政治家・宗教家

舛添都知事の会見
いい年したおっさんが何を言ってるんだろうね。
正月に家族の泊まった部屋で重要会議をした。って・・・
どこの世界に家族の泊まっている場所で
重要会議をする馬鹿がいるんだ?
それって、家族にも会議に参加した人にも失礼じゃね?
てか、こんな言い訳が世間に通用するって本気で思ってるのか?
で、「悪いことをしていない」のに返金するってのも意味不。
悪くないなら、金も返さなくてよくね?
悪いと思ってるから返すんじゃね~の?
他にも贅沢すぎる出張費とかいろいろ問題のあるお方だ。
ホリエモンなどは、「ファーストクラスもスィートルームも仕事と関係なんだからいいじゃん」
的なこと言ってるけど、
それは、一般企業のトップ当てはめた言い分。
会社の社長や会長が、会社の金をルール内でどう使ってもいい。
それは俺もそう思う。
でもだからといってあまりに贅沢三昧すると
社員のモチベーションも下がるし
世間体もよろしくないので、そうそう贅沢はしない。
ホリエモンもこんなこといってるから
しくじり先生になっちゃうんだよ。
いずれにせよ、一般企業ならアリでも
政治家はナシ。
それが世間の常識。
だって政治家なんて自分の金で何かをしてわけじゃないんだから。
他人の金(税金)で何かをしているだけで
ノーリスクだよ。
一般企業の社長はリスクを負っている。
なんでそこがわからないかね。
そもそも論を言えば、
一般企業と政治家が同じことをして言いわけないだろ。
何のために、政治家を「公人」と呼んで区別しているのか考えてみ?
芸能人もそうだけど
プライベートをごちゃごちゃ言われたくないら
「公人」にならなければよろし。
君たちが「私人」ならば、な~んも言いませんよ。

そもそも、昔の政治家、例えば村長さんは
自分の財産を投げ打って、
村のために、道路を作ったり、橋をかけたり。
だから皆に、尊敬され、「先生」と呼ばれたわけでしょ。
「あの村長さんなら村を良くしてくれるためにお金を使ってくれる」
「村長さんがあんなに頑張ってくれるなら、オラたちも少し金出すべ」
それが「政治」だと思う。
だから、政治家が財産を残すのはおかしいと思う。
生活できなければいけないから、その金は必要だとしても
「財産」を残すのはおかしいし、
「財産」を残さない。のが政治家だと思う。
それがイヤなら「政治家」になるべきじゃないし
「政治家」としての資質はない。

これは「宗教家」にも言える。
「政治家」は私財を投げ打ってでも、村や町・県・国を良くするのが
その使命と職責だ。
「宗教家」もまたしかり。
私財を投げ打ってでも、自分の信じた宗教を広めるのが
その使命と職責だ。
本当に、その使命を果たそうとするならば
「財産」など残るわけがない。
「財産」は残らないが、それ以上の何かを残す。
それが、「政治家」とか「宗教家」と呼べれる人間だと思う。
「財産をたくさん残したので偉人です」なんて呼べれた人を俺は知らない。
ともあれ、政治家や宗教家は
金とか権力と対峙する存在だと個人的には思う。
そのようなリーダーがいないから
政治も宗教も衰退の一途をたどっているのだと思う。
いまいるのは、「政治家」や「宗教家」でなく
「政治屋」と「宗教屋」ばかりだ。
本当の「政治家」「宗教家」は在野の中だ。
早く、本物が現れることを期待している。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

権力者

お偉くなると、
カン違い
される方は、
古今東西に多数いらっしゃいますね。
どんな組織も同じ事。
人の上に立つ立場の方は、
尚更。
東京都知事殿、
家族を連れて
会議すれば、
世間では、家族会議といいます。
重要会議とは言いませんよね、

論外

もうね、 あれだけ政治と金のことを言ってた本人の醜態ですからね。

 いかな理由があろうと、公人失格。

 以下、余白!

政治家の気質

今日はお休みを頂けたので、管理人様の過去ブログをはじめから拝見してます。

ハム党さん
言葉通りに行動できると、良いのですが、
言葉巧みになったなぁと、思います。
国民のあいだに希望は
生まれてはおりません。

公明新聞抜粋。
『井上義久幹事長/現場第一の行動力で勝負』

 公明党議員にとって最も大切なことは、単に弁護士や外交官出身などの専門家であるということではありません。

 一つは、人の痛みが分かる人。困っている人に寄り添い、その痛みを共有できる人でなければ、公明党の議員は務まりません。もう一つはフットワークです。

 現場に行かなければ本当のことは分かりません。

 何かあれば、直ちに現場へ駆け付ける行動力が不可欠です。今回の参院選の党公認予定候補は、こうした公明党の原点を最も持った人たちだと確信しています。

 3年余りの自公連立政権の取り組みで、ようやく経済再生や地方創生などの成果が出始めました。

 国民の間にも希望が生まれ、その希望を隅々にまで広げるため、今の政策を継続しなければいけません。そのために政治の安定が必要です。

 政治の安定には二つあります。「数の安定」は、自公で衆参とも過半数を持っているから、安定した政権運営ができています。

 「質の安定」は、国民の意見を政策に取り入れ、理解や支持を得ることです。

 その意味で、地方議員が地域のニーズを受け止めながら、政権運営に反映するネットワークを持つ公明党の役割は極めて大きい。

OH!

退転しない壮年部おじさんへ

 いつもお世話になります・

 ハム党ってこんなに良い政党だったんですね。 てっきりソウカとそっく 
りの
    「双生児!」かと思ってました。(^^;

何かあれば駆け付ける?

ランボー様。
お世話になります。
まさにソーセージかと(笑)
何かあれば駆け付ける?
選挙のお願いに
大きな会合へ
駆け付ける姿は
何度もお見受けしましたが。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR