宗教研究家 尾坂光義さんのコメントへ

宗教研究家 尾坂光義さんより
色々とコメントをいただきました。
お返事を書く前に再度書きますが
このブログにおいては基本対論をする気持ちはありません。
とはいえ、再三コメントをいただいた件に
なんの回答もしないままでは失礼かと思い
一度だけ、私の所感をご回答します。
この記事に、更なるコメントをいただくことはご自由ですが
私からの今回のご質問に対するご回答は
本記事が最終的なものであることを
あらかじめご了承ください。
まず、初めに

>私の間違いを証明して下さい

とのことですが、尾坂光義さんの主張に対して
個人的には、是非はありませんので「間違えを証明」するつもりはありません。
あくまでも私の意見を述べさせてもらう。それだけです。
さて、

>昭和47年10月12日創価学会の寄進で正本堂を建立して赤沢朝陽
で作らせた偽本尊を堂々と正本堂に掲げた

とありますが、これはいわゆる「板マンダラ事件」として裁判になりましたね。
正本堂の板マンダラはニセ物であるから正本堂への供養を返還せよ。
元学会員がおこした訴訟です。
結論から言うと、信仰の根幹に関すること(本尊のこと)については
司法で判断するべきではない。との理由により原告の訴えは棄却されました。
この判決は、ひとつは司法では本尊の真偽に関してかかわらない。というこであり
別の見方をすれば、本尊がニセ物であるということを証明する
客感的かつ決定的な証拠がなかった。ということだと思っています。
そのような観点から見ると、大御本尊の真偽は未決。ということでしょうから
「正本堂にニセ本尊を掲げた」と断定するには材料が少なすぎると感じます。
また、司法で判断できなった最大の要因は
「なにをもってニセ物なのか」または「本物なのか」ということは
信仰上の問題であり、個々の見解の問題であるからでしょう。
これは本尊以外にも御書などについても同じことです。
よくあるのは、大聖人の真筆でなからニセ物というロジックですが
真筆以外ニセ物ならば、釈迦の経典は総てニセ物。ということになります。
勿論、仏法を信仰していなければそう思います。
本尊もしかりです。

そこで、尾坂さんの大御本尊を偽物とする根幹は、

>大石寺では三大秘法の大御本尊を作るのに邪神の七面大明神に
祈念して作った大謗法の偽本尊です

ここにあるかと思います。
この部分について私の見解は違います。
日法師が七面大明神に祈念して作った。
というのは家中抄に確かに書いてありますが
七面大明神が邪神であるというのは違うと思っています。
七面大明神は別名七面天女。
この七面天女とは、日連系では邪神どころか
法華経を守護する善神であり、
また身延の守護神でもあります。
当時は当然まだ大御本尊を建立していませんし
身延離山もしていません。
ですから、身延の守護神であり法華経の守護神である
七面天女に日法師が祈念するのはまったく問題ありません。
むしろ、七面天女に祈念することは正しいと思います。
大聖人には諸天善神をまったく否定していません。
もちろん大聖人が七面天女を邪神と言われた御書もありません。
七面天女や鬼子母神自体は邪神でなく善神です。
邪神と化してしまうのは、大御本尊を蔑ろにして本尊としてしまうからです。
大御本尊ご建立以前は、大聖人その人が御本尊です。
日法師が大聖人を蔑ろにし、敵対した上で
七面天女の祈念し大御本尊を建立したのなら
確かに、尾坂さんの言うとおりかと思いますが
そうではありませんから、七面天女にご祈念したから
大謗法の偽本尊。というのは違うだろうと思います。
大聖人が身延におられているのだから
身延の守護神にご祈念をする。
私的には、これが謗法とは思えません。

また、学会による本尊模刻の件については
個人的には謗法だと思っていますが
この件については今回は割愛します。

以上が私の私の尾坂さんのコメントに関する見解です。
再度書きますが、これは私の見解であり
尾坂さんの意見に対し、批判したものでありません。
尾坂さんは、尾坂さんの信じるもの信じれば良いと思います。
それに対してどうこう言うつもりはありませんし対論するつもりもありません。
あとは読者の皆様がお互いの意見を参考にしつつ
個々に判断していくださればいいかと思う次第です。
簡単ではありますがこの記事を
コメントへのお返事とさせていただきます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大聖人様は何故?

いつも大変お世話になります。
横槍を入れて申し訳御座いません。

我見では、御座いますが、
日蓮大聖人様は何故、
御本尊様「形として曼荼羅」を
書き残されたのか?
わたくしは其処に尽きると思います。

大聖人様も末法の御本仏とは言え、
生身の人間だった訳で、
末法万年のこの時に、
文明も
発達していない
「ビデオや録音でご指導残す事も出来ない」鎌倉時代に、
衆生が迷わぬ様に、弟子達の為に、
膨大なお手紙と御本尊様を
残されたのかと。

有難いです。
私の様な世法まみれの凡夫には
後真意はわかりません。
でも、大聖人様は
有難い唯一無二の究極です。

散々お金をかけて、
宣伝したのに、
褒めてもくれない、
成果も残したのに、
褒めてもくれないお山。
学会(せんセ)が日蓮正宗(日顕上人)を
大嫌いだったのは心情的には
解りますが、御本尊様にお褒め頂ければ
それで良いと思う次第です。

偽本尊云々は
大聖人様を誹謗する事になると
思います。学会は辻褄合わせに無理が
あり過ぎます。我見ですが。

助けてあげて下さい。

可哀想な方です。愛知県の女性です。アメブロに創価学会員の方はいないのですか?彼女に幸せになれるように説得してあげて下さい。誤解をしています。宜しくお願い致します。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 我見では、御座いますが、
> 日蓮大聖人様は何故、
> 御本尊様「形として曼荼羅」を
> 書き残されたのか?
> わたくしは其処に尽きると思います。
> 大聖人様も末法の御本仏とは言え、
> 生身の人間だった訳で、
> 末法万年のこの時に、
> 文明も
> 発達していない
> 「ビデオや録音でご指導残す事も出来ない」鎌倉時代に、
> 衆生が迷わぬ様に、弟子達の為に、
> 膨大なお手紙と御本尊様を
> 残されたのかと。

はい。私もそう思います。

> 有難いです。
> 私の様な世法まみれの凡夫には
> 後真意はわかりません。
> でも、大聖人様は
> 有難い唯一無二の究極です。

その通りです。
何人たりとも取って代わることはできません。

> 散々お金をかけて、
> 宣伝したのに、
> 褒めてもくれない、
> 成果も残したのに、
> 褒めてもくれないお山。
> 学会(せんセ)が日蓮正宗(日顕上人)を
> 大嫌いだったのは心情的には
> 解りますが、御本尊様にお褒め頂ければ
> それで良いと思う次第です。

そうですね。
信心は好き嫌いではなく
正しいか間違っているかだと思います。
モチロン、スキとか嫌いとかの感情はあって当然ですが
それ以上に正邪が大切だと思います。

> 偽本尊云々は
> 大聖人様を誹謗する事になると
> 思います。学会は辻褄合わせに無理が
> あり過ぎます。我見ですが。


そうですね。
私も個人的には御本尊に対して
真偽云々を言うのは傲慢だと思います。
凡夫がご本尊の真偽を決めるのはおかしいと思ってます

おこさん

コメントありがとうございます。

> 可哀想な方です。愛知県の女性です。アメブロに創価学会員の方はいないのですか?彼女に幸せになれるように説得してあげて下さい。誤解をしています。宜しくお願い致します。

残念ながら私に他の人を救える力はありません。
私自身が大御本尊に救ってもらう立場です。
申しわけありません。

じゃ私自身が救います

入り方を教えて下さい。アメブロにいます。他の学会員の方も力を貸して下さい。宜しくお願い致します。

正邪を見極める力

いつも大変お世話になります。
管理人様のブログには
善悪両方の知識者様がいらっしゃるなぁ。
善知識の方が多数ではありますが。
たまぁーに違う方もいらっしゃる。

話は変わりますが。
本日やっとの事で、
管理人様の過去からの
ブログを斜め読みでしたが
全部読み切りました。

そして、私の勝手な感想は、、

管理人様は「ぶれない」
確信がある人だなぁ。

創価に所属は一応されてるのに、
どこぞの宗教団体の二枚舌とは
違い一切の変説はない。

管理人様のご境涯には及びませんが
私も、毎日サボらずに
五座三座を基本に
正しい信心(大聖人様への報恩感謝)を
真っ直ぐに行い、少しでも
人間革命して参ります。
「某教団的コメントで大変失礼でした(汗)」

長文乱文ご容赦願います。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 話は変わりますが。
> 本日やっとの事で、
> 管理人様の過去からの
> ブログを斜め読みでしたが
> 全部読み切りました。

え?全部読んでくださったのですか?
こんな拙いブログをありがとうございました。
貴重なお時間をいただき申しわけありません。

> そして、私の勝手な感想は、、
> 管理人様は「ぶれない」
> 確信がある人だなぁ。

まぁ、頑固ってことで。


> 五座三座を基本に
> 正しい信心(大聖人様への報恩感謝)を
> 真っ直ぐに行い、少しでも
> 人間革命して参ります。

はい。
共々にこの人生を勝利して参ろうではございませんか!
(私も某教団的コメントですみません(笑))

今回のブログとは全く関係御座いませんが

管理人様いつもお世話になります。
完読とは名ばかりで
斜め読みで申し訳御座いません、、。

さて、明後日は息子の4歳の誕生日の為、
会社に無理を言って
有休を頂き関西に帰省しました。
宗教嫌いな嫁さんとも対話の
時間が取れるので
このブログで学んだ事を元に
仏法対話を秘かに企んでおります私。
あっ、
もちろん某教団に入会させる
つもりはないです。

全くブログには関係御座いませんでした。
失礼致しました。m(_ _)m

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

奥様と仏法対話ですか。
楽しみですね。
大聖人の仏法を話す事で
奥様も御本仏に縁される事と思います。

◆此の娑婆世界は耳根得道の国なり(一念三千法門)

楽しい会話し、
楽しい時間をお過ごしください

七面大明神を斬る!

☆七面大明神を斬る! 宗教研究家 尾坂光義

昭和47年10月12日創価学会の寄進で大石寺は正本堂を建立して
赤沢朝陽にウルシ塗りの偽本尊を造らせたのは事実です。
「正本堂は一期弘法抄、三大秘法の意義を含む現時における
事の戒壇」(大石寺第66世日達猊下) の言葉でも明かです。
学会の池田会長と日達猊下は偽本尊制作の共犯であり刑期は
地獄で受ける事になる。
偽本尊は末代の恥であり証拠隠滅を兼て正本堂は取り壊わされた

裁判所は本尊が偽物か本物かの宗教裁判はしません。

身延の僧俗は「七面大明神は身延山の守神」と言っているが
蛇神や稲荷は因果の法則を無視した外道信仰であり諸天善神では
ありません。
身延では万物の霊長である人間がへりくだって蛇や狐を崇めて
いる。「ブルータス お前もか!」
学会員なら蛇神や稲荷等の外道信仰(法華以外の教)の恐ろしさを御書で学んでいる筈です。
日蓮大聖人は世界の守り本尊であり他の神仏は無用です。





宗教研究家 尾坂光義さん

こんばんは。

> 七面大明神は外道(仏法以外の法)の蛇神であり諸天善神では無い
> 身延山の邪僧達は 七面大明神は身延山の守り神 と言っている
> 「ブルータス お前もか!」
> 「教学耐えなば仏法あるべからず」(諸法実相抄)
> 学会員なら御書講義等で外道信仰の謗法学んでいる筈です。
> 身延山の坊主以外に七面大明神が諸天善神と言う人に初めて
> 会った。
> 「正法を知るなき愚か者」(法句経)
> 「謗法の者は多くは無間地獄に生まれる」(呵責謗法滅罪抄)
> 宗教研究家 尾坂光義 宗教団体には所属していない。

そうですか。
これからも、貴方の宗教研究が深まるといいですね。
それでは。また。

No title

☆七面大明神を斬る 2 宗教研究家 尾坂光義

私の法論にも馬耳東風…。
実際には馬の耳は非常に敏感であり「成仏」(崩れない幸せ)の
法話を聞いてくれる人と思っていた。

身延山の蛇は何時 何処で七面大明神(架空)になりましたか?
「誠なき者(七面大明神)に誠ありと思い 誠ある者を仮と見る人は
偽りの思いに迷い 真実に至りがたし」(釈迦・法句経)

身延の外道信仰を指摘すると「正法を知るなき愚か者」(法句経)
は法華経を顕正する事なく、枝葉の論理に食い付く。
「智者の身となっても地獄に堕ちては何の徳があろうか」(十八
円満抄)
「抜苦与楽」(苦を除き楽を与える)堕地獄を救えるのは私です。

「経の心を知れる僧に近づき いよいよ法の道理を聴聞して信心
の歩を運ぶべし」(新池御書)
☆ 地湧の菩薩 尾坂光義

宗教研究家 尾坂光義 さん

こんばんは。

> 私の法論にも馬耳東風…。


法論ですか。
私は最初に申し上げました。
ブログで「法論」はしないと。
あなたは、「研究家」なのですよね?
だったら研究を進めてください。
正直言って、私はあなたの「研究」には
興味はありません。
あなたが、大御本尊をニセ物と思うのも
そしてそれをネットで発表するのも
あなたの自由です。
どうぞお好きにしてください。
あなたのご質問に関する私の回答は済んでます。
ですから、同じ話の繰り返しには回答はしませんよ。
あとはご自由にしてください。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR