順序が逆なんだよな

現役男子部さんが、学会の下半期の活動について
ちらっとコメントを書いてくた。
下半期の活動内容は

> 事前に資料を見たら、まずは、選挙運動で公明を支持してくれた理解者への折伏!だそうです(笑)

だそうだ。
昔からのパターンといっちゃパターンなんだが
昔から「これって順序がちがうんじゃないの?」って思ってる。
だから、この順番を変えたのが
18年前の参議院選挙の年だった。
俺達が組織から追放されることになった
最初の原因だな。
その年もマルサンがあって年明け早々から
上からの打ち出しは選挙一色。
その時はなんだか忘れたが、
何かの署名運動をすることが打ち出された。
が、俺達の本部はその署名活動は一旦置いておいて
「3・16」まで折伏を中心に活動する。と
ゾーン幹部にも分県幹部にも宣言して折伏やった。
それが気に入らない幹部が結託して
やがて俺たちを追放に追い込むのだが
それはさて置き本題に戻ると、
なぜ俺達が選挙活動をしないで折伏をしたのか?
それは、それが本流であり、正しい順序だと思ったからだ。

選挙運動で公明を支持してくれた理解者を折伏する。
これっておかしくない?
順序が逆だと思わない?
俺が思うに、
「折伏して学会員になった人が公明党を支援する」
この順番が正しい方軌だと思うんだよね。
選挙は信心。選挙は広宣流布。っていうなら
なおさら、折伏が先だろう。
まず、折伏をする。
そうすると学会員が増える。
学会員が増えれば自然と公明との票も増える。
公明党の票が増えれば公明党の議員が増える。
これが正しい順番だろう。
公明党が初めて議員を輩出したのは
その順番だったんじゃね~の。
最初に公明党を支持してくれる人がいて
そのあと、公明党の支持者が学会員になった。
そんな話きいたことない。
てか、その順番じゃ公明党支持・公明党理解が先で
創価・信心は、公明党の後についてくるオマケみたいになっちゃう。
オマケなのは、公明党の方じゃないのか?
いつの間にか、公明・選挙が主で
創価・信心は従になっているよね。

それにだ。この順番で折伏が成功しているとは言い難い。
選挙の時「F」になってくれた人が
その後入会した。なんて話は俺は見たことない。
それどころが、選挙の時にあれだけ勢いよく
「Fをこんなに取りました」とか言ってた幹部・活動家が
その後、折伏を決めるどころか
新聞啓蒙もろくすっぽできず
会合やセミナーに、その友人を連れ出してる姿すらほとんど見なかった。
「こいつらの報告していたFってのは架空の人物か?」
としか思えなくらい、誰も何処にもいないのである。
本部幹部以上に至っては
俺が男子部を追放されるまでの間、
本流を決めた幹部は実に【ただの一人もいなかった】のである。
つまりは、「公明党を支持してくれた理解者への折伏」なんてのは
【できない】ということだ。
そりゃ、全国的に見れば多少は折伏できているだろうが
その人は選挙関係なく創価に入会した人だ。
つまり、選挙の前に折伏しても決まった人。
だったら選挙前に折伏しろよ。って話だよ。
まぁ、どっちにしても「公明党を支持してくれた理解者への折伏」なんて
いままでも【できていない】し
これからも【できない】
いままでソレができているなら
年々、公明党の比例得票が増えてなけりゃおかしいはず。
とっくに1000万票の得票を達成しているはず。
今回の選挙結果を見れば自ずとわかるだろう。
公明の票も増えない。
創価の会員も増えない。
これが現実だ。

おそらく下半期の活動の「折伏」なんて
言ってるだけで誰もできると思っていなし
やろうとなんて思ってないだろう。
せいぜい新聞啓蒙あたりでお茶を濁して
「大勝利」宣言してオシマイだろう。
一応「折伏」って言っておかないと。ってなテンションだな。
だから、創価の活動家の人は
「折伏の戦い」なんて言われても
そんなにマジになる必要はないよ。
どうせ、言ってる幹部は「やらない」んだから。
それに、今の創価を増やしてもね~
自他共に不幸になるだけだし。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家の母親から聞いた話にしか過ぎないので この点は留意しておきたいのですが 
その遠因をたどると どうも「言論妨害事件」に突き当たるみたいで、
それまでは 「折伏大行進」と称し 顕正会と負けず劣らずの
質を無視し数ばかり追い求めた無茶苦茶な活動をやった結果
(これが結果的には裏目に出てしまったわけですけれども) 
マスコミから叩かれ その一件で国会では 共産党が池田氏の証人喚問要求を示し
まさに 立正安国論の11段目?[奥書きの事]に書かれていた 
公上対決のチャンスが巡ってきたわけですが
ところが、こともあろうか 本人が拒否し しかも謝罪して
以後 「誤解を招くから」・・という理由で 
言論妨害事件以降 折伏を一時停止にして 今の形になったんだとか

「身から出た錆」・・とは言え、トラウマも含めて その影響が根強く残っているようです


もっとも、言論妨害事件の影には やっぱり竹入なども絡んでいて
なんか田中角栄等に根回しをしていたフシがあるのですが
そこは 今の幹部さまは どう捉えているんでしょうか?
 
また 幹部等の保身が絡んでいるのか
創価が言っている内容と若干違う一面が垣間見える上、実は証人喚問を阻害したのは
当時の幹部等だったのでは?・・という側面も否めないのですが
健忘性の強い 奴らには 未だに この点に気づかないのか 
気づいても墓場まで持って行きたいんでしょうけれど・・・

但し、推測にしか過ぎないので この点は留意して欲しいところです。


【参考 その1】 
※参考リンクのURLの数が超過したので 今回は続きます 
 大変申し訳ございません。

『池田大作の【証人喚問】しかない Part2』
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1252569259/
『池田大作の【証人喚問】しかない Part3』
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1253504445/
『池田大作の【証人喚問】しかない Part4』 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1254148381/
『池田大作の【証人喚問】しかない Part5』
 (※ そういえば いつの間にか『ストックホルム現象』の心理性を述べているな)
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1254921596/

↓ ↓ ↓ ↓

【参考リンク その2】

『池田大作の【証人喚問】しかない Part6』
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1255590073/
『池田大作の【証人喚問】しかない Part7』
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1256224188/
※2ちゃんスレッド(Part7)の補足
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/200910290001/
『池田大作の【証人喚問】しかない Part8』
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1257634301/
※2ちゃんスレッド(Part8)の補足
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/200910290000/


※ 度々申し訳ございません
 参考リンクのURLの数が超過したので また続きます 

↓ ↓ ↓ ↓

「創価の森」宛に書いた 証人喚問に関する反論 (創価全体にも言えるのですが・・・)


[No.341]:政教分離とカルト性について
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201006090000/
[No.342]:政教分離とカルト性について(2)
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201006100001/
[No.343]:言論妨害事件及び国会証人喚問等への反論
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201006100000/
[No.344]:政教分離とカルト性について(3)
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201006210001/




以上です。
お騒がせして 申し訳ございませんでした。
証人喚問については 相当、思うところがあるみたいです



どうみても 『国会証人』もしくは『参考人招致』というのは
あの当時における 本当の『公上対決』で 目的を考えれば
一番 欠陥性のない折伏だったのですが・・・
それを何故?行わなかったのか? 
また廻りも 何故?この点に気付かなかったのか?しこりが残りますね

尚、1960年代に講義された 立正安国論講義では 
選挙が公上対決の証などと述べておりましたが 
しかし イギリスの国民投票結果をみても お分かりのように
意図的な要素による不本意な結果が出てしまう上 不正集計の事例がある以上
その論は破綻していますし 迹の部類だったんじゃないでしょうか

大体、ナチスだって選挙によって与党になったのに 
その点に対して 当時は誰も気付かなかった 鈍感さすら伺え
どこが 『一点の曇りもない』だよ ・・と突っ込みたくもなります

(ああ いけね つい本音を書いてしまいました。)

こんにちは

言われてみれば幹部が折伏してんの見たことない…(-_-#)いつも地区リーダーとか班長だったような…?
あぁ~でも幹部は部員さんが折伏できるように指導するのが仕事だってのも言ってたような?
まあどっちにしてもやらないんですけど(笑)

選挙の前の署名活動、やりましたね~
平和を誓うなんちゃら署名とかなんとか。
国連本部に提出するとか言って(笑)
今から思うとなんじゃそら
ああやって票の皮算用しとったんですね~(>.<)y-~
みんなでこんなセンズリみたいな事してたらアカンな~言いながらやってました。
みんな折伏したかったんでしょうね♪

ほんとは信心てのはすごくシンプルなもんなのかと思います。
朝夕の勤行、教学の勉強、折伏!
しかしこれが一番難しい(*^^*)

eco◆Smw69さん

こんにちは。

真実はどうなのか?
それは誰もわかりませんね。
ただ「言論妨害事件」も
「月間ペン事件」も
「竹やぶ金庫事件」も
事実として存在している。
そして、池田センセが証人喚問に出廷していないのも事実。
あとは、これらの事実をどう思うかは
各人に任せるだけですね

元創価班さん

こんにちは。

> 言われてみれば幹部が折伏してんの見たことない…(-_-#)いつも地区リーダーとか班長だったような…?
> あぁ~でも幹部は部員さんが折伏できるように指導するのが仕事だってのも言ってたような?
> まあどっちにしてもやらないんですけど(笑)

蒲田でも大阪でも池田センセの個人折伏の話は全然聞きませんもんね(笑)
学会の伝統ですね。

> 選挙の前の署名活動、やりましたね~
> 平和を誓うなんちゃら署名とかなんとか。
> 国連本部に提出するとか言って(笑)
> 今から思うとなんじゃそら
> ああやって票の皮算用しとったんですね~(>.<)y-~

全く、怪しい署名運動をしましたね。
私の県では、サッカーワールドカップを誘致する
みたいな署名やった記憶あります。
確か、その時もマルサンだったような・・


> みんなでこんなセンズリみたいな事してたらアカンな~言いながらやってました。
> みんな折伏したかったんでしょうね♪

折伏は一番楽しいですが
結果を出すまで辛くて皆挫折するんですよね。

> ほんとは信心てのはすごくシンプルなもんなのかと思います。
> 朝夕の勤行、教学の勉強、折伏!
> しかしこれが一番難しい(*^^*)

そうですね。
信心はシンプルにすればするほど深化します。

◆今日蓮が弘通する法門は・せばきやうなれども・はなはだふかし(四条金吾殿御返事)

ですね。

問わず語りに

 
 原島 喬さん(元教学部長)の本では、言論問題の時は、一時?
箱根研修所に「ご避難」されていたとありました。  同行したのは
Uダさんか原島さんかのいずれかと、女子職員2名の計4名・
風呂に入っておられたという話でした。

 私を守れ! 私を守れ!というのがセンセイの口癖、いや、ご指導だったようです。  センセイの「公所恐怖症(ママ)」「閉所恐怖症」は私も県の幹部から聞いたことがあります。  国会は広いのに「公所」だから出ないという理屈。

 だから本幹で「すべて私が矢面に立ってみなさんを守ってきた!」というのを聞くたび、とても心の整理に困りました。  今は困ってません。(笑

 結局、第一庶務の〇〇氏の言を彼と同期の先輩から聞いたこともありますが、
それは「センセイってどんな人?」  「ん、ただのおっさんだよ、、」とかです。

 そういうわけで私はいつも先生も創価の宣伝も実態も「ただの共同幻想」だと言うのです。 今回の〇参は60万票を減らしましたね。

こういうのは日本語では「大敗北」というのでは。

 あと管理人さん、みなさんにご報告、 

 毎回、F取りにがんばってた親友が、今回から一切やらなかったということでした。   善き哉  善き哉v-290



 ご判断はみなさん個人でなさってくださいね。  

 

そもそも「折伏」になってないのが問題

これについては、河合師範(故人)も指摘されてます。

平成10年6月2日寝屋川文化会館より
●●●●●
活動体験ではだめ。活動体験ばかりいっぱいあっても、功徳を受けなけれぱ不信になる。今は活動体験止まりが多い。かえって不信になる。

○○○○○

子供に勤行を強制してはいけない。信心嫌いになる。子供だって悩みがあるのだから、信心を教えるのは大事。
「こうなりたいと祈ってごらん!そうなるよ!」と教えればよい。決意して祈らせれば体験ができるから信が深まって、放っておいても大丈夫。「やらなきゃダメ!」と言ってはいけない。やらされた信仰は信仰ではないから功徳はない。

○○○○○

結構押しつけている場合が多い。そして嫌われている。自分で決意しなければ信心ではない。

○○○○○

決意から入れば信心、形から入れば情性。決意してやらせれぱ功徳がある。無理矢理やらせたら功徳はない。

○○○○○

活動を押しつけたら潰れてしまう。信心を教えて功徳を受けさせること。

○○○○○

功徳を受けない信仰は間違った信仰。惰性と義務になっている。

○○○○○

頑張るばかりでは「仏道苦行」で楽しくない。『成果の無間地獄』です。

○○○○○

どういう心で頑張るかである。仏法に形はない。どうやって説明するのか?自分が体験をして、生活・生命が変わった実証で相手に納得させるしかない。それが私たちの使命。

○○○○○

地域の広宣流布を進めよう!幸せを拡大しよう!」と祈ることが広宣流布を祈ること。 成果増は祈っていても世帯増は祈ってないから世帯は増えない。成果は黒字だが広布は赤字。
これを『広布の粉飾決算』という。
これではそのうち破産する。幹部は成果の責任者ではない。

○○○○○

誰でも彼でも折伏する必要はない。誰でも彼でも味方にするのは構わない。
ここを間違えないこと。今悩みがない人・悩みがあっても悩んでない人を折伏すると嫌われる。結構そういう人を押し込んで折伏して嫌われていませんか?

友達を無くしている。健康な人に薬を飲めと勧めても嫌われる。「いい薬があるから、病気になったら飲みなさい。」と教えておくのは構わない。そこで止めておけぱよい。そこを押し込んでいる。悩んでいる人・不幸な人がいたら救ってあげること。

○○○○○

苦し紛れの分世帯では功徳はない。功徳がないのでつまらない。後には不信が残る。

○○○○○

体験がないから相手が魅力を感じない。同じ悩みの体験が一番説得カある。確信を持って言い切ること。
折伏には教学はいらない。相手の悩みが分かれば誰でも折伏できる。

○○○○○

だから何があっても広布を進めるしかない。今度の支援活動もその一端。よくするためにやる。学会のためにやるのではない。
公明党のためにやるのでもない。
●●●●●

最後の「支援活動」については、公明党が庶民の味方としてきちんとやってる、という前提でなら成り立つ話です。
現状はすでに一部の権力者のための政治という実態ゆえ『学会のためにやるのではない』『公明党のためにやるのでもない』という河合さんの話の通りになっていない現在の組織の実態です。

少なくとも今回の選挙は『学会のため・公明党のため』=『一部の権力者の横暴化へ全面的協力』という、もはや『謗法』というレベルです。
『折伏』と呼称してるだけの、単に所属しろと強要してる「勧誘行為」でしかない有様ですから。

『折伏』どころか『ただの迷惑行為』でしかありません。

RAMBOさん

こんばんは。
 

>  あと管理人さん、みなさんにご報告、 
>  毎回、F取りにがんばってた親友が、今回から一切やらなかったということでした。   善き哉  善き哉

それは良かったですね。
選挙なんて本来は功徳も出なきゃ罰もでませんが
それを「信心」だの「広宣流布」だのと言って
創価の手助けとなれば「罰」もでるし「罪業も積む」
くだらない罪業を積まなかったのが功徳ですね

太ちゃんさん

こんばんは。


> 最後の「支援活動」については、公明党が庶民の味方としてきちんとやってる、という前提でなら成り立つ話です。
> 現状はすでに一部の権力者のための政治という実態ゆえ『学会のためにやるのではない』『公明党のためにやるのでもない』という河合さんの話の通りになっていない現在の組織の実態です。
> 少なくとも今回の選挙は『学会のため・公明党のため』=『一部の権力者の横暴化へ全面的協力』という、もはや『謗法』というレベルです。
> 『折伏』と呼称してるだけの、単に所属しろと強要してる「勧誘行為」でしかない有様ですから。
> 『折伏』どころか『ただの迷惑行為』でしかありません。

同感です。
そもそも、今の活動家に折伏はできなでしょう。
てか、大聖人仏法ではないので
折伏ですらない。

こんにちは

私は現在、学会の活動はしていません。教義が変わって…創価は私の亡き親が入会した創価とは、全く別物になってしまった気がするのです。
でも折伏はしたい…という思いはあります。親から「折伏は御本尊様への恩返し」と教わりました。
ただ…自分が活動したくない創価を友人に勧めることはできません…
管理人様は…どんなふうにお友達に信心のお話をなさっているのでしょうか?

大聖人様に巡り会えた幸福

いつも御世話になります。
大聖人様を捨て、方便に走り、
そんな組織に身を置く事が、
何の役に立つのか?

願い生まれし我ならば、
一生、ご本尊様から離れない!
この覚悟と確信で、
貫きたく存じますm(__)m

管理人様

こんにちは!
いつも核心突いたお話、ありがとうございます。
大変勉強になります。
18年前の選挙、覚えてます。あの年、あの盛り上がりの中で組織に物申すとはスゴイと思います。現場の意見の方がいつも価値的なのに慌てて抑え込む頭カタイ中間幹部。よくよく詰めて話すと、ナント現場に無知で、未活か?というような奴だったりしますもんね。
選挙の度、九州、東京交流に飛び出した亊、今は反省してます。子供達だけ置いて歩くべきじゃなかったと。
そして私も今回初めて公明党に投票しませんでした。
新聞も‥創価公明の狡猾なプロパガンダにど~しても我慢ならず昨年とうとう止めました。周りはぶったまげ、波風立ってます。
が今年は創価に一銭もお金使いません。
「新・人間革命」も神話作りの創作だったと知り愕然としました。ホントにそうなのでしょうか!?…
池田先生を師と仰いできた根拠ですから。速攻で全巻捨てましたが。
入信当初、幹部に質問したものです。
「どうして池田先生は自身をこんなに美化し賛嘆して書くのか?キモい」と。
すると答えは「事実を正確に弟子や後世に残す為にはこういう書き方しか出来ない」でした。書き込めないので続きます→

続・管理人様

もともとが小説やドラマは好まず、ノンフィクションの歴史物、例えばガンジーとかホロコーストとか東京裁判とか実写で観たり読んだりの自分にとって、アレを実録と信じ人生哲学に据えてきたなんて、そりゃもう怒りというか恥ずかしさというか‥爆発でした。
よくよく冷静になれば管理人さんの仰る通り、御書根本に師と仰ぐのは大聖人様だけでいいはずですよね。早くこのショックから立ち直って、改めて気持ちの定まった信心していかなければと思う日々です。

現役婦人部さん

こんにちは。

> いつも核心突いたお話、ありがとうございます。
> 大変勉強になります。

こちらこそ、お読みいただきありがとうございます。

> 18年前の選挙、覚えてます。あの年、あの盛り上がりの中で組織に物申すとはスゴイと思います。現場の意見の方がいつも価値的なのに慌てて抑え込む頭カタイ中間幹部。よくよく詰めて話すと、ナント現場に無知で、未活か?というような奴だったりしますもんね。

そうそう。未活というより外部か!って感じでした。

> そして私も今回初めて公明党に投票しませんでした。
> 新聞も‥創価公明の狡猾なプロパガンダにど~しても我慢ならず昨年とうとう止めました。周りはぶったまげ、波風立ってます。
> が今年は創価に一銭もお金使いません。

それは、素晴らしい!(笑)
謗法化した創価に供養するのは与同罪になってしまいますものね。
まぁ、周りはとやかく言うでしょうが、気にしない。気にしない(一休さんか)

> 「新・人間革命」も神話作りの創作だったと知り愕然としました。ホントにそうなのでしょうか!?…
> 池田先生を師と仰いできた根拠ですから。速攻で全巻捨てましたが。

私も、カレコレ17年ほど前に、速攻捨てました(笑)
センセの、押印付の書籍や和紙もまとめて廃棄です。
いまから思うと、創価の資料の為に取っておいた方が良かったかな?とも思いますが
創価破折の資料としてなら友人の学会員に借りればいいか。思ってます。

> 入信当初、幹部に質問したものです。
> 「どうして池田先生は自身をこんなに美化し賛嘆して書くのか?キモい」と。
> すると答えは「事実を正確に弟子や後世に残す為にはこういう書き方しか出来ない」でした。

事実を正確に書くなら「小説」とわざわざ付ける必要ありません。
名誉毀損とかで訴えられても「小説だから」で誤魔化せるし。
池田センセは究極の学会員なのでしょう。
なにせ、創価活動家は揃って【自】意識高い系ですからね(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる