学会の指導主義ってなんだろね。

学会は、「教授主義」ではなく「指導主義」っていうんだけど
学会の言う「指導主義」ってのがよくわからない。
簡単に言うと、上から下へ「教える」のでなく
目標を示して共に進んでいくってのが
「指導主義」っていうものらしい。
だから「幹部」は必ずしも「自分ができなくてもいい」
部員さんと一緒になって自分も目標に進むのだから。
つまり、幹部は折伏ができなくても
聖教啓蒙ができなくても
教学ができなくても
勤行すらできなくても構わないってわけだ。
自分ができなくても「指導」はできる。
なんだかピンとこない。
自分と同じようにできてない人に
「頑張って一緒に折伏を決めよう」ってならまだ多少わかるが
折伏や啓蒙の結果を自分より出しているメンバーや
明らかに自分より教学力のあるメンバーに向かって
一体どうやって指導するのか?
てか何を指し示すのか?甚だ疑問だ。
ところが、幹部って奴は往々にして
「自分より出来る奴」に指導をしたがるから困る。

男子部部長時代のこと
我部の活動家は本部幹部以上の幹部に指導を受けない奴ばかりだった。
まぁ、部長の俺からして指導を受けないので致し方ないが
ある日の本部部長会で、
本部長から俺の部のメンバーにもっと指導をうけさせろ。
と指導された(笑)
で、部活で「本部長とかゾーン幹部が指導受けにこいって言ってるから、たまには行ってあげるように」と話すと
「そんな結果も出てない人に指導受けても仕方ないですよ」
「指導を受けに来るのは向こうの方じゃないですか」
「指導ってのは受けに来い。って言うもんじゃないですよ」
「部長に指導受けてるからいらないっす」
と皆口々に言って
結局、だ~れも指導を受けに行った奴がいなかった。
後日、組織を追放されたとき
「あいつは部員さんを自分につけた」とか
「あいつは部員さんに幹部の悪口を言った」とか言われたのも
今考えると、彼等が指導を受けに行かなかったからだな(笑)

でも、彼らの言っていることって、いちいちその通りなんだよな。
折伏・新聞啓蒙の結果が欲しい。部員さんは
その結果を出している人に話を聞きたい。
教学をもっと学びたい。と思っている部員さんは
教学を自分より知ってる人に話を聞きたい。
正直、【自分以下】の人の話を聞いても何も解決しないもんな。
それにさ、「指導を受けに来い」ってのはおかしな話だろ。
指導というのは「受けに来い」と命令するものじゃない
「指導を受けたい」と思うものであって
主体者は、指導する側じゃなく指導される側だし。
指導する側が主体だったら
それは「指導」でなく「教授」だもんな。

だいたい、「指導を受けに来い」なんて言ってる幹部ほど
大した信・行・学を持ち合わせてないんだよな。
つまり「指導を受けたい」と周囲が思わないってこと。
で、そういう幹部ほど「指導を受けに行かない」とへそ曲げるし
結果を出している部員さんや部に指導したい。
結果を出しているんだから指導はあまり必要ないんだけど指導したい。
「力のある部員さんを指導することで己の力を誇示したい」
そんな魂胆が見え見えなんだよな。
指導受けようと、受けまいと結果が出れば
どうせ「俺が結果を出させた」って話になるんだから
センセの折伏武勇伝だって
自分で何十世帯も折伏した。って話じゃなくて
自分が「指揮」をとった。ってはなしでしょ?
蒲田も大阪も。
実際に結果を出したのは会員さん。
でも手柄は指揮した「若き日のセンセ」が独り占め。
それが、学会の指導主義だからね。

そういえば、
指導なんてしなくていい。
激励だけでいい。
あとは黙って見てりゃいいんだよ。
勝たせてやっから。
て、よく本部長やゾーン男に言ってたなぁ。
やぱり、これじゃ組織から疎まれるわけだ(笑)
でも結果を出して、本幹で池田センセに会いに行ったのは
実際には折伏を一世帯も決めていない
ゾーン男子部長や分県男子部長だし
優秀本部賞の賞状を受け取ったのは
俺たちを「仏敵」と言って回った本部長だし。
「仏敵」のお陰で、池田センセと会えたゾーン男。
「仏敵」のお陰で、優秀本部賞の表彰を受けた本部長。
これか?これが「指導主義」ってやつか?
「指導主義」っていうより
「幹部主義」だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

フランチャイズ店のオーナーの話みたいですね(笑)
会社が創価みたいになってきたのか、創価が会社みたいになってきたのか…?
昔の会社ってのはもっと人情があったと思うんですよね~学会もしかり。
HONDAの本田宗一郎は「会社ってのはみんなで幸せになるための手段なんだよ」って言ってたの思い出します。
そのまま学会組織にも当てはまります、学会組織ってのはみんなで幸せになるための手段です、それ以外なんもないです。
上の方だけ儲かってどないすんねん!
ただのブラック企業じゃん(笑)

No title

おはようございます。
幹部の指導っていつも同じですよね「お題目しかないです。お題目あげましょう」

昔、女子部の先輩が副会長に指導受けました。
支部長が会社のお金を横領している、指導してほしい、と
(支部長と先輩は同じ会社で、副会長と支部長は毎日連絡取っています)
で、副会長「あなたのお題目しかない、お題目あげなさい」、
先輩すぐ、会社やめました。

副会長でこれです。指導したと偉ぶっているだけと思います。

会則改正のことについて、ある幹部に質問したことがあります。
『池田先生が間違っていないから大丈夫だ』と言われたことを思い出しました(笑)
その時私の頭の中は??????だらけ(笑)
これ以上聞いてもダメだなと思い帰りました(笑)

最高幹部だからこそ指導できないんです

一番動いてるのは「名もない会員」であるのは明らかです。

副会長なんて地位では、楽過ぎてそもそも真剣に信仰する機会がないのですよ。
指導を受けるなら、功徳を受けたいなら、古参の壮年部の方のほうがよっぽどまともな指導ができるかと。

それというのも、今の壮年の年代なら、組織そのものではなく御本尊様をちゃんと信仰のできた「例外的な人」は探せば見つかる範囲かと思いますが。
まぁまともな感覚ならあまり会合に出なかったり全く顔を出さない方になることでしょうから、それで「縁」するための努力が必要という難点があるけど。

「まとも」な人ほどそれほどウエの役職にならないですからね。
いまは。
まして「副会長」なんてのはまるで役に立たないと諦めたほうがいいかも。

まさに『こんなものいらない』状態だからf^^;

35年前の幹部

いつも有難うございます。

私が未来部の頃の地区には、
経済的に困窮した会員さんが
多数おりました。
父が大B長(今の地区部長?)の時に
座談会に入った幹部のおじさんは
2冊の御書を持参されて、幹部指導を
してました。一冊はボロボロの
御書で、今でも記憶してます。

指導内容は覚えてませんが、
確信のある言葉で話されて、
座談会の空気が一変したのが
ガキの私にも伝わりました。

婦人部の方が経済苦の
悩みを、その幹部の方に相談してて、

小善なので本当はいけない事ですが、
会合後に、こっそりと、
その幹部は
ポケットマネーを出して
激励されてました。

その幹部ご自身も
大変な苦労と社会的な差別に
合われた人ですが、
大聖人様への信心を貫き
大きな会社を多数経営し、
個人会館も4会館ほど作られました。

15年ほど前に亡くなりましたけど、

今の幹部は一般会員の本当の苦悩は
分からんでしょう。


元創価班さん

こんにちは。

> フランチャイズ店のオーナーの話みたいですね(笑)

それかネズミ講の元締め?ですかね。

> 会社が創価みたいになってきたのか、創価が会社みたいになってきたのか…?
> 昔の会社ってのはもっと人情があったと思うんですよね~学会もしかり。

そこですね。池田センセのキレイごとの学会の世界と
実際の学会の組織の乖離。
男子部時代に皆も口にしてましたよ。
「学会は会社じゃね~よ」って。

> そのまま学会組織にも当てはまります、学会組織ってのはみんなで幸せになるための手段です、それ以外なんもないです。
> 上の方だけ儲かってどないすんねん!
> ただのブラック企業じゃん(笑)

全く同感です。
本部職員や上層患部が
会員以上に裕福な暮らし、
報酬をもらってどうすんだ。って話ですね。

かりんとう

こんにちは。

> おはようございます。
> 幹部の指導っていつも同じですよね「お題目しかないです。お題目あげましょう」

確かにその通りですね。

> 昔、女子部の先輩が副会長に指導受けました。
> 支部長が会社のお金を横領している、指導してほしい、と
> (支部長と先輩は同じ会社で、副会長と支部長は毎日連絡取っています)
> で、副会長「あなたのお題目しかない、お題目あげなさい」、
> 先輩すぐ、会社やめました。
> 副会長でこれです。指導したと偉ぶっているだけと思います。

酷い話ですねね。
幹部の指導なんてのは自己満足ですからね。
「自分で祈って解決しろ」って・・
指導でもなんでもないですね。
そう言えば、昔ある公明の市会議員に
ある事を相談しに行った婦人部も同じことを言われてました。
「あなたが祈りなさい」って。
議員として行動なりアドバイスを求めていいたのに
「題目上げなさい」って言われたそうです。
一般市民が相談にきたら何と言うのでしょうかね。
まぁ、その方は1期で終わりましたが。

現役男子部さん

こんにちは。

> 会則改正のことについて、ある幹部に質問したことがあります。
> 『池田先生が間違っていないから大丈夫だ』と言われたことを思い出しました(笑)
> その時私の頭の中は??????だらけ(笑)
> これ以上聞いてもダメだなと思い帰りました(笑)


ですね。
もっとも、電話で学会本部に本尊の件を問い合わせたら
「退会してもらって結構です」と言われた会員もいるのですから
もう、何を聞いてもムダなんでしょうね。
そんな幹部に「指導を受けたい」なんて思いませんよね。

太ちゃんさん

こんにちは。

> 一番動いてるのは「名もない会員」であるのは明らかです。

その通りです。
でも、池田センセが「お会いになる」のは
「幹部」からです。

> 「まとも」な人ほどそれほどウエの役職にならないですからね。
> いまは。

それは私が男子部の頃からです。
組織が大きくなったから求められる人材も変化したのでしょう。
信心論より組織論が優先なのですね。

> まして「副会長」なんてのはまるで役に立たないと諦めたほうがいいかも。
> まさに『こんなものいらない』状態だからf^^;

それを言ったら、創価そのものが「いらない」と思ってます

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> 私が未来部の頃の地区には、
> 経済的に困窮した会員さんが
> 多数おりました。
> 父が大B長(今の地区部長?)の時に
> 座談会に入った幹部のおじさんは
> 2冊の御書を持参されて、幹部指導を
> してました。一冊はボロボロの
> 御書で、今でも記憶してます。
>
> 指導内容は覚えてませんが、
> 確信のある言葉で話されて、
> 座談会の空気が一変したのが
> ガキの私にも伝わりました。
>
> 婦人部の方が経済苦の
> 悩みを、その幹部の方に相談してて、
>
> 小善なので本当はいけない事ですが、
> 会合後に、こっそりと、
> その幹部は
> ポケットマネーを出して
> 激励されてました。
>
> その幹部ご自身も
> 大変な苦労と社会的な差別に
> 合われた人ですが、
> 大聖人様への信心を貫き
> 大きな会社を多数経営し、
> 個人会館も4会館ほど作られました。
>
> 15年ほど前に亡くなりましたけど、
>
> 今の幹部は一般会員の本当の苦悩は
> 分からんでしょう。


素晴らしいお話ありがとうございます。
私の男子部時代にも似たような方がいました。
古き良き時代になってしまったのでしょうかね。

否創価活動家さんへ

お互いに結論部分は違うものの、最優先されることは「間違ってる」と会員が自覚できるようにすること、その共通認識から口論などになってないものと認識しております。
お互いに差異を認識してる上でこうなってると感じております。
人々の幸福を願っていなければ成立しないことでしょうね。
文面は激しくても対応はすごく丁寧に感じられるものです。
この辺りに人柄が出てるのでしょうね。

ともかくも「間違ってる」とまず認識できないことには何も始まりませんものね。
最終的な結論部分の認識が違うのは「使命が違うから適切な方便と感じるものも違う」と認識してるしだいです。

というより、これだけ真面目な心境なら途中いろいろあっても最終的には大丈夫な状況だろうと思ってますんで。
なので、僕からは特にいう必要性はないのだろうなと。

こんばんは

基本的に上からものを言われて、はいそうですか、とは聞かないところはありました・

 しかし、協調性に欠けると、小学中学で通信簿に書かれてましたし、
創価では服従こそが信心、センセイが絶対だからそれに連なる幹部も絶対と教わり、努めてそうしてきました。 いろいろありました。 迷いましたし、叱られもしました。

 その挙句、生意気な幹部と育ってきた私。

 皆さまのおっしゃるところは、いちいちごもっとも。  よって今回は
異口同音にもの申す資格はございません。  ございませんから、言いません。

 では。

太ちゃんさん

こんばんは。

> お互いに結論部分は違うものの、最優先されることは「間違ってる」と会員が自覚できるようにすること、その共通認識から口論などになってないものと認識しております。
> お互いに差異を認識してる上でこうなってると感じております。

そうですね。
基本的には、異論・反論・批判でも構わないのです。
人それぞれに信念があるでしょう。
ましてや、信仰を持っている人なら尚更です。
だた、「人として」どうか?ということだと思います。
ここに、コメントをしてくる創価活動家さんたちは
どうも、「人として」何かが欠如していると感じることが多いですね。
太ちゃんさんのブログも読ませてもらっていますよ。

> 人々の幸福を願っていなければ成立しないことでしょうね。
> 文面は激しくても対応はすごく丁寧に感じられるものです。
> この辺りに人柄が出てるのでしょうね。

ありがとうございます。

> ともかくも「間違ってる」とまず認識できないことには何も始まりませんものね。
> 最終的な結論部分の認識が違うのは「使命が違うから適切な方便と感じるものも違う」と認識してるしだいです。

間違いは間違いとして認める勇気も必要だと思います。

> というより、これだけ真面目な心境なら途中いろいろあっても最終的には大丈夫な状況だろうと思ってますんで。
> なので、僕からは特にいう必要性はないのだろうなと。

気がついたことがあればコメントしてくださいね。

RAMBOさん

こんばんは。

> 基本的に上からものを言われて、はいそうですか、とは聞かないところはありました・

そうでしょうね。(笑)

>  しかし、協調性に欠けると、小学中学で通信簿に書かれてましたし、
> 創価では服従こそが信心、センセイが絶対だからそれに連なる幹部も絶対と教わり、努めてそうしてきました。 いろいろありました。 迷いましたし、叱られもしました。
>  その挙句、生意気な幹部と育ってきた私。

そうでしょうか?
本当に生意気な幹部ならば、迷いもなければ、叱られることもないと思います。
幹部から見て「生意気」な幹部というのは
会員さんから見れば謙虚な幹部だと思います。
だからこそ、いまでもRAMBOさんを頼って来る会員さんがいるのでしょう?
ホントに嫌われている幹部には誰も来ませんよ。


>  皆さまのおっしゃるところは、いちいちごもっとも。  よって今回は
> 異口同音にもの申す資格はございません。  ございませんから、言いません。

RAMBOさんらしくもない(笑)
なんでも言っちゃってください。
ストレス溜まりますよ(笑)
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる