学会3世25歳男です。 さんのコメントへ

まずは初めまして。そしてコメントありがとうございました。
ご質問への私なりのご回答を書かせていただきます。
初めに、信仰を持つことの大切さを理解されている事は
大変素晴らしいことだと思います。
正直いって私が25歳の時には
信仰を持つことに大切さなど
微塵も思っていなかったので
それをすでに分かっているということは
本当に立派です。(お世辞じゃないですよ)
さて、ご質問にお答えします。

>数集めの選挙活動に意味はあるのでしょうか?

大聖人仏法上においては何の意味もありません。
創価幹部・活動家はあたかも選挙活動が広宣流布のように言いますが
以前このブログにも書きましたが
選挙活動が広宣流布である根拠は何一つありません。
御書のどこにもそのようなことは書いてありません。
立正安国論あたりを引用する活動家がいますが
全くもって我見でしかありません。

◆如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには

この御文が立正安国論の結論部分であり、
幹部たちの言う(引用する)

◆汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か

の部分を選挙活動に結びつけるには無理があります。
四表の静謐を祈る。とは躯体的には一凶を禁ずる。ということです。
破邪顕正とは、破邪をもって顕正とする。のです。
選挙活動は破邪ではありませんので
大聖人仏法上は意味のない(つまりは功徳など出ない)行為です。

>学会員の本来の目的はなんでしょうか?

別して言えば、一生成仏であり
総じて言えば、広宣流布です。
そしてその両方に必要なのが、
一大秘法の大御本尊です。
弘安二年の大御本尊は、大聖人に出世の本懐であり
大聖人の色心二法つまりは大聖人様そのものなのです。
これを信じ一生成仏し
これを広め寂光土を建設するのが
学会員に限らず、大聖人仏法を信仰する弟子のつとめです。
その大御本尊を信受しない(捨てた)
創価学会及び学会員は邪教・謗法者です。
そこには「本来の目的」を達成できるモノは何もありません。

>私の知識不足だとは思いますが、池田先生を信じればいいのでしょうか?
>なにを信じれば良いのかわかりません。

何を信じればいいのか?ではなく
何を信じたいのか?だと思います。
その前提としてあなた自身がどうなりたいのか?が重要かと思います。
ただ一つ言えるのは、
もしあなたが「仏法」を信仰したいのならば
池田センセを信じるのはやめるべきです。
池田センセがどんなに立派で素晴らしいことを言ったとしても
所詮、池田センセは自分と同じ末法の凡夫です。
つまり池田センセには仏力も法力もないのです。
凡夫に仏力・法力がある。などと御書のどこにも書いていません。
凡夫の言葉を信じるのは「仏法」ではなく「凡夫法」です
仏法とは仏の教えを信じ実戦するから「仏法」なのです。

◆所詮仏法を修行せんには人の言を用う可らず只仰いで仏の金言をまほるべきなり(如説修行抄)

では、大聖人仏法とは何かと言えば
一言で言えば、南無妙法蓮華経であり
南無妙法蓮華経とは何かと言えば御本尊です。

◆日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ信じさせ給へ、仏の御意は法華経なり日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし(経王殿御返事)

ではどの御本尊で同じなのかといえば、それは違います。

■就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり(日寛上人・観心本尊文段)
■問う、妙法五字のその体何物ぞや。謂く、一念三千の本尊これなり。一念三千の本尊、その体何物ぞや。謂く、蓮祖聖人これなり。(日寛上人・観心本尊文段)

と日寛上人が言われているように、弘安二年の大御本尊こそは唯一無二の日蓮大聖人様です。
この大御本尊を信じる事が大聖人を信じることであり
大聖人仏法を信仰することです。
池田センセや創価を信じた場合は
この大御本尊・大聖人を「信じない」ということです。
それでも池田センセを信じたければそれもいいですし
いや、センセより大聖人を信じるならばそれでもいい
何を信じるかは自由です。
ただ、個人的には大御本尊(大聖人)を信じる道を選んで欲しい。
大聖人に敵対したらどうなるか
御書のそこかしこに書いてあります。
逆に大聖人を信じる事を貫けばどうなれるか
それもまた御書に書いてあります。
あなたが今世の人生(正確には三世)を
どのように歩みたいのか分かりませんが
一生成仏・寂光土建設を願っているのなら
池田センセという小善を捨てて
大御本尊という大善を選んで欲しいと思います。
大善に反する小善は悪であることを知ってください。

◆善は但善と思ふほどに小善に付いて大悪の起る事をしらず(南条兵衛七郎殿御書)

◆浅きを去つて深きに就くは丈夫の心なり(法華行者逢難事)

長くなりましたので今日はこの辺で。
不審点やご質問がありましたら
いつでも遠慮なくコメントください。
今後もよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お礼

質問をした者です。
ご返答ありがとうございます。

私の知る学会員(父母含む)は皆口を揃えて池田先生!池田先生!と崇拝しております。私も尊い方であると感じます。
しかし同時中継に参加したある日、手拍子に合わせて高らかに踊る池田先生を観て違和感を抱きました。言葉が悪いですが、「馬鹿らしい」
と。
それ以降創価学会とは何か。学会員でありながら学会員と関係を持つのに億劫となりました。
「勝利」を掲げ前進する学会員の姿は尊敬しますが...


貴方様のアドバイス、とても感銘を受けました。
稚拙な文章、それと見ず知らずの私のために真摯にご対応して頂き、感謝いたします。
今後もブログを拝見し、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

私の意見です。
創価がやってんのは営利目的の組織活動です。宗教ではありません。
会員は会員ではなくお客さんです
あ、でもお客さんであり無給で働く社員でもある…
まことにもってすごいシステム…(-_-#)

たぶん本来の『法戦』の意味・意義

僕から見ると、現在の選挙の支援活動は、方便の形だけが一人歩きした本末転倒の活動になっていますよf^^;
共産党がどうのって、もうかれこれ20年以上前からやってるし、それでいて成果らしいものは何も聞いた試しもないのだけどね。
時代は、公明党も与党にまでなり、与党になっていったい何年でしょう?
それでも未だ学会員さんが「打倒!共産党!」みたいなことってねぇf--;
これから先さらに100年でも続けるんでしょうかね?
おかしいでしょ、こんな意味不明な状態というのは。

与党にまでなってる公明党は、共産党には『何もしてこなかった』という事実でしょうね。
全力で公明党を支援し、その公明党は共産党へは何もせずで、また学会員さんが共産党打倒!なんて『本末転倒』というものでしょう。

このブログでこういう言い方をして申し訳ないけど。
池田先生ご自身で公明党はいつまでも学会員の支援を受けるのではなく、公明党自身で当選できるようにしなければならない、と。
母親と子供のように喩えて、第三党にまでなれば、もう立派な大人、自立の足枷に学会がなるべきではない、という趣旨がちゃんと述べられています。

つまりは、少なくとも今回の選挙の支援は、現執行部の「暴走」といっていい。
選挙の支援は、あくまで信仰心からの一環として取り組んできていたものです。
ストレートに言えば「当選させるのが目的ではない」んですね。

思い切り簡単に言ってしまえば、選挙支援というのは単なる口実で、実際のところは「周囲の人との感謝の連帯を作る活動」であったはずです。
柔らかくいえば「自分の味方を作る戦い」の活動のひとつに、選挙支援というのがあっただけ。
当選するかしないかは、学会員に責任があるのではなく、候補者の福運しだい、候補者の責任。
それであるから、当選が難しいということなら、それは学会員に責任があるわけではなく、候補者の福運の問題。
それを、学会員にハッパをかけ危機感を煽って活動へ強引に仕向けるなんてのは「信仰心を萎えさえるだけ」の本末転倒。

そういう本質を知らない人ばかりで、むしろ逆に周囲より信頼を失う活動という、まさに本末転倒になっていったのが、学会でいう『法戦』ですからね。
だから、別に選挙に拘ることもないんです。
接点のキッカケのひとつというだけの意味だから。

しかし、いまや国民の敵にまで成り果てた公明党の支援活動をすれば、支援した人までも国民の敵になってしまうだけ。
かつての『法戦』もいまや形骸化してるだけで、信仰とはなんら関係なくなってしまっている。
それゆえ、選挙の支援活動には、なんら功徳も感動もないのも当たり前なんです。
『法戦』ではなく、ただの選挙支援でしかないからね。
方便の形だけが一人歩きしてしまってる。
無意味で無駄な活動ですよ。

Re: お礼

こんにちは。

> 私の知る学会員(父母含む)は皆口を揃えて池田先生!池田先生!と崇拝しております。私も尊い方であると感じます。
> しかし同時中継に参加したある日、手拍子に合わせて高らかに踊る池田先生を観て違和感を抱きました。言葉が悪いですが、「馬鹿らしい」
> と。
> それ以降創価学会とは何か。学会員でありながら学会員と関係を持つのに億劫となりました。
> 「勝利」を掲げ前進する学会員の姿は尊敬しますが...

学会活動とはクラブ活動の様なものです。
好きなら仕方ありませんせんが
そうでもないなら止めた方がいいと思いますよ。
他にも楽しい事ややるべき事がありますから。
学会活動をしなくても罰など出ませんのでご心配なく。
仕事や趣味・遊び、そして友達や恋人
自分の人生を豊かにしてくれる事に時間を使った方が
有意義な人生を送れます。
大御本尊に信を取り、勤行・唱題をして
有意義な毎日を送って欲しいと思います。

> 貴方様のアドバイス、とても感銘を受けました。
> 稚拙な文章、それと見ず知らずの私のために真摯にご対応して頂き、感謝いたします。

とんでもありません。こちらこそこの様なブログにコメントをいただき光栄です。

> 今後もブログを拝見し、参考にさせていただきます。
> ありがとうございました。

また、いつでも好きな時にコメントしてください。

このブログ(法座)の素晴らしさ

いつもお世話になります。

管理人様、ランボー様、
何とか関西から引っ越しの荷物と、
ともに家族を関東の地に迎える事が
出来ました。
荷物の片付けに追われてましたが、
やっと、ひと段落。

新たなコメントを拝見し、
大聖人様に確信を置かれている、
善知識の方のご意見に
いつもお世話なります。

是非、このブログに沢山の学会員さんが
コメント無しでも良いので拝見される事を
祈っております。
信心、信仰の対象の善悪を
このブログ学ばれる事、
学会では教えてくれない事が
多数御座いますので。

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

このようなブログは賛否両論あるでしょうが
是であれ非であれ誰かが何かを感じてくれればいいなぁ。
と思って書いてます。

この場をお借りして

 週刊ダイヤモンド誌を購読しました。

 いろいろ提灯記事部分がみられました。 総資産やら、職員給与額やら。

 あとは、これは「FOR・創価」の特集だなと思いました。

 角度や関心のポイントの違いで興味深いと思う方もいらっしゃるかもね。

No title

こんばんは。ここで吐き出させて下さい。

前の選挙の時、実家の父と話をしました(私の兄弟は自衛隊員です)

私 「自分の子供が自衛隊員なのに公明党になんで入れるの?」
父 「すぐに戦争にはならない。戦争になったら自衛隊の末端がまず行く、その次一般の者が
   行く、最後に自衛隊の幹部。〇〇(兄弟の名前)は幹部だから大丈夫」
私 ???

自分の子供さえ大丈夫だったらいいのか?
孫は一般人なのに・・・
選挙イコール公明党という思考回路です。
認知症かもしれないけど、創価のせいで考えることが出来ないようです。

創価の正義とは?

いつもお世話になります。
善知識の皆様のコメントを拝読し、
確かにそうだなぁと。
昔は、二流雑誌の記事など
取るに足らないと思ってましたが、
今では、かなりの信ぴょう性があるかと。

大聖人様を捨てた学会の本性を
「魔のあたりに」すると、
組織悪なんだなぁ、ダメだこりゃ!
と、私は思っております。

公明の支援を行う根本は、
善知識の方の仰る通り、
大聖人様に一人でも近づける為の
方便に過ぎないのに、
その活動(法戦とか啓蒙)こそが、
正義であると!

いや。違う。
大聖人様の凄さを伝えなければ、
ならないので、

大聖人様に信を立てるならば、
どんな困難も必ず乗り越えられます。
その思いと確信で。

前のコメントは私です。

名前を記入し忘れてました。

かりんとうさん

こんにちは。

> 前の選挙の時、実家の父と話をしました(私の兄弟は自衛隊員です)
> 私 「自分の子供が自衛隊員なのに公明党になんで入れるの?」
> 父 「すぐに戦争にはならない。戦争になったら自衛隊の末端がまず行く、その次一般の者が
>    行く、最後に自衛隊の幹部。〇〇(兄弟の名前)は幹部だから大丈夫」
> 私 ???
> 自分の子供さえ大丈夫だったらいいのか?
> 孫は一般人なのに・・・
> 選挙イコール公明党という思考回路です。
> 認知症かもしれないけど、創価のせいで考えることが出来ないようです。


認知証ではないでしょうが、
公明党の言い分に対して全く疑問がなにのでしょうね。
まぁ、いい支持者・いい信者なのでしょうが、
MCっていえばMCとも言えますね。

> ここで吐き出させて下さい

また、溜まったらここでぶちまけてください。

RAMBOさん

こんにちは。

>  週刊ダイヤモンド誌を購読しました。
>  いろいろ提灯記事部分がみられました。 総資産やら、職員給与額やら。
>  あとは、これは「FOR・創価」の特集だなと思いました。
>  角度や関心のポイントの違いで興味深いと思う方もいらっしゃるかもね。


そうですか。
まぁ、こういう記事は色々混ざってますからね。

以前質問させて頂いた者です。
無知な質問で大変恐縮ですが、大御本尊を信心するためにはどうしたら良いのでしょうか。
家にある本尊を信心しても無意味だと感じました。
また、日蓮大聖人の教えを真に引き継いでいるのは誰でしょうか。
学会ではなく、何を信じたら良いのか...

どうか、ご教授下さい。切にお願いいたします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR