今週の言葉(5月2日)より

「法華経の中には
女人成仏第一なり」
創価の創価の女性の連帯こそ
人類照らす太陽だ。
母に感謝の「5・3」を!
@@@@@@@@@@@@@@

5月3日は創価学会の日であると同時に「創価母の日」だったね。
それにちなんで「千日尼御前御返事」の一節を引くのは
多少成長の証が見えるね~。
この「千日尼御前御返事」は真実報恩抄とも言って
◆其の中にも悲母の大恩ことにほうじがたし
と、特に母親に対する報恩を述べられている御書だから
母の日にはうってつけの御書だよね。
母に対する真実の報恩とは自身が成仏すること。
女性である千日尼の成仏は
女人成仏が説かれている法華経以外にない。
また、法華経が余経にすぐれいるひとつとして
女人成仏が説かれているから。
女人成仏は一切衆生が成仏できる証明でもあるしね。
まぁ、そんないい御書を引用してるのだけど
創価の信心では女人どころか誰も成仏できないから悲しいお話になっちゃう。
法華経で女人成仏できるのは、文上・理上のことであって
文底・事のうえでの女人成仏は
◆此の曼陀羅は文字は五字七字にて候へども三世の諸仏の御師一切の女人の成仏の印文なり、(乃至)成仏得道の導師なり。(阿仏房御書)
とあるように「このマンダラ」にあるんだよね。
で、この曼荼羅とはどの曼荼羅かというと、日寛上人は
妙法曼荼羅(三大秘法)であると仰せなので
当然、一大秘法の大御本尊が唯一女人成仏の法体であるわけだね。
それを創価幹部にそそのかさrて捨てちゃったんだから
創価の母もお気の毒。
っていうか、創価上層部は「創価の母」に報恩どころか
恩をアダで返すような不知恩な輩だな。

そんな創価活動家の女性の連帯は
ブラックホールにこそなれ太陽にはならんやろう?
なんて思ってしまう今日この頃。
決して、創価の母を見下したりしてるんじゃないよ。
男子部時代には本当にお世話になった創価の母がたくさんいた。
B担さん(当時の役職名)や地区・支部の婦人部長さん
本当に、健気で優しくて可愛らしかったな。
そんな創価の母にいま俺がしてあげられること。といえば
早く、創価の連帯から抜け出して欲しいと
言ったり・祈ったりする事ぐらいしかないな。
大御本尊を捨てたら成仏なんてできませんよ。
いまの創価でどんなに頑張って活動しても成仏なんてできませんよ。
聞いちゃくれないだろうが、言い続ける以外にないんだよなぁ。
この御書にも
◆されば日本国の一切の女人法華経の御心に叶うは一人もなし、我が悲母に詮とすべき法華経をば唱えずして弥陀に心をかけば法華経は本ならねばたすけ給うべからず
って書いてあるでしょ?
大御本尊を信受しなければ大聖人の御心に叶わない。母親を助けることもできない。
これはね、婦人部・女子部だけじゃなく
壮年部・男子部も同じ。
「母に感謝」したいのなら
明日の「5・3」をもって大御本尊に信を取る信心をしてほしいな。
そして、婦人部のみなさんには創価の母でなく
大聖人仏法の母になってもらいたい。
千日尼のようにどこまでも大聖人(大御本尊)に恋慕の念を抱き
一途に大聖人を求め守る。
そんな信心をして欲しい。
池田センセじゃ女人を成仏させられないのだから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日は、ありがとうございました。お寺に行って半年ぐらい
ですが、特に何もありません。先祖供養の為だけなんです・・・
でも、創価の真実に気が付いて二年、とても酷い座りだこ
が出来なくなったんです(今でも同じように正座してます)
学生の頃、任用試験の勉強会中、膝痛が酷かったです。
イライラとか精神状態もマシになりました。
ネットのおかげで、創価の真実に気がついて良かったです。非活歴長かったのに、創価の毒は溜まっていたんですね。

1日遅れですが、

いつもお世話になります。

創価大好き実母とは
7年以上、仕事や結婚を機に
離れて生活をしております。
母に感謝する事は忘れずに、
今の信仰は、我が家族として
正しいのか、間違いは本当に無いと
言い切れるのか
語り合いたいと思います。

妻に一切、
創価への勧誘はしなかった私。
その判断は
今となっては間違いなかったと
思いたい。

また、
母が我が家の墓として
買ってしまった
創価墓園の事をどうしょうとか、
壺くらいなら処分も出来ますが、、、。
くだらない事に悩みの尽きない凡夫です。

池田先生

(°▽°)こんにちは熱心に信心していらっしゃるんですね。池田先生は「富士大石寺の大御本尊を拝まない者は全て謗法である」(折伏教典322ページ)「戒壇の大御本尊を離れて我々の信仰はありません」(特別学習会テキスト56ページ)と会員に教えていたし「絶対なるものは大御本尊のお力であ る」(広布と人生を語る3153ページ)「日蓮正宗創価学会の根本は一閻浮提総与の本門戒壇の大御本尊である事は言うまでもない。しかもその大御本尊は日蓮正宗に厳然とおわします。そして宗祖 日蓮大聖人より第二祖 日興上人 第三祖 日日上人と代々の御法主上人が法水潟瓶・血脈相承され現在は日顕上人猊下に一切受け継がれているのである」(広布と人生を語る131ページ)と指導してたわ。日蓮正宗の本尊は『日蓮正宗 宗規』に「本宗は宗祖所顕の本門戒壇の大漫茶羅を帰命依止の本尊とする」(第三条)と定められておりこの正しい本尊を対境とし帰命する事によって 衆生の成仏が叶うのである。一貫して変わらない日蓮正宗の本尊義を自分達の都合によって変えるのは謗法です。早く近くの日蓮正宗の寺へ住職に真実を聞きに行ってみてね学会を辞めなさい

かりんとうさん

こんにちは。

> 先日は、ありがとうございました。お寺に行って半年ぐらい
> ですが、特に何もありません。先祖供養の為だけなんです・・・
> でも、創価の真実に気が付いて二年、とても酷い座りだこ
> が出来なくなったんです(今でも同じように正座してます)
> 学生の頃、任用試験の勉強会中、膝痛が酷かったです。
> イライラとか精神状態もマシになりました。
> ネットのおかげで、創価の真実に気がついて良かったです。非活歴長かったのに、創価の毒は溜まっていたんですね。

そうかもしれませんね。
創価活動家さんたちに言わせると
アンチ創価のサイトは嘘ばかり書いている。らしいですが(笑)
私が読む限りでは、創価の実態をありのままに書いているサイトが多いですね。
何はともあれ今の創価は謗法ということは事実です。
お互いに大聖人を信じてお題目を上げていきましょう。

退転壮年部おじさん さん「

こんにちは。

> 創価大好き実母とは
> 7年以上、仕事や結婚を機に
> 離れて生活をしております。
> 母に感謝する事は忘れずに、
> 今の信仰は、我が家族として
> 正しいのか、間違いは本当に無いと
> 言い切れるのか
> 語り合いたいと思います。

焦らずゆっくりいきましょう。
私の母も活動などしていないのに創価を退会しません。
合う都度話しているのですが、なかなか頑固です。

> 妻に一切、
> 創価への勧誘はしなかった私。
> その判断は
> 今となっては間違いなかったと
> 思いたい。

それは、今となては間違いなく大正解です。

> また、
> 母が我が家の墓として
> 買ってしまった
> 創価墓園の事をどうしょうとか、
> 壺くらいなら処分も出来ますが、、、。
> くだらない事に悩みの尽きない凡夫です。

いえいえ、大切なことです。
かといって性急にどうできる問題でもありません。
大御本尊に祈り続ければ決っといい方向に導いてくれる。
私はそう思っています。

上村多江子さん

こんにちは。

> 一貫して変わらない日蓮正宗の本尊義を自分達の都合によって変えるのは謗法です。

その通りですね。本尊に迷うのは邪宗の特徴です

>早く近くの日蓮正宗の寺へ住職に真実を聞きに行ってみてね学会を辞めなさい

ご忠告ありがとうございます。
ただ今は創価でやり残したことがあるのでご容赦ください。

上村多江子さん

初めまして、アレックスです。

>早く近くの日蓮正宗の寺へ住職に真実を聞きに行ってみてね学会を辞めなさい

上村多江子さんのその様な言い方は、どうかなあ?と思いますよ。
まして、管理人さんは子供ではありませんし、いい大人の方に対して上からの目線で命令調だと、日蓮正宗の教学に詳しくあっても世間に対する常識が疑われますよ 。

信仰は個人の自由で憲法で保障されていますから、「学会をやめられたら如何ですか?」と言う方が無難か?と思われますが、如何でしょうか?

管理人様、こんばんは。
ブログ記事とは関係ないことで恐縮なのですが、選挙のことで悩んでおります。
有効期間前に婦人部の活動者会に行ったのですが、そこで年配の婦人部の方が、私になんで選挙活動するかわからないでしょう?と行ってきて、その方が自身の選挙活動の体験を語りだしました。最後に必ず人間革命できます。自分の願いをかけて選挙を戦ってくださいと言っておられました。
一言発表で連休中に友人に会うと話したら頑張ってお願いしてきてねと言われました。友人から久しぶりにご飯でもとのことだったので、選挙の為に私が誘った訳ではありません。

そうは言ってもなぁと思いながら、凄く久しぶりに会う友人のことを祈っていました。
やっぱり自分が信じることができないことはお願いできないなぁと思い、友人に学会に入ったこと(旦那が学会員なのは友人は知ってます)、選挙活動に功徳があるとは思えないことを正直に話してしまいました。
友人は話を聞いてくれました。また会おう、ストレス溜まったら話してねと言ってくれました。
連休明けの座談会等で友人と会ってどうだったなんて聞かれたらなんて答えたらいいのか困っています。正直に選挙で功徳が出ると思わなかったから頼まなかったなんて言ったら怒られるのでしょうか。
女子部の時はよくわからないまま友人にお願いしてたので、こんな気持ちになったことはありませんでした。

アレックスさん

こんばんは。
お気遣いありがとうございます

林檎さん

こんばんは。

> ブログ記事とは関係ないことで恐縮なのですが、選挙のことで悩んでおります。
> 有効期間前に婦人部の活動者会に行ったのですが、そこで年配の婦人部の方が、私になんで選挙活動するかわからないでしょう?と行ってきて、その方が自身の選挙活動の体験を語りだしました。最後に必ず人間革命できます。自分の願いをかけて選挙を戦ってくださいと言っておられました。

選挙で願いが叶うなんてことは大聖人は言っていないんですけどね。困ったものです。

> そうは言ってもなぁと思いながら、凄く久しぶりに会う友人のことを祈っていました。
> やっぱり自分が信じることができないことはお願いできないなぁと思い、友人に学会に入ったこと(旦那が学会員なのは友人は知ってます)、選挙活動に功徳があるとは思えないことを正直に話してしまいました。
> 友人は話を聞いてくれました。また会おう、ストレス溜まったら話してねと言ってくれました。

いいお友達ですね。おそらく学会の婦人部さんより、そのお友達の方が林檎さんにとって大切な人だと思うし、林檎さんの事も大切に思っていてくれると思います。お友達を大切にしてくださいね。

> 連休明けの座談会等で友人と会ってどうだったなんて聞かれたらなんて答えたらいいのか困っています。正直に選挙で功徳が出ると思わなかったから頼まなかったなんて言ったら怒られるのでしょうか。

怒られはしませんよ。というかそんなことで怒るのなら活動家失格です。もしその婦人部が幹部であるならば何故選挙で功徳が出るのかを林檎さんの納得できる話をできなかったその人が悪いのです。(もっとも選挙で功徳など出ないので話せないのでしょうが)
とは言っても、そんなことを言えば角が立つしまた面倒くさい話をされるのがオチなので適当に「話しましたよ」と言ってもいいし、「今回はそんな話をできる雰囲気じゃなかったなかった」と言ってもいいと思います。
ウソを言うのも気が引けると思いますがそんなことでウソを言っても別に罰も出ないし宿業も積みませんよ。
そんなことは世間では普通に使われる「大人の対応」ってやつです。
むしろ、仏法上で言えば、選挙に功徳がある。なんていう方が大嘘ですし、
公明党を支援するなんて謗法団体の活動に加担することになりますから
そちらのほうがよほど宿業を積むハメになります。
いずれにせよ、聞かれたら角の立たない程度に「大人の対応」をするのが望ましいと思われます。
選挙など依頼するより、お友達のことを祈る方が何千倍も尊く、大聖人仏法の本義に即していると思いますよ。

創価を利用できる位の

こうめいとうを
支援する事そのものに、
利益なんか、絶対にありません。
実体験の結果として、そう確信してます。
所詮、方便なんで。
創価やセンセやこうめいとうを、
宣耀する事が、イコール
信仰の対象である、大聖人様、お題目を
しっかり、唱える事が大事かと思います。
友好週間を、学会のご指導に反し、
世法どっぷりに、子供の好きな
動物園に行き家族と楽しく過ごしました。

言葉足らず

創価の数ある活動も
創価を正しいと、絶対だと、

思いながら、活動される人が多く居れば、組織は大発展しますが、
何も変わらない、
末端の純真な人達は、
どう?と、思う末端の私。

元・創価班だったです。

誰かさんから見たら、沈みかけの船で必死で危険を知らせて、いつまでもみんなの避難を助ける船員を見てたら、イラついちゃったんでしょう。

 私の場合、このブログでは、あくまで映画ですが、「タイタニック号」をいつも思い出します。

 一人でも多くの乗客を救いたいために、叫び、ボートに乗せようとする
船員や、誘導する者、それは乗客の中にもいたし、逆に我先に子供や女性を押しのけてでもボートに乗り込もうとする紳士もいた・

 中でも私はあの小さな楽団が演奏を続けていた様子を、忘れられずにいます。 彼らもいったんは避難しようとする人もいたが、やがて戻ってきて、あるいは踏みとどまり、演奏を再開したのです。 様々な役割があります。  

 安全なボートで本船から離れ「逃げろー! 逃げろー!]って叫ぶのも結構。 誰もそれを責めはしない。 責める資格もありません。 誰だっていのちは惜しいのです。 

 私も管理人さんの「心ね」を深く理解はできません。  私も狂った船長に
別れを告げることはしましたが、まだ船上にいます。 後輩の一人もそうです。  家族を共にした退会は予定よりその「届出」は遅くなると思っているところです。

 船と共に死ぬことを潔しとは、決してしませんが、それも己が決めることでしょう。 残っている罪もない乗客に、手と声が届くところにいるのも。

 それが船を一度は愛して任務を果たそうとしてきた「男気」というものではないでしょうか。 別の表現もあるでしょうが、そんなところです。

 とんだ浪花節でした。 御免なさい。

 

 

 


 

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> しっかり、唱える事が大事かと思います。
> 友好週間を、学会のご指導に反し、
> 世法どっぷりに、子供の好きな
> 動物園に行き家族と楽しく過ごしました。

まさに、それこそ大聖人の御心に叶う行動です。

◆只女房と酒うち飲んでなにの御不足あるべき

家族と共に過ごす休日。
正しい道ですね。

Ramboさん

こんばんは。

>  私も管理人さんの「心ね」を深く理解はできません。  私も狂った船長に
> 別れを告げることはしましたが、まだ船上にいます。 後輩の一人もそうです。  家族を共にした退会は予定よりその「届出」は遅くなると思っているところです。
>  船と共に死ぬことを潔しとは、決してしませんが、それも己が決めることでしょう。 残っている罪もない乗客に、手と声が届くところにいるのも。
>  それが船を一度は愛して任務を果たそうとしてきた「男気」というものではないでしょうか。 別の表現もあるでしょうが、そんなところです。
>  とんだ浪花節でした。 御免なさい。

浪花節。おおいに結構じゃないですか。
退会しようがしまいが大聖人への想いは変わりません。
確かにとっとと正宗に改宗した方がいいのでしょうが
頭で分かっていても、心が分からいこともありますから。
それで、創宗どちらかも非難を受けようと自分の決めた道に進む意外ないですよね。
悲しき凡夫の性ですね(笑)  

いつも有難うございます。

私も妻も、お酒は
好きな方でして、
楽しくGW休みを
過ごしております。
管理人様はご多忙なのに、
いつも暖かなコメントを頂き
有難うございます。
ネット上とは言え正に
ここに集う善知識の方々。
管理人様の眷属なのかと。
創価が大聖人様にお褒め頂き、
大聖人様の御精神を厳護してた頃の、
座談会を、思い出しました。

退転壮年部おじさん様

仰る通りですね。
日蓮正宗創価学会の時代は、大御本尊様の仏力法力によって、座談会で体験発表が尽きることはありませんでした。
どれも信じられないような素晴らしい体験談に溢れてましたね。
諸天善神の御加護もあって、座談会からの帰路は歓喜に満ちていた事を思い出します。
只今は、寺院で五座の勤行を終えて、生命力が湧き上がっております。

僧俗和合。宗族和合?

古刹信徒さん。
有難うございます。
管理人様のブログに
たどり着き、私も
五座三座の勤行と、
大聖人様への感謝の題目が
出来る様になりました。
正しい仏道修行の
実践方法を、ここに集われる
善知識の皆様から教われおります。
有難うございます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる