わが友に贈る(6月18日)より

「確信ある声」
「真剣な言葉」が
相手の心を変える。
一度の出会いを大切に!
大生命力で絆を結べ!
@@@@@@@@@@@

本当に創価の活動家ってのは
外部に、友人・知人がいないんだなぁ
もう「一度の出会い」に賭けるしかないとは。
本当に「ワンチャン」だ。
特産品のリンゴとか
体の不自由な方が作った雑巾とか
庭に砂利巻きませんか?とやってくる職人風の人とか
ちょいちょい、自宅や会社に
そういう営業が来るけど
一度断ると二度と同じ人は来ない。
いわゆる「通り一遍の営業」ってやつで
うちの嫁も以前、やたら高くて不味いリンゴを買ったことがある。
こうした営業は1発勝負だからなんでもいいんだよね。
全部が詐欺とは言わないが
詐欺に近いのもある。
大抵は騙されないけど無くならないには
騙されて買っちゃう人がいるからだね。

創価の選挙活動も似たようなもので
いきなりやってきた客が帰り際に
「公明党をよろしく」なんて言ったところで投票する人はいない。
むしろ「公明党だけはヤメヨ」って思われちゃうんだけど
創価活動家はそうしたことをやめようとしない。
それも、これも
外部に友人がいない。または極端に少ないからかな。
で、何で少ないのかというと
「一度の出会い」の時に
「確信の声で真剣に」公明党や池田センセのことを語るからでしょ。
初対面でそんな訳のわからんこと言われたら
普通の人は「引く」
とてもじゃないが「絆」など結べない。
創価活動家の「確信の声」「真剣な言葉」は
相手の心を「創価はイヤだ」って思わせるだけだ。
だって、言ってることが「俺様」だから。
自分の言い分だけ通おそうとし
相手の言葉は全然聞いてない。
全員がそうとは言わないが
いわゆる「バリ活」ってのはほぼそんなタイプ。
少しでも、創価やセンセを批判されると
もうキレる。キレる。(笑)
で、最後は相手に罵詈雑言を吐く。
「罵詈活」ってんだよ。そういう活動家は。
聴いてる方はというと
お前がどんなに確信あろうと
お前がどんなに真剣だろうと
お前みたいになりたくない。って思ってるわけよ。
だから、「一度こっっきりの出会い」で終わっちゃうんだよな。
相手の心の機微がわからんやつが
相手の心を変えられるはずがない。
ましてや絆なんて結べない。

どうせ、創価活動家の方だって
外部の人間と絆なんて結ぼうと思ってないだろ?
君達が、「絆」を結んでいるのは
同じ創価の
しかも同じ活動家だけだもんな。
これじゃ、公明党の比例得票の増えなくて当然。
ましてや法を広めるなんて、無理、無理(笑)
まぁ、創価仏法なんていう
邪法を広められても迷惑だから
いまのままでいいけどね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確信って?

いつも御世話になります。
創価の確信って?何??
何でも良いかも?

読んで字の如く。
信の確(根本)は
一応、学会内部の幽霊会員として
何だろう?と。思います。

我が尊敬する地区部長が
座談会で本音を漏らしました。
公明のお願いは、「勇気」がいると。

私は、そんな「勇気」すらないので
お願いなんか致しませんが。

活動家の方には「勇気」無しで
法戦が出来れば良いと思いますが、

大聖人様への確信なき学
会員には
「難解難入」なのかも、知れません。

カルト経営陣の狙い。

●昔、下種狩りとかやってましたよね(身近に布教対象者がいない場合)
知り合いにかたっぱしに声かけて創価の勧誘やハム党の支援呼びかければ、相手は口にだしてこそいいませんが(カルトに洗脳されたアブナイ人と思い離れていきます。)
離れていかないにしても一線引かれてのおつきあいとなってしまいます。
外部の人の考え→(創価=エホ○の証人=統一原理○=同類であり、教団に金と労働力を搾取され続けてもても気がつかないオメデタイ人たち)

●活動家になればなるほど外部の人間関係を失います。
悲惨な例になると外部の恋人勧誘して恋人をうしなったり、子供が創価をやめたからといって子供を勘当したりします。

●ここまで書けばこのプログ最初から読んでくれてる読者の方ならもうおわかりですね!
外部との人間関係が薄くなればなるほど必然的に創価コミュニイテイの依存度が高くなります、依存度が高くなればなるほど聖教新聞もたくさんとってくれますし創価本も購入してくれます、オマケに財務もドーンと張り込みます。
そう、あなたのコミュニティ依存度が高まれば高まるほど宗教貴族の方々のボーナスが上がるという仕組みなんです。

●わかってしまえば非常に簡単なカラクリなんです。

創価仏法…(笑)
いまや創価仏法は賞味期限切れですね
創価仏法の正法時代 像法時代 末法時代(笑)
創価学会は日蓮大聖人に縁の無い人の集まりのようです。

念仏がはびこった大聖人御在世当時とそっくりです。まわりは創価仏法だらけです。
座談会で「創価無間」「真如亡国」「幸福天魔」と言ってあげないと。
たぶん殺されかけますが(笑)

いつも勉強になります。

男子部&ブルージャケッツ(創価班)時代には、選挙のお願いが原因で、
沢山の友人を無くしました。
コミュニティ依存の極みですね。
なんせ、創価の庭では、成果や活動に
対して過度に賛嘆されるので、
間違いに気が付きもせず、
友人にハム党を断わられとしても、
彼らは、言うのです。
「ドッグの縁だから、断わられた友人も福運が付くよ!素晴らしい戦いを君はされたねぇ」と。

ホットドッグを美味しく頂きながら
くだらないコメントを打ち込み
ご容赦下さい。

くだらないコメントの補足

言うまでも無く、
ドッグの縁=毒鼓の縁(どっくのえん)
との意味で御座います。

選挙期間になると、
害悪を撒き散らす創価の毒は、
駆逐すべき。
是非、内部で活動家ではない方には、
大切な友人を私の様に無くさない事を
大聖人様にお祈り申し上げながら、

過去のセンセの指導を文底で拝すならば、

「口うまくねぇ!クリントンみたいにねぇ!」その御精神で
創価幹部に対して対応しましょう!

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 活動家の方には「勇気」無しで
> 法戦が出来れば良いと思いますが、

学会活動どころか
学会宣言をするのすら
「勇気」が必要な方もおられますね。
会員ですらどこか後ろめたさがあるのでしょうが
その後ろめたさを忘れないで欲しいと願いばかりです(笑)

> 大聖人様への確信なき学
> 会員には
> 「難解難入」なのかも、知れません。

そうですね。
大聖人への信がなければ
学は意味をなしません。

古本屋店主さん

こんばんは。

> ●ここまで書けばこのプログ最初から読んでくれてる読者の方ならもうおわかりですね!
> 外部との人間関係が薄くなればなるほど必然的に創価コミュニイテイの依存度が高くなります、依存度が高くなればなるほど聖教新聞もたくさんとってくれますし創価本も購入してくれます、オマケに財務もドーンと張り込みます。
> そう、あなたのコミュニティ依存度が高まれば高まるほど宗教貴族の方々のボーナスが上がるという仕組みなんです。
> ●わかってしまえば非常に簡単なカラクリなんです。

そうですね。
だから、幹部は会員が
世間から「嫌われる」ことをするように仕向ける。
単純明快です。

元創価班さん

こんばんは。

> 創価仏法…(笑)
> いまや創価仏法は賞味期限切れですね

いや、賞味期限切れというよりも
【消費】期限切れじゃないですか。
賞味期限切れても食べられますが
【消費】期限を切れたものを食べると
体に有害です(笑)

> 念仏がはびこった大聖人御在世当時とそっくりです。まわりは創価仏法だらけです。
> 座談会で「創価無間」「真如亡国」「幸福天魔」と言ってあげないと。
> たぶん殺されかけますが(笑)

おお、四箇の格言。
実は近々ブログに書こうと思っていたんですよ。
気が合いますね。

管理人さん

こんにちは。、

 ジメジメな西日本です。

 こうしてみると、お書きになっていることが、ことごとく10数年前の
私。  罵詈雑言までは性格上、吐かなかったけど、(これでも唐突な投票依頼はやらなかったからでしょうか)・

 あの「土下座作戦」は今はもう実行していないのでしょうか。
 土下座用のズボンをはいて、見知らぬお宅を訪問、 悲壮な顔でおもむろにガバッっと伏せ、「どうか!公明党をよろしくお願いします!」とやるのです。

 驚きながらも涙するご婦人もいらっしゃいました。 するとなんだかこっちも泣けてくるのです。  カタルシスの極みです。 オレってなんて健気なんだ、、、とね。

 んで、投開票後は、まず行きません。 というか、どの家だったか忘れてて、どうでもよくなってます。

 そして、肝心な当選したハム議員の、その後の活躍とか動向は気にしません。 完全分業なんであり、同志の一体感でもなんでもない。

 結局、創価のカツドウなんてリア充ではなく、今にして思えば「バーチャル現実の人生」だったな、、と感慨と恥ずかしさがこみ上げてくるのです。

 空しい懐古、、、  私なんかが去ったところで、また新しい世代や入会の人たちが、同じ役割を担っていくんでしょう。

 確信だの、勇気だのというコトバに踊らされてさ。。

 創価はコトバもカツドウも中身のない空疎なものだと、彼らもいつか気づくのでしょう。  タイヤの寿命は激しく走れば走るほど短い。

 カドがとれてしまえば、廃棄なのにね。

 

 

 

つい最近ですが、買い物に行ったお店で活動家男子部の知り合いに会いました。
シカトすれば良かったのかもしれませんが、それも大人げないので話しかけてみました。
話してみた感想は、シカトしておけば良かった!です。
なーんで活動家連中て偉そうなんですかね(笑)
人と話していて久々に不愉快に感じました。
活動していた自分がそう思うんだから、外部の方はもっと敏感に感じ取っているんだろうなと思いながら帰宅しました。

我が友は居なくなり

いつも御世話になります。
創価の指導通りに
活動すれば、するほど、

タイヤの空気圧が低下し
最後は潰れてしまいますね。
ぺちゃんこの人生が待っております。

もともと、
センセの素晴らしさを理解できない、
活動家とは言えない程度の学会員
でしたしが、

まぁ、今となっては幽霊になり
呪縛からは解放の方向に進みました。

セイキョウの「我が友に贈る」を見ながら
あぁ、
大切な友人を私は失ってきたのかと。
創価仏法と創価コミュニティの
害毒は
余りにも業が深いと思います。

RAMBOさん

こんばんは。

>  こうしてみると、お書きになっていることが、ことごとく10数年前の
> 私。  罵詈雑言までは性格上、吐かなかったけど、(これでも唐突な投票依頼はやらなかったからでしょうか)・

私とて似たようなものです。


>  あの「土下座作戦」は今はもう実行していないのでしょうか。
>  土下座用のズボンをはいて、見知らぬお宅を訪問、 悲壮な顔でおもむろにガバッっと伏せ、「どうか!公明党をよろしくお願いします!」とやるのです。
>  驚きながらも涙するご婦人もいらっしゃいました。 するとなんだかこっちも泣けてくるのです。  カタルシスの極みです。 オレってなんて健気なんだ、、、とね。

私の時は土下座作戦はなっかたです。
にしても凄い作戦ですね
びっくりです。


>  結局、創価のカツドウなんてリア充ではなく、今にして思えば「バーチャル現実の人生」だったな、、と感慨と恥ずかしさがこみ上げてくるのです。

確かにそうなんですよね。
リアルじゃないんです。
わかります。

>  創価はコトバもカツドウも中身のない空疎なものだと、彼らもいつか気づくのでしょう。  タイヤの寿命は激しく走れば走るほど短い。

流石にウマイこといいますね。
納得です

現役男子部さん

こんばんは。

> つい最近ですが、買い物に行ったお店で活動家男子部の知り合いに会いました。
> シカトすれば良かったのかもしれませんが、それも大人げないので話しかけてみました。
> 話してみた感想は、シカトしておけば良かった!です。

ははは(笑)
ですよね。

> なーんで活動家連中て偉そうなんですかね(笑)

組織の中で「甘やかさて」育ってるからでしょう。
親に叱られない子供と一緒です。

> 人と話していて久々に不愉快に感じました。
> 活動していた自分がそう思うんだから、外部の方はもっと敏感に感じ取っているんだろうなと思いながら帰宅しました。

まぁ、そうでしょうね。
だから、活動家には外部に友達いないのでしょうね。
私だったら、絶対イヤですもん。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> まぁ、今となっては幽霊になり
> 呪縛からは解放の方向に進みました。
> セイキョウの「我が友に贈る」を見ながら
> あぁ、
> 大切な友人を私は失ってきたのかと。
> 創価仏法と創価コミュニティの
> 害毒は
> 余りにも業が深いと思います。

これから大勢友人ができますよ。
私も組織から追放されてしばらくは
途方にくれましたが
今となっては「追放してくれてありがとう」って感じです。
下心を抱いて人と会わずに済みますから(笑)

このスレの最後に、管理人さんへ

 もう一言。

 以前というか入信したころに、よく言われたのが

 創価学会が正しいゆえに攻撃を受けるんです。 という論法・

 管理人さんも、そして私も、愛する後輩N君も、攻撃され、陰口をたたかれてきました・

 それも「正しいことを言うから」ですよね。

 忠言、耳に逆らうの伝です。

 でも、今のわたし状態を知りつつ、数名の後輩は、親しみを失わず、
接してくれてます。 「いつまでもヤンチャなおじさんでいてください!」と言ってくれた人も。 (嬉しくて書きました)

 彼らも「ソウカ爆発」の導火線に火がついています。 組織と距離をおいて、かつ、目立たないように。

 創価の「悪の化城喩品」にかれらも嫌気がさし、虚しさを覚えているのです。
今日の夕刻、妻が、非活宣言をして、本当にストレスがなくなった。良かったと思う」としみじみ、言ってました。

 そのあと、すぐ勤行を始めました。 こんな妻が本当にいとおしい私です。(苦笑)

これからの創価の戦略

●スレ違いですが、忘れないうちに。
信濃町では最近組織の改編がありました。
興味があるかたはどうぞ!
三人組さんが言ってた「奉仕局」もあります。
http://diamond.jp/articles/-/93269

様々な角度から勉強になります。

古本屋様のコピペを拝見し、
ある意味で霧が晴れる思いです。

何だかなぁ、とも思いますが、
組織を護り、発展させ様と思うのなら、
何故、学会は大聖人様を「ないがしろ」に
したのかと、
私、大聖人様への確信が強まる一方です。

RAMBOさん

こんばんは。


>  以前というか入信したころに、よく言われたのが
>  創価学会が正しいゆえに攻撃を受けるんです。 という論法・
>  管理人さんも、そして私も、愛する後輩N君も、攻撃され、陰口をたたかれてきました・
>  それも「正しいことを言うから」ですよね。

御書に照らせばそうだと思っています。
大御本尊を捨てさせる創価は間違っている。
そういう事が間違っていないとすれば
悪口されるのは正しいからでしょう。

>  でも、今のわたし状態を知りつつ、数名の後輩は、親しみを失わず、
> 接してくれてます。 「いつまでもヤンチャなおじさんでいてください!」と言ってくれた人も。 (嬉しくて書きました)

何処にもそうした会員さんっているのですね。
私の周辺にもいます。
RAMBOさんの地元のお話を聞いて
私も嬉しく思います。

> 今日の夕刻、妻が、非活宣言をして、本当にストレスがなくなった。良かったと思う」としみじみ、言ってました。
>  そのあと、すぐ勤行を始めました。 こんな妻が本当にいとおしい私です。(苦笑)

本当にいい奥様ですね。羨ましい。

古本屋店主さん

こんばんは。

> ●スレ違いですが、忘れないうちに。
> 信濃町では最近組織の改編がありました。
> 興味があるかたはどうぞ!
> 三人組さんが言ってた「奉仕局」もあります。
> http://diamond.jp/articles/-/93269

いつも情報のご提供ありがとうございます。
感謝しています。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 古本屋様のコピペを拝見し、
> ある意味で霧が晴れる思いです。

古本屋店主さんはいつも情報を提供してくれるので感謝してます。
読んでどう感じるかは個々の判断ですが
情報を収集することは大切だと思います。

> 何だかなぁ、とも思いますが、
> 組織を護り、発展させ様と思うのなら、
> 何故、学会は大聖人様を「ないがしろ」に
> したのかと、

大聖人の仏法を広めるのでなく
創価学会を大きくするのが目的になってしまったのでしょうね。
残念なことです

ありがとう御座います。

いつも、この法座に善集われる善知識の皆様には、私は救われております。

なかんずく、管理人様には感謝の
想いで一杯になります。
有難う御座います。

以下は、私の好きな拙き
コメントなので、
カットをして下さい。

「人は城、人は石垣、人は堀」。

どれだけ城を強固にしても、
人の心が離れてしまえば
世の中を収めることができない。
熱い情を持って接すれば、
強固な城以上に人は国(組織)を
守ってくれるし、
仇を感じるような振る舞いをすれば、
いざという時自分を護るどころか
裏切られ窮地にたたされるという意味
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる