創価教学じゃない御書講義(4月度座談会御書・兄弟抄)

◆此の法門を申すには必ず魔出来す べし魔競はずは正法と知るべからず、第五の巻に云く「行解既に勤めぬれば三障四魔紛然として競い起る乃至随 う可らず畏る可らず之に随えば将に人をして悪道に向わしむ之を畏れば正法を修することを妨ぐ」等云云、此の
釈は日蓮が身に当るのみならず門家の明鏡なり謹んで習い伝えて未来の資糧とせよ。
(4月度座談会御書・兄弟抄)

今月の座談会御書は兄弟抄。
この御書は佐渡御書と並んで初信の頃によ~く学んだ。
比較的読みやすい割には基本的な法門が書いてあって
信心を始めた頃には研鑽しやすい読みやすい御書だね。
だからこそ、最初に間違って覚えないように注意が必要なんだけどね。
で、今回の拝読箇所は三障四魔の原理の部分。
三障四魔については大聖人はいたるところで言っているのだけど
一人たりとも退転させない。というご本仏の思いが伝わってくるでしょ?

さて、三障四魔。一言で言うと「魔の働き」が起こるのは何故か?
ここが今回のポイントで、御文に即して言うと
【此の法門を】【申す】と三障四魔は現れる。といこと。
【この法門】とは、この前文に、

◆摩訶止観の第五の巻の一念三千は今一重立ち入たる法門ぞかし

ここでは、天台の摩訶止観に名を借りているけど、
ここは、【摩訶止観の理の一念三千】よりも【今一重立ち入った大聖人の事の一念三千】と読んでね。
で、この【今一重立ち入った事の一念三千の法門】とは
さらに、この少し前の御文に書いてある

◆妙法蓮華経の五字の蔵の中より一念三千の如意宝珠を取り出して三国の一切衆生に普く与へ給へり、

【妙法蓮華経の五字の蔵の中より一念三千の如意宝珠】これのことです。
で、これは何を言っているのかといえば、
当然、本門戒壇大御本尊のことです。
そこで今回の拝読箇所を、通解・解説すると

☆大御本尊の法門を語る(折伏する)と必ず魔が現れる。
☆大御本尊に対する、行(勤行・唱題)と教学が進んで、
つまりは大御本尊に対する信が強くなる(勤めぬれば)と三障四魔が競い起こるが
これを恐れこれに従ってはいけない。ということです。
なぜならば、三障四魔が競い起こるのは正しい信心をしているということであり
成仏するのは間違いないからです。

◆凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退くこれなり(兵衛志殿御返事)

と大聖人が言われている通りです。

この「三障四魔」の言葉を創価活動家はよく口にしますが
創価活動家の言っているのは「三障四魔」ではありません。
なぜなら、創価活動家は「この法門」を「申していない」からです。
公明党の選挙依頼・・・「この法門」ではありません。
聖教新聞の購読依頼・・・「この法門」ではありません。
池田センセの自慢話・・・「この法門」ではありません。

創価活動家が、奥さんやご主人に信心を反対されるのは家庭を顧みないからです。
創価活動家が、両親に信心を反対されるのは親孝行しないからです。
創価活動家が、職場の社長や上司に創価をけなされるのは信心以上に仕事を熱心にしないからです。
創価活動家が、友人に池田センセをけなされるのは友達付き合いができないからです。

要するに、創価活動家がその活動の過程において我が身にかかる火の粉は
正法故に降りかかってくる三障四魔とは全く別物です。
家族や友達を大切に思ったり
仕事を熱心にやったり
そうした人として単純に大切な何かが欠落しているからであり
大聖人仏法(正法)とは全く無関係な
個人的な問題なのです。
それをまるで自分たちが正しい信心をしているから悪く言われるんだ。
などど思うのは、お門違いも甚だしいと言っておきます。
こういう紛らわしいことを「紛然」といいます。
創価活動家の場合、罰も功徳も紛然なんですね。
もっとも功徳は出ないのですが、功徳が出たと勘違いしちゃいます。

まぁ~でも、創価活動家の皆さんはとりあえず喜んでください。
あなたたちに三障四魔が競うことはありませんよ。
なぜなら、大御本尊を捨てたあなたたち自身が「魔」ですから。(笑)

逆に、「創価」に疑問を持ち大御本尊のことを話したら創価活動家に嫌な思いをさせられた人や
組織中で、大御本尊を信じるべきだといって組織から嫌がらせをされたりした人など
そういう人こそが「正法の行解を既に勤め抜いた人」なのです。
だからこそ、そのような方々は創価活動家という「魔」に
恐ることなく従うことなく、大御本尊への信をますます確固たるものにしてくださいね。
成仏は間違いないのですから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

魔に負けぬ様に

大変勉強になりました。学の無い私にも
理解し易く、創価幹部のワケの分からぬ御書講義が今月は楽しみでなりませんが、御書講義の際に、ここで学んだ事を元に、今月の座談会で笑みを絶やさず、紳士的に質問してみようかと思います。学会活動が原因で本当の三障四魔が、競い起こるのか?
大聖人様を忘れ、先生最高!?の思想では
どんなチン説を語られるのか?
破邪顕正の剣の先は学会の喉元?

誰言うとなく、、

なぜかパックという言葉が浮かびます。

 「創価教学パック」ね。  良くいえば「折伏エッセンスパック」
 よく考えたら、「創価簡単ナットクパック」かな。 昔あった「傾向と対策」本みたいなね。

 周辺のことは知らなくても創価に都合のいい、設問と解答で解ったような気になるヤツね。  解った気になって講義なんかやってた自分が、
今ものすげえ恥ずかしいです。

 最近知った事実。

 あの友岡さんが先生の講演の論文を書いてたらしい。
ハーバードでやった「生も歓喜 死も歓喜」ってあれね。 聴衆のかなりの人が居眠りしてたというあれです。

 先生もよく「読めた」なと思います。

 虚しいかぎり・・。

 

No title

創価学会の教学もどーなるんでしょうね。
戒壇本尊否定のような、そうでないような。除名された人もいるらしいのに
謗法の地に有るから用いないって、どういう状態を言うんでしょうね。

そういう疑問を大石寺側にも持った人たちが情報交換してる掲示板。
こちらの人も参加して、色々教えて下さい。

http://6243.teacup.com/ama8/bbs

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 理解し易く、創価幹部のワケの分からぬ御書講義が今月は楽しみでなりませんが、御書講義の際に、ここで学んだ事を元に、今月の座談会で笑みを絶やさず、紳士的に質問してみようかと思います。学会活動が原因で本当の三障四魔が、競い起こるのか?
> 大聖人様を忘れ、先生最高!?の思想では
> どんなチン説を語られるのか?

大聖人(大御本尊)を捨てた創価幹部はどういう詭弁で創価の正当性を語るのか?
ぜひ、きかせてください。

> 破邪顕正の剣の先は学会の喉元?

そうでしょうね。

Ramboさん

こんばんは。

> なぜかパックという言葉が浮かびます。
>  「創価教学パック」ね。  良くいえば「折伏エッセンスパック」
>  よく考えたら、「創価簡単ナットクパック」かな。 昔あった「傾向と対策」本みたいなね。
>  周辺のことは知らなくても創価に都合のいい、設問と解答で解ったような気になるヤツね。

世間には必要ないパックですね。(笑)

>  あの友岡さんが先生の講演の論文を書いてたらしい。
> ハーバードでやった「生も歓喜 死も歓喜」ってあれね。 聴衆のかなりの人が居眠りしてたというあれです。
>  先生もよく「読めた」なと思います。
>  虚しいかぎり・・。

ホントに虚しいです・・

匿名君さん

こんばんは。

> 創価学会の教学もどーなるんでしょうね。
> 戒壇本尊否定のような、そうでないような。除名された人もいるらしいのに
> 謗法の地に有るから用いないって、どういう状態を言うんでしょうね。

今の創価幹部・活動家は脳乱状態ですね(笑)

ありがとうございます。

管理人さん

 創価・活動家から受ける難は、三類の強敵で分けるとしたら
 「俗衆増上慢心」か 「同門増上慢」か、いずれでしょうか。

 お教え下さいませ。

 「難と罰」 「功徳と前世からの福運」の違いなども、分かり難いものでした。

さて、遅らばせながら「今回の記事」も分かりやすいものでしたね、
 
 今にして思うのですが、そういう「あいまいさ」はいつもつきまとっていましたね。

 受け取り方次第だ、、とか、いろいろ煙にまかれてきたし、私自身も
分からないまま、誰彼に特定した言い方をしてたわけです。

 かなりオーバーになりますが、私自身の「くせ」として、「本当のことが知りたい」というものが、ずっと続いてきたし、今もいい年をしてそのままです。   押付けられた「師弟論」よりもそれが強く自身をコントロールしているのです。   だから「池田フリーク」 「師匠絶対論者」にはなれなかった。   これにおいての賞罰はいずれ分かることでしょう。

 よく心服随従といわれましたが、それは「仏様=人法一箇の大御本尊様」への姿勢であり、うかつにそれを先輩幹部が指導するように「対・池田先生だ!」とはどうしても思えなかったんですね。

 そして今言える事はそれを「後悔はしていない」ということです。

 本当のこと。  それは即ち ただちに「価値」ではない、という牧口学説も分かります。  しかし、御書のあちこちに「真」とか「善」ということばも出てきます。  だから「仏法は勝負だ」という池田先生の常套句も どうしてもそのまま受け止めることも出来なかった。

 勝てば正義、というのでは、何かが欠落した概念だし、どこかおかしいと本能が叫ぶのです。  法は自ら広まらないとはいえ、間違ったものがはびこることもある。    従って、私は創価のいう「実際に広めたのは誰だ。 ガッカイじゃないか!」という論法も飲めません。

 基礎から間違っていた、というのが10数年考え続けた私の結論です。

 今後、私に何か悪いことが起これば、学会員さんたちは「ほれ!罰が出た」と言うでしょう。  ま、それも織り込み済みではありますが、かれらの物差しでどう言われようと、動じるものではありません。

 しかし、名実ともに人生を勝利したいと決意をしておるのです。

 妻とともに、子供らとともに、私の余生を生きたい。  

 今のわれわれ「造反組」の評価も、いつの日か 定まってくると信じています。  

 RAMBO

 

  

  
 

 

管理人様、こんばんは。
私は大御本尊のことを夫以外の活動家に話せるほどの勇気や教学もないですが、最近支部婦人部長のことで悩んでいます。
週に1〜2回は電話がかかってきますし、会館の掃除やら会合等に誘ってきます。
私の仕事の休みの曜日や友人関係も少し把握していて恐怖を感じます。
会館の掃除は断ったにも関わらず今回だけだからと言って連れて行かれました。
私を活動家にさせようとしている点では支部婦人部長は魔と呼べるのでしょうか。
活動を拒否するべきとはわかっているのですが、上手く断れません。
婦人部長に思っていることを話すことで私の信心が試されているのでしょうか。
宜しくお願いします。

受け止め方次第ですよ

と、言うのなら、
学会活動も、受け止め次第よね。
そもそも、自分の人生なので、
創価にコントロールされてはダメだと
思います。出来ない事は、無理しない。
凡夫の集りの世界で、勝手に、活動とか、財務とか、法戦とか、etc..なので、
賞罰は大聖人様にお任せし、
凡夫が勝手に決め付ける事は
ん?と思います。
なんせ、池田先生も、凡夫ですよ。
彼に、神秘的パワーも、
会員を幸せにする絶対的な力も
無いのに、持ち上げすぎ。
三障四魔すら、今は見向きもしない。
それが現実なので。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる