学会宣言

昨日、弘教・折伏の話をしたけど、
その時代に即した仏法の実践などといって
なんでもかんでも信心にしてしまう
今の学会のあり方は、大聖人仏法の根幹をも
蔑ろにしているのではないか?と思えるほどである。
聖教新聞の啓蒙は、広宣流布。
選挙の支援も、広宣流布。
しまいには、【学会宣言】も広宣流布。
一体、【学会宣言】ってなんだよ。
友人・知人に
「俺は創価学会員なんだよ」って宣言?
それを聞いた幹部がは、
「勇気をだしてよく宣言したね。それも立派な広宣流布だよ」
な~んて意味わかんね~激励したりする。
はぁ?
これの、ど・こ・が広宣流布な・ん・で・す・か?
そもそも、勇気を出さなきゃ言えないような事してるわけ?
そんなに学会員が恥ずかしいのか?
赤の他人にいうならまだしも、自分の知り合いに
自分が学会員だと言う事が、そんなに大変なことなのか?
しかもそれも広宣流布だなんて言う方も言う方だ。
そんなのは、ただの雑談の部類だ。
そもそもね、誰もキミが学会員であることになんか興味ないて~の。
興味もないから、「実は学会員なんだよ」な~んて言ったって
「あ~そうなの」で終わりだろ?
学会宣言した後に会話が続くのか?
い~や続かない。
なのに、勇気を出さなきゃ言えないのは、
本人が、学会員である事に対し
恥ずかしいとか、ちょおとおかしいとか、マイナスイメージしてるから。
つまり、本人が学会や信心を蔑んでるからなんだよ。
だから【学会宣言】なんて、全然偉くもなんともない。
むしろ、しない会員の方を幹部は指導すべき。

といっても、幹部自身が【学会宣言】してない奴もいるから
できないよね。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる