今週の言葉(6月6日)より。

わが地区・ブロックこそ
広宣勝利の電源地なり。
皆が勝利の開拓者だ。
先師の如く勇敢に
いさ仏縁の拡大を!
@@@@@@@@@@@@@@@

今週の言葉を読んだ時に
真っ先に思い浮かんだのが
「北斗の拳」に出てくる
「中央帝都」
知らない人は↓
 http://www.geocities.jp/hokuaniken/sakuhin/yougo/syuyou/tyuuouteito.html

「中央帝都」は、ジャコウが作り上げた城で、
四六時中灯りがこうこうとついているのだが
実はその電源は、地下の発電所で
近くの村人が奴隷として発電作業を強制されいる。
一度とらわれた者は、死ぬまでここで強制労働。
地区・ブロックの幹部・活動家ってのは
この地下にいる村人みたいなものだ。
村人の地下での強制労働で
供給された電気は
地上の城の中のお偉いさん方が使いたい放題。
村人たちが享受できる電気は
1ワットもない。
電源地は、電源地として
電力を供給するだけがその役割だ。
まさに、今の創価を言い当てている
久しぶりのナイスな記事じゃないか。
書いた職員は、「北斗の拳」の愛読者なのか。

中央帝都と違う所は、
決して奴隷たちに「自分達は奴隷だ」と
思わせない所だ。
「皆が勝利の開拓者だよ」といって
敢えて、奴隷に主役の座をわたし
彼等の心を満足させる。
何のことはない、「奴隷が主役」の小芝居に過ぎないんだけど
それで、嫌な顔をせずに喜んで
自分達の為に電力を供給してくれるのだからそれに越したことは無い。
そう考えると、中央帝都のジャコウよりもタチ悪い。
ジャコウというのはかなりの邪心の持ち主で
なかなかの策士でずるくて卑怯者。
ジャコウとは↓
http://www.geocities.jp/hokuaniken/chara/hokuto/main/jakou.html

がしかし、そこはアニメの世界。
リアルの世界には、アニメなどより
数段に薄汚い卑怯者・臆病者が存在するものだ。

あるはずのない「功徳」
行けるはずのない「寂光土」
会えるはずのない「大聖人」
それを夢見て生涯奴隷のように
創価上層部の為に電力を作り続ける。
その電源地が、地区・ブロックの方々だ。
ケンシロウ・・
創価の地区・ブロックの村人を救ってあげて!
そんな感じだな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お前はもう目が死んでいる。

今週のことばを書いた彼は
間違いなく北斗の拳を
知ってると思われますね(笑)
管理人様のブログを見て、
慌ててポストの中で眠っていた
セイキョウ新聞を取りに行きました。
1面にハート様のお写真が御座いました。

初代創価会長のお隣に。
SGI会長として、
そう言えば、
SGI会長って、
初代で終わりなのでしょうか?
まぁ、どうでも良いのですが。

管理人さん正宗にもどってきてください♪
うちの御住職が本年の元朝勤行会で
創価学会の人たちは普通の人では折附できません!とキッパリおっしゃってました。
私たちの事だと思いませんか?(笑)
ショッカーと闘えるのは仮面ライダー
デーモンと闘えるのはデビルマン!

法華講の組織活動はやはりかったるいです
あんなんじゃ悪の軍団に勝てない…(--;)
宗門と創価学会は不二だったのだと感じます。


退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 管理人様のブログを見て、
> 慌ててポストの中で眠っていた
> セイキョウ新聞を取りに行きました。
> 1面にハート様のお写真が御座いました。
> 初代創価会長のお隣に。
> SGI会長として、


ハート様ですか(笑)
血を見ると逆上して怖いですね。

> そう言えば、
> SGI会長って、
> 初代で終わりなのでしょうか?
> まぁ、どうでも良いのですが。

さぁどうでしょう。
ただ名誉会長は初代で終わりです

元創価班さん

こんばんは。

> 管理人さん正宗にもどってきてください♪

ありがたいお言葉です。
でもまだ戻れそうもありません。
いつかは、大聖人にお会いしたいとは思っています。

> うちの御住職が本年の元朝勤行会で
> 創価学会の人たちは普通の人では折附できません!とキッパリおっしゃってました。
> 私たちの事だと思いませんか?(笑)
> ショッカーと闘えるのは仮面ライダー
> デーモンと闘えるのはデビルマン!

確かに。(笑)
普通じゃありませんから私はorz・・・

> 法華講の組織活動はやはりかったるいです
> あんなんじゃ悪の軍団に勝てない…(--;)
> 宗門と創価学会は不二だったのだと感じます。

そうでしょうね。
法華講さんは大人しいというか何というか・・・
中には凄い人もいますが
そう言う人は結局組織の中で浮いた存在になっているようです。
まぁ、何処も同じなのでしょう。
そんな中でも元創価班さん頑張ってください。
創価会員を救えるのは
あなたのような人なのですから。
私も頑張ります

昨日は牧口会長の生誕日

牧口先生の生誕145周年を
記念する勤行会を
ハート名誉会長と
創価会長が
別々の場所にて
厳粛にやられたそうですね。

もし私が大幹部で、
ハート様のお側に居れたとし、

かつ、昔のバリ活者だったら、
申し上げますね、

「先生!是非一緒に勤行をさせて
下さい!」って。

話は変わりますが、
私の父親は自宅の仏壇を開く時は
必ず、おシキミを口にくわえ、
ご本尊様様に息が、
かからぬ様にしてました。

今は電動式で扉も開くし、
シキミも偽物になってますけど。
スミマセン、、。蛇足です。

勝手なスレ違いです。


舛添の追及で自公はどこまで本気なのだろうね。

 彼の行状?が違法かどうかということはどうでも良くて、あれだけの不義理・非人情で不名誉な知事が、なかなか辞職に追い込まれないことに関心がある私。  肝心かなめの100条委員会も果たして開催されるのかどうか。。

 都議会の様子も観た。  一応の追及姿勢はみせたものの、強制力の強いこの委員会の設置の可否が問題だ。  全国から多くの会員が健気に、東京へ東京へ、と向かい、本丸の都議会議席を守ってきた。

 道義的責任を感じて自ら辞任する様子もそぶりもみせないこの男を推薦した手前もあろうが、今、彼を辞めさせたらまずい与党は、「困っている」だけに見える。

 昔の話で恐縮だが、御大がこういうことを語った。

 「公明もいつまでも素人ではだめだ。 なめられてはいけない。 これからは大人の党になっていくんだ。」と

 今思えばこの時点でハム党は「こころざし」を失ったんだと思う。

 かつては「伏魔殿」とも呼ばれた東京都議会で、質問主意書にも書いてない、質問をぶっぱなし、「爆弾質問」の嵐を巻き起こし、証拠をつきつけて、「浄化」を図ったハム党は、もういない。

 人生とは多くの場合、成熟を志向する。 きれいごとじゃやっていけない。

 63歳の私には知れ切ったことだし、判りきったことだ。   清濁併飲む度量だって持ち合わせていてないと、大方はウツになって自殺でもしたくなるのが、人生であり仕事であり、政治世界というものだ。

 ただ私は、そういう凡百の議員を作るために、創価が政界に進出したとは思っていなかった。

 「清潔 公平 自由 平和 」  これがかつての誇り高いハム党の党是であった。  ほかの党派とは違うんだ。 だから恥ずかしいのに、投票を依頼してきた。  

 今の学会員は、F取りのときに、この言葉を胸を張って言えるだろうか。

 言えないでごまかすしかない活動家さん。  もう腐った法戦なぞやめなさい。  実際は「不潔 不公平 不自由 戦争」なんだもの。

 そうやって連立与党を必死?で守って、日本をどん底へ突き落としながら、己れの功徳ばかり漁ることを「堕地獄の悪業を積む」と大聖人のご精神は教えているのだ。

 せせら笑ったそこのあなた。  

 あなたはもう堕ちている。
 

お樒

退転壮年部おじさん様のお父上様は正宗のしきたりを体得されていらっしゃるんですね。

学会から正宗に帰依して感じたのは、御本尊様に向き合う姿勢、心構えがあまりにも違うことです。

御本尊様は生身の仏様であり、造花の樒を供えるなどありえないと。
ちなみに小生が学会員の時も造花の樒を供えたことは一度もありません。

今の学会員さんは造花の樒を供えることに疑問を感じないのでしょうか?
お仏壇を掃除するとき、お樒は口にされないのでしょうか?

素朴な疑問です。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 牧口先生の生誕145周年を
> 記念する勤行会を
> ハート名誉会長と
> 創価会長が
> 別々の場所にて
> 厳粛にやられたそうですね。
> もし私が大幹部で、
> ハート様のお側に居れたとし、
> かつ、昔のバリ活者だったら、
> 申し上げますね、
> 「先生!是非一緒に勤行をさせて
> 下さい!」って。

そうですよね。
てか、ハート様方から
「一緒に勤行しよう」というでしょう。

> 話は変わりますが、
> 私の父親は自宅の仏壇を開く時は
> 必ず、おシキミを口にくわえ、
> ご本尊様様に息が、
> かからぬ様にしてました。
> 今は電動式で扉も開くし、
> シキミも偽物になってますけど。

今の創価は「化義」はどうでもいい。
らしいですからね。
因みに我が家は庭に樒を植えていますが
やはり、買ったモノの方がよくて購入してます。
せっかく植えたのに・・と嫁に愚痴られます

Ramboさん

こんにちは。

> 舛添の追及で自公はどこまで本気なのだろうね。

本気じゃないでしょう。
怒っているふりしてるだけですね。
世論が騒いでどうしてもとなれば
百条委員会設置せざるを得ないと思いますが
自公もできればそれは避けたいのでは?
勝てる候補もいなそうですし
桝添の首根っこを抑えて
言うこと聞かせる方が
自公にとっては都合がいいのではないかと思います。
むしろ舛添がこうなって喜んでいるのではないかと感じます

古刹信徒さん

こんにちは。

> 今の学会員さんは造花の樒を供えることに疑問を感じないのでしょうか?
> お仏壇を掃除するとき、お樒は口にされないのでしょうか?
> 素朴な疑問です。

今の学会員は昔ながらの正宗の「化義」軽視です。
いやむしろ、正宗の「化義」はできるだけやらない方向でしょう。
だから、誰も何も教えません。
お樒をお備えするのはどうしてか?
鈴を打つのはどうしてか?
線香をたくのは?
ロウソクに火を灯すのは?
などなど、なぜそういうことをするのか知りません。
そしてそうした行儀が信心であることと思ってません。
勤行や本尊すら変えても疑問をもたのですから
当然といえば当然です。

一緒に勤行しょう!

お世話になります。
確かに、そうです。
一緒に勤行しょうと
言って頂けるハズですょね。

わたくしの実家にも。一時期、樒が
庭にありました。管理人様と同じく
結局は購入した樒を供えてますが、

幼少の頃ですが、
朝の勤行は
父の導師で、家族全員で毎日、
御記念しておりました。

私がパジャマ姿で
仏壇の前に座ろうものなら、
父の北斗神拳が飛んできて、
たいそう怒られたものです(・・;)
くだらないコメントで失礼します。

1989年度版 人間革命を見つけまして。

連続コメントと大変失礼致します。
夜の勤行を終えて、仏壇の周りを
何気なしに整理すると、
小説人間革命の9巻を見つけました。
身延派との小樽問答のくだりの巻です。
そこに書かれていたのは、
身延派の僧侶と一婦人部の対論。

婦人いわく、
「身延では竜女や稲荷を拝んでるけど、
大聖人様は、良いと言ってますか?」

僧侶いわく、
「言っていないね」
「拝むのは、その人の勝手。題目さえ
唱えるなら何を拝んでも差し支えない」
「本尊問答抄に、題目を以って本尊とすべし」と、書いてある。

この切り文を出され
婦人部は困窮します。

正確に言えば、
「法華経の題目を以って本尊とすべし」
なのですが、

そして、
困窮の婦人は、教学には疎いが、はたと、思い出した事は、
大石寺には、
ちゃんと三大秘法の大御本尊がある事。

そして婦人いわく
「身延には大御本尊様が無いでしょ?」

僧侶いわく、
「あぁ、あの板曼荼羅の事か、大聖人様は一機一縁で沢山の御本尊を遺しになった。本門戒壇の本尊と言ったところで、それだけが正しいという訳では無い。」

はい!今のガッカイと
論法が一緒で笑いました。

今、ガッカイが販売してる
人間革命の9巻には何が書かれているのか?
多少の興味が御座います。
該当箇所が黒く墨で削除されてないかと。

長文乱文ご容赦願います。

小樽問答

●小樽問答
聞いたところによると日蓮宗側の答弁になり、いよいよ白熱の論戦になると期待たかまるところで日蓮宗側の弁士に浴びせかけられる罵声と恫喝でまともな法論とはほど遠い内容だったそうです。
会場を埋め尽くす男子部からはヤジの嵐だったようです。
これに激怒した日蓮宗側は法論の一切を禁じたそうです。
討論を通じて日蓮上人の実像に少しでも近づこうという発想はゼロ

●日蓮正宗に対する罵声の浴びせ方みれば日蓮宗の弁士の方々にどのような罵声が浴びせかけられたか想像つきますよね(笑)

小樽問答2

●度々すいません、参考資料貼り付けるの忘れてました。m(__)m
http://www5c.biglobe.ne.jp/~lotus/newpage17otaru.htm
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/kyouka/01/01_053.htm
昔から創価は狂気の集団だったとボクは認識してます。

●現在も、池田氏の生気を失ったうつろな表情の写真を掲載して、先生は元気で会館めぐりしたり執筆活動したりしてますと平然と大幹部様は言ってのけますからスゴイ!
あの写真見ても「先生はすべてを弟子に託してお元気で執筆活動に励んでおられる」と信じれる末端信者もスゴイ!
師弟不二って本当に素晴らしいですね!(笑)

学会の組織から離れてはダメなんて、うちの親や洗脳活動家達は良く言いますが、改めて考えるとおかしいですよね。何回も記事に書かれていると思いますが、学会の組織が正しいのではなく、大聖人様と大御本尊様が正しい。しかし、学会組織、池田が正しい正しいと言い続け、まともに教学も学ばず選挙メインの活動ばかりしているから、めちゃくちゃな思考回路になってしまったんだと。先日、男子部が訪問してきて、組織の状況を聞きましたが、人材不足で盛り上がりに欠けて、いつもの連中がエフ取りに頑張っているとのことです。全く哀れです。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> そして婦人いわく
> 「身延には大御本尊様が無いでしょ?」
> 僧侶いわく、
> 「あぁ、あの板曼荼羅の事か、大聖人様は一機一縁で沢山の御本尊を遺しになった。本門戒壇の本尊と言ったところで、それだけが正しいという訳では無い。」
> はい!今のガッカイと
> 論法が一緒で笑いました。

今の創価の教学は、身延と同じですよ。
戒壇大御本尊を捨てれば
結局そうならざるを得ませんね。

現役男子部さん

こんばんは。

> 学会の組織から離れてはダメなんて、うちの親や洗脳活動家達は良く言いますが、改めて考えるとおかしいですよね。何回も記事に書かれていると思いますが、学会の組織が正しいのではなく、大聖人様と大御本尊様が正しい。

その通りですね。

>しかし、学会組織、池田が正しい正しいと言い続け、まともに教学も学ばず選挙メインの活動ばかりしているから、めちゃくちゃな思考回路になってしまったんだと。

もはや、仏法ですらない感じがします。

>先日、男子部が訪問してきて、組織の状況を聞きましたが、人材不足で盛り上がりに欠けて、いつもの連中がエフ取りに頑張っているとのことです。全く哀れです。

はぁ~・・
もうやめればいいのに。

地区部長が来訪されました。

管理人様いつも大変お世話になります。
学会の教学は、
自己都合の拙いものになったと痛感します。余りにも説得力がありません。
大聖人様から離れてしまうと、
こうなるのかぁ、残念です。

さて、昨夜、
地区部長が私の家に家庭訪問されました。お仕事も忙しい中、大変恐縮。

訪問理由は、Fの為。
「◯◯さん、
誰かハム党をご支援頂ける方が居れば、
このカードに住所と、お名前、
そして紹介者の欄には君の名前を
書いて欲しい」と、
「6月10日が期限なので、書いてくれたら
◯◯さんのポストに入れておいて、
取りに行きます!」

「どうしたもんかのぉう」と、
悩んだ挙句、関西の私の自宅の住所と、
嫁さんの名前を記入し自宅のポストに
入れておきました。

今、帰宅した所、さっそく記入カードは
回収れてました。

創価の法戦は、もう既に始まっていると
日蓮大聖人様の御心とは関係無しに。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 学会の教学は、
> 自己都合の拙いものになったと痛感します。余りにも説得力がありません。
> 大聖人様から離れてしまうと、
> こうなるのかぁ、残念です。

御書(教学)は大御本尊について書かれているのですから
そこから離れてしまうと
いくら学んでも意味をなさないと思います。

>> 創価の法戦は、もう既に始まっていると
> 日蓮大聖人様の御心とは関係無しに。


地区部長さんも大変ですよね。
何が悲しくて公明党の為に
無償で働くのでしょうね。
そんな事をしても
仏道修行にならないのに・・・
こんな事ばかり会員にやらせる学会って
なんなんでしょうね。

かわいそうな地区部長

公明党を支援する事は仏道修行と同じで
功徳を沢山貰えると信じて頑張って
らっしゃいます。
はぁ(^^;;
百歩譲って
地区を自転車に乗って家庭訪問してるので
健康づくりには良いかと思いますょ。
でも、学会の活動には
妙の照覧は御座いません。
諸天善神のバックアップも望めません。
喜ばれるのは大聖人様では無く、
学会の幹部と職員ぐらいでしょ。

面と向かって地区部長に物申す事は
私の様な気の小さなヤツには無理。

なので、この地区部長と同じ沢山の純粋な学会員の方にはこのブログに出会い、
少しでも御自身の信心の在り方について
考えるキッカケに
なれば良いなぁと思い
御本尊様に祈念してます。
管理人様のご負担にならぬ様にとも
思いながら。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 公明党を支援する事は仏道修行と同じで
> 功徳を沢山貰えると信じて頑張って
> らっしゃいます。
> はぁ(^^;;

大半の学会活動家さんはそうです。
だから、そこを否定されちゃうと
怒ったりします。
でも、ダメなものはダメなのでダメとしか言い様がありません。
いつか気づいて欲しいと思いつつ。

> 管理人様のご負担にならぬ様にとも
> 思いながら。

いえいえ。
私は好き勝手書いているだけですから大丈夫です。
ご心配ありがとうございます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる