ご観念文に関すること

「とど」さんからご観念文に関するコメントを頂いたので
今日は、またご観念文に関する話。
昨年、創価がご観念文を大幅に変更したのは周知の通り。
内容だけでなく、「ご観念文」のことを「ご祈念文」などとし
その呼び方も変えた。
まづ言いたいのは、「ご祈念」と「観念」とは違うということ。
「祈念」とは自分自身の事を念じることであり
「観念」とは仏のことを念じること。
勤行は修行である以上「祈念」でなく「観念」するのが基本。
なので創価の「ご祈念文」というのは、そこに「仏を念じる」意義がない。
「法華経の肝心の南無妙法蓮華経に報恩感謝」
することを「祈念」するなんてのはおかしい話だ。
勤行の修行とは、大御本尊と冥合することが目的なのであるから
「祈念」でなく「観念」
自分のこと念じるのでなく、ご本仏のことを心に念じるが大切で
「ご祈念文」などと呼ぶ事自体ズレている。

で、このご観念文の変更・改悪を正当化するための
創価活動家・創価擁護派の主張ってのはほぼ同じで
「宗門だってご観念文を変えているのだろう」から始まって
「化義は時代ともに変わって当然、自分達(宗門)だって変えてきたじゃないか」
というロジックを展開する。
ここに、ご観念文に限らず勤行などの総ての化義を当てはめる。
「お前らだって変えてきた」
「化義を変えないのは時代錯誤も甚だしい」
っていうわけだ。
これは、ちょと聞くと「そうだ。そうだ。」ってなりそうなんだけど
この創価のロジックは完全に破綻している。
以前も書いたが、在家・信徒が「勝手に化義を変えていい」などと
大聖人も日興上人も一言も言っていないし許していない。
また一信徒や一講が化義を勝手に作ったという歴史的事実もない。
「宗門だって変えてるんだから、俺たちが変えて何が悪い」と創価はいうが
おおいに悪い。
大聖人が許してもいなければ認めてもいない在家による化義変更をするなどというのは
言語道断の行為であり、大慢心であり、大謗法だ。
これを悪いと言わずになんと言えるのか。
大聖人から見れば、「お前ら何様のつもりだ?」ってところだ。
そんな大慢心・大謗法の作った
「観念」ならぬ「ご祈念」など読んでも
何の願いも叶うはずがない。
大地を指す指が外れることがあっても、創価勤行の祈りが叶う事はない。ということだ。

正しいご観念文を
朝夕に読む(念じる)というのは
実は一番の教学でもある。
特に二座のと三座の観念文には
大聖人仏法の根幹・真髄・根本が全て含まれいる。
これを日々読むことは、日々御書を読んでいるようなものだ。
ご観念文の意味を理解できようができまいが関係ない。
正しいご観念文を読み続ければ大聖人仏法が自然と生命に刻まれ
それが功徳となって顕れる。
ご観念文というのは、学会活動家が言うような
「単なる化義」ではないのだ。
それを「単なる化義」としか捉えられないとは哀れである。
ともあれ、「ご祈念」が叶う信心をしたいのならば
正しいご観念文を御本尊に申し上げるよう心がけたいものだ。
特に俺と同じように、謗法団体の創価に籍を置いている人は尚更だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スッキリしました

より詳しい解説、ありがとうございます。

以前よりこんなにコロコロかえて大丈夫なのかな?という疑問と、違和感がありました。

学会の方に伺っても、大事なのは題目で勤行はそんなに大切ではない。といった回答しか頂けなかったので、現在にいたっておりました。

さすがに今回の勤行要点の改悪で、なんだこれは!?とついていけなくなり情報を収集していたところ、管理人様のブログをみつけた次第になります。

大変スッキリしました。
ありがとうございました。

観念と祈念の違い

いつも大変勉強になります。
凡夫の私は、祈念ばかりが先で
大聖人様への報恩感謝が抜けて
おりました。
私の生命の傾向性を見つめながら、
ただ、ただ、御本尊様に信を
貫きたく存じます。
学会員の身のまま、出来るのか、
貫く事が出来るのか、多々、
不安ではありますが。

今までの会則変更、勤行の変更等を見ていると、創価が主張するC作戦などなかったんだなと思います。
魔性にとりつかれた信心のない池田を先頭に学会首脳部を、大聖人の仏法を守るため、時の猊下の英断で破門したというのが正しい。そう思えてなりません。

壮大?な虚構

  今回の内容とは異なりますが、。、

 ガッカイ活動に助けられたことも多かった。 そういう人間関係においても 良き先輩がいたし、無心で善良な後輩もいた。
 要するに見方の次元を変えてみれば、そういう人々を全否定するのでは決してない。  というより、消せないのだ・

 ここがもっとも苦しいところだった。  経緯がどうあれ、こういう友達や先輩。後輩とも 袂を分かつことをしなければならない。

 個々人の人間関係がこうなってしまう事態に追い込んだ学会は それだけで悪だと思う。  大所高所からの意見も大事だ。  しかし、今回の熊本大地震でもそうであるように、名もない庶民はいつも犠牲になる。

 災害弱者と呼ばれる、超・過疎地の方々や、視聴覚障害の方や、様々に事情がある人がいる。

 ガッカイ被害者の中でも、ここでこうして自分で意見を言える人はまだいい。

 その手段すら持たない会員さんだって、きっと多くいらっしゃるはず。

 いろんなNPOなどがあるが、ガッカイ問題に対応する法人なりなんなりがあればいいのだがと私などは思う。

 信仰はたしかに個々人の問題だし個人の責任の範囲だ。 しかし、こと、ガッカイ問題はもはや社会問題とみてもおかしくない。

 潜在的な需要はたくさん存在していると考えるものです。 純粋な信仰上の問題を相談するものではなく、会を辞めようとするものなら、以後も普通に世間で生活していくにあたって、大小さまざまなSOKAから受ける圧力や誹謗、いやがらせや勝手な訪問、無視など、大きな人権のテーマとなりうるのだから、そういう次元での悩みの受け皿が必要だと、、。  

 最初だけは、入会も脱会も自由  お金はかからない  投票も拘束しない  いいことがある、、など 始めはいいのだが、 いざ退会・脱会、どっちでもいいが、辞めるとなると実に大変なのは、みなさんご承知の通りである・ 私の友人もご主人と娘さんの一家で悩みに悩んでいた。

 私もひととおりのお手伝いをした。

 人道主義などと声高にほざくのなら、ここから始めるべきだ。

 まさに宗教の名の下の巨大ビジネスだし、巨大圧力団体は、ほんとうに始末が悪い。  

 広宣流布とは言い換えれば、「日本乗っ取り計画」だったんです。

  それが今日にいたるまで、狡猾に慎重に入念に、周到に、続いてきただけなのです。  ご宗門が池田氏を罷免し、ガッカイを隔離したのは致し方ないことだったんですね。

   

とどさん

こんばんは。

> 以前よりこんなにコロコロかえて大丈夫なのかな?という疑問と、違和感がありました。
> 学会の方に伺っても、大事なのは題目で勤行はそんなに大切ではない。といった回答しか頂けなかったので、現在にいたっておりました。

勤行・唱題は二つで修行です。
勤行は助行ですが、それは正行より重要ではないということではありません。
助行は重要でない。などと大聖人・日興上人はもとより、日寛上人等のご歴代も言っていません。

> さすがに今回の勤行要点の改悪で、なんだこれは!?とついていけなくなり情報を収集していたところ、管理人様のブログをみつけた次第になります。

そうでしたか。勤行や観念文の改悪や大御本尊を信受しないという教義。
今の創価は大聖人の仏法ではありませんよね。

> 大変スッキリしました。
> ありがとうございました。

いえ、こちらこそ拙いブログをお読みくださり感謝です。
お互スキッリした気持ちで信心を実践していきましょう。

現役男子部様へ

小生も先の教義改正を見聞し、同じ考えに至りました。
そう考えると辻褄が自身なりに符合し、
霧が晴れるような感覚でした。
管理人様も以前の記事で御示しくださっております。
横から失礼致しました。

退転壮年部おじさん、さん

こんばんは。

> 凡夫の私は、祈念ばかりが先で
> 大聖人様への報恩感謝が抜けて
> おりました。

わかります。悩みあるとついつい自分のお願い事ばかりになってしまいます。
ご観念門の意義のひとつは、四恩報謝の念です。
そこに功徳があるのですがついつい忘れがちです。
だからこそ正しいご観念文を読むことが大切だと思っています。

> 私の生命の傾向性を見つめながら、
> ただ、ただ、御本尊様に信を
> 貫きたく存じます。

素晴らしいです。
それが「信心」だと思います。
選挙や新聞啓蒙なんて信心じゃありません。
大御本尊への信を貫く以外に
なんの不足もないと思っています。

> 学会員の身のまま、出来るのか、
> 貫く事が出来るのか、多々、
> 不安ではありますが。

大丈夫です。
私も未だ学会員です。
学会は謗法団体ですが
法華経の行者のいるところは
常寂光土です。

現役男子部さん

こんばんは。

> 今までの会則変更、勤行の変更等を見ていると、創価が主張するC作戦などなかったんだなと思います。

以前ブログ記事にしましたが、C作戦など存在していなかったことは
現在の学会の在り方を見れば明らかだと感じます。

> 魔性にとりつかれた信心のない池田を先頭に学会首脳部を、大聖人の仏法を守るため、時の猊下の英断で破門したというのが正しい。そう思えてなりません。

そですね。私もそう思います。
いま、宗門と学会。どちらが謗法なのか?
これまた一目瞭然といえるでしょう。

Ramboさん

こんばんは。

>  ガッカイ活動に助けられたことも多かった。 そういう人間関係においても 良き先輩がいたし、無心で善良な後輩もいた。
>  要するに見方の次元を変えてみれば、そういう人々を全否定するのでは決してない。  というより、消せないのだ・
>  ここがもっとも苦しいところだった。  経緯がどうあれ、こういう友達や先輩。後輩とも 袂を分かつことをしなければならない。

そうですね。私も学会の中で、共に活動した昔の仲間を今でも思い出します。

>  個々人の人間関係がこうなってしまう事態に追い込んだ学会は それだけで悪だと思う。

その通りです。昔のセンセの指導で「分断は悪である」とい指導がありましたが
学会員同士を分断したのは他でもない創価上層部です。
センセの指導通りなら、まさに今の創価上層部は
「悪」であり「魔」です。

>  信仰はたしかに個々人の問題だし個人の責任の範囲だ。 しかし、こと、ガッカイ問題はもはや社会問題とみてもおかしくない。

>  最初だけは、入会も脱会も自由  お金はかからない  投票も拘束しない  いいことがある、、など 始めはいいのだが、 いざ退会・脱会、どっちでもいいが、辞めるとなると実に大変なのは、みなさんご承知の通りである・ 私の友人もご主人と娘さんの一家で悩みに悩んでいた。

まさに詐欺師の騙しの手口ですね。

本日、同中にいきました。

管理人様の御心に感謝しております。
学会の幹部に爪のアカを飲ませたい
思いです。本当の法華経の行者に、
大聖人様にお褒め頂ける様に、
精進します。

さて、本日、同中に行きました。
活動報告をされた、イタリアの婦人部長
イタリアでは、創価は国家に認められ、
学会の記念日5月3日は、
イタリアの学会員さんは
祝日になるとの事。
また、ローマ法王のイベントに
公式にイタリアSGIが招待され、
その際に「私どもの信仰のアイテムです」と言って御数珠をプレゼントとし、
ローマ法王がいたく喜んだとの事。
詳細は後日の聖教新聞で記事が
載るかと思いますが、
宣伝(謗法)になるので、
読みたい方が居れば、開けもしない新品の
新聞を私からコピーして差し上げます。
世界宗教として大前進している、
創価学会、らしいです。
大聖人様の御書を都合良く使いながら
大聖人様を賛嘆せず、
池田センセのお陰で
世界宗教になったとの事。
私が創価班の頃、偉そうな態度で
接してくれた、息子さんが、歓喜もない
口調で、センセのメッセージを代読されて
今回も同中があった事を、
ここに御報告申し上げます。
長文乱文ご容赦願います。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

同中ですかぁ。
懐かしい響きです。
ローマ法王に世界宗教ですか。
なんだか「そんなことじゃないでしょ」って感じます。

今から晩の三座始めます。

いつも有難うございます。
海外の会員確保および拡大を
しようと、するなら、
勤行ひとつ取っても、
簡易的に済ませる必要は
創価組織とすれば理解できます。

なんせ、長行は、日本人の私でも、
誤読せぬ様に、
間違えない様に
読経を行うのは至難です。

きっと心こそ、大事だから、
長文の勤行も無しでOk!なのかと。

沢山の方々が拝見されている
管理人様のブログにおいて、
勝手な行いを致しますが、
学会は元々、大聖人様が
根本だった?と、思って居ります私。
新聞啓蒙活動よりも、
政治活動よりも、
なかんずく、センセよりも、
大聖人様の仏法こそが、正しいと。

その主張していた情報をコピペします。
この長いユーチューブは、
主に病気と信心についての話で
非常に音質も悪く、当時の副会長さんの
言葉も荒く、耳障りな箇所も多々
ですが、言われているのは、
大聖人様への信心の強さについてだと
感じました。
https://m.youtube.com/watch?v=yk5w52-vDqc
暫くは、管理人様のブログは
毎回楽しみに、
拝見いたしますが、
コメントを差し控えます。
この様な勝手な行動をお許し願います。
申し訳ございません。

退転壮年部おじさん、さん

こんばんは。

> なんせ、長行は、日本人の私でも、
> 誤読せぬ様に、
> 間違えない様に
> 読経を行うのは至難です。
> きっと心こそ、大事だから、
> 長文の勤行も無しでOk!なのかと。

そうですね。
何に信を置くか。その心が大切だと思います。
五座三座の勤行。
一番簡単な修行であり、一番難しい修行です。
だからできないともあるし、できるときもある。
それでOKだと思います。
重要なのは五座三座が修行の基本なんだ。と思う心です。
端から、「五座三座の勤行など必要ない」
「方便自我偈で充分事足りる」という姿勢が間違っていると思います。
「五座三座の勤行が基本。五座三座の勤行をしよう」
と思っていれば、すぐにはできなくても
いつかできるようになります。
わたしもそこまでいくのに長い時間がかかりました。

> 学会は元々、大聖人様が
> 根本だった?と、思って居ります私。
> 新聞啓蒙活動よりも、
> 政治活動よりも、
> なかんずく、センセよりも、
> 大聖人様の仏法こそが、正しいと。

その通りです。
私もだからこそ学会員として活動し
いままた、学会員として否活活動をしています。

> 毎回楽しみに、
> 拝見いたしますが、
> コメントを差し控えます。
> この様な勝手な行動をお許し願います。
> 申し訳ございません。

とんでもありません。
このような拙いブログをお読みいただいているだけで感謝です。
また、気が向いた時に
いつでも、ご自由に、お好きなことをコメントしてください

ついでですが。

https://www.youtube.com/watch?v=t6D9HbjiQS4

 これもおかしいですねぇ

 結局、オポチュニストだったんだね。

 それはそれで、お見事でした。

有難うございます。

いつも楽しみに拝見させて
頂いております。
私の様な勝手な言動に対しても、
広大無辺な御心で御回答頂き、
感謝しております。
暫くはコメントを差し控えると
言ってたのに、舌の根も乾かないのに
コメントを投稿した事、お許し願います。
前のコメントに申し上げましたが
御数珠をプレゼントした件は
新聞ではカットされてました。
会員向けの、同中に参加した方々のみの
情報みたいです。
兎に角、このブログに出会い
自身の信心に対して、新たな気持ちに
なれた事を管理人様に感謝致します。
有難うございます!
今朝も五座の勤行を感謝の思いで出来ました。今から三座始めます!

退転壮年部おじさん、さん

こんばんは。

> 兎に角、このブログに出会い
> 自身の信心に対して、新たな気持ちに
> なれた事を管理人様に感謝致します。
> 有難うございます!
> 今朝も五座の勤行を感謝の思いで出来ました。今から三座始めます!

こちらこそ感謝です。ありがとうございます。
コメントはいつでもお好きなときにいてください。
このコメントにもリコメしなくても全然OKですよ。
これからも、お互正しい信心を貫き
功徳を受けていきましょう。
私も頑張ります!

幽霊会員ですが。

管理人さま、はじめまして(ですよね?)。
ブログを拝見し、創価の現状に思うところが私と似ている気がしましたので
コメントさせていただきます。
創価の現状に不満がある、が、宗門に行く気まではない。ということですよね?
私も同じです。理由は違うかもしれません。
私としては、宗門も創価も、互いに信者の取り合い(金づるとして)をしているだけじゃないの?
と思っていまして、どっち側にも付く気はないよってだけなんですがね。
記事の内容に関係ないので、これにて失礼します。が、また立ち寄らせてください(笑)

Newtype さん

初めまして。

> 創価の現状に不満がある、が、宗門に行く気まではない。ということですよね?
> 私も同じです。理由は違うかもしれません。
> 私としては、宗門も創価も、互いに信者の取り合い(金づるとして)をしているだけじゃないの?
> と思っていまして、どっち側にも付く気はないよってだけなんですがね。

宗教は布教が生命線ですからね。それを金儲けと取るかどうかは何とも言えませんねよね。
組織や団体云々じゃなく、結局は何を信じるかという個人の問題なのでしょうね。
組織・団体だけ見ればどこもかしこも変わらないと私も感じます。

> 記事の内容に関係ないので、これにて失礼します。が、また立ち寄らせてください(笑)

いつでもお好きなときにコメントしてください。
今後もよろしくお願いします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR