現役男子部さんのコメントへ(御秘符について)

全く別のことになりますが、かなりの活動家が病気等になると、御秘符なるものを幹部からもらい飲む人がいると聞きましたが、どんな物で、そんな物に意味があるのでしょうか?池田せんせーがお題目をあげたものとか言ってたみたいですが、誰が許して何をもとにそんな事をしてるのかと不思議になりました
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

現役男子部さんから上記のように「御秘符」についてのご質問がありましたのでご回答します。
といっても、私自身この御秘符なるものを見たこともないので知る限りの範囲でお話します。

実は、1ヶ月半ほど前に、学会二世の活動家の友人との話のなかで
たまたま「御秘符」の話題になりました。
その友人の実家に以前もらった(創宗問題以前に)
「御秘符」がいまだにあるそうで
私も興味があったので、どのようなものか尋ねました。
その友人が言うには、四角く小さく切った「和紙」だそうで
それをコップに入れ御宝前に置き
1時間唱題した後に、指で水に溶き飲む。そうです。
この和紙は、正宗の「御虫払」の時に
戒壇大御本尊の塵払いに使用した和紙で(つまり大御本尊に直接触れた和紙)
それを猊下から池田センセがもらい御本尊の前で小さく切り分けて会員に渡した。らしいです。
ただ、こうしたことは御書や正宗の化義にもないので
創価が単独でやったものではないかと推測されます。

ただし「御秘符」なるものは正宗には存在するようで
戸田先生が「御秘符」について触れられてる発言もあります。

○「御秘符とは、大聖人様の時代からあったもので、歴代の御相承の中に入っているものと承っています。御書にも大聖人様は四条金吾殿の女房の懐胎について護秘符を賜り『それについては<符>の事仰せ候、<日蓮相承の中より撰み出だし>て候・能く能く信心あるべく候、たとへば<秘薬なり>とも毒を入りぬれば薬の用すくなし』と、又『とくとく(疾疾)こそ・うまれ候はむずれ、此の薬をのませ給はば疑いなかるべきなり』とも仰せられています。 即ち御秘符は、私達信者が大病したり、又出産等の場合に頂ける日蓮正宗の秘中のものです。」

等の発言によると、「御秘符」とは、血脈相承の一つであり、正宗の秘中の秘だとか。
とするとこれは本当はどのような物か我々が知る由はありません。
ということは、「御秘符」は創価の会長(池田センセ)に作れる代物でないはずです。
そうなると、創価のいう戒壇大御本尊の塵払いに使用した和紙。とうのは
「御秘符」ではない事は明らかで創価の創作・パクリといことでしょう。
実際、創価の中では「御秘符」というより「護符」と呼ぶほうが一般的みたいです。
最初は「御秘符」だったらしいですが、いつの間にか「護符」になったらしいです。
「秘」ではないので「秘符」とは呼べませんからね(笑)
まぁ、今思えば昔からこのような子供だましが、
池田センセと不快な仲間たちの手口だったとしみじみ感じます。

因みに、戸田先生の指導に引用されている御書は

◆それについては符の事仰せ候、日蓮相承の中より撰み出して候能く能く信心あるべく候、たとへば秘薬なりとも毒を入れぬれば薬の用すくなし、つるぎなれどもわるびれたる人のためには何かせん、就中夫婦共に法華の持者なり法華経流布あるべきたねをつぐ所の玉の子出で生れん目出度覚え候ぞ、色心二法をつぐ人なり争かをそなはり候べき、とくとくこそうまれ候はむずれ、此の薬をのませ給はば疑いなかるべきなり、闇なれども灯入りぬれば明かなり濁水にも月入りぬればすめり、明かなる事日月にすぎんや浄き事蓮華にまさるべきや、法華経は日月と蓮華となり故に妙法蓮華経と名く、日蓮又日月と蓮華との如くなり、信心の水すまば利生の月必ず応を垂れ守護し給うべし、とくとくうまれ候べし法華経に云く「如是妙法」又云く「安楽産福子」云云、口伝相承の事は此の弁公にくはしく申しふくめて候則如来の使なるべし返す返すも信心候べし。(四条金吾女房御書)

これかと思われます。

個人的にはこの「御秘符」なるものについてはあまり信用していません。
病気を治す一番の「御秘符」とは、御本尊そのもに他ならないと思っています。

◆又此の曼荼羅能く能く信ぜさせ給うべし、南無妙法蓮華経は師子吼の如しいかなる病さはりをなすべきや、鬼子母神十羅刹女法華経の題目を持つものを守護すべしと見えたり、さいはひは愛染の如く福は毘沙門の如くなるべし(経王殿御返事)

いずれにせよ、大御本尊に対する深き信の上での本門題目が、
真実の「御秘符」ではないかと考えます。
以上が「御秘符」についての私の回答です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>個人的にはこの「御秘符」なるものについてはあまり信用していません。
>病気を治す一番の「御秘符」とは、御本尊そのもに他ならないと思っています。

同感です。この信仰においては御本尊以外のものは無用でしょう。戒壇御本尊に
直接触れたということで秘密の力でもありそうな、プラセーボ効果はあるかも
しれませんけどね。

No title

  
 『御符と御秘符について』

 以前にもご紹介した、あゆみ出版の「これが創価学会だ」より再度引用してみます。

 110ページ冒頭には、

 ○月××日ーー。

 御符とは、会長池田先生が真剣に題目をあげて下さった奉書を、五ミリ角に切ったものである。 昔はお虫払いの時に、大御本尊さまのおすすをお払いした奉書を切ったものだった。 しかしその需要が増えたので、会長池田先生が題目をあげてくださったものに変えたが、功徳には全く変わりはない。
 御書を文底から拝し現在に約せば、会長池田先生は御本仏である。
 日蓮大聖人さまであり、大御本尊さまである。  御秘符は日達上人睨下が真剣に題目をあげて下さった「食紅」である。
 共に御戒壇に供えて方便寿量の両品を読誦して頂くと、いかな難病も急速に癒ってしまうという、学会の一大秘密の法である。

 ーーとありますね。

 本文では此の後、大の活動家である永井班担(今で言う,しらゆり長)が発熱10日めにして40度の熱がありながら、医者の盲腸(炎)の診断にもかかわらず、大幹部の指導の通り御符を頂いて、夜も寝ずに一万遍の唱題をして、食欲が出ないので水ばかり飲んで、折伏をしてきたというくだりで、、

 折伏を始めたとたん、崩れるように倒れ、救急車に。

 医者は「こんなひどい病人はこの病院始まって以来ですよ。こんなにひどくなるまで放っとくなんてゆるせない。今日まで生きていたことのほうが不思議です」と怒る。

 そして運ばれて10分後に息を引き取ります。

 そのあと、

 「医者自ら妙法の不思議をはっきり証言しているではないか。 今日まで生きていたことのほうが不思議だ」と。

 折伏中に倒れるとは永井班担は大成仏だ。
後に残された家族も班担の積んだ福運できっと幸福になるだろう。 母親の死も知らぬ気にlその枕元で戯れている三才の末娘は、これからの永井一家の幸福を暗示しているようだ。

ーーーと続きます。

 蛇足ですが、我が父親も、入院中、「御秘符」を頂きました。  なんの甲斐もなく死にました。  

日蓮仏法は道理なので、、。

ご秘符の事は、
私も少しだけ聞いた事はありましたが
管理人様の言われる通りだと思います。
仏界を開く対鏡であるご本尊様に
祈る事が一番かと。
ただ、それが出来ない様な、
大病を患ってしまい、
ご本尊様の前に座れない時の人の
為の、
緊急措置的な役割だったのでは
と思いました。
いずれにせよセンセに
そんな神通力はないな、と思います。

第2弾!創価学会が「タックスヘイブン」を使用か!?

また、スレ違いですいません<(_ _)>
●興味が無いかもしれませんが、5月10日はパナマ文章の企業名の公開日です。
早速の第1弾です。

これだけスケール大きいとボクのオツムで判断しかねますので
ソースを張りつけときますので、真偽はプログの読者自身で判断ください。
日本の宗教法人でSOKA GAKKAIの名前しかなかったら満天下に恥をさらすことになる
ソース元http://iwj.co.jp/wj/open/archives/301064#idx-3

Newtype さん

こんにちは。

> 同感です。この信仰においては御本尊以外のものは無用でしょう。戒壇御本尊に
> 直接触れたということで秘密の力でもありそうな、プラセーボ効果はあるかも
> しれませんけどね。

創価のいうもの(和紙を切ったもの)と正宗の「御秘符」とは違うようですが
どちらにしても似たりよったりですよね。
プラセーボ効果は確かにあるかもしれませんが。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> ご秘符の事は、
> 私も少しだけ聞いた事はありましたが
> 管理人様の言われる通りだと思います。
> 仏界を開く対鏡であるご本尊様に
> 祈る事が一番かと。
> ただ、それが出来ない様な、
> 大病を患ってしまい、
> ご本尊様の前に座れない時の人の
> 為の、
> 緊急措置的な役割だったのでは
> と思いました。

なるほど。そのような一面もあったのですね。

> いずれにせよセンセに
> そんな神通力はないな、と思います。

そりゃそうですね。

古本屋店主さん

こんにちは。

> また、スレ違いですいません<(_ _)>
> ●興味が無いかもしれませんが、5月10日はパナマ文章の企業名の公開日です。
> 早速の第1弾です。
> これだけスケール大きいとボクのオツムで判断しかねますので
> ソースを張りつけときますので、真偽はプログの読者自身で判断ください。
> 日本の宗教法人でSOKA GAKKAIの名前しかなかったら満天下に恥をさらすことになる
> ソース元http://iwj.co.jp/wj/open/archives/301064#idx-3

宗教法人に節税の必要があるのか?
そもそも課税さてないし。
そこが一番の疑問です。
いつも、ソースのご提示ありがとうございます。

揉み消すでしょう、きっと。

むかし、誰だったか?
忘れてしまいましたが、
信者と横並びに書くと、
儲かると言う一つの、漢字になると、
言われてました。学会は沢山お金が
貯まった事でしょう。
純真な方々は、収支報告も求めないし。
そんな事を思い出しながら、
善知識のコメントを拝読する私。

大聖人様を根本に、自身の人生も、
愛すべき活動家の母しかり、
祈り切る次第です。

福運が切れた時、
個人も組織も
悲しい末路を辿るので。

でも、
学会の行末は見届けたいと思います。
避難用のボードを持って。
汚い命の凡夫ですが、、。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR