 未だに組織の中は在籍し、二週間には面接も受け晴れて?創価長なる役職を頂きましたが、私はこの学会が、大聖人様の仏法に少なからず縁があったのだから、大聖人様から大罰をくらってでも、、大御本尊様にお褒め頂ける在家信者の団体に戻れる様に祈っております。間違いは取り戻せないのでしょうね、もう、無理なのは重々承知ですけど。祈りとして叶わざるはなしですから、諦めない様に思います。そして、自身の行動と信仰心に注意を払いながら、私の受け持つブロックの方は、他人様に迷惑の掛けぬ様に。公明の支援なんか嫌なら無理せぬ様に。自分達こそが絶対だとおごらぬ様に。私も自戒の念を、振り返る事が出来る様に、管理人様のこのブログを拝見し、参考にして参ります!スミマセン。最後に創価癖が、決意発表か!

創価の組織の中で、退転壮年部おじさんさんが上記言うような活動をすると
必ず上の幹部に指導されます。
ヘタをすると創価幹部に迫害を受けたりするかもしれません。
それだけは間違いないと言えます。
どうぞそのような事が自身の身に降りかかってくることを覚悟して
それに負けないで自身と会員さんを守り抜いてください。
ご活躍期待しています。

創価の組織悪に負けぬ様に!

管理人様。
ありがとうございます!
私は敢えて学会の内部に
留まりたいと思っております。
財務も法戦も折伏もしません。
学会の行末をこの目で確かめたいが故。
自分から望んで学会に入会した訳では
無い、3世の特権を活かしたいと思う次第です。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 私は敢えて学会の内部に
> 留まりたいと思っております。

それもひとつの選択です。
かく言う私も、まだ学会員です。

> 財務も法戦も折伏もしません。
> 学会の行末をこの目で確かめたいが故。
> 自分から望んで学会に入会した訳では
> 無い、3世の特権を活かしたいと思う次第です。

はい。
頑張ってください。
先日も書きましたが、三障四魔が襲ってくると思いますが
跳ね返してください。
何かあれば、いつでもコメントください
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR