人材

いかなる組織も、発展するも衰退するも「人材」次第。
創価も「人材」を見つよう!、育てよう!注力している。
「人材」といえば、最近では
「人財」と書く(呼ぶ)企業が増えているようで。
なんでも「材」とかくと、
まるで「人を材料」のように扱っているイメージがあるらしい。
まぁ、そう言われればそういうイメージもあるけど
正確には「材」とは、「材料」ではなく「才能」という意味だそうだ。
「才能のある人間」
それを「人材」というらしい。
ではここでいうところの「才能」とはなにか?
それは世間一般で言うところの「才能」とは
ちょっとニュアンスが違う。
組織の言う「人材」とは
組織の「役に立つ才能」ということになる。
所属する組織に役に立つ才能がある人を
「人材」と呼ぶ。
野球の球を、160kmで投げられたり
氷の上でスケート靴を履いてジャンプして4回転回ったり
それは常人ができない素晴らしい才能ではあるが
運送会社や回転寿司店では何も役に立たないので
そのような人を、運送会社や回転寿司店では「人材」とは言わない。

さて、では創価の言うところの「人材」とはどんな人か?
聖教新聞をたくさん啓蒙する(売る)ことのできる人・・・人材である。
公明党への投票を多くに人に頼むことができる・・・人材である。
創価の財務に高額の金額を出すことができる・・・人材である。
上記のような人材を増やすことができる・・・人材である。
いままで、俺は勘違いしていた。
いまの創価は「人材不足」だと思っていた。
だって、御書は知らないし、弘教はできなし、対論・破折もできないんだもん。
なんとまぁ「人材不足」と嘆かわしく思っていたのだが
「組織に役に立つ才能を持った人」を「人材」というならば
創価は、豊富な人材が揃っている
実に素晴らしい組織と認識を変えなければならない。
新聞啓蒙もできない。Fも沢山取れない。財務も一口しかできない。
そんな活動家さんもいるかもしれないが
そんなことで悲観的にならなくても大丈夫。
創価の組織の中でもっとも必要な才能とは
「本部・幹部の言うことを黙って聞く」ということであり
「自分で何も学ばない・考えない」というのが一番の才能なのだから。
文句も言わず、疑問も抱かず活動していること自体
もはや「創価の大切な人材」なのである。
何もできなければ、会社や社会の中では
「人材」扱いされないだろうけど
それこそか、創価活動家としての
一番大切な才能であり、資質だと思って差し支えない。
ただし、そうした「創価の人材」を増やさないで欲しい。
なぜなら、「創価の人材を増やす」といことは
「大聖人の敵を増やす」ということだから。
創価にとってのは「人材」とは
大聖人仏法にとっては、自分と他人に
罪業を積ますだけの
「人罪」以外の何者でもないのだから。

因みに、「人材」と「人財」の違いとは
代わりがあるか、ないかの違いだとか。
「人材」とは才能があっても代わりがいる。
「人財」とは代わりのきかない、かけがえのない人らしい。
そうなると創価で「人財」といえば
池田センセだけ。なんだろうな。
あとは、代えの効く「人材」
う~ん、そう思うと「人材」といわれても嬉しくないかな?
創価も、聖教に書くときは
心にもなくても
「人財」って書いてあげてほうが
活動家の皆さんは喜ぶとおもうんだけどね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

このままでは

  
 「褒め殺し合い」になって全滅してしまいますので、このへんで、みんなで、鉾を収めたいと存じます。  そのほうが平和です・(笑

 ともあれ、温かい言葉を下さったお二人には恐縮するばかりです。 同時にこれらをお読みになる方々にとっては、はた迷惑ですので本題に入ります。

 「人材」論でしたね。  

 とっさに浮かんだのが「みつばち」君たちのこと。  女王は一人。それと雄蜂、 それ以外は労働者であり、戦闘もして稼いでくるものたちですね、

 でも有名な話、 実際にガムシャラに働いているのは全体の25%で、あとは、普通に働くのが25%、そんで残りの50%は無能なハチたちで、いわば,ただ飯喰い。 こいつらは役に立たないから一ヶ月で死にます。

 いや、この「25%組織」には笑いました。  そしてこの2、5割の蜂君が他のスズメバチなんかにやられてしまっても、「替え」が効くんですよね。

 少し、創価の実態に即していないところもありますが、(実際は減退していってる)、「当面の25%」がいれば、少々の働き蜂が突然変異して、くまんばちかなんかになって出て行ってもいいんだという感じは、まさしく創価。

 私がいつも思い出してしまうのは、かつての先生の言葉です。

 「自分の一生で花を咲かそうとしなくていいんだ。 一生を幸福の種を撒きながら生きてください。 『私もそうします』 」というもの(主意)

 そうはいってもわたしには「先生の周りは花畑!」に見え始めたのね・

 勲章とかの。。  で、ある時は「みんな立派になりなさい!」とかの檄も飛んで、と思えば政府から「勲章」をもらって、先生に喜んでもらおうと報告に行った、「竹入・元ハム党委員長」には、「増上慢だっっ!!!」と怒ったりして、実によく分からない創価になっていきました。

 先生の言葉は、ある時は「化城喩品」だったり、「絶対成仏論」だったり、急に「使命論」、「部分観」になったり、親友のゲーテ君が出てきたりで、有問自説もあったでしょうが、ウロウロしたものでした。  所詮、働き蜂くんたちには、あまりいろいろ言わないほうが良かったと思います。

 みんな好きで判っててやってたのでしょうし。。  (でもないか。。)
 
・・・・ここで重大な疑義が、、 とっかえが効くのはアリさんだったっけ・・
 
以上、人罪・RAMBO
 



 
 

管理人様、こんばんは。
この前座談会に行きました。
友好期間中の選挙活動?について何も聞かれなかったので、何も答えませんでした。
管理人様に相談して、今後は大人の対応をしたいと思います。ありがとうございます。
私の地区では統監では30人ぐらい青年部、学生部がいるそうですが、座談会に来られる方は1割もいない状態です。
そのことについて地区部長がもっと家庭訪問していきましょうと言ってました。
選挙も票が減っている、活動家が年配で思うようにF取できないなど、リアルな声が聞こえました。
この先10年、20年たったら地区座談会ってあるのかなぁと思ってしまいました。

座談会の参加者

いつもお世話になりす。
確かに学会も人材不足です。
人財はまだ足りてるみたいですが
これから先はかなり厳しくなると
思われます。
今週の金曜は、私の地区でも
座談会があり、参加します。
だいたいの参加者は予想がつき、
青年部は、司会の地区リーダーくんと
御書講義の男子部長くんの二人だけ、
あとは、最強婦人部の方々。

残りのオーディエンスは
多宝会の方々のみ、
おじいちゃんおばあちゃんに
ゲキを飛ばす訳でもなく、、。
年金から財務をされてる、
足の悪いおばあちゃんが
GWの友好期間中に法戦の
活動報告があるのでしょう、きっと。
だいたいの予想がつく今日この頃で
ございます。

言葉足らずでしたので、

高齢者社会となった昨今。
人材は創価に多数いらっしゃいます。
もっと若い青年部の方々が創価の
活動に疑念を持って貰い、
創価を正しい方向にと、
思う未活のおじさん。
青年の熱と力で!
学会的コメント申し訳御座いません、、。

林檎さん

こんにちは。

> この前座談会に行きました。
> 友好期間中の選挙活動?について何も聞かれなかったので、何も答えませんでした。
> 管理人様に相談して、今後は大人の対応をしたいと思います。ありがとうございます。

林檎さんの今の立場ならそれが一番いいと思います。
大御本尊から離れない信心を続ければいつか開けます。
余計な波風立てても意味ありませんから。

> 私の地区では統監では30人ぐらい青年部、学生部がいるそうですが、座談会に来られる方は1割もいない状態です。
> そのことについて地区部長がもっと家庭訪問していきましょうと言ってました。
> 選挙も票が減っている、活動家が年配で思うようにF取できないなど、リアルな声が聞こえました。
> この先10年、20年たったら地区座談会ってあるのかなぁと思ってしまいました。

どうでしょうか?
会としては続けていくのでしょうが
今のような座談会が創価にとって価値的かどうかはわかりまかねます。
言えるのは、色々な意味で「面白くない」ってことです。
「面白くない」ところに人は集いません。
特に若者は。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> いつもお世話になりす。
> 確かに学会も人材不足です。
> 人財はまだ足りてるみたいですが
> これから先はかなり厳しくなると
> 思われます。

そうですね。
活動家さんは自分なりに努力してるのだと思いますが報われませんね。
これはもう、大聖人が「もう創価は増やさない」と言ってるのかな?って思ったりします。

> 今週の金曜は、私の地区でも
> 座談会があり、参加します。
> だいたいの参加者は予想がつき、
> 青年部は、司会の地区リーダーくんと
> 御書講義の男子部長くんの二人だけ、
> あとは、最強婦人部の方々。
> 残りのオーディエンスは
> 多宝会の方々のみ、
> おじいちゃんおばあちゃんに
> ゲキを飛ばす訳でもなく、、。
> 年金から財務をされてる、
> 足の悪いおばあちゃんが
> GWの友好期間中に法戦の
> 活動報告があるのでしょう、きっと。
> だいたいの予想がつく今日この頃で
> ございます。

おそらく、予想通りでしょうね(笑)
信心の会合は信心の話があってこそ価値があるし楽しいのだと思います。
選挙の話など本当は皆、聞きたくないんじゃないでしょうか?
その辺りを運営する幹部は変えていかないといけませんね。

楽しい座談会

大聖人様を信じていた頃の
学会は、座談会も活気あり、
信仰体験も多数でした。
参加後は
よし!私も頑張るぞ〜!などと
歓喜しておりましたが、

最近は、
なんかハム党のパンフレットいっぱい
貰っちゃったけど、どうしょう?
はぁ〜、。足しびれたぁ、。
早く家に帰ろう、、。
そんな感じで御座います。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR