悪口と破折の違い

さて、今回の創価活動家もご多分に漏れず
創価を批判されると
やれ「悪口」だの「誹謗中傷」だのと
相変わらずの創価活動家っぷり。
教義などの余計なことを書いたりすると墓穴を掘るので
「創価批判者は悪口ばかり。誹謗中ばかり」と対応しなさい。
というようなマニュアルでもあるのかと思ったりする次第で。
そもそも、他を批判するのが
「悪口」であり「誹謗中傷」であるから「良くない」のであれば
破折や折伏などできない。
大聖人が四箇の格言をもって他宗を破折するのも「良くない」ことであり
創価が宗門を聖教や新報で捏造写真まで使って悪し様に悪口いったことを謝罪しなければならない。
自分たちの言葉は正義で批判する側は「悪」などという
自分勝手な言動が創価及び創価活動家が世間に嫌われる大きな原因だと思う。
「悪口はいけないこと」一般的にはその通りだ。
しかし、大聖人仏法を信仰する人間が
道徳論【だけ】を振りかざし、自分達の正義を叫ぶのは
なんとも情けない。

御書には
◆若し善比丘あつて法を壊ぶる者を見て置いて呵責し駈遣し挙処せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨なり、若し能く駈遣し呵責し挙処せば是れ我が弟子真の声聞なり(立正安国論)
と書いてあり法を破るものを責める事が真の弟子だいわれいる。

では、この「悪口」と「破折」の境界線はどこなのか?
大聖人と大聖人に敵対していた人達の違いはどこだったのか?
というと、経文つまり文証に依っていたか否か。
その一点につきる。
「法に依つて人に依らざれ」とあるように
少なくとも仏法の事を語るのであれば文証をもって語るのが
大聖人仏法を信仰しているものの振る舞いだ。
文証によらず他者を批判することを「悪口」といい
そのような「悪口」に対しては「責め」ていくのが大聖人の弟子の振る舞いである。

◆私曲の詞を展べて全く仏経の説を見ず、妄語の至り悪口の科言うても比無し責めても余り有り(立正安国論)

自分勝手な言葉を述べ、全く文証をださない。
そのような人間の言う言葉を「妄語」といい「悪口」という。
大聖人は厳しく責めているのである。

経文(御書)に依るか、創価の人師論師に依るか
経文(御書)に依るか、世間の凡夫に依るか
そこが、「悪口」と「破折」の境界線だろう。

◆論師訳者人師等にはよるべからず専ら経文を詮とせん(破良観等御書)

◆されば心あらん人人は経文をか用ゆべき世間をか用ゆべき(報恩抄)

いずれにせよ、文証によらなければ
邪義であり外道義である。
そう大聖人は言われいる。
そしてそのような邪義・外道義によって
大御本尊を捨てさせる創価上層部及び活動家は法を破る者だ。
そうした創価の邪義を、
呵責し駈遣し挙処することが
大聖人の弟子としての振る舞いである。
創価教学などという教学を学んでしまった
活動家には理解できないだろう。
でも、別に創価幹部や活動家に理解してもらうつもりはない。
そうした方々の理解を求めてるわけではない。
そうした方々にしているのは、その邪義を、
呵責し
駈遣し
挙処している。だけのことだ。
だから何も気にしなくていいのだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人さんへ

 待ち望んでいました御文の数々です。

 これでも判らないとなると、まったく大聖人さまに信を置いてないのか、
本当に知らないのか、のいずれかになります。 学会教学は大白蓮華レベルのもので事が足りてるのでしょうから。

 わたくしとて体系的には とてもじゃないが理解?読み込み?が追い付かず、恥ずかしい限りです(言うまでもないことですが)。

 青年に得てして欠けるものとして「謙虚さ」を挙げてもいいかと考えます。  なにしろ、「信・行・力論」が冗談にしても横行してましたからね。

 さて、仏法ではなくなった創価でも、その独善性や攻撃性という特性は変わらないんですね。 これを「創価人格」と名付けたい(謙虚さ、と言った尻から偉そうに、これです笑)。

 実を言うと、私自身がその後遺症でほんとに悩んでいるのです。

 仕事も客商売ですからなおさらです。  死ぬまで悩む、というか課題として残るでしょう。  また、酒が入ると、決して乱れはしない自負もありながら、「おれは間違ってない」とかいう自尊のいのちが出るようです。

 毎日、毎日こうして遅くまで起きて仕事をしたり、音楽を聴いたりで、布団に入っても眠れず、悪夢ばかりを毎朝、覚えながら、減薬を試みたり、失敗したりなのです。  それが故に、かつての本幹などでの、センセイの雑談指導より、大聖人様のご金言から感じる、確かさ、また厳しさ、そして安堵感は以前のそれより実に強く心に入ります。  

 愚かな馬鹿のままで死にたくはないものですから、また頑張ります。

 以上、雑談コメですみません。

 今回のような創価テロ騒動が早く収束しますよう、願って止みません。
 

No title

>決裁したのは件の県長と言う事になる。
>これが権力の行使と言うのだ。
>散々、地域の会員に適任者を推薦させておきながら、その人達はことごとく、なんだかんだと理由つけて候補者にせず最後は自分達の決めた人間を候補者にする。
>民意を汲んでいるようにみせかけのポーズだけ取って結局、自分の思った通りにする。
>まさに権力者の騙しの常套手段である。
>当然、会員誰からも推薦されない候補者はクソ野郎である。
>そんなクソ野郎でも、決まったしまえば会員は応援しなければならない。
>結果、当選して議員になるわけだ。
>学会員にとっても最悪だが、クソ野郎が議員になると言う事はその市町村の市町村民にとっては更に最悪である。
>もはや、社会悪だ。
>その社会悪を撒き散らしてるのが、件の県長なのだ。
>権力を悪しく行使するとはこういうことだ。ところが、本人はそのクソ野郎が議員になったことを広宣流布が広がったと思っていやがるのだ。
>大抵、どの市町村でも一人は、会員に嫌われてるいるクソ議員が一人はいる。
>こうしたクソ議員の生まれる背景には悪しき権力を行使している、クソ幹部が必ず存在するのである。

これが悪いの印象操作、中傷でなくて、破折というものですか?
笑わせないでくださいね。

どこの県長が貴方やその地域の方を騙したんですか?
貴方がクソ議員と中傷してる方は貴方に何をしたんですか?
実話なら話せるでしょう。

破折だというなら、誤魔化さずきちんと説明してください。


おっさんさんへ

●再掲載になってすいませんがぜひ、お聞きしたいのです。
このことに対するおっさんさんの回答にとやかくいう気はないのでぜひ、本音の部分で答えていただきたい、知り合いの地区部長なんか「なんで先生の病状隠すんだろう~」と言っている、ボクもなんであそこまでして隠すのか理解できない。
おっさんさんの忌憚ない意見を伺いたいのでよろしくお願いします。

●わからなければわからないと答えてくれればいいです。

1、池田氏が公式の場に6年も姿を現さないのに、なぜ学会員さんはそのことを疑問に思わないのか?
たまに聖教新聞上に掲載される視線が宙をさ迷う池田氏の写真をみて本当に池田氏が健康だと思ってるのか?
もし、思ってないなら師弟不二をかかげながら池田氏の健康状態を隠さねばならない理由は?

2、毎年、財務等のお金の使途がまったく知らされないにもかかわらず、聖教新聞の拡販や民音等のチケットの販売に駆り立てられる末端の学会員さんは本当になんとも思わないのか?

3、副会長以上の年収は巨額と噂されるが、会長、副会長の年収いったいいくらぐらいと推定されるのか?
以上です。

RAMBOさん

こんにちは。

>  これでも判らないとなると、まったく大聖人さまに信を置いてないのか、
> 本当に知らないのか、のいずれかになります。 学会教学は大白蓮華レベルのもので事が足りてるのでしょうから。

自分等が男子部だった頃は、法華講や顕正会に
「文証出してみろ」と責めたモノですが
いまや、その創価が文証出せないのですから人材不足は深刻ですね。

>  さて、仏法ではなくなった創価でも、その独善性や攻撃性という特性は変わらないんですね。 これを「創価人格」と名付けたい(謙虚さ、と言った尻から偉そうに、これです笑)。


確かに「創価人格」です。
広宣流布も進まないはずですね。



おっさんさん

キミと話す事はもうないんだよ。
聞かれた事には答えず一方的に自分の言いたいことだけ
グズグズ書かれるのも迷惑。
キミにはまず今まで質問された事に答えなさい。といいました。
自分の要求はそのあとだと。
何度言っても分からないようなので
非常に遺憾であり残念だが
キミには、そろそろお引き取り願う事にしたよ。
今の創価活動家の実態を世間様に分かってもらうには
キミは最高のサンプルなのだが
コメント欄があまり荒れるのも本意でないので了承してくれたまえ。

さようなら〜おっさん様

貴殿のお陰で創価青年部の現状を
垣間見る思いでした。
創価思想ではダメだな。
ダメだこりゃ。まともに人様との
言葉のキャッチボールも出来ないとは、
質問くらい、まともに答えましょうね。
私の4歳の子でも、答えまちゅよ。
何にせよ、お疲れさまでした。

善知識様(古本屋店主さま)への我見。

創価青年部のオッさんの代わりに
私なりの我見です。御容赦願います。

彼は、臆病なので、

もしくは、わからないかと。

1、池田氏が公式の場に6年も姿を現さないのに、なぜ学会員さんはそのことを疑問に思わないのか?

ご返答を申しあげて、曰く、
「セイキョウに掲載される近況を撮影されたセンセの写真を拝見しマトモな状態だと思う事は異常」です。可哀想と、思うのが
通常。

2、毎年、財務等のお金の使途がまったく知らされないにもかかわらず、聖教新聞の拡販や民音等のチケットの販売に駆り立てられる末端の学会員さんは本当になんとも思わないのか?

答え曰く、
「学会に寄進、寄付すれば、功徳は何倍にも跳ね返ると、信じて止みません」

3、副会長以上の年収は巨額と噂されるが、会長、副会長の年収いったいいくらぐらいと推定されるのか?

答えて曰く、
「大導師である、創価幹部にご供養申し上げることは、我々の誉れです。」以上。

退転者の、「たわごと」でした。
申し訳御座いません(ー ー;)

退転壮年部おじさん さん

こんばんは。

> 貴殿のお陰で創価青年部の現状を
> 垣間見る思いでした。
> 創価思想ではダメだな。
> ダメだこりゃ。まともに人様との
> 言葉のキャッチボールも出来ないとは、
> 質問くらい、まともに答えましょうね。
> 私の4歳の子でも、答えまちゅよ。
> 何にせよ、お疲れさまでした。

対話・対論・法論なんでもいいですが
真摯な意見を述べるならば
それが、批判であっても全く構わないのです。
しかし、こちらの質問には全く何も答えずに
話題をコロコロ変え
いかにも反論してますというテイを繰り返すだけは話になりません。
そもそもここはブログのコメント欄で掲示板じゃありませんし
掲示板のようなやりとりするつもりはありません。
そういうのは散々やってきて
創価活動家の振る舞い・言動も散々見てきました。
彼も結局は、同じ穴のムジナ。
なので、退場してもらうことにします。
本来ならば反対意見を排除することはしたくないのですが
彼の場合は意見じゃなく、単なるアラシ行為であると判断しました。
何度も是正すよういいましたが
その気もないようですから
いつまでも「かまってちゃん」のストーカーを相手してても意味ないので。
申し訳ありませんが、ご理解ください

かまってちゃんの、その心は?

管理人様、いつもありがとうございます。

最近、管理人様のブログは、
毎回、大変な勢いになり、
その都度、真摯に対応されている事に、
敬意しております。
言葉は悪いけど、若僧ごときに!と。

彼は寂しい、さもしい、人なのでしょう。
自分の言葉で、しっかりと、
創価の正義を述べて欲しかったけど、
しょせん、この程度。
創価の正義も、落書きすら出来ません。

私の大聖人様への確信を深めて頂いた事と
創価の程度を教えて頂きました。
ありがとうございます。

匿名ってのは簡単に人を狂人にするんだな?

『外道』って意味わかります?
理屈ではなく『実感』として。

内外相対なんて基礎もいいところでしょ。
ぜんぜん身に着いてないですね?

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 最近、管理人様のブログは、
> 毎回、大変な勢いになり、
> その都度、真摯に対応されている事に、
> 敬意しております。
> 言葉は悪いけど、若僧ごときに!と。

相手がどうであれ、キチンと対応してくれる方には
コチラもキチンとした対応を心掛けてます。
基本このブログでは「法論」はしませんが
対話であるなら多少させていただきます。
対話する出来ないのならば退場してもらう以外になにのですが
極力そうしたくないと思っています。

> 彼は寂しい、さもしい、人なのでしょう。
> 自分の言葉で、しっかりと、
> 創価の正義を述べて欲しかったけど、

そうですね。
創価が「大聖人仏法」を信仰してると言うなら
文証をあげ反論なりなんなりしてもらいたかったですね。
創価活動家と私とコンセンサスを得られるのは御書だけだけです。
御書を度外視すれば単なる言い合いにしかなりません。
しかも、創価活動家ってのはホントに自分達の都合の悪い事には答えない。
でもって、自分達だけが質問を繰り返す。
まぁ、アレが手口なんですけど。
広宣部風に言うと「対話をロック」する。ってヤツなんですが
もう、ミエミエでこの先の展開まで大方予想できるんですよね。
んなもんに、付き合っていられません(笑)

太ちゃんさん

こんにちは。

そういえば、太ちゃんさんのブログにも
前に、対論向上なんちゃら 
というブログの管理人さんがコメントしてましたよね。
おっさん君と似たような臭いがしましたが(笑)
おっさん君は、その方のブログで少し訓練してもらうといいかもしれませんね。

今後もよろしくお願いします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる