絵理子さんへのご回答(折伏について)

今日は、絵理子さんのコメントの返事をかきます。
未活動家の学会員の折伏についてのご質問ですが
その前に、

>私は現在、学会の活動はしていません。教義が変わって…創価は私の亡き親が入会した創価とは、全く別物になってしまった気がするのです。

このコメントについて少し書きます。
私の友人の学会員の2世・3世にも同じような学会員がいます。
両親は「戒壇大御本尊」へ信を貫かれたまま他界した。
そんな学会活動家の友人によく話すのは
「大御本尊を捨てた創価で活動しているということは
大御本尊を信じ抜いて亡くなったご両親と君は
違う信心をしているのだ」ということです。
両親と同じ創価学会員でいる事が
両親と同じ信心をしていることではなく
同じ大御本尊を信じる事が、
同じ信心をしていることなんだ。と。
大御本尊を信じて亡くなった両親に対して
大御本尊を棄てた創価で祈ってていても
両親への回向になる道理はない。
そう言っています。
創価は教義を変えたのではなく
本尊そのもの変えたしまったのです。
それは、いままで日蓮正宗・創価学会員として
一生を貫いた 人達に対する
大きな裏切りであり冒涜です。
ですから、絵理子さんが創価の活動をしていない。
ということは親御さんの信心を
正しく受け継いでいると思います。
その上で、折伏をしたい。と思われている。
さぞや、親御さんも
そして大聖人もお喜びのことだと思います。
その心だけで十分功徳をいただけると思います。

では、折伏について所感を書かせてもらいます。

>ただ…自分が活動したくない創価を友人に勧めることはできません…
管理人様は…どんなふうにお友達に信心のお話をなさっているのでしょうか?

私が、男子部時代5年間、支部~本部の弘教長をしてきて感じたのは
折伏できない人には決まったパターンがある。ということです。
折伏できない人の共通するパターンは
必ず【創価学会の話からはじめる】人です。
多くの人は、創価学会や池田センセに【何の興味もありません】
創価学会や池田センセが、
世の中のためにいいことをしていようが
どこぞの誰かから勲章や称号をもらおうと
逆に、創価や池田センセが悪いことをしてとしても
善悪どっちであっても、そんなの【どうでもいい話】なんです。
創価や池田センセなんて、何も関係ない存在なのです。
世間の人たちはそんな話に【なんの興味もない】のです。
そんな【なんの興味もない話】をされても
聞いてる方はただ
「つまね~」「くだらね~」で終わりです。
「君がやる分には構わないが、巻き込むなよ」って思ってます。
そうした相手の気持ちもわからずに
ひたすら、学会や池田センセの話をする。
そんな人は折伏が決まりません。
世間話だって、こっちの興味のない話を
延々さらたらイヤになります。
ましてや、宗教の話なら尚更です。
それをしでかしちゃうのが創価活動家さんです。
この傾向は幹部に強く、
それが【幹部が折伏できない】の大きな原因です。

それはさて置き、
そもそも、創価学会のことを話す。なんていうのは折伏じゃありません。
折伏とはあくまでも【大聖人仏法】のことや
【大御本尊】のことを話すのが折伏です。
それ以外のことを話しても下種にもなりません。
創価の話をするなんていうのは、だたの世間話です。
聞いている方も、聞かせてる方も、単なる暇つぶしにしかなりません。
ここまで書けば察しがつくかと思いますが、
「創価を友人に勧めること」などする必要は全くないのです。
無論、創価の話などする必要もない。
私は、友人に信心の話をするときは
創価の話は一切しません。
ただ、大聖人の仏法の話をするだけです。
自分が信心をして、どういう功徳を受けたか。
それを話すだけです。
勿論、相手は信心をしていない人ですから
「信仰」の大切さとか話したり
「死後の世界の有無」とかの話だったり
色々ですが、最終的には「大御本尊のはなし」をします。
ここで一応終了です。
大御本尊の話を聞いてもらえば、【下種】は完了です。
ここまで話ができれば、話した方も聞いた方も功徳がでます。
あとは、聞いた本人が「やる」か「やらないか」です。
さて、今もし「信心をやりたい」と友人に言われたら
私ならば近く日蓮正宗の寺院を紹介するか
友人に法華講員もいますのでその人に会わせます。
間違っても「創価学会に入会」などさせません。
友人に「お前は学会なのになんで学会に入会させないんだ」と言われたら
今の、創価がいかに謗法であるかを説明します。
そして、「俺もそのうちソッチに行くから先に行っててくれ」と言うつもりです。
ていうか、外部の友人と信心の話をすると実際のそういう風になります(笑)

ともあれ、折伏というのは、創価の話をすることじゃありません。
まずは、絵理子さん自身が「信心をしていて良かった」と思ったことを話せばいいと思います。
そのためには、絵理子さん自身が幸福になることです。
そんな絵理子さんが信心の話をすればご友人もこの信心を信じるのです。
それが、本当の折伏だと思います。
私も常にそうでありたい。と心がけています。

◆現在に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人もありやせん(法蓮抄)
◆日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず(三三蔵祈雨事)

どうぞ、正しく大御本尊に信を取り
ご両親への追善回向
そしてご自身の一生成仏を目指してください。
あとは、お友達を大切に良いお付き合いを続けてください。
それが、大聖人仏法における折伏です。

また、いつでもコメントしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました

気持ちがすっきりしました。宗門に戻れば、解決することなのでしょうが…両親の墓が学会の墓苑にあることやその他もろもろの事情で…当分脱会はできないため…折伏はどうしたらいいのか?…と思っていました。
私は戸田先生の「人間革命」の中にある「御本尊様の力用は人間の思考を超えている」という一文を心の支えにしている者です。
私は東日本大震災の被災地にいます。あの日…私は津波の被害の大きかった地域に旅行に行く予定でした。でも…旅行の数日前から体調が悪くなり、行かなかったのです。震災後、体調はすぐに元に戻り、これは御本尊様が津波から守ってくださったのだと確信しました。
御本尊様によって生かされた生命です。心を新たに、頑張っていこうと思います。管理人様、本当にありがとうございました。

幸せになる為の信心なのに、

いつも有難うございます。

幸せになる為の唯一無二の
日蓮仏法への信仰が

今や創価活動を頑張ることに
重きを置いた学会。

どうすれば、幸せになるのか?
それこそが一大事なのに、

学会さんは、そんな事は知った、
こっちゃ、
有りません。

センセを守り、創価の大発展を念じて、
我が身は何も変わらず。

哀しいかな、哀しかな、

池田先生

●東日本大震災、御無事でなによりでした。

1、本当に創価の広報がいうように、池田氏が夫婦で会館めぐりしながら、元気で会員を激励してるのなら、東日本大震災、熊本大地震、のおりに、なぜ会員を激励に被災地にいかないのか?
2、安保関連法案に関する公明党の対応をめぐって目の中に入れても痛くないと言っているS大生の意見が割れたとき、なんで安保関連法案に関して何のメッセージも発しないのか?
3、ここで紹介した3人組さんなんんか先生の理念を貫こうとして本部職員をクビになってなってしまったのに見殺しなんて~
4、ボクの情報源のバリ活の地区部長さえ、「なんで、信濃町は先生の健康状態隠すんだろう?先生の健康状態がどうであれ、オレはついて行く」といってます。

●かなりの学会員が先生の健康状態がよくないと思ってるのに、それを組織内で口にだせないところが、まさに、カ〇トですね。

No title

絵理子さん御本尊さまに守られて良かったですね。

管理人さんお疲れ様です。
去年、父が危篤になり実家に帰りました(助かりました)で、実家のご本尊の前に座ると
ご本尊さま(日達さんの)が、黒くて気持ち悪かったです。

でも、今回実家に帰りご本尊の前に座ると元のご本尊でした。
黒くもなく、気持ち悪いこともなかったです。
なんか不思議に思います(他の家族はそんな感じないようでした)

No title

管理人さん名前間違いでした。
ハルは、かりんとうです(親は創価のままです)

紛らわしことしてすみません。

こんにちは。

 @絵理子さんへ


  激しく守られましたね!  驚きました。

  元気で今こうして生きておられること自体が、功徳の現証ですね!

  友人やまだ親しい会員さんに「功徳のエピソード」として、語らせていただいてもよろしいでしょうか?

 体験は貴女の中の仏法のいのちが生きている証拠ですね。 

 
 @管理人さんへ

  以前にも書いたかと思いますが、  私も昔に会合で、「折伏の時に、
勲章や名誉称号や世界に何か国になった、云々の話をしないで、自分でやろう。」と話してたものです。

 当然、ほとんどの人が訝しげな顔をして私を見てました。 当然、担当の総県幹部さんは、面白くなかったでしょうね。

 片や、総県幹部たちは、「師匠を語ることが弟子の道」みたいなことを叫んでた頃でした。   会員を宣伝マンにしようとしてたですね。。

 思えばあの頃から、「〇〇(当然、私)は危険だ」という位置に置かれてたのでしょう。

 以来、ずっとそのスタンスです。  人々の胸を打つのは、その人自身の本音の言葉だけです。 

 ちなみにすごい詐欺師は「それ」がウソであっても無自覚に熱く語れる人間らしいですね。

 今の創価を熱心に語れる会員さんや幹部は、理路として、破仏法の詐欺師ということに、、、?? v-12

  
 

絵里子さん

こんにちは。

> 私は東日本大震災の被災地にいます。あの日…私は津波の被害の大きかった地域に旅行に行く予定でした。でも…旅行の数日前から体調が悪くなり、行かなかったのです。震災後、体調はすぐに元に戻り、これは御本尊様が津波から守ってくださったのだと確信しました。

凄い事ですよね。守られたんですね。
私も福島県に親類縁者が大勢いるので
あの震災の時は本当に心配しました。
私の親類一同も皆無事でした。

> 気持ちがすっきりしました。宗門に戻れば、解決することなのでしょうが…両親の墓が学会の墓苑にあることやその他もろもろの事情で…当分脱会はできないため…折伏はどうしたらいいのか?…と思っていました。

絵里子さんの気持ちがスッキリしてくれたのなら私も嬉しいです。
今はお互い創価ですが、時が来れば大聖人の元に戻れると思います。
それまでは、大御本尊にお題目を送り
お目通りの時には「こんな幸せです」と言えるようにしましょうね。

> 私は戸田先生の「人間革命」の中にある「御本尊様の力用は人間の思考を超えている」という一文を心の支えにしている者です。

御本仏ですからね。凡夫の私達にどうこう言える存在ではありません。
今の創価のように、自分達が仏(御本尊)を認定する。
などというのは、傲慢以外の何者でもないと思います。
そんな信心が正しいとは思えません。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 幸せになる為の唯一無二の
> 日蓮仏法への信仰が
> 今や創価活動を頑張ることに
> 重きを置いた学会。
> どうすれば、幸せになるのか?
> それこそが一大事なのに、
> 学会さんは、そんな事は知った、
> こっちゃ、
> 有りません。
> センセを守り、創価の大発展を念じて、
> 我が身は何も変わらず。
> 哀しいかな、哀しかな、

本当に仰る通りです。
創価の、本尊・教義・化義で幸福なるという
文証も理証も見当たらないのです。
それで、現証だ。なんてバカな事言うのですから
アングリです。

古本屋店主さん

こんにちは。


> ●かなりの学会員が先生の健康状態がよくないと思ってるのに、それを組織内で口にだせないところが、まさに、カ〇トですね。


本当ですね。
こんな子供騙しを使う上層部と
こんな子供騙しに騙されてるふりをする活動家。
いつまで、くだらない小芝居するつもりなのか?
創価活動家は宗門や顕正会に
「証拠を見せてみろ」ってこと言うのですが
それこそ、センセが元気なら
「証拠を見せてみろ」と言いたいですね。

かりんとうさん

こんばんは。HNの件わざわざお伝えいただきありがとうございました。

> 管理人さんお疲れ様です。
> 去年、父が危篤になり実家に帰りました(助かりました)で、実家のご本尊の前に座ると
> ご本尊さま(日達さんの)が、黒くて気持ち悪かったです。
> でも、今回実家に帰りご本尊の前に座ると元のご本尊でした。
> 黒くもなく、気持ち悪いこともなかったです。
> なんか不思議に思います(他の家族はそんな感じないようでした)


そういう不思議な感覚ってありますよね。
そう言うと、オカルトだのなんだの言う人もいますが
実際に本人にしか分からない事があります。
私も、唱題の最中に御本尊様が動いたように見えたり
大聖人様の声が聞こえたような気がしたり
そんな事もありましたよ。
それにしても、御尊父様が助かられたのは良かったですね。
護法の功徳力ですね。

RAMBOさん

こんばんは。

 
>  @管理人さんへ
>   以前にも書いたかと思いますが、  私も昔に会合で、「折伏の時に、
> 勲章や名誉称号や世界に何か国になった、云々の話をしないで、自分でやろう。」と話してたものです。
>  当然、ほとんどの人が訝しげな顔をして私を見てました。 当然、担当の総県幹部さんは、面白くなかったでしょうね。
>  片や、総県幹部たちは、「師匠を語ることが弟子の道」みたいなことを叫んでた頃でした。   会員を宣伝マンにしようとしてたですね。。

というより、それしか語る事がない幹部が多いのでしょうね。
男子部時代の幹部もそうです。
社会で何かをなしているわけでもなく、何かで成功した訳でもなく
無駄に健康だから病気の体験もない。
とにかく体験がない。
体験が無いから確信もない。
話すこともないし、話せる事は創価の事だけ。
折伏なんて決まりませんよね。コレじゃ

>  思えばあの頃から、「〇〇(当然、私)は危険だ」という位置に置かれてたのでしょう。

いえ、その頃から大聖人に導かれていたのですよ。
貴方は創価と闘う側だと、大聖人に選ばれていたのです。


明日は地区の座談会で

御指名にあずかりましたので
司会を致します私(ー ー;)

自身の信仰心と、
学会の指導に、
かなり温度差がある今日この頃。

でも、チャンスと捉え、
参加者の方々の心に、
何か残したいと思います。

私は大聖人様への感謝しかないので。

明日の座談会で破折したいと!
決意を胸にm(_ _)m

古本屋店主様

先のコメントにアドバイスありがとうございました。
現役学会員に質問をされていましたよね?
私の知る限りですがお答えさせて下さい。
◇先生が公式の場に姿を現さないのを疑問に思わないのは→「弟子の時代」を伝授されたから。本幹も「弟子が全て運営していくんだよ」と。
◇お元気そうでない先生の写真を見て→「もう無理なお身体?」と内輪では話しても公には言いません。「お元気よ~♪」の触れ込みに、詮索するのは憚られますね。御存命で御の字。大方の会員は真偽などどうでもいいって事なんです。
◇師弟不二を掲げながら先生の健康状態を隠す理由→昔から「部員さんの信心が動揺するような事は真実でも隠す」のが創価の鉄則で、部員さんを守る為と教えられました。
◇財務等の金の使途が全く知らされないのに聖教拡販や民音等のチケット販売に末端の学会員さんは何とも思わないのか?→末端の部員さん抜きで幹部と活動家が消化します。
◇誰が一番得をするか→自身が福運積める=自分が一番得をする、と信じている。
◇財務→広宣流布の必要経費と割り切っているのです。宗門と切れるまではお寺に塔婆立てたり御供養していた額なので惜しくないのです。続く→

古本屋店主様②

◇新聞→配達員を10年、新聞長も発足から。経済革命だけでなく身体(健康長寿)の福運も積むと叩き込まれ、聖教は学会員の「命綱」と思っていました。
聖教2公明1大白3両グラフ新報等々何十年も購読。不景気で外部啓蒙と内部多部数は激減し、今は1人に1部マイ聖教を推進。外部は紹介者が払う「贈呈」が定番です。
◇民音→先生が「六根清浄の縁」を作って下さったと教えられてますからもう嬉々として。書籍も。
◇副会長以上の年収→
四ッ谷税務署公示の納税額<平成5年> <平成6年>
名誉会長池田大作
<8,715万>
会長秋谷
<1,842万> <1,801万>
理事長森田
<1,387万> <1,550万>
副会長八尋
<1,761万> <1,135万>
副会長上田
<1,304万> <1,045万>
副会長青木
<1,024万>
…納税額なので、年収はこの約3倍? 総理大臣より多い年俸の会長、そして副会長は全国300人と聞きますから合算すると凄い金額です。先生は毎年延々と長者番付に入ってますし(年収は億単位)。
税務署公示が廃止されたのは公明(創価)の圧力によるものと噂され‥個人情報保護法で納税額を隠し、「池田大作保護法」とも揶揄されてるようですね。
高額にしても常識的な限度があろうと思います。
また続く→

古本屋店主様③

しかも税制優遇されながら税逃れのパナマ文書で筆頭にSGIの名前。いくら公明が正義ぶっても、租税回避の悪法を故意に野放し、宗教法人非課税等、創価利権を守るためだけの薄汚いクズにしか見えません。困っていない権力側富裕層には減税、肥えさせた社内留保366兆円も租税回避の隠し資産61兆円も放置し、困っている貧困層の社会保障や年金等にあの手この手で手を付け、消費税まで増税。実のところ増税による税収は導入直後を過ぎると税率通りには伸びません。逆に経済は萎縮、景気が低迷し中長期的に全体としての税収は確実に増加しない(減収すら起こる)のが実態です。過去の導入&増税の経験則から解りきっている事実です。じゃ何故?→大企業(経団連)が輸出で国から戻り税ガッポリ貰えるから。払ってもいない消費税が戻る仕組み。この期に及んでもまだ国民を騙し富裕層に金を流そうと企む政府。献金が入るからね止められない。それでも貪欲な経団連は19%を要求中。こんな奴等の為に歪んだ制度まで作って、庶民を犠牲にする公明など自民同様のクズでしょう。H13年からは「死亡消費税」「貯蓄税」までマジで検討中のイカれた政府‥布石がマイナンバーでした。

古本屋店主様④管理人様

どこが民衆救済の創価公明なのか?
潰れてしまえと本気で思います。
こんな話、活動家は頭から悪意の中傷・批判と構えて聞き入れませんね。
ネット情報を笑い、高見から侮蔑し蹴散らす。思考や精査、対話もアウツなら‥やはりカルトかもしれませんね。

管理人様
管理人さんのブログなのにいろいろ主張してしまい
ごめんなさい。
つい力が入ってしまいました。

現役婦人部さんへ

実をいうと、2009年正月辺りの容態を知ってるんです。
ネットからではないです。
リアルにて偶然に知ったのだけど。

その当時は都内の大きな病院で、聞けば誰でも知ってる病院でしょうけど。
その当時ですでにひとりでトイレができない容態なんです。
それから7年半。
普通に考えてとても指導できる容態ではないでしょう。
だからこそ、執行部(というより執行部を先導してるかつての池田先生の側近)は『暴走』をロコツにできるんです。

逆にいえば、これだけ執行部が暴走できるというのは、そのまま池田先生はもう全く指導できる容態ではないのを証明してる状態なのですよ。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 御指名にあずかりましたので
> 司会を致します私(ー ー;)

座談会の司会ですか。
頑張ってください!

> でも、チャンスと捉え、
> 参加者の方々の心に、
> 何か残したいと思います。
> 私は大聖人様への感謝しかないので。


そうですね。
少数でしょうが、
座談会に「大聖人の仏法」を求めて参加する人もいるはずです。
その方々の心に何か残せる
名司会をお願いしますね。

> 明日の座談会で破折したいと!
> 決意を胸にm(_ _)m

大聖人が見ていてくれます!

現役婦人部さん

こんにちは。

> 管理人様
> 管理人さんのブログなのにいろいろ主張してしまい
> ごめんなさい。
> つい力が入ってしまいました。

全然お気になさらずに。
言いたい事は、何でもお好きにコメントしてください。
もっと色々書いて欲しいくらいです。
これからも、お気軽にコメントしてくださいね

太ちゃん様

情報ありがとうございます。考えてみると今まで側近中の側近がおびただしく離反していきましたよね?
…時代を遡って、若き日興上人は五老僧の堕落と謗法にまみれた身延をたったお一人で出られました。比べるには滅相もありませんが、今の創価を見ていると‥腐った多勢よりも、孤独に去った側近の中には義憤の一人もいたかもしれない‥身内が去る土壌がもともとあったなら、その土壌を正しく知りたいものだと調べると、謀反した人達が個々に主張してる内容が同一で整合性があります。
戸田先生の「戸田の命より大事な組織」という言葉を御存知でしょうか?
で「組織を守る」組織人間やってきた訳ですが、しかし組織は「目的」ではなく「手段」であり、あくまで目的は“万人が御本尊を拝み幸福になる事”です。
良い畑(組織)には良い作物(個々の信心)が育ちます。土を耕し陽や水や肥料で畑を整える労作業に汗を流すのが本来、幹部の使命のはずでした。
問題は組織の有無よりも、日蓮大聖人の仏法を正しく解釈出来ない亊にあるのだと思います。五老僧のように。
「仏法をばがくすれども (中略)我が心の曲がるをしらず 仏教を直しく習いうる事かたし」(三沢抄)
大幹部といえど、厳しいものだと痛感します。

管理人様

優しいお言葉、ありがとうございます。
FC2ブログ、コメントは出来るんですが、私の古いケータイではブログ開設が出来ないみたいで‥パソコンないので諦めました。
お言葉に甘えてお邪魔させて下さい。ペコリ。
管理人さんのブログ読んでいて、自分では整理出来ないモヤモヤとか迷いとか‥鮮明に思考出来るようになってきました。
感謝してます。
今後も記事アップ、楽しみにしてますので宜しくお願いします。

現役婦人部さんへ

>戸田先生の「戸田の命より大事な組織」という言葉を御存知でしょうか?

これって組織を妄信してる人がよく出すものですねf^^;
なぜ大事なのかがわからないまま、組織という手段のみが一人歩きしてしまってるように見受けるんです。
こうなってしまってるのは結局のところは、一部の権力を持つ人たちを贅沢させるだけですね。
その一部の権力を持つ人たちにしたって、ロコツな言い方をすれば「ただの乞食」です。
真面目に動いてるたくさんの人たちから、福運を搾取してるだけで、その本人らはむしろ『活動のジャマするだけ』なんて有様ですから。

ほんと『ただの乞食』という以外に言葉が見つからないですよ。

ところで、たぶん「ガラケー」という種類の携帯でアクセスされてるのでしょうけど。
ブログはできないわけでもないですよ?
パソコンだと確かに画面も見やすいし操作も楽ですけど、ブログを開くには、自由度があるぶん、細かい設定がそれなりにたくさんありますからねf^^;
ガラケーで開けるブログは簡素なものになってるぶん、上げる記事しだいになるでしょうね。
そもそも、画面の見た目やなんかより、ブログは記事が命というものですし。

現役婦人部さん

こんばんは。

> 優しいお言葉、ありがとうございます。
> FC2ブログ、コメントは出来るんですが、私の古いケータイではブログ開設が出来ないみたいで‥パソコンないので諦めました。
> お言葉に甘えてお邪魔させて下さい。ペコリ。

はい。いつでも来てください。

> 管理人さんのブログ読んでいて、自分では整理出来ないモヤモヤとか迷いとか‥鮮明に思考出来るようになってきました。
> 感謝してます。
> 今後も記事アップ、楽しみにしてますので宜しくお願いします。

ありがとうございます。
そう言っていただけると励みになります。
拙いブログですが今後もよろしくお願いします。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる