今週の言葉 (6月27日)より

「法華経の兵法」とは
強盛に祈り抜くことだ。
聡明に連帯することだ。
勇敢に攻め切ることだ。
きょうも突破口を開け!
@@@@@@@@@@@

なになに
「法華経の兵法」とは
強盛に祈りぬくこと。なるほど、なるほど。
聡明の連帯すること。 そうなの?
勇敢に攻めきること。????
最初だけじゃん。ちゃんとしたこと書いてるの。
あとの2行はただの付け足しじゃん。
「わが友に贈る」とかもそうだけど
強引なんだよなぁ。話の展開が。

さすがに、外部にも読ませている聖教新聞に
「もっと公明党の支援を頼みましょう」とか
「まだまだFの数字が足りません」とか
「まだ投票依頼してない人に公明党への投票を呼びかけてください」とか
そんな事は書けないよなぁ
いくら学会員が選挙活動するのは「違憲」じゃなくても
「政教分離」をしている。と言ってる以上
聖教新聞に堂々と
公明党への投票依頼をしましょうなんて書けないんだろうなぁ。
(てか堂々と新聞に書けないような事を会員にやらせてるんだな)
だからなんとか「信心」にかこつけて
または「選挙」は「広宣流布」って印象づけるために
御書とか引用してそれっぽく書いてみたものの
所詮、御書には政治活動が広宣流布なんて書いてないから
どうしても、適当にごまかして書くしかない。
これを書いている本部職員もご苦労なことだが
この程度のコジツケ文章で
大半の活動家さんは納得しちゃうんだから
楽勝っていえば楽勝だけど。

で、「聡明な連帯」ってのは具体的には
大して親しくもないし、好きでもないし、
何とも思っていない相手にも公明支援依頼をすることですか?
それが「聡明」ってことですか?
「勇敢に攻める」ってのは具体的には
創価の活動家に選挙の度に公明支援依頼されて
うんざりして、嫌がっている相手にも公明支援依頼をすることですか?
それが「勇敢」ってことですか?
世間では、そういうのを「聡明」とは言わずに「腹黒」といいます。
そういのを「勇敢」と言わずに「嫌がらせ」といいいます。
どちらも、相手にいい印象を与えません。
何の突破口か知らないが
もしも、選挙戦の突破口だとしたらば
世間様に向けた、創価の「聡明」や「勇敢」は
突破口を開くどころか
かえって、壁を厚く高くしているだけ。
何十年も増えない公明党の比例の得票数を見れば
いかに今までの自分達のやり方が間違っているか
そろそろ気づいてもいいのではないかと思うのだが。

そもそも、

◆なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし(四条金吾殿御返事)

なんでしょ?

◆「諸余怨敵皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず(同抄)

なんでしょ?

だったら政治活動なんて必要ないでしょう。
政治で幸福になるのではないでしょう。
政治なんて方法論であり方便でしょ。
「法華経の兵法」あるわけでしょ?学会員には。
だったらそれでいいじゃん。
もちろん投票は国民の権利だから
選挙に行くな。とは言わないけど
なにも揃って公明党に投票する必要はないし
剰え、他人に投票の依頼をするなんて
「法華経の兵法」じゃないでしょう。
政治は最大公約数であり
民主主義は多数決なんだから
公明党だけが、下万人から上一人
もれなく幸福にする政治が出来る訳ないのに。
各個人がお題目上げて、自分で選んだ候補者に投票する。
それが「法華経の兵法」ってもんでしょ・・・
・・・・あっ!そうか!
学会は大御本尊を捨てちゃったから
「法華経の兵法」を使えないんだった。
だから政治でなんとかしたいわけね。
だったら、書くなよ
「法華経の兵法」って。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしい!
ブログタイトルどうりのダメ出しっぷり!
やっぱ漫才でもツッコミが命ですから
創価がボケて管理人さんがツッコむ(笑)
これですな(*^^*) マジでうけます

はぁ~ほんとなさけない…

創価の兵法では突破口も見当たらず

数撃ちゃ当たる!の精神で、
竹槍も持たせず公明支援の戦いに
我が純粋なる会員達を総動員してます。
福運たくさん積みましょね!!

彼らや彼女の人生が、どうなろうが
学会は関知しません。個人責任です。

大切な友人知人を嫌ほど
無くされない事を!

政治如きで世は変わりません。(我見)

ましてやハムは、庶民の味方では
無くなりました。

政治権力と創価組織の安泰の為の
しもべなので、

ショッカー戦闘員に告ぐ、
早くお家に帰ってゆっくりしなさい!

おふざけコメント失礼致します(*^^*)

元創価班さん

こんにちは。

> すばらしい!
> ブログタイトルどうりのダメ出しっぷり!
> やっぱ漫才でもツッコミが命ですから
> 創価がボケて管理人さんがツッコむ(笑)
> これですな(*^^*) マジでうけます

創価のボケはトボケですから(笑)
まぁ、ツッコミどころは満載ですよね。

> はぁ~ほんとなさけない…

確かに情けないったらないですね。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 彼らや彼女の人生が、どうなろうが
> 学会は関知しません。個人責任です。

そこなんですよ。
適当な指導や活動させる患部達。
一会員さんの事なんか知っちゃこっちゃない。
だからこそ、選挙に功徳があるだとかなんだとか
無責任な事ばかり言えるのですね。
一会員さん達は、専守防衛。個別的自衛権をもたないといけません。

> 大切な友人知人を嫌ほど
> 無くされない事を!

そうですね。
世間の友人の方が創価活動家達よりも
よほど親身になってくれる人が多いですから。


> 政治権力と創価組織の安泰の為の
> しもべなので、
> ショッカー戦闘員に告ぐ、
> 早くお家に帰ってゆっくりしなさい!

それがいい。
所詮、ショッカーの戦闘員ですから
戦闘能力は高くないのですから(笑)

No title

管理人さん

 まだ会員の個別的自衛権を発揮し、ようやく聖教スンブン(池田語録)を
やめました。   親が取るのは止めませんし、とめても罰が怖くて自分でお金を払ってとるでしょうが。

 『一に選挙で 二に財務 誤本尊抱いて 五に聖教』

  ようやく↑から名実ともに脱しました。 

 日本の新聞は全滅だし、この際、一般紙もやめようかな。(ローカル紙ですが)

 参議院は「アメリカ共和党」に決めました。  日本国内も、ここずっと
「不正選挙」(開票操作)の疑いが濃いとの記事もありましたしね・

 

  
 
 

悪を滅すること

個人であれ組織であれ、
金や権力を持つと、保身に走るのが
世の常ですし、
学会組織は、まさに
その典型的な実例かと。
人(純真な会員さん)の
良心を巧く操作して、
無休で働かせ、
ご褒美があるかの様に

ハムの戦闘員達を当選させれば、
貴方も福運がつきますよぉ、
たとえ頼んだ方が
貴方の事を、
実は、嫌ってても、

こんな馬鹿な話はありません。

ランボー様のコメントを拝読し、
御英断に感服致します。
いつも有難う御座います!
私もセイキョウとダイビャク辞めたい。

RAMBOさん

こんばんは。

>  『一に選挙で 二に財務 誤本尊抱いて 五に聖教』
>   ようやく↑から名実ともに脱しました。 

それは、それは、おめでとうございます!
誤本尊ですか。笑いました。
さすがにボキャブラリーが豊富ですね~
創価の活動家もRAMBOさんの半分でいいから
ボキャブラリーがあるといいのですが(笑)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 個人であれ組織であれ、
> 金や権力を持つと、保身に走るのが
> 世の常ですし、
> 学会組織は、まさに
> その典型的な実例かと。
> 人(純真な会員さん)の
> 良心を巧く操作して、
> 無休で働かせ、
> ご褒美があるかの様に

そうですね。
そうした権力に誑かされいる人達が
応援する公明党もまた権力です。
早く気づいて欲しいです。

> ハムの戦闘員達を当選させれば、
> 貴方も福運がつきますよぉ、
> たとえ頼んだ方が
> 貴方の事を、
> 実は、嫌ってても、
> こんな馬鹿な話はありません。

はい。馬鹿な話です。
選挙で福運がつく。という前提からして間違ってます。

> ランボー様のコメントを拝読し、
> 御英断に感服致します。
> いつも有難う御座います!
> 私もセイキョウとダイビャク辞めたい。

そのうちに。でいいじゃないですか。
まぁ、確かにお金の無駄ですが

真逆

『なんの兵法よりも法華経の兵法を』

は、間違いですから、これからの創価学会としては、

『なんの法華経の兵法よりも兵法』

に、実際には変更いたしますので、元の御文は以後はタテマエとしてのみ存在し、会員を騙して執行部へ盲従させる方針へ変わったのを、それぞれ幹部はご承知おきください。

「疑問や意見はいらない」ので、何も迷うことなく、執行部へ一方的に盲信してお金を出して頂くよう、今後ごともよろしくお願い致します。

なお、お金の回収を効率化するため、この度は、創価学会員同士のカップルという結婚相談所ができております。
執行部はすでに会員の福運の向上させることは諦めておりますゆえ、どうしても結婚されたい方は、それなりのお金を頂くことで、功徳の代わりに創価学会にて出会いをサポートさせて頂きます。
入会金3万円+月謝8千円ですから、福運の積み方を知らない同士には高額かもしれませんが、執行部には高い金額でもなんでもない金額ですから、ぜひ借金してでもご利用ください。
ただいま入会金半額なので、ぜひこの機会に騙されて執行部へ大金を出してください。

福運も知らないものをどうしても結婚したい、という高望みの我侭を叶える画期的なシステムでございます。
福運がないほど執行部は儲かるので、福運を積むことは絶対にお止めください。
執行部が困ります。

なお、福運の積み方を知らない同士の結婚生活になる宿命は避けられないので、『男女のトラブル厳禁』は無理な宿命なので諦めた上でご利用願います。
当然ながら、離婚までは時間の問題となっておりますので、ご承知の上でぜひご利用ください。

それは再び結婚相談所を利用して頂くためであり、お金の回収目的でしかないのを予めご承知おき願います。

この機会に、ぜひ騙されてお金をたくさん出して、地獄のような悲惨な結婚生活と、泥沼の離婚騒動及び再び独身という輪廻の『無限地獄』をご経験ください。

なお、福運のなさから一家心中や自殺やギャンブル依存、借金で生活が破綻や、不倫騒動やその他夫婦の日頃からのトラブルなどは、執行部では一切関知しないので、くれぐれも執行部には一切迷惑をかけることなく、お金だけを潔く納めて頂くよう願います。


BY (たぶん)執行部のホンネ様より(笑笑笑)

ごめん、あんまり酷くて呆れるばかりなんで、こういうジョークをいうぐらいしかf^^;

コメントおもろすぎ(笑)

みなさんおもしろいですね(笑)
僕の所属してた地区の人の中には池田先生に子供の名前つけてもらってるドアホ夫婦がおりましたよ♪しかも3人とも。
親に名前をつけてもらえない子供がかわいそうでなりません。

んなもん職員が鼻くそほじりながら考えとるにきまっとるやろ…
あぁ~自分の名前にも一字入っとる…(T-T)


結婚相談所

●福運、功徳論は別にしていいアイデァだと思います。
S大時代の知り合いですが女性と付き合ったことないのが3人ほどいましたが卒業後速攻で結婚できました(母親同士の婦人部コネクションや紹介です)
ちゃんとうまいことできてるものだと感心しました(創価コミュニティは25年くらい前はちゃんと稼働してましたよ)

日本仲○連盟などに入会すると宗教欄記入するところがあり、当時は日連正宗創価学会と記入すると例外なく日連正宗創価学会の女性しか紹介されません。

●これも知人の例ですがS大でてしばらくして異性との出会いがないので大手の結婚相談所登録しました(彼は創価ではないのですが紹介される女性が創価ばかり、オレは宗教欄に禅宗と書き、アピール欄に創価ではなく禅宗だと記載してるのになんで創価の女性ばかりなんだ~と嘆いてました)

●記憶違いかもしれませんが宗教が原因で離婚したケースが記載された資料があり、当時1位が創価2位がエホバの証人だったと思います。

●結婚は本人だけの問題ではなく家同士の付き合いがからんできます。
宗教が別になった場合お墓をどうするかということも考えなければいけませんよ創価信者の方は一般宗教のお墓に入ることができますか?

●相談所の相談員はプロですから、そういう諸問題があるのも考慮して紹介してくれるワケです。

●現在では、創価学会員は相談所の宗教欄には正宗とはわかれたので日蓮世界宗創価学会と記載してるんですかね?

No title

不退転壮年部さん

 あんまし、ほめないでください。 村の一本杉にでも登りたくなります。

 落ちると痛いです。(こんなヤツですので、しばしば舌禍事件を起こします)

 関西から関東へ、や 家族が一緒に、などのお言葉を拝見して、なにやら
複雑なご事情があったのかなと思案しておりました。  もちろん、ここで
詳しいプライベート極まるお話を聞こうというのではありませんが、ひそかに案じておりました。  幸せの匂いの香るような内情であれば結構なのですが。


 太ちゃんさん

 おもろすぎです。 ぜひ、信仰の寸心を改めて、「創価の裏広報」にてご活躍くださいませ。  朝のラジオ番組『なんだ そうかー!v-119」とかいうのを作ってもらってガンバッてくださいね。

 ここで一句

 まずザイム なにがなんでも多購読 それにつけても金の欲しさよ

 三千世界のカラスを殺し 配達拒否の朝寝する

 と、都都逸もカマしたところで、

 愛妻の晩飯を!v-344

 

古本屋店主さんへ

絡むのは初めてかな?たぶん

ん~と、一般論というか、そういう意味では創価学会の結婚相談所は「いいアイデェア」に感じるかもだけど。
自分の意思で入ったわけじゃない二世や三世とかでも、親の持つ宿業は少なからず持ち合わせてるんですよね。
まるで遺伝の如くに。

学会では昔から内部同士の恋愛や結婚には過敏なほど慎重姿勢が普通だったんですよね。
恋愛や結婚となると、お互いの持ち合わせてる宿業の相乗効果の作用が働いてしまうからなんですね。
だから、学会員同士の家庭は電気の消えた部屋のような冷たい寂しい家庭だったり、離婚や家庭不和などが多めになってしまうんですよねf--;
これはネット上にも数えられないほど具体例が出てるぐらいだけど。
うまくいってる家庭は、そもそも宗教をやらずとも、ある程度の福運をお互いに持ち合わせてるカップルぐらい。

さらにいえば、昔でさえそんな状態であったものを、今では『法戦』に見られるような、功徳には関係のない活動などで、結果的には活動をやってもやらなくとも福運の積めない無意味なものに成り果てていますからね。
むしろ福運をなくす活動ばかりが普通になってる様子ですからね。

こういう状態の2人のカップルだと「求めてるもの」を、お互いに相手に押し付けあうだけになるんですよね。
要するに「心の繋がり」をつくることができず、異性を「人」として見れないんですね。
お互いに「義務」として相手に押し付けることになるんですね。
お互いに1人の人間として未熟だから、相手の力を得ようと「強要」するんですね。
ところが、お互いに自分1人のことで手一杯だから、お互いに相手の要求を聞ける余裕がなかったりなんですね。

『矛盾』そのものが起きてしまうんですね。

そういう結婚生活では、結婚と同時に離婚まですでにカウントダウン状態。
配偶者に不満というのが、欲求の解消で不倫なりギャンブルにのめりこむなり、そういうもろもろで借金がかさむ、などなどなど。
資本主義の日本だから、何か無理をしようとすると自然に「お金」で解決しようとするものですから。
そもそも結婚自体をオカネでやってるぐらいですから、非常に可能性高いことですけど。

ジョーク的にコメントしたけどテレビニュースになるような『物騒な事件』という出来事も十分起こりやすくなるんですよね(というよりジョークでもなんでもなく、実際起こると思うよ)。

追伸

>そもそも結婚自体をオカネでやってるぐらいですから、非常に可能性高いことですけど。

言葉足らずでしたけど、これは「創価学会の結婚相談所を利用したとしたら?」という前提のコメントだったので、念のため

それと、これからヤボ用があるので、済ましてからまたアクセスしますね。
まさかコメントが複数であると思ってなかったものでf^^;

いつもお世話になります。

いゃあ(^_^)
ここに集われる善知識の皆様には
なるほど!!と思いながら、
楽しく拝見しております。

ランボー様を標的に誉めちぎるのは、
もう致しませんからご安心くださいませ。

墓苑事業も軌道に乗って
多宝会員から搾取する事に
大勝利を収めましたので、
青年会員から金を集める方法として
恋愛事業も、さもありなんです。

我が家は1年半ぶりに
一家和楽の生活が出来る様になり、
軌道に乗りました。
色々と困難は御座いましたが、
大聖人様の大慈悲のお陰です。
有難う御座います!

同様に、
管理人様と善知識の皆様の
楽しいコメントのお陰です。
いつもお世話になります。
夜勤終了し電車も無いので
タクシーの中より失礼致します。

僕ばかりでごめんなさい

ちょっと目立ち過ぎたかな?とf^^;

ごめんなさいm(_ _)m

元創価班さん

こんにちは。

> みなさんおもしろいですね(笑)
> 僕の所属してた地区の人の中には池田先生に子供の名前つけてもらってるドアホ夫婦がおりましたよ♪しかも3人とも。
> 親に名前をつけてもらえない子供がかわいそうでなりません。

ああ、法子・妙子・伸一とか広宣とか・・さすがに最近の子はそういうコテコテはいなくなりましたね。

> んなもん職員が鼻くそほじりながら考えとるにきまっとるやろ…
> あぁ~自分の名前にも一字入っとる…(T-T)

ははは。(笑い)

古本屋店主さん

こんにちは。

学会員、特に男子部・壮年部の未婚率高いですよね~。
まぁ、世間の女子からみれば
学会活動に命を賭けてるような男子はキモイですもんね。
それに結婚したら入会させられちゃうし。
結局内部同士で一緒になるしかない。
自然淘汰された者同士。
結構お似合いですね

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 墓苑事業も軌道に乗って
> 多宝会員から搾取する事に
> 大勝利を収めましたので、
> 青年会員から金を集める方法として
> 恋愛事業も、さもありなんです。

ですね。
どうせなら各会館で婚活パーティーすればいいでしょう。
男女(結婚)活動者会。
これなら宗教行事として世間的にOKでは?
初めに、方便自我偈の勤行。
学会歌合唱し、活動報告。
あとはフリータイムで約1時間半でどうですか?

> 我が家は1年半ぶりに
> 一家和楽の生活が出来る様になり、
> 軌道に乗りました。
> 色々と困難は御座いましたが、
> 大聖人様の大慈悲のお陰です。
> 有難う御座います!

そうですか。
詳細は分かりかねますが
一家和楽の生活が一番ですね。

太ちゃんさん

こんにちは。

> ちょっと目立ち過ぎたかな?とf^^;
> ごめんなさいm(_ _)m

全然、無問題ですよ。
いつでもコメントしてください。
遠慮不要です。

勇敢に攻めきるとは何ぞや?

先日、学会員宅に訪問折伏をしましたが、あるお宅で男子部員と話をしていると、すぐさまどこからともなく男子部長らしい人間が飛んできて、しばらくすると教宣部(もしくは広宣部)らしい人間がかけつけて、「聡明な連帯」をみせてくれました。
しかし、少し話をし出すと、帰らないと警察を呼ぶだ、法論をしたいならしかるべく窓口に話を通せだ(その窓口の連絡先は教えてくれない)、教宣部は忙しいから早く帰ってくれとのたまう(こちらが折伏してたら自分で飛んできておいてその言いぐさはなかろうにと思いますが)は、「勇敢に攻めきる」というには、ほど遠い対応を受けました。(これじゃあセンセイも浮かばれませんね。。。)

結局は、嫌がる相手をあーでもない、こーでもないと引き留めて、ネチネチ2時間ほど話をして、「唯授一人の血脈相承」なんて御書にはない頑健に主張されましたが、本因妙抄に
「此の血脈並に本尊の大事は日蓮嫡嫡座主伝法の書・塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり、相構え相構え秘す可し秘す可し伝う可し、法華本門宗血脈相承畢んぬ。」
って書いてあるよ、と御書を示して教えて差し上げると、押し黙ってしまわれました。
ホントにいい人だったので、これがきっかけで正しい信仰とは何かに気づいてもらえると嬉しいのですが、活動家さんは立場や世間体もあって、なかなかそれも難しいんでしょうね?
これにこりずしっかり研鑽しながら、折伏行に励んでいきたいと思います。
(学会員を救えるのは、元学会員しかいないと思いますから)

そういえば、翌日の朝、わが家のポストに毎度おなじみ「フェイク」が入っていましたが、これが「勇敢に攻めきる」ということなんですかね?
学会精神にカンパイです。

御書の研鑽

いまどきの学会員さんは、
御書の研鑽も出来ずに、
麗しき創価組織と
センセを宣揚する事しか、
知らないので、
大聖人様の御書の一文で
充分に破折出来ますね。
哀し事です。

連続コメント失礼致しますm(__)m

善知識の方が
コメントされてた、
センセに名前を付けてもらう云々、

私の名前もセンセ(裏方さん)に
付けて貰いました。

転勤族の私は、今まで、
地元の博多から、
東京、広島、横浜、宝塚、
そして千葉に住んでおりますが、
私の同じ歳で、私の名前と一緒、
勿論、漢字名も同じの学会員を
6名ほど、知ってます。
当時は、センセもお忙しいなか、
ご考慮されて名付けて頂いたのだと、
思っておりましたが、たぶん、
ハナクソ程度なのでしょう。
くだらないコメント御容赦願います。

管理人さん

結局、15歳から創価でやってきて、いまだに社会から受け入れられないのは、創価が正しいからではなくて、誤っているからではないかとしみじみ考えるわけです。

 聖教のそれらの檄文というか、いかにきれいなコトバで修辞しようがなんだろうが、実際にやってる(やってきた)ことが汚いものだったと言いたくなるのですね。  コトバと実際の乖離が激しい。

 サギ商法のような思い出ばかりです。

 ショッカーだって連帯もするし団結行動ができる、 一糸乱れぬ攻撃をしてくる。  でも所詮はショッカーでしかない。

 創価が絶対性を主張できてきたのは、どこまでいっても大御本尊様が
おわしましての故でしょう。

 財力でも建物などの資産でもなく、聖教の発行部数でもなく、一人ひとりの会員に正しい仏法ゆえの使命感と誇りがみなぎっていたからでしょう。 その先頭にいつもセンセイがいて下さるという前提があったからでしょう。

 そこに、まさにそこに 重大な過ちが生まれ、ポスト池田の今、創価官僚どもが、おそらく利権とわが身の安泰を前提に、会内の善知識のひとを粛正、除名、地域へ移動などをさせ、会則の改悪に勤しんでいる実態を、多くの会員さんは、あえてなかったことにしてる。 上が決めたことだからと、事なかれで日々、スケジュールをこなしてそれで良しとしている現状は、これこそ法滅の時代だと断ずるものです。

 昨日、いつもの日課で、ネットを見ていました。 聖徳太子を取り上げた記事では釈尊の滅後の「五の五百歳」を説明しておりました。

 滅度の開始?を紀元前の「ある年度」ころだとしており、そういう前提で数えると、なんと「末法」のはじめは、実は「今年」とか「来年」とか、、そういう流れになるのですね。

 いくら思い込みの激しい私でも、にわかにその説を採用はできませんが、やけにぐっと来るものがありました。 それでいくと聖徳太子の予言では、これから「クハンダ」が現れるというコトバ(文字)を残していました。

 あの「クハンダ」、、悪鬼とか魔民でしたか。。。(N・コリアかISか、当然チャイナか)これらを連想します。 また核という最終兵器かもしれない。

 学会用語の仏法者、すなわち学会員という前に我々の気概と誇りは「法華経の行者」であるということです。  法華経(南無妙法蓮華経)を唯一の兵法として戦えというのなら、まず学会は「微塵も曇りのない血脈論」とその根拠を打ち出すこと。  そして牧口先生が範を示してくれた、行動論に移るべき。 ま、これも日本勝利の条件闘争ではありましたが。

 そこをぼかしながら連帯もクソもない。 突破口などという大時代な作文なぞ、盗人猛々しいとしか言えない。

 今夜も汚いコトバだらけのRAMBO野郎でした。

 

 

 

 

 

 

関西の元学会3世 さん

こんにちは。

> 先日、学会員宅に訪問折伏をしましたが、あるお宅で男子部員と話をしていると、すぐさまどこからともなく男子部長らしい人間が飛んできて、しばらくすると教宣部(もしくは広宣部)らしい人間がかけつけて、「聡明な連帯」をみせてくれました。
> しかし、少し話をし出すと、帰らないと警察を呼ぶだ、法論をしたいならしかるべく窓口に話を通せだ(その窓口の連絡先は教えてくれない)、教宣部は忙しいから早く帰ってくれとのたまう(こちらが折伏してたら自分で飛んできておいてその言いぐさはなかろうにと思いますが)は、「勇敢に攻めきる」というには、ほど遠い対応を受けました。(これじゃあセンセイも浮かばれませんね。。。)


連帯は聡明でしたが、オツムの方が・・・(笑)

> 結局は、嫌がる相手をあーでもない、こーでもないと引き留めて、ネチネチ2時間ほど話をして、「唯授一人の血脈相承」なんて御書にはない頑健に主張されましたが、本因妙抄に
> 「此の血脈並に本尊の大事は日蓮嫡嫡座主伝法の書・塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり、相構え相構え秘す可し秘す可し伝う可し、法華本門宗血脈相承畢んぬ。」
> って書いてあるよ、と御書を示して教えて差し上げると、押し黙ってしまわれました。

それは、なかりレベルの低い教宣部の会員さんでしたね。

> これにこりずしっかり研鑽しながら、折伏行に励んでいきたいと思います。
> (学会員を救えるのは、元学会員しかいないと思いますから)

そのうち、多少は手ごわい創価活動家に遭遇するかもしれませんね。
研鑽は大切ですね。

> そういえば、翌日の朝、わが家のポストに毎度おなじみ「フェイク」が入っていましたが、これが「勇敢に攻めきる」ということなんですかね?
> 学会精神にカンパイです。

では、「慧妙返し」で対抗ですね(笑)
「聡明」とか「勇敢」とか
創価の活動家さんは「口だけ番長」がおおいですね。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> いまどきの学会員さんは、
> 御書の研鑽も出来ずに、
> 麗しき創価組織と
> センセを宣揚する事しか、
> 知らないので、
> 大聖人様の御書の一文で
> 充分に破折出来ますね。
> 哀し事です。

なにせ、教学よりも行動だ。
それが創価の活動家ですからね。
学なき行は世間に不信感と不愉快を巻き散らかすだけです。
ある意味、テロです。

RAMBOさん

こんにちは。

>  聖教のそれらの檄文というか、いかにきれいなコトバで修辞しようがなんだろうが、実際にやってる(やってきた)ことが汚いものだったと言いたくなるのですね。  コトバと実際の乖離が激しい。


ですから。世間から「偽善者」と呼ばれるのだろうと思います。

>  ショッカーだって連帯もするし団結行動ができる、 一糸乱れぬ攻撃をしてくる。  でも所詮はショッカーでしかない。

そして、ショッカーが勝つ事もありません。


>  創価が絶対性を主張できてきたのは、どこまでいっても大御本尊様が
> おわしましての故でしょう。

その通りです。一大秘法の大御本尊(御本仏)がおわします故に絶対なのです。

>  財力でも建物などの資産でもなく、聖教の発行部数でもなく、一人ひとりの会員に正しい仏法ゆえの使命感と誇りがみなぎっていたからでしょう。 その先頭にいつもセンセイがいて下さるという前提があったからでしょう。
>  そこに、まさにそこに 重大な過ちが生まれ、ポスト池田の今、創価官僚どもが、おそらく利権とわが身の安泰を前提に、会内の善知識のひとを粛正、除名、地域へ移動などをさせ、会則の改悪に勤しんでいる実態を、多くの会員さんは、あえてなかったことにしてる。 上が決めたことだからと、事なかれで日々、スケジュールをこなしてそれで良しとしている現状は、これこそ法滅の時代だと断ずるものです。

百歩譲って池田センセが間違っていなかったと仮定しても
このような弟子を生んでしまったのは師匠の責任です。

◆よき弟子をもつときんば師弟仏果にいたりあしき弟子をたくはひぬれば師弟地獄にをつといへり

師弟ともに無間地獄です。


退転壮年部おじさん さん

人のブログで会話をしてしまってごめんなさい。

退転壮年部おじさんさん、僕みたいなのは善知識なんかじゃありませんです。
迷える学会員さんをさらに迷わしてるダメなやつかもしれませんんよ(笑)

正宗に戻ったまなしのころは地域の学会員さんを助けなきゃ!って熱くなってた時がありましたが、結局はこの思考こそが創価時代の後遺症なのだとわかりこちらから活動家さんに手紙出したりするのを止めました。嫌がらせ電話とかもくるようになって家族を不安にするのもいけないし。

学会員さんはたしかにかわいそうだし哀れですが結局は自分で気がつかないとどうしょうもないです。
あ、でも真剣に悩んで連絡してくる人もいてそん時はおもっきし正邪をハッキリ言います。んで自分で判断して決めればよいのです。正宗に戻るかどうかはその人の問題ですので。

私も創価キラキラネームを背負いながらも正宗で目下リハビリ中でございます(笑)




元創価班さま

貴殿の様に、
学会活動を真剣に実践された経験があり
その上で、学会の事を破折される方は、
間違い無く、善です。
大聖人様にお褒め頂ける事は
疑いの余地すらありません。
本当に素晴らしい方だと思っております。

学会に身を置きながら、心だけは、
学会から離れ、大聖人様に信を貫ける様にと、バリ活の母を今世のうちに、
救いたいと思いながら、
この管理人様のブログで本当の
信心を研鑽させて頂いております。

いつも有難う御座います。

連続コメント大変失礼致しますm(__)m

また、新たに
大聖人様への信を貫くことを
模索されている方が、
コメントを寄せられて、
このブログに集われる
善知識のパワーに、
驚愕しているオッさんです。
25才の頃の私は、女の子に
モテるには?そんな事しか、考えて
おりませんでした。
恥ずかしい限りです。
月づき日々に強り給えの
ご聖訓を胸に刻みたく存じます。
大聖人様への確信を深めます。

それ以外の道はありません。

はじめまして!

いつも読むだけでしたが…私もコメント入れてみたくなりました。
管理人様のブログに出会い、私も再び五座三座をしています。活動家ではありませんが…勤行は小学生の頃からしています。子どもの頃はしていた五座三座なので…それほど大変ではありません。むしろ、私は心の奥で…ずっと五座三座をしたかったんだ…と気がついて、涙がでました。
管理人様、ありがとうございました。

絵里子さん

初めまして。コメントありがとうございます。

> いつも読むだけでしたが…私もコメント入れてみたくなりました。
> 管理人様のブログに出会い、私も再び五座三座をしています。活動家ではありませんが…勤行は小学生の頃からしています。子どもの頃はしていた五座三座なので…それほど大変ではありません。むしろ、私は心の奥で…ずっと五座三座をしたかったんだ…と気がついて、涙がでました。


五座三座の勤行。確かに時間もかかるし足もシビレますが
気持イイし清々しいですよね。
それが正しい修行だと思います。
時短すれば価値的。なんていうのは間違っていると思うのです。

また、いつでもコメントしてください。
今後もよろしくお願いします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる