純粋な信心

「純粋な信心をしている学会員を馬鹿にしている」
と創価の活動家に言われることがある
また、昔ある幹部に
「指導されたことを素直に聞ける純真な信心が大切だ」
と指導されたことがある。
俺のこのブログをもしも創価活動家さんが読んでいたら
「そうだ。そうだ。オマエは傲慢だ」と絶対思うと思うが
正直言って俺は、「純真な信心をしている学会員」を
馬鹿にしたことは一度もないし
そんな気持ちになったことも、ただの一度もない。
俺が、言いたいのは
純真な信心=正しい信心
ではない。ということだ。

およそ、どんな宗教の信者も
その宗教に対して皆「純真な信仰心」があるものだ。
不純な信仰心。
そんなものは成り立たないだろう。
では、純真な信仰心があれば
総てそれは正しいのか?
それは違うよね。
特に、大聖人仏法においては
宗教の、正邪・浅深を説き
唯一、最も正しき法門を説き
法体を顕しているのだから。
純真な信仰心自体は尊いかもしれないが
その信仰心に基づく言動が正しいとは限らない
いや、むしろ正しくない方が多い。

例えばイスラム国で自爆テロを実行する人達。
自分の命を捨て、
他人の命を奪ってまでその信仰を貫く。
まさに不惜身命。
ある意味ソレって池田センセよりも凄いことだ。
この、イスラム国の純真な信仰者を
「尊い」「偉い」と思うか?
思うのだったら、もう何も言うことないが
俺は、そうは思えない。
ある意味犠牲者で可愛そうだと思うが
「尊い」とはどうしても思えない。

俺は創価の純真な活動家に思うことは
イスラム国で自爆テロを実行する信者に対する思いと同じだ。
「創価はテロなんてしない。人など殺さない。」
そう創価活動家は反論するだろうが
確かに人は現実には殺さないが
俺からみるとそれ以上酷いことをしているように見える
なぜなら、人々を無間地獄に落とす活動をしているからだ。

◆悪象等は唯能く身を壊りて心を破ること能わず悪知識は二倶に壊るが故に乃至悪象の為に殺されては三趣に至らず悪友の為に殺されては必ず三趣に至らん」文 此文の心を章安大師宣べて云く「諸の悪象等は但是れ悪縁にして人に悪心を生ぜしむる事能わず悪知識は甘談詐媚巧言令色もて人を牽いて悪を作さしむ悪を作すを以ての故に人の善心を破る之を名づけて殺と為す即ち地獄に堕す」(唱法華題目抄)

例えば、不幸にもテロに遭遇して命を落としても三趣に堕す事はない。
ところが、創価活動家(悪友)に創価の邪義に染められてしまえば必ず三趣に至る。
イスラム国のテロとは比べ物にならないくらい
創価のテロは恐ろしい。
そうしたテロ行為をするのは「純真な信者」なのだ。
純粋であればあるほどだ。
そして、そうした純粋な信者にテロ行為をさせるのは
常に「指導者」と言われる人間なのである。
イスラム国しかり、オウムしかり、
「指導されたことに素直に従うのが大切」などというのは
指導者が自分の都合の良い信者を育成すための詭弁に過ぎない。
だから俺は「純粋な信心をする学会員さん」を馬鹿にしたkとなど一度もない。
むしろその逆で畏怖の念すら覚える。
そして、その純真さを正しいベクトルに向けと欲しいと。
純真に教学を学び
純真に大御本尊を信じた時に
純真な信心=正しい信心
になる。
純粋な新聞啓蒙
純真な選挙活動
そんなものは「信心」じゃない。
それは純真な学会活動だけであって
そんなことをしたところで「尊く」もなんともない。
むしろすればするほど害毒になる。
純真=正義ではないのだ。
正義を純真に行うから「尊い」のだと思うのだが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

間違ったものを信じる怖さ

いつもお世話になります。
学会員さんは真面目で
良い人が多いので
タチが悪いのも正直なところ。
間違った勧誘、啓蒙、法戦。

創価学会は、
大聖人、御本尊様が
信仰の根本ではないし、
池田法主の言霊や指導が根本。

イタコじゃあるまいし、
大聖人様の魂が、
せんセに宿りません。

師弟不二とは?
履き違えてはならないと思います。

No title

  純粋な信仰心はいいことです。 学会員は揺れ動く「本尊」と「ソウカ流の活動」に迷っているだけ。

 底の浅い平和論、運動論でこれがすべてで最善で素晴らしいと思わされてるだけ。

 しかしそれで幸福を感じてるからといって成仏が約束されているのなら、苦労はないです。

 いつも書いているように、世間や世界がどう感じているか、現実や実態はどうか、をなんら検証しないでいるのはエゴです。

 利他行をしてるの?  新聞購読させたらそれが「仏縁」になるなんて考えてたら、とんでもないですよ。 今日もお客さんがお金に困ってるのに友人が勧める聖教新聞を断れないと嘆いておられたから、ハッキリ言いました。   それを断ったことで縁が切れるような学会員なら、それまでのこと。  そう思っていればいいと。

 購読はもうやめると言って帰られました。

 会員さん。 ガッカイと地区目標のせいで、あなたの友人は困ってらっしゃいます。   これをガッカイエゴと言います。

 あなたの純粋な忠誠心のせいです。(あえて信心とは言いません。)

 追伸

 今度の参議院戦、婦人部はクーデターモードですよ。 いよいよかな。

退転壮年部おじさんさん

> いつもお世話になります。
> 学会員さんは真面目で
> 良い人が多いので
> タチが悪いのも正直なところ。
> 間違った勧誘、啓蒙、法戦。

そうなんですよね。
本当に真面目で健気な人が多いので
そこが困ってしまいます。

> イタコじゃあるまいし、
> 大聖人様の魂が、
> せんセに宿りません。

ははは(笑)
そうですよね。

> 師弟不二とは?
> 履き違えてはならないと思います。

同感です

Ramboさん

こんばんは。

>  今度の参議院戦、婦人部はクーデターモードですよ。 いよいよかな。

そうなんですか?
それは楽しみですね。
公明党にお灸を据えるのは
一人一人の学会員以外にいませんからね

管理人様、こんばんは。
入会したころから創価学会に色々と疑問を持っていましたが、旦那や周りの学会員さんが何の疑問を持たずに活動していて、疑問を持っている自分は素直じゃないなぁと思っていました。
どうしても池田先生に心酔している活動家と同化できない感じです。
入会する前に学会員さんに何で池田先生は先生と呼ばれているのか聞いたら、一番御書の通りに行動されている人だからと聞き、違和感がありました。
でも、純真=正義ではない。これ重要ですね。このブログに辿り着けて、大御本尊様に信を置くことがわかったので、本当によかったです。勤行はできたりできなかったりですが、少しずつ信行学を深めていきたいです。

林檎さん

こんばんは。

> 入会したころから創価学会に色々と疑問を持っていましたが、旦那や周りの学会員さんが何の疑問を持たずに活動していて、疑問を持っている自分は素直じゃないなぁと思っていました。
> どうしても池田先生に心酔している活動家と同化できない感じです。

池田センセに心酔する会。じゃないですものね。本当は。

> でも、純真=正義ではない。これ重要ですね。このブログに辿り着けて、大御本尊様に信を置くことがわかったので、本当によかったです。勤行はできたりできなかったりですが、少しずつ信行学を深めていきたいです。

純粋であるべきは大御本尊に対してです。
素直であるべきは大御本尊に対してです。

勤行はいづれできるようになりますから神経質にならなくても大丈夫ですよ。
一番簡単で、一番難しい修行ですから。
信行学。お互いに少しづつでも深化させていきましょうね。

調子こいてコメントします。

明日は我が地区部長より
御誘い頂いてたので、
同中に参加します。
私の地区の地区部長
人としても
尊敬に値する人格者。
彼のお誘いは
私、断る事は致しません。
例え、くその役にも立たない
歓喜の欠片もない邪宗の集い
でも、
バチを御本尊様から
お受けするなら、
それは、それで致し方無し。
人間として、
大聖人様の端っこの弟子として
内部、外部に関わらず、
振る舞いだけは大事にしたいと、
思います

また怒ります。(^^;

日本は あるいは世界は残念だけど、層化のことなど好きでもなんでもないよ。

 近所でも少なくとも半分の隣人は心の底では警戒してるし、気を許したら危ないと思ってるんじゃないかな。   かくいう私だって町内のことも友人との付き合いも、義理も人情も欠いて、層化の世界だけで生きてきたと言える自信がある。

 そして中心者になり、やがて後輩に譲り、とたんに電話もFAX一枚も来なくなり、急な会合の連絡もなくなったのは、言うまでもない。

 しょせん、ラインの幹部なんてそんな道すじをたどる。

 純粋に! 真面目に! 一点の曇りなく「センセイ」を信じ、層化を信じ、あらゆる層化内の情報を信じ、おかしいのは無知蒙昧な世間のほうなのだと思い込み、悪いのは日共だ。 混迷党だけが正しい民衆のための政治を志す純粋なコウセンルフの先兵だと信じやってきた。

 疑わざるを信という。   こう教えられてきたし、みんなにもそう言ってた時期もある。

 そうじゃない。 「疑い無きを信という」のが正しい。(私はそう信じています)

 どんなに疑いを持とうが抱こうが、その結果が「仏法は正しい!」と最後にはいえるのが正しい信仰なのだ。  疑うことを初手から禁じるほうがおかしいのだ。 だから正しい「行・学」の二道が大事だよ、と大聖人は仰せだ。  そして組織でそれをキチンと教えてくれるのが幹部の仕事だし、正しいあり方ではなかったか。

 なにもかも丸呑みして信じるのが「無疑曰信」ではなかったのだ。

 ゲイカも疑うことを教える層化は、かたや「イケダセンセイ・オクサマ」を疑うことはいけないというのは、論理破綻であろう。

 なにかを絶対!と信じてる自分だから、自分を信じれる、という心理がある。 安心している。これは実に心地よい生理でもある。 


 だから私が会員さんを必要に迫られて破折みたいなことをすると、ものすごい拒絶反応を起こす。 まるで私をエイリアンでも見たかというような姿を現ずる。

 そしてなんの連絡もこなくなる。  これが異端??に対する創価学会員の常道だ。  それなのに、「世界宗教」を標榜するらしい。

 多様性と複雑系のいまの世界にあって、層化の純粋性は自らが
いいようのない「壁」を作っている。 今回の安保法制ゴリ押しで、
味方だったらしい「世界の識者」もかなり離反していったと覚える。
層化と池田氏の「正体見たり!」になってしまったんだろう。

 結局、層化にとって大切なものは、端的にいえば、ザイムをするかしないか。 混迷党に投票して、他人にもすすめるかどうか。  聖教を何部も購読するかしないか。面白くも無い「本部幹部会」に出るかでないか。

これが「層化表層」の純粋性の秤である。

 ちがいますか?  どこがどうちがいますか?

 その同じ口で「マザーテレサさん」を誹謗する「宗門」を批判したりするのだ。  こういう二枚舌が層化のお得意わざである。 
それをこれからも使い分けてこの日本でのさばっていくんだろう。。

 大聖人を結局否定しながら、「直結だ!と言いつつ、弘安2年の大御本尊を認めないといいながら、その系列の、慈折広布大願のご本尊を信じろという。 日寛本尊をコピーしまくり、なかば強制に「お取替え」とかをさせる。  これが矛盾でなくてなんだろう。  層化のほうを疑わざるを得ないではないか。

 こんな単純なウソと矛盾にも気づかないのを「純粋な信心」だというなら、コトバの定義から考え直さないといけなくなる。

 この手合いをこの国では「おためごかし」と昔から呼んでいる。

 以上でRAMBO・怒りの層化を終わります。

 

 

 

 

本日の活動報告「宗教否定の私の嫁さん」

学会どころか、大聖人様も信じていない
私の嫁さんに仕事上の大問題が発生。
嫁さん曰く、「あんたの信仰で何かならない?私は苦しいのょ。」
はい。
私がバリバリ君の時でも、
彼女は、新聞も取りません、完全拒否。
ハム党への支援は、言わずもがな。
学会へ入会は死んでも無理。

そんな彼女の苦悩が解消出来る様に
真剣に祈りました。

結果、思いも寄らない事が起きて、
「何を祈ったの!!」と、
驚愕した嫁さんからの電話。

私、答えました。
大聖人様に力があるからね!
貴方の苦悩が和らいで良かったね。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 明日は我が地区部長より
> 御誘い頂いてたので、
> 同中に参加します。
> 私の地区の地区部長
> 人としても
> 尊敬に値する人格者。
> 彼のお誘いは
> 私、断る事は致しません。
> 例え、くその役にも立たない
> 歓喜の欠片もない邪宗の集い
> でも、
> バチを御本尊様から
> お受けするなら、
> それは、それで致し方無し。
> 人間として、
> 大聖人様の端っこの弟子として
> 内部、外部に関わらず、
> 振る舞いだけは大事にしたいと、
> 思います


それで罰など受けませんよ。
いつかその地区部長さんを
大御本尊のもとへ善導してあげててください。

Ramboさん

こんににちは。

>  なにもかも丸呑みして信じるのが「無疑曰信」ではなかったのだ。

そうですね。全てを疑い尽くした結果疑いが無くなったってのを「無疑曰信」といいます。
そしてその時には「無学」になるのでしょうね。

>  ゲイカも疑うことを教える層化は、かたや「イケダセンセイ・オクサマ」を疑うことはいけないというのは、論理破綻であろう。

全くです。

>  そしてなんの連絡もこなくなる。  これが異端??に対する創価学会員の常道だ。  それなのに、「世界宗教」を標榜するらしい。

目に浮かびますね。その人達の態度が。


>  大聖人を結局否定しながら、「直結だ!と言いつつ、弘安2年の大御本尊を認めないといいながら、その系列の、慈折広布大願のご本尊を信じろという。 日寛本尊をコピーしまくり、なかば強制に「お取替え」とかをさせる。  これが矛盾でなくてなんだろう。  層化のほうを疑わざるを得ないではないか。

普通に考える思考能力が有れば、小学生でもそう思いますね。

>  この手合いをこの国では「おためごかし」と昔から呼んでいる。

ああ、まさに創価及び創価活動家にピッタリな言葉です。
日本語ってすごいなぁ~(笑)

退転壮年部おじさん さん

再び、こんにちは。

きっと、奥様は創価が信じられないのだと思います。
創価が信じられないから
よく分からないけど、日蓮の教えも信じられない。
そんな感じじゃないでしょうか?
創価の話を抜きにして
大聖人の仏法のことなど徐々に会話されれば
いつかは御本尊に題目あげるようになると感じます。
退転壮年部おじさんさんの奥さまですから
「信心しよう」などと言わなくても
いつかはそうなりますよ。
二人でお題目をあげる日が今から楽しみですね。

管理人様に感謝です。そのうち嫁さんも

例え夫婦でも、肉親でも、
心は違いますし、
私の出来る事は、ただ、ただ、
御本尊様に感謝の気持ちで祈るだけです。
本当にいつも有難うございます。

間違った物(者)を信じる怖さ。

昭和47年10月12日創価学会の寄進で正本堂を建立して赤沢朝陽
で作らせた偽本尊を堂々と正本堂に掲げた。
「如何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつ」
(成仏用心抄)

「ついに御本尊を勝手に模刻(八体)すると言う大謗法に至る」
(日蓮正宗入門)
昭和53年池田名誉会長は8体の本尊を模刻して発覚、7体の本尊
は大石寺に押収された。
学会内部の事件です、真意は貴方方御自身でお調べ下さい。

海外から偽ブランド品を持ち込むと空港で取り上げられ焼却処分される、偽一万円札を使うと罰せられます。
間違った物(者)を信じる怖さです。

私の間違いを証明して下さい。宗教研究家 尾坂光義
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR