違法ではないが不適切

ついに舛添都知事が辞任したね。
公明・自民にも見捨てられたら
もうこうなるしかない。
身から出た錆とはいえ哀れです。
党利党略のためには人を切る。
これが政治家・政党というもんです。
違法ではないのにね。

「違法ではないが不適切」
「不適切が違法ではない」
言ってる内容は全く同じだが
いう順番を変えるとニュアンスが違ってくる。
ここが日本語の面白さ。
セールトークでは基本中の基本。
前者の言い方すると「不適切」が強調され
後者の言い方をすれば「違法ではない」が強調される。
舛添さんは、終始後者の立場だった。
「不適切だったかもしれないが、違法なことはしていない」と。
しかし、世間は全く逆で
「違法じゃないかもしれないが、不適切なのだ」とジャッジし
彼を推薦した、公明・自民もその世間のジャッジを
受け入れるしかなかったのだろう。
舛添氏を擁護すれば、
参議院選挙に影響が出るのは間違いないのだから
参院選挙がなければ、違った展開だったかもしれない。

その参議選挙に向けて、創価活動家はいまはお忙しいだろう。
選挙の度に、「政教一致」だと言われる活動家。
その度に、「宗教団体や信仰者が選挙活動するは違法じゃない」という。

非課税の創価の会館で「○○活動者会」という名で
信心の会合かと思いきや公明党候補が来て挨拶する。
または、個人宅の座談会や活動者会にも候補者が来たり
公明党員ではない創価の会員と有権者の宅を戸別訪問する。
うん。確かに違法じゃない。
でも、多くの世間の人々はそうしことを「不適切」だと思っている。
買い物をしてはお店に人に公明依頼。
飲み食いしてはお店の人に公明依頼。
床屋に行っても、本屋に行っても、キャバクラ行っても・・・・
違法じゃないよ。
でも言われる方は迷惑している。
迷惑してるというのは「不適切」だということだ。
なのに、創価の活動家ときたら
「不適切(迷惑)かもしれないが、違法じゃない」と
そうした指摘を意にも介さない。
まさに、創価活動家は全員が舛添さんだ。
そうしたロジックは、世間様には受け入れてもらえないし、
世論を無視しているだけだ。
だから、公明党の比例票なんて全然増えていない。
郵政解散で小泉旋風に乗った
2005年の衆院選の898万票をピークに
増えるどころか減っている。
20年も前から、「1000万人の連帯」とか言って
公明の比例票1000万票を目指してきたはずが
1000万どころか、900万いや最近では800万票に届いていない。
政治の世界・選挙の世界なら致し方ないが
創価活動家は、公明支援を「広宣流布だ」と言ってるのだから
【現証として】少なくともここ20年以上
創価活動家は広宣流布をすることができなかった。ということになる。
どんなに創価活動が広宣流布の戦いをしている。
といっても、現実は【していない】【出来ていない】のだ。

以前にも書いたが、
公明党の支援なんてのは、広宣流布とは何の関係もない。
関係あったとしても、今言ったように増えたないのだからしていないのと同じ。
どちらに転んでも、創価幹部言うところの功徳なんてものは出ない。
にもかかわらず、相変わらず
「選挙の戦いは功徳がでる」なんていって
会員さんを騙す創価幹部・活動家さんたち
あなたたちのやっていることは、
仏法に即せば
「違法でありかつ不適切」な指導だよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(笑)あ~思い出しました♪
先ずは学会員がピンポン押して家の人を敷地外までおびきだして、道路で待ってる候補者に会わせる。でしたね。
違法じゃないけど不適切(爆)
会合がはじまる前に候補者がご挨拶
それでは○○活動者会をはじめます!
なんみょう~
違法じゃないけど不適切(爆)
選挙事務所に仏壇!
違法じゃないけど…

管理人さんうまいこと記事書きますね(笑)

公明党に裏切られた。

いつも御世話になります。
舛添さん「公明党に裏切られた。」と
周囲に漏らしたとか、しないとか、

舛添さんの奥さまは
学会の婦人部だとか、
学会の婦人部じゃないとか、
ネットのニュースでは
色々と言われております。

公明支援の活動が「違法」では無い!
えぇ、そうでしょうねぇ。きっと、、

私は「違和感」を感じますけど。
犯罪じゃないから良し!?なんでしょう。

大切な友人に迷惑掛けて
イヤな思いにさせてまで、
公明支援のお願いなんか致しませんけど。

支援なんかしなくても
公明党自体が特定の人々では無く
一般国民の幸せに役立つ
政党に成長すれば、
一般国民から
進んで御支援頂けるハズ。
Redな政党と
たいして支持率も
変わらない党の今後は如何に?

ここ数日のいかれた活動家への対応大変お疲れ様です。
英雄気取りなのかわかりませんが、厳しい仏法の道理でしっかり精査してもらって出直した方がいいかもしれませんね。

本題ですが、会館で選挙用の内部討議資料を印刷したり、選挙のための会合、打合せばかり開催してますもんね。もう少しで期日前が始まるのでZの戦いが始まるんでしょうね(笑)
この不適切かつ違法な個人への投票の干渉は、やはり賢明な一般の方からしたら異様であり関わりたくないでしょうね。
どれだけ頑張っても統監の2割も満たない人数しか集まらない会合、増えない活動家、選挙は広宣流布などという戯言に騙されて、寝る間も惜しんで活動しましたが、振り返れば無駄なことに大切な時間と労力を使ってしまったという後悔ばかりです。ただ間違いだと気付けたから、これからを大切にしていこうと思えています。
そう思えたのもこのブログに出会えたことが大きいです。
管理人さまに感謝です。
変な輩への対応など大変だと思いますが、お身体に気をつけて頑張ってください。影ながら応援しブログ楽しみにしています。

管理人様、こんばんは。
学会員の選挙活動も違法じゃないけど、不適切。ごもっともですね。
会合に出ると強制的に選挙活動させられるのも迷惑です。
この前の会合で自分で目標を設定させられました。もちろんお願いしてないですが。
でも、今度飲食店に主人と行くので、その時はお願いするかもです。
学会宣言した友人にも久しぶりに会いたいのですが、この時期だと選挙のために呼ばれたのかと思われそうで、声かけれません。
早く選挙終わってほしいです。

世の中ギブ&テイクです。

もうすぐ参議院選挙です。
ぶっちゃけ大部分の会員は世界平和も安保も教義の変更も御本尊もそれほど関心ないんですよ。
●新興宗教特有の熱いコミュニィーの維持のためにがんばるんです。
(エホ○の証人、天○教、幸福の○科学など)それぞれ独自の濃い人間関係のつながりがあるコミニュティーがあります)
●このコミュニティーは互助会の機能(公営住宅の斡旋、アルバイト、パートの斡旋、結婚相談所等多機能です。)
なかでも創価コミュニティは議員抱えてるのでいろいろ口効きしてもらえるから便利なんです。
あくまでも実利のために選挙活動頑張るんです、コミュニィティが無くなったらハム党は壊滅すると思います。
●創価学会とは外郭団体を含めて1万人といわれる職員を食わせていくためのシステムであり、末端活動家にとっては互助会機能をもったありがたいコミュニティなんです。
●くれぐれも宗教団体と勘違いしないでくださいね!(このプログ最初の方から読んでる読者なら、創価学会を宗教団体と思ってないと思いますが~)

いつも有難う御座います。

夜勤明けて、トボけまなこでは
御座いますが、
皆様のコメントを拝見し、
あぁ、昔、
選挙カーに乗り込み絶叫してた私を
思い出しました。
是非、今なにをしてるのか?
それは正しい行いなのか?
創価は本当に正しいのか?
ご一考願います。

善知識である
古本屋様のコメントを元に
一考されん事をお祈り致します。

今となっては、ピンポンダッシュも
出来なくなった足腰悪い
おじさんで御座います。

元創価班さん

こんにちは。

> (笑)あ~思い出しました♪
> 先ずは学会員がピンポン押して家の人を敷地外までおびきだして、道路で待ってる候補者に会わせる。でしたね。
> 違法じゃないけど不適切(爆)
> 会合がはじまる前に候補者がご挨拶
> それでは○○活動者会をはじめます!
> なんみょう~
> 違法じゃないけど不適切(爆)
> 選挙事務所に仏壇!
> 違法じゃないけど…

ははは(笑)
今から思うとよくこんなコント見たいな事をやっていたと思います。
創価活動家のやることは
違法じゃないけど・・
でもって、舛添さん並みの上から目線(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 舛添さん「公明党に裏切られた。」と
> 周囲に漏らしたとか、しないとか、

らしくもない。
政治の世界ってのはそんな場所なのは百も承知でしょうに。

> 大切な友人に迷惑掛けて
> イヤな思いにさせてまで、
> 公明支援のお願いなんか致しませんけど。

それはそうですよ。

> 支援なんかしなくても
> 公明党自体が特定の人々では無く
> 一般国民の幸せに役立つ
> 政党に成長すれば、
> 一般国民から
> 進んで御支援頂けるハズ。
> Redな政党と
> たいして支持率も
> 変わらない党の今後は如何に?


その通りですね。
公明党が本気で政党として成長したのなら
むしろ、創価の支援を断るべきですね。
創価と共に進めば
これが限界です

現役男子部さん

こんにちは。

> ここ数日のいかれた活動家への対応大変お疲れ様です。
> 英雄気取りなのかわかりませんが、厳しい仏法の道理でしっかり精査してもらって出直した方がいいかもしれませんね。

お気づかいありがとうございます。

> 本題ですが、会館で選挙用の内部討議資料を印刷したり、選挙のための会合、打合せばかり開催してますもんね。もう少しで期日前が始まるのでZの戦いが始まるんでしょうね(笑)
> この不適切かつ違法な個人への投票の干渉は、やはり賢明な一般の方からしたら異様であり関わりたくないでしょうね。
> どれだけ頑張っても統監の2割も満たない人数しか集まらない会合、増えない活動家、選挙は広宣流布などという戯言に騙されて、寝る間も惜しんで活動しましたが、振り返れば無駄なことに大切な時間と労力を使ってしまったという後悔ばかりです。ただ間違いだと気付けたから、これからを大切にしていこうと思えています。

わかります。私も男子部活動家時代は
マジで毎晩帰宅が2時。3時。
会合・活動でスケジュール真っ黒。
でも、そう言う事は無題にはなりません。
それが有ったからこそ、今の立ち位置にいられるのです。
後悔することはありませんよ。


>そう思えたのもこのブログに出会えたことが大きいです。
> 管理人さまに感謝です。
> 変な輩への対応など大変だと思いますが、お身体に気をつけて頑張ってください。影ながら応援しブログ楽しみにしています。


ありがとうございます。
こちらこそ、こんなブログを読んで下さり
また、コメントをいただき感謝しています。

上っ面では決して捉えない管理人様の確信

本当に凄いとしか、言い様のない。
こんなコメントをすると、
また、ランボー様にお叱りを
頂く事になるので割愛します。
いつも有難う御座います。

林檎さん

こんにちは。

> 会合に出ると強制的に選挙活動させられるのも迷惑です。
> この前の会合で自分で目標を設定させられました。もちろんお願いしてないですが。

なんなでしょうかね。
信心の会合で、選挙の目標だとか活動報告だとか。
こういうことが「政教一致」だと思います。
違法ではないが不適切です。

> でも、今度飲食店に主人と行くので、その時はお願いするかもです。

そうですか。本意ではないでしょうが、大人の対応で我慢してください。

> 学会宣言した友人にも久しぶりに会いたいのですが、この時期だと選挙のために呼ばれたのかと思われそうで、声かけれません。

そう思っちゃいますよね。
でも逆に選挙の時に会って、公明党の話をしなければ
お友達は、もっと安心するかもしれませんよ。
創価の活動ではなく純粋にお友達と会いたいのなら
選挙だろうがなんだろうが、会ってランチでもしてくればいいと思います。

古本屋店主さん

こんにちは。

全く仰る通りです。
その創価コミュニュティーの存在を否定する気はありません。
ただ、創価の人達が
日蓮大聖人を騙り、大聖人仏法を汚すので
そうなると信仰者として
創価の存在を許すわけにいかなくなってしますのですね。
とっとと、自分達が大聖人とは縁もゆかりもない団体であることを認めて欲しいものです

No title

実は私は、違法であり、適正を欠くといってもいいと考えてます。

 選挙管理委員会の職員と話したことがありますが、今の選挙制度は
不備であると。  法律に書かれている通りにやると、とても選挙活動などできません。 とも。  そうなると、制度を変えるしかないのか、逆にコンプライアンスを強化するしかない。

 たぶん、体形にに合わせてオーダーメードで服を新調するのだろうね。

 ともかくみんなでやれば怖くない式であるのが現状。  既述したことですが、選挙違反で検挙された会員は会合で勲章をもらってたのが創価の伝統です。(『これが創価学会だ』の本に詳しい)

 なにせあの大阪事件(大仰な言い方だが単なる選挙違反事件)では池田氏の指揮で参院補欠選?に勝利するのだが、たばこ(ホープ)に500円札を挟んで票を買ったことなどで、20数名の幹部や会員が有罪になった。

 (なのに、池田氏だけは釈放)  大阪・中の島公会堂での凱旋の大会で、「正義は必ず勝つという証拠なのであります!」と獅子吼?したんですね。 そして約4年後、証拠不十分で無罪判決を勝ち取るのです。

 私の関心は「逮捕検挙された20数名の学会員」にありました。

 トカゲのしっぽ切りなんですよね。うちはいつもそうです。

 で、「絶対に上からの指示でやったのではない、私の一存でやりました!」と最後まで言い切るのが、ガッカイを守ることであり、法戦なんだと私なども「指導されたし」教えられたものです。

 これってなんかヤクザの世界では普通ですが、それと同じではないの。

 こんなんじゃいつまでたっても広宣流布はできないということで、「総体革命」とかいって、あらゆる分野、ことに、検事や弁護士の法曹界にも同志を送り込むことが大事な広布の作戦になっていきます。  黒を白にするためです。

  話は逸れましたが、舛添さんなんて、運が悪かったんですね、

 あんなこと(私的流用、不適切な公金の支出など)は県会だろうが国会だろうが、議員も大臣もみんなやってることでしょう。  その面ではお気の毒だが、これも時代の空気ですね。 この一件が他山の石となれば、彼も救いもあるのですが。

 この「空気」で学会員も動いてるんだなと思うわけです。

 違和感はたまに感じてたけど、みんなやってるし、とても言える雰囲気ではなかった、とかいうアレです。

 ところがなにかのきっかけで組織や幹部の言動・指導を、ふと客観視できるようになると、やっと「これはおかしい、、」と判ってきます。

 で、私の場合、特にここ十数年以上も悩んでストレスにさらされ、心と神経を病んでしまった。   仮に無意識の違和感でも、ずっとそこにいると、「ウツとかガン」になっていくことが経験的に多いと言えます。 うちの組織でも本当に、貧・病・争が多いです。  正直、手がつけられないです。

 人の知恵として、ことを先送りしたり沈黙を守ったりで、世の中、ファジーな部分がないと回っていけません。 それも確かです、 

 そんで不適切だが違法ではない、などという珍妙な結論で、さんざん揉めた挙句、一身の武運が尽きた男が、辞職を申し出て、チョン、。 哀れな話ですね。 

 しかし、こと「信心の世界」ではそれはよろしくない。 

 このたびの管理人さんと、おっさんさんの対論もその部分での白黒ですね。  

 これは「情況証拠と法門」の対決と言い換えても良いでしょう。

これが、おっさんさんの新しく正しい門出になりますよう、本当に祈っております。  彼が正当なガッカイを愛するファイターでありますように。

 

 

 

 


 

違法ではないが、ルールは変える

こんばんは。
大変ご無沙汰しております。

さて、皆さんご承知の通り、今回の参議院選挙に向けては、
①選挙年齢の18歳までの引き下げ
②選挙区の合区と定数変更
という選挙制度の変更がありましたよね。

僕はこの2つは、公明党(創価学会)が今回の選挙で絶対勝利の布陣を引くために行った制度改革だと思ってます。

まず、①の選挙権の18歳への引き上げ、よく新聞やテレビで、若者の政治への関心が高まることにつながるようなことが言われてますが、ホントにそんなことになるのか????がいっぱいです。
20歳が選挙に行かないの、18歳、19歳なら選挙に行くと考える人がいるなら、アタマがどうかしてると思います(学校に投票所をつくって先生が生徒に無理やり期日前投票させるというなら話はべつですが)。なのでこの制度変更で、どこの党が一番利益を得るかというと、18歳、19歳の若者を組織化できる党です。僕が知る限り、そんな党は公明党しか思い浮かびません。(だってそのために未来部を育成してるんですもんね。)
おまけに学会っ子だけで選挙に行くんでなくて、ちょっと遊びに行く前に選挙井行こうよ。てなのりで、友達を選挙に連れ出せる強者が育ってたら、池田センセーもさぞかしお喜びになるでしょうね。

さて、②の選挙区の話は、もっと露骨です。
今回の変更で、北海道、東京、愛知、兵庫、福岡で定数が増えました。
この内、これまで公明党が候補者を擁立していなかった愛知、兵庫、福岡では新人が出馬する予定です。学会の組織もそこそこ安定している都市部で候補を擁立してるんですから、これで単純にプラス3です。
今回の選挙は、比例も含めると13人の公認候補を立てていますが、ここまで自分たちに有利になるように選挙制度変えてるんですから、前回(11名)、前々回(9名)を上回るのは確実でしょうね。

ここまでしたのには、安保法制や教義変更(ラインの幹部でこのこと真剣に考えてる人はいないでしょうが)のことで、会員が動揺してる中でも、大勝利をおさめたといって学会の正義を証明したかったのでしょうか?

別に選挙の制度を変えるのは、違法じゃないですよね。
けどここまで、露骨に自分たちに有利に物事を変えるのは、不適切ですよね。。。

関西の元学会三世様へ

  なるほど、と思ってしまう、いい分析でしょうね、

 でも私はいつも思います。 ハムの議員は衆参では必ず離脱する者がでるだろうと。

 彼らは「ガッカイのやり口」を身をもって知っています。 いずれ自界叛逆すると思ってます。

 所詮、己の生活が保証されてこその人生。  池田氏亡き後は四分五裂になります。

 私の同級生(準大手の建設会社出身)はハム党の都議会議員に、
「ひとつよろしく、、」で現金を運んでいたと、私に言ってました。

 こういううまみがあればこそ、職にしがみついて、学会の会館で土下座でもなんでもやります。

 仏法とは遠い功利主義が染みついているものも少なくないでしょう。

 なにせ「大聖人さまか、私か!(池田氏)」という踏み絵を踏んだ連中です。(ソースは福本潤一氏の書籍)

 扇のかなめが消滅すれば、終わりです。 そしてその日は近い。

 先生は実際には信心を残さず、権力の旨みだけを残しただけです。

 小手先の選挙区案や低年齢化を図ったところで、ガッカイの威光勢力が失せていけば、おしまいです。 世間様がどうしてハム党を支持したりするものですか。

 次の手は「在日外国人参政権」でしょう。  みえみえです。

 ハム党はえらくこれにご熱心ですから。 ガッカイには半島出身者がかなり在籍してますからね。 

 何を企てようが、所詮、「池田光秀」の団体です。

 哀れなのはいつも会員さんです。 MC会員です。

外国人まで参政権??

いつも御世話になります。
なるほど、未成年の方に
参政権を与え、
更に外国の方にも、、。

そうすると、
悲願1000万票の目標達成が
可能になるかもですね?

何でもありですねぇ。
外国人の方に参政権を与える事には
賛成も反対も致しませんが。
ハムの思い通りにならない事を
切に願います。

No title

 不退転壮年部さまへ。(管理人様へ)

改めていくつか資料を漁ってみました。 この問題はご存知かとは思いますが、

(私もいつまでここで言いたいことを言えるか判りませんので、スレッドに即さない意見ですが、管理人様のブログをお借りして書かせて頂きます。
管理人様、ご了承くださいますようお願いいたします。)

 世界で22か国がこれを条件付きで認めております。 逆を言えば
203か国の大勢がこれを認めていないのです。 一部では地方参政権にのみ許可を与えている国も散見されます。

 メリットもなくはないと、賛成派の人々は書いておりますが、

 私が反対する根拠は、まず内政干渉につながるということ。

 大事な国内問題、(もちろん、外交に関してもですが)、たとえば沖縄にいる米軍とその家族らが投票権をもって仮に地方選挙権のみを行使すればどういうことになるのか。 デリケートな基地問題はもちろん、横行してやまない米軍兵らによるレ〇プや殺〇事件対応においても、当然に混乱するでしょう。

 増して、国政選挙にもこれを許せば、結果は自明のことです。

 日本国憲法でいうところの「国民」とは「日本人」のことですから、
かりに、あるイラク人が永住権をもっていたとしても、日本国国民ではありませんね。

 国内政治において、こういう外国人が自国に有利な情報交換や、政策を訴えてきたりする事態を想起すべきです。

 第二に、自党の票田にしようとする政党があること。

  わが?ハム党はたしか、単独で29回もこの法案を提出しているはずです。  民進党もこれにご執心ですね。

 木を見て森を見ずの好例です。 バラマキ政策と揶揄されるのと同根ですね。 

 どこそこの民族が好きか嫌いかという話ではなく、自国の政治・政策は自国民で決めるのが常道です。  党利党略の匂いがプンプンします。

 再確認します。

 ハム党は「票」が欲しいのです。 だから一所懸命です。

 ハム党の目的は政権奪取であり、もちろん単独与党です。

 昭和30年代だったと記憶しますが、ラジオ番組で池田氏はインタヴューする記者の質問にたいして、「私は日本の王であり指導者であり、最高権力者であり、、。。云々」と語っていました。  この二つを重ね合わせて考える必要があります。

  以降、おりおりに、「愛学(創価のこと)弘法」だの、「創価王国、いや共和国を作ろうよ」(王国と共和国の区別もついていなかったらしい)とか、ともかく広宣流布に名を借りた「日本乗っ取り計画」は一貫しているのです。

。 私は外国人参政権構想もその戦略の一部だろうと考えますから、右だのなんだのと言われようと、断固、反対です。   もしも創価公明党が国政を握ったら、この国はおしまいです。 いささか妄想もどきですけどね。(笑) ホントに不適切で違法の疑いの濃いのがソウカ食品のハム党です。
舛添さんなんて、まだかわいいものです。

 

 

1000万の票田。

ハムが田んぼ(票田)を
拡充する事が
目的であれば、
安易に参政権を与え様とする事には
賛成できません。

私の尊敬してた、
創価の先輩は、在日の方でした。
彼には参政権が無く、
それでも、学会&ソーセージ党の為に
身を粉に、御自身の宿命転換を
信じて頑張ってました。
今、思えば可哀想なものです。
色々と思うところは御座いますが、
ただ、感情に、とらわれる事なく、
正視眼で、
特に政治は捉えたいと
思う次第です。

関西の元創価3世さん

こんばんは。ご無沙汰しています。お元気そうで何よりです。

> 別に選挙の制度を変えるのは、違法じゃないですよね。
> けどここまで、露骨に自分たちに有利に物事を変えるのは、不適切ですよね。。。

全くですね。
でも、そこまでしても悲願の1000万票は夢のまた夢・・
創価活動家には反省てもらいたいですね(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。


> 色々と思うところは御座いますが、
> ただ、感情に、とらわれる事なく、
> 正視眼で、
> 特に政治は捉えたいと
> 思う次第です。


その通りですね。
政治は信心じゃありません。
もちろん、選挙も信心ではありません。
選挙が信心だと思っている人がいる限り
政治はよくなりません。
選挙は信心
というのは
政治に対しても
信仰に対しても
失礼な話だと思います

管理人様ありがとう御座います。

政治の世界(世法)に、
ベターはあっても、
ベストはないと。
ましてや、ハム党殿が
政治の世界で、
日本を良くできる唯一の党なんか
決して無い。
私の従姉妹は、市議会議員を
してますが、彼女は、なりたくて
議員になってません。
無理矢理です。なので、議員の
資質は皆無です。そして
会員の為に、学会の為に、センセの為に、
自己犠牲を強いれらてます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる