今週の言葉 (5月16日)より

徹して「一人を大切に」
ここに創価の人間学が。
不軽菩薩のごとく
勇敢にそして粘り強く
最前線で信念の対話を!
@@@@@@@@@@@

世の中には、言ってることとやってることが違っていたり
話をちょっと盛ったりするこが多々ある。
それでも、多少の法螺や言動不一致に
聞いている側はいちいち批判も非難もせずに
笑ってその話を聞いてあげる。
そんな些細な事は、お互ままあるので笑って許しあう。
が、その話があまりにも「大盛り」になっていたり
相手があまりにも偉そうに出来もしないことを語ったりすると
さすがに、聞いてるほうも許容範囲を超え
その相手を嫌ったり、相手にするのをやめたり、反撃したりする。
多少の法螺や嘘は方便で許されても
大ホラ吹きや大嘘つきは、嫌われてしまうのだ。

さて、創価の外部向け・一般会員向けの事は
大抵は「話を盛っている」
自分達のことを「よく見せよう」と思うのは人情だが
大抵は「大盛り」である。
そんな創価精神の中で俺が、
「こいつは大盛りどころかメガ盛りだ」って思うのは
この「一人を大切に」という言葉だ。
「創価学会は一人を大切にする世界」
活動家時代には創価学会は一人を大切にしてくれるところ。と本気で信じ
自分自身も「一人を大切にしたい」と思って活動してきた。
これだけ人数が多いから、中には気が合わない会員や
話が通じない会員もいる。
いや、むしろ「学会員にならなきゃこの人とは絶対に友達にならない」
という会員さんの方が多かったってのが正直なところ。
それでも、どんな会員さんとあっても話しても大切に。と思いで接しってた。
それが「麗しい創価の世界」「麗しい創価家族」だと信じいていたからね。

でも、実際はそんな「麗しい世界」など創価には存在しなかった。
以前、俺とその周辺メンバーが組織を追われた理由を書いたが
懸命に活動し、総ての活動で結果を出しているメンバーを
「会合に来ないから」「幹部を批判しているから」という理由で仏敵呼ばわりし
挙げ句の果てに、四者結託して俺たちを追放した。
その時のヤツラの大義名分は
「組織を守るため」だった。
組織ってなんだよ?
組織といっても突き詰めれば一人の会員だろう?
組織為に寝る間も惜しんで活動している会員を
仏敵にでっち上げて追放する。
それが組織を守ることというなら、そんな組織は必要ないだろう。
って何度も幹部達に言ったが
たいした話し合いもなく追放した。
それが創価学会という組織だ。
な~にが「一人を大切に」だ。
チャンチャラおかしい。
創価が大切にしているのは「一人の会員」より「組織のシステム」
幹部活動家が大切にしているのは「自分一人の保身」
「一人を大切に」ってのは「池田センセ一人を大切にする」ってこと。
なのによくもまぁ、話をこんだけ盛ったもんだ。
メガ盛りもいいところ。
もはや、これは話を盛るというレベルでなく
全くの大嘘。フィクション。妄想。のレベルである。
それでいて、自分たちを「不軽菩薩」に仕立てちゃう。
これまた、どこまで偉いそうにしてんだ。って話。

リアルだけじゃなくネットでも
アンチ創価の学会員や一般人を
「仏敵」「退転者」「日顕宗」「不知恩」などという創価活動家。
そんな連中のど・こ・が
不軽菩薩なんだい?
「仏敵」と呼ぶなら、その法義的な理由を言ってみなさいよ。
「退転者」と呼ぶなら、その仏法的根拠をしめしなさいよ。
「日顕宗」と呼ぶなら、日顕宗とは何か納得いく説明してみなさいよ。
それを説明して納得できれば、コッチだってそうした謗りを甘受するよ。
でも、創価活動家はだ~れもできない。
できっこない。
今の創価の教学じゃね。
俺は、創価が仏敵であること、謗法であることを、いつも説明してるぜ。

ともあれ、偉そうにメガ盛りの話ばかりするから
創価活動家は、世間から嫌われ無視されるんだよ。
人間関係ってのはね、そういうことをしない。
ってのが基本なんだよ。
ちょっと自分をよく見せるだけなら誰も嫌わない。
偉そうに自分を大きく見せる言葉を吐いてるくせに
やってることが、全然なってないから人から嫌われる。
わかるかなぁ?
振る舞いだよ。振る舞い。
不軽菩薩のごとく。なんだろ?

◆不軽菩薩の人を敬いしはいかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ(崇峻天皇御書)

しっかり御書読んで、不軽菩薩の如くなりなさいよ。
・・・しまった・・・
不軽菩薩のことも書こうと思ってたけど
長くなっちゃったので書けないや。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういうの、もういいよね

  世間の皆様。

 聖教新聞を読みたくもないのに、義理やら人情、大人の対応で購読していただいて、本当に本当に申し訳なく、ここに本社(といっても独立した会社ではありませんが)に成り代わりまして、お詫びを申し上げます。

 あまつさえ、管理人さんの記事のように、有りもしない「人間共和の世界」を喧伝し、『麗しくもなく殺伐とした世間様』と対比して、まるでソウカだけが別世界であるかのような作文でもって差別観を会員に刷り込み、
結果、会員の素直で素朴でさしたる思考もできなくなってしまった所につけこんで、ますます、「新聞取ってください」とか「事前運動」に他ならない集票活動に頑張らせるなど、「ご迷惑の再生産活動」が行われてきて、もう80余年になるのです。   増して、ソウカは根本である大御本尊さまへの尊敬(ソンギョウ)を会員に捨てさせ、功徳も福運も出なくさせて、宗門を失ったソウカのこれからの都合のよい路線にコソコソと連れていこうとするトンデモ葉境期にあります。 当然、会員さんの生命力は落ちていき、全国でガンや精神系の病気が多発。 経済的にも困窮し、家庭内で親子。夫婦の問題。引きこもり(コレが多い!)、そして不倫。など横行しています。(RAMBOの全国的ネット情報)  そしてそういう大変なお宅に限って幹部はまず行きません。 無駄な会合で忙しいのです。

 であるのに、新聞紙上では、「うるわしい」だの、「一人を大切に」だのと相も変わらず「虚しい綺麗なコトバ」を載せて、なにかで人生に失望しかけた方々や、寂しさや孤独で悩んでいる人を勧誘しようとしています。

 普段は「へぇ。。」くらいの気持ちでチラっとみていたとしても、人間は落ち込むと、ついつい、甘言にのせられてしまうものです。

 どうかお気をつけくださいませ。   入会には勿論、お金がかかります。(ニセ御本尊の購入費が3000円)です。  更に入会規定により、
その「聖教新聞」をとらないといけません。 そして数回の、(ほんとは急こしらえ)のザダンカイに参加して、多分、「御書(ゴショ)」を買わされる(何千円します) とまぁ。。これでいっちょあがりになります。

 いかな宗教的行為とはいえ、これらの出費が非課税にはなりません。

 ついでに今度は年末のザイムが待っております。 これも課税対象からはずれるかと安心していても、それを非課税にするには「別の領収書」が必要で、普通、会員さんはそれを知らされてもいないので、これを請求する人はまずいないと思います。

 昔はガッカイの「大型ザイム」に怒った人が「ザイムの返還要求」の訴訟を起こしました。 ちょっと話題になりました。  当然、「恐れ多いことをやった人」と見られてしまい、想像ですが脱会されたことだろうと存じます。  ソウカの中ではソウカの論理がまかり通ります。

 「世間の常識はガッカイの非常識だ!」とのたもうたのは、元・理事長の森田という大幹部でした。

 『不軽菩薩(フギョウボサツ)とは、釈尊の過去の修行中の姿です。 この人は全ての人の中には「仏性」があることを信じて、たとえどんなことを言われてもされても、石を投げられても、杖で打たれても決して恨むこともなく、合掌して敬うのでした。  そういう礼拝行を貫いたわけです。

 世間の皆さんの中で「ガッカイなんか大嫌いだ!帰れ!」と罵ったこともあった方もいらっしゃるでしょう。   昔は水をぶっかけたり、鎌を持って追い回したり、された会員も多かったのです。

 で、現在、そういう類のことを言ったりしたりした時、訪問した会員に「拝んでもらった」方は、実際、いらっしゃいますか?  拝みはしないものの、敬意と常識、いや良識のある態度で応じた会員さんのことです。

 こういう人は「地獄に堕ちる」とか「不幸になるよ」なんて言わない方たちです。  勿論、ハム党に投票したり、聖教を購読することを「仏縁」なんて言いません。

 マァ。、極めてまれでしょうね。

 私らの先輩たちは、そういうときは「なにお!そんなこと言ってたら一週間以内にあんたは死ぬぞ!  そんときになって泣くな!!」とか、

 「貴様!、罰喰らえ!!!」とか言って帰っていったものです。

 で、とりあえず会員は胸がスーっとして帰れるわけです。  で、拠点に帰るとそれをみんなに報告して、「言うたったわ!!」とかで「おうおう!よう言った!」とかで収まると・・・(笑  これらが歴戦の勇者の大部分だったと言ってもいいと思います。 もっとひどい実態もありますがここでは割愛。

 勿論、少しは常識人もいらしたわけで、じっと耐えて、静かに「また来ます」とか言って帰る人もおります。  今にガッカイを正しく理解してくれる時が来るんだ。 相手が仏法に暗いのは仕方がないのだから、それまではお題目を唱えて成長して、誠心誠意、また対話に行こう・・・とかで、頑張った人に限って、結局、そういう時代は来ないことを悟ってガッカイをやめています。

 長くなりましたが、さほど『不軽菩薩の修行』とは難事であります。

 でも天下の聖教にそう書いていますので、次回、ガッカイインさんが来たら、精一杯の修行をさせてあげてくださいね。(意味はお分かりだと思います)

 真面目な話、昔と違い、今はますます「新聞啓蒙(ヘンな使い方ですね)」とあらゆるセンキョでの「F(エフ、つまりフレンド票稼ぎ」が大聖人さま直結の修行であると信じ切っていますので、会員のほうもなかなか引き下がりません。  ですからどうしてもそれがイヤでしたら、きっぱりと断ってくださって結構です。  ののしってもいいし、、どうしてそんなに頑張るのですか?とお尋ねになってもいいです。

 そうやってたら何かいいことでも起こるのかい?と基本的な疑問を出されてもいいです。 一体あなたは何年そんなことやってきたの?? なにかその功徳とかいうものがあったの??とたずねてもらえば、なお結構。

 会員は絶対に怒りませんから大丈夫です。 怒ったら「今週の言葉」になんて書いてあった??と聞いてみてくださいね。 会員さんを鍛えてくださるのはもう世間様しかありません。 幹部さんは言いっ放しだしね。

 シニカルではありますが、ガッカイの標語どおりなら、おめでたいことです。

  毒のあることばかり書きましたが、今の私の気持ちはここらへんです。  虚しさを通り越すと、もう笑うしかありませんからね!^^
 

 

 

 

 

 

菩薩行なのか、創価活動は餓鬼畜生行?

セイキョウの販売営業や集票活動に
功徳なんか無いのに、言葉巧みに
真面目な働き蜂の会員さんを
無給で働かせてますね。

会員さんも今月は一部でも、
誰かに取って貰おうと、頑張る始末。
頼まれた方はハタ迷惑。
読むところ無いし。

結局のところ、
上から言われた目標を達成する為に
生命状態は、菩薩界どころか、
餓鬼畜生界の命になり、
購読を勧めた会員さんも、
義理で取ってあげた世間様も、
良い事なし。
学会は潤いますけど。
まいどありぃ!
て、感じでしょうか

聖教新聞反対です。

創価学会は、まだそんなこといってるんか。世界の平和やとか何とか?ええか! 創価学会はな、地獄の集団ショッカー怪人の集まりなんやから、宗教団体みたいなことは言うなよ。

二世の元創価班です、去年日蓮正宗にもどりました。男子部時代から創価には疑問持ってましたが会則変更が決定打になり脱会しました。
一人を大切になんて大昔の話しだと思います。あれは利益団体です(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> セイキョウの販売営業や集票活動に
> 功徳なんか無いのに、言葉巧みに
> 真面目な働き蜂の会員さんを
> 無給で働かせてますね。
>
> 会員さんも今月は一部でも、
> 誰かに取って貰おうと、頑張る始末。
> 頼まれた方はハタ迷惑。
> 読むところ無いし。
>
> 結局のところ、
> 上から言われた目標を達成する為に
> 生命状態は、菩薩界どころか、
> 餓鬼畜生界の命になり、
> 購読を勧めた会員さんも、
> 義理で取ってあげた世間様も、
> 良い事なし。
> 学会は潤いますけど。
> まいどありぃ!
> て、感じでしょうか

ですね。
もう創価は大聖人の仏法を広めるつもりはなさそうです。

Re: タイトルなし

> 聖教新聞反対です。

はい。私も反対です。
機関紙ですから読みたい会員さんは読むのは自由
でも、関係ない人に読ませる必要はありません。
ましてや会員が拡販する必要はありません。

元創価班さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> 二世の元創価班です、去年日蓮正宗にもどりました。男子部時代から創価には疑問持ってましたが会則変更が決定打になり脱会しました。

それは、おめでとうございます!
大御本尊を信受しない。なんていう会則はありえませんね。
それでいい。という会員さんもどうかしてます。
今後も増えるであろう元創価の人たちを
法華講で暖かく迎えてあげください。
よろしくお願いします。

はげ山ちん吉さん

コメントありがとうございました。

> 創価学会は、まだそんなこといってるんか。世界の平和やとか何とか?ええか! 創価学会はな、地獄の集団ショッカー怪人の集まりなんやから、宗教団体みたいなことは言うなよ。

あ~、今の創価には「怪人」などという強いキャラはいません。
全員、戦闘力の低い「戦闘員」だけですよ(笑)
で、全員言葉は「イー」だけです。
戦闘員同士は、「イー」だけで通じるみたいですが
周りには何を言ってるのかわかりません。
何が「イー」のか「ワリー」のか
さっぱりです(笑)

今日が座談会だったので

いつもお世話になります。
金曜日だとばかり思っておりましたが
実は今日が座談会だったので、
とりあえず、終了間際に参加致しました。

圏幹部の方からのご指導中でした。

5月19日は
戸田先生が日蓮正宗から頂けた
「慈折広布の御本尊」を安置した日との事

そもそも「慈折広布の御本尊」とは、
昭和26(1951)年5月19日に
日蓮正宗総本山の日昇猊下によって
書写されたものであり、
脇書きには
「大法弘通 慈折広宣流布 大願成就」と認(したた)められています。

今まで、
戸田先生、池だせんセの会長のみが
祈念されていた御本尊様だったが
信濃町に建設された大聖堂に
今は御安置され、
一般会員でも
祈る事が出来る様になった!

世界中から陸続と集われて
世界宗教に大前進するらしいです。

我見ですが、日蓮仏法(大法)を
広める約束のもと、誓願のもとに
学会に頂けたのでは?
約束守ってないし。

退転壮年部おじさんのコメントにびっくり

度々コメントごめんなさい
そうなんですか!ていうかやっぱり(笑)
大御本尊否定しちゃったからそうするしかないですよね~(>.<)y-~
その大聖堂とやらの御本尊もどこの御本尊を書写したもんなんだつーの(笑)
普通はそういうの借りパクつんだよ。

失礼しました

たびたび失礼致します。

管理人様のブログにて
失礼致します。

元創価班様。

今の学会の大誓堂(大聖堂は誤字でした)
には、日蓮正宗から頂いた御本尊様が
御安置されております。
実際に私も、この眼で昨年ですが
見ております。
約束を反故するなら、
お返しするのがスジと思うますょ。
責任ある行動、明確な言語、
親切な態度、清潔な身なり、
正確な連絡報告も、出来ないのならと
思う、
元創価班の退転オヤジで御座います。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

座談会参加、お疲れ様でした。

> 5月19日は
> 戸田先生が日蓮正宗から頂けた
> 「慈折広布の御本尊」を安置した日との事
>
> そもそも「慈折広布の御本尊」とは、
> 昭和26(1951)年5月19日に
> 日蓮正宗総本山の日昇猊下によって
> 書写されたものであり、
> 脇書きには
> 「大法弘通 慈折広宣流布 大願成就」と認(したた)められています。
>
> 今まで、
> 戸田先生、池だせんセの会長のみが
> 祈念されていた御本尊様だったが
> 信濃町に建設された大聖堂に
> 今は御安置され、
> 一般会員でも
> 祈る事が出来る様になった!
>
> 世界中から陸続と集われて
> 世界宗教に大前進するらしいです。
>
> 我見ですが、日蓮仏法(大法)を
> 広める約束のもと、誓願のもとに
> 学会に頂けたのでは?
> 約束守ってないし。

はい。
守ってないというか、破ってますね。
よくも恥かしげもなく「慈折広布の御本尊」の話などしますね。
私がその場にいたら、ツッコミいれまくってます(笑い)

元創価班さん

こんばんは。

> 度々コメントごめんなさい
> そうなんですか!ていうかやっぱり(笑)
> 大御本尊否定しちゃったからそうするしかないですよね~(>.<)y-~
> その大聖堂とやらの御本尊もどこの御本尊を書写したもんなんだつーの(笑)
> 普通はそういうの借りパクつんだよ。

はい。その通り。
まぁ、池田センセが死んだら
「実は生前池田センセが御本尊を書写して残してくれました」
といって、大作本尊を発表するのではないか?
と思ってます。

また、いつでもお気軽にコメントくださいね。

たしかに破ってました。

学会公認であれば
何でもありな感じです。

いつも有難う御座います。
ご自愛ください。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR