創価教学じゃない御書講義(6月度座談会御書・祈祷抄)

◆大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも潮のみちひぬ事はありと も日は西より出づるとも法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず(祈祷抄)

今月の座談会御書は先月の開目抄の一節と同じよに有名な一節。
このご文を思い出しながら題目をあげてる人も多いでしょう。
そんなメジャーな御文ですね。
この御文の前には何故法華経の行者の祈りが叶うか?
といことが書いてある。
ようやくすると、諸仏・諸天から九界の一切衆生が
法華経の行者を守るので祈りが叶うということ。
どうして守るかというと一切衆生は法華経によって成仏した。
その恩を返すと、仏に約束したから。
仏の約束故に諸仏・諸天は法華経の行者を
敵(苦悩)から守る。
だから祈りがかなわないことはない。
なるほど、道理だね。

さて、そこで今回の一節でポイントなるのが
【法華経の行者】とは一体どのような人なのか?ってところ。
【法華経の行者】の祈りは必ず叶うのだから
【法華経の行者】がなんたるかを知らなければ話にならない。
学会幹部・活動家がよく口にするのは
「祈るだけだはダメ。行者とは活動すること」
な~んて学会活動をしないと行者じゃない風に言うが
そんな事は関係ない。

【法華経の行者】と一口に言っても、
この【法華経の行者】には、総別の二義がある。
総じて言えば、大聖人の仏法を信仰している我々凡夫のことだが
別して言えば【法華経の行者】とは日蓮大聖人のことを指す。
そして現在この【法華経の行者】=日蓮大聖人とは
毎回書くが、大御本尊のことである。

◆本尊とは法華経の行者の一身の当体なり(御義口伝巻下)

つまり【法華経の行者】の祈りとは
大御本尊対して祈る祈りのことを言う。
ここがまず一番大事。
後日改めて書くが、我々が大御本尊に祈る祈りとは
そっくりそのまま、大御本尊の祈りとなる。
つまり我々が祈っている祈りは、
まんま大聖人の祈りでもあるのだ。
だからこそ祈りが叶う。のだ。
この御文のあとに

◆行者は必ず不実なりとも智慧はをろかなりとも身は不浄なりとも戒徳は備へずとも南無妙法蓮華経と申さば必ず守護し給うべし

とあるのは我々がどうであれ、
大聖人が一緒に祈ってくれいるから必ず守護される。ということだ。
ここが一番のキモである。
とはいえ、我々もまた法華経の行者でなければ祈りは叶わない。
で、法華経の行者の定義とは何か?
色々御書には書いてあるが、祈祷抄に関連して言えば

◆法華経の行者は信心に退転無く身に詐親無く法華経の行者は信心に退転無く身に詐親無く一切法華経に其の身を任せて金言の如く修行せば慥に後生は申すに及ばず今生も息災延命にして勝妙の大果報を得広宣流布大願をも成就す可きなり。一切法華経に其の身を任せて金言の如く修行せば慥に後生は申すに及ばず今生も息災延命にして勝妙の大果報を得広宣流布大願をも成就す可きなり。(祈祷抄送状)

と書いてあることだと思う。

信心に退転なく。とは大御本尊に対する信を捨てないということ。
信心と具体的に言えば、「何を信じるか」ということであり
何をもって「本尊とするか」ということである。
法華経の行者が本尊とするべきは、【法華経の行者の一身】
つまりは一大秘法の大御本尊ということである。
大御本尊を信受しない学会員は信心に退転した姿である。
身に詐親無く。とは大御本尊に偽り親しまない。ということだ。
広宣流布などと言葉巧みに会員を誑かす幹部。
新聞勧誘や選挙の支援依頼の下心で友人・知人に近づく活動家
こういうのを詐親という。
一切法華経に其の身を任せて。とは
勤行・題目を実戦し日々の生活を送ること。
一時的に悪いことがあっても大御本尊を疑わず
いいことがあっても大御本尊を忘れずに題目を上げていく。
インチキ勤行・インチキ題目や
インチキ幹部のインチキ指導に身を任せてはいけない。
金言の如く修行。とは御書読み実践していくこと。
池田センセの指導を金言だと思い
センセの指導通りに実践していくのは如説修行ではない。

結論から言うと、創価の言うとおり活動するということは
【法華経の行者】でなくなる。ということに等しい。

◆法華経の行者の心もしらず題目計りを唱うるが諸宗の智者におどされて退心をおこす(曾谷入道殿御返事)

創価活動家は法華経の行者(大聖人)の心も知らないで
題目あげてりゃそれでいい。ってなもんだから
池田センセをはじめとする諸宗の智者に騙され退転するわけだ。
そんな、創価活動家は【法華経の行者】ではない。
故に、祈りは絶対に叶わない。
祈祷抄冒頭に

◆仏説なればいづれも一往は祈となるべし

とあるから、一応は「祈り」だが
その「一応の祈り」はかなわぬ祈りなのである。
本当に叶えて欲しい祈りがあるなら
学会活動など今すぐやめて
大御本尊への信を取り戻し
正しい勤行・唱題を実戦することだ。
そうすれば【法華経の行者】の祈りとなる。
【法華経の行者】の祈りなれば
叶わない祈りはないのである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

明快ですね☆

 学会活動が正しい「信 行 学」でなくなったのは実際のところ、いつ頃からでしょうかね。

 私のここ数日の後輩とのメールのテーマは、

 幹部の官僚性と現場の実態(常態といってもいい)のこと。

 悲惨な会員さんに限って、放置、ネグレクトされるのは どういうことか。

 そしてこれはどうすればいいのか、 どこから手をつけたらいいか。

 後輩も私も現在はまったく組織から「浮いて」います。

 悩んでもキリがないほど次々と情報が入ってきます。 つい数日前

 まだ若い地区担さんが心を病んでリタイアしたい旨、伝えてきたそうです。  幹部は「治ったらまた活動に復帰すればいい」と言ったらしい。

 ものすげえ三悪道のスパイラルが彼女にも終わりなく続くのです。 

 挙げればキリがないほど、ここの組織も病んでいます。

(これを読んでる会員さん、幹部さん お宅の地域はいかがですか?)

 

 それを異常だとも思わない幹部、、 あるいはわが身にそれが来るまでは気が付かないか、 そうなっても「ガッカイカツドウ」にしがみつくのでしょうね・

 これを見ておいてほっとけば私も後輩も与同罪。 なにより人として成り立たなくなる。

 「日蓮は泣かねど 涙ひまなし」 大聖人さまのご境涯の真似事に過ぎませんが、後輩も私も、法華経の兵法しかないのだから、策を労さずに、祈るしかありません。

 あの会則改悪問題で地元の県長・圏長と、何度も話し合いを持ち、あげく、ネグレクトもひどくなりましたが、ここにいたってそんな連中を説得したところで、なにも変わらないことは自明ですから、、、、

 やはり会員さんに会って、信心の激励の対話(キャッチボール)をするしかありません。

 しかしそれがやがて上の幹部の耳に入るから、何か言われて、当の本人の会員さんは、また混乱してしまうのですね。

 ここまで書いて

浮かんだのは 「声 仏事を為す」

  でした。 

 がんばります。

 

 

 

 

Ramboさん

こんばんは。

>  学会活動が正しい「信 行 学」でなくなったのは実際のところ、いつ頃からでしょうかね。

やはり大本尊と離れるといかに学会でもこうなりますね。
宗門と別れたのがいけなかったのでしょう。
双方にとってお互い抑止力になっていたのだと思います。


>  あの会則改悪問題で地元の県長・圏長と、何度も話し合いを持ち、あげく、ネグレクトもひどくなりましたが、ここにいたってそんな連中を説得したところで、なにも変わらないことは自明ですから、、、、
>  やはり会員さんに会って、信心の激励の対話(キャッチボール)をするしかありません。
>  しかしそれがやがて上の幹部の耳に入るから、何か言われて、当の本人の会員さんは、また混乱してしまうのですね。

それでもいい続ける以外ないですね。
あとは当人の判断ですね。  

Re: 活動家さんの真意について聞きたいです

どのようなご質問ですか?
時間のある時に返信しますので
ご質問の内容を書いておいてください

双方にとってお互い抑止力

いつもお世話になります。
関西に帰省し、息子の誕生日祝いと
嫁さん&義母との仏法対話も出来て
有意義な日々を過ごしてきました。
大聖人様に感謝です。

ランボー様のコメントに御座いました通り
双方にとってお互い抑止力は
確実にあったと私も思います。

何を信仰の対象にするのかは
宗教の根本ですので、
悪かろうが良かろうが、
基本中の基本(根本)を
変えては、もうダメ。
多分、センセは
私ほど法華経を世界に広めた人間は
いない。戸田先生よりも私が凄い。
師匠よりも、歴代の法主よりも、
現代の法華経の行者なのだ!
私の金言さえあれば、
世界は救われるのだ!と、
思われたから今の学会の方針や
ご指導なのかと。

嫁さんが、
たまぁーに、セイキョウに掲載される
センセの近況写真を見て一言。
あ〜ぁ、この人、目がしんでるわぁ、
頭やってるね、歩けるかなぁ、可哀相。

長文乱文ご容赦願います。


退転壮年おじさん さん

こんばんは。

> 関西に帰省し、息子の誕生日祝いと
> 嫁さん&義母との仏法対話も出来て
> 有意義な日々を過ごしてきました。
> 大聖人様に感謝です。

それは良かったですね。
大聖人様もさぞやお喜びのことだと思います。

> 何を信仰の対象にするのかは
> 宗教の根本ですので、
> 悪かろうが良かろうが、
> 基本中の基本(根本)を
> 変えては、もうダメ。

その通りです。


> 多分、センセは
> 私ほど法華経を世界に広めた人間は
> いない。戸田先生よりも私が凄い。
> 師匠よりも、歴代の法主よりも、
> 現代の法華経の行者なのだ!
> 私の金言さえあれば、
> 世界は救われるのだ!と、
> 思われたから今の学会の方針や
> ご指導なのかと。

そうかも知れませんね。
心を師にしてしまったのかもしれません。

> 嫁さんが、
> たまぁーに、セイキョウに掲載される
> センセの近況写真を見て一言。
> あ〜ぁ、この人、目がしんでるわぁ、
> 頭やってるね、歩けるかなぁ、可哀相。

一般の方にはそう見えるのでしょうね。
人生の最終盤をそ思われてしまうのは悲しいことです。

追伸

管理人様いつも有難う御座います。

一般人(宗教嫌い)の嫁さんとの
会話で彼女が
言っておりました。
神さまとか仏さまは
手に届く存在なのか?
感覚的には
絶対的な存在であるべき。

学会さんは
身近な先生を絶対的な存在として
敬い、彼の指導を人生の指標と
している事に違和感を
感じると申しておりました。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 学会さんは
> 身近な先生を絶対的な存在として
> 敬い、彼の指導を人生の指標と
> している事に違和感を
> 感じると申しておりました。

そうでしょうね。
私も入会前・入会後そう感じていました。
センセに何でも「私が!私一人だけが!」
というスピーチにも心から頷けなかった。
幹部だったので立場上、皆には言わなかったが
そこがずっと違和感がありましたね。
おそらく、そう感じている学会員は結構いると思います
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR