好きなんだけど。

こういう創価批判ブログを書いていると
「どんだけ創価嫌いだよ」って思われがちだが
退転壮年部おじさんさんにもリコメしたが
創価が、好きか・嫌いかと聞かれれば
俺は創価が「好き」だ。
ただ、俺の好きな「創価」とは
宗教法人創価学会ではない。
俺の好きな創価とは
創価の中にいる一人ひとりの人であって
創価学会という組織が好きなわけじゃない。
宗教法人創価学会を好きなわけじゃなく
池田センセを自分の師匠などとも思えない。
勿論、活動しているときは
なんとか師匠と思おうとはしたものの
どうしてもあのお方を「師匠」とは思えなかった。
だって、会ったこともないし
何かをしてもらったこともないのだから。
だから、センセだの組織だのそんなものはどうでもいいのだが
実際に触れ合った創価の人々には
いい人もたくさんいる。
色々とお世話になったり
ともに苦楽を共にしたり
そうした人は大勢いる。
勿論、クサレも大勢いるが
好きか・嫌いかと聞かれれば「好き」だと自覚している。

なのに何故こうして批判をしているかといえば
創価が、正しいか・間違っているかと聞かれれば
「間違っている」からだ。
正宗と別れてた時は
正邪はともかく、創価が好きだ。が優先した。
ところが時間とともに、
徐々に教義や化義が変わり
大御本尊に対する内部の扱いが変わり
そして、ついに大御本尊を棄てた。
事ここに至っては、いくら創価が好きであっても
最早、創価の味方はできない。
好きであっても、間違った事はできない。
それは、大聖人をご本仏と仰ぐ
一信仰者としてどうしてもできないことなのである。
そして好きであっても、それが謗法である以上
それを放置することはご本仏の弟子としてできないのである。
おそらく、創価を退会して人や
俺のような内部アンチの人々も
創価の中で同志のなかで活動したことある人は
過去形も含めて、創価が好きか・嫌いかと言えば「好き」だと思う。
その「好き」(好きだった)創価が
邪教・謗法になってしまったことに
大いに心を痛めているのだろうと思う。
逆に、いまも創価で活動している人の中には
創価は間違っているけど「好き」だから。
という人もたくさんいると思う。
俺の周囲にも、創価の本尊義に異論を持ちながら
「創価が好きだから」という理由で
創価の活動を続けているヤツも大勢いる。
ただ、信心というのは「好き嫌い」ではなく
「正邪」なんだ。
そして今の創価は、俺の好きな学会員を無間地獄へと誘っている。
まさに無理心中。いや人殺しか。
どっちにしても仏法上のその罪は重い。
それに気づいて欲しいと願う故に批判する。
このブログでは、風聞や流言に基づいた創価批判は書かない。
ただただ、大聖人仏法に基づいて創価を批判する。
大聖人仏法に基づいて創価幹部・活動家を批判する。
大聖人仏法に基づいて池田センセを批判する。
それが、自分の好きな学会員さんへの恩返しだと思っている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

んなもん大好きにきまってます!(笑)
なので人一倍怒ってます!
よくもまあこんな外道団体にしてくれたもんです(-_-#)
末端の学会員さんはただ純粋に信仰を求めているだけなのに、その心を踏みにじるような事しやがって。
絶対許せない!

創価学会員のみなさん
創価学会の仏法は偽物です!
絶対幸せにはなりません!
自分でちゃんとしらべて早く創価から脱会しましょう。


はじめまして

はじめまして。「学会3世の憂うつ」管理人のものです。
本ブログからたくさんのアクセスをいただきましたので、御礼に参った次第です。

実はいつもブログを拝見しており、勉強させていただいております。

私は「創価学会は肌に合わないな」、と思うことが多いですが、周りの会員さんに救われることも多く、それが今日まで退会に至らずにいる理由の一つです。
本日の「好きなんだけど」という記事、大変に共感するところがありました。
また、かなりのご葛藤の中で学会の誤ちを批判されている事には、尊敬申し上げます。

恐らく、「本門戒壇の大御本尊」「日蓮正宗歴代法主の位置付け」「池田名誉会長への評価」において、管理人様と私は大きく意見が違うものと思われます。
しかし、その取り組みには共感するところ多く、今後もブログを見て勉強させていただければと思います。

どうも、失礼いたしました。また機会あれば宜しくお願いします。

同感です(ー ー;)

いつも有難うございます。
私も、好き嫌いで言えば、好きなんです。
が、先生の期待に報いる為とか、 弟子と
しての戦いとか、創価の正義とか、
そう言うのが、無理でした。

甲子園の予選で、
残念ながら、関西創価高校が
金光大阪高校に惜敗でした。
純粋に応援してたのですが(ー ー;)

コメンテーターさんへ

こんばんは。 

 私の場合、日々に「創価を忘れる意義付けと苦労の毎日」でしょうか。

 これはかえって余計に意識を向けてしまうことに他ならないのですが。

 ここでコメントすればするほどその逆方向に向かうというパラドクスに囚われることになるのが皮肉です。

 従って、セルフィッシュにいえば、「ここに来なくなること」が理想です。

 直接的に私が会える(若しくはなんらかの手段で接触できる)人だけを相手にしてれば済む話ですからね。

 私にはだいそれた構想などない。
  
 絶縁の根拠を固めたい。  それだけです。 これ本音。(笑)

 

「ブログ村」に工作員が紛れてるようです

僕のところ以外にもロコツに不自然なコメントがなされてる様子です。

ブログをされてる方はご注意をm(_ _)m

元創価班さん

こんにちは。

> んなもん大好きにきまってます!(笑)
> なので人一倍怒ってます!
> よくもまあこんな外道団体にしてくれたもんです(-_-#)
> 末端の学会員さんはただ純粋に信仰を求めているだけなのに、その心を踏みにじるような事しやがって。
> 絶対許せない!

全くです。
一会員を無間地獄へと誘う創価幹部・活動家は許せません。

青蓮さん

こんにちは。初めまして。

> はじめまして。「学会3世の憂うつ」管理人のものです。
> 本ブログからたくさんのアクセスをいただきましたので、御礼に参った次第です。

わざわざコメントありがとうございます。

> 実はいつもブログを拝見しており、勉強させていただいております。

恐れ入れます。

> 私は「創価学会は肌に合わないな」、と思うことが多いですが、周りの会員さんに救われることも多く、それが今日まで退会に至らずにいる理由の一つです。
> 本日の「好きなんだけど」という記事、大変に共感するところがありました。
> また、かなりのご葛藤の中で学会の誤ちを批判されている事には、尊敬申し上げます。
>
> 恐らく、「本門戒壇の大御本尊」「日蓮正宗歴代法主の位置付け」「池田名誉会長への評価」において、管理人様と私は大きく意見が違うものと思われます。
> しかし、その取り組みには共感するところ多く、今後もブログを見て勉強させていただければと思います。

古本屋店主さんが、青蓮さんのブログを紹介してくれたので
時間を見てブログを読ませていただきます。

> どうも、失礼いたしました。また機会あれば宜しくお願いします。

はい。いつでもお好きな時にコメントを書いてくださってOKです。
今後もよろしくお願いします。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは・

> 私も、好き嫌いで言えば、好きなんです。
> が、先生の期待に報いる為とか、 弟子と
> しての戦いとか、創価の正義とか、
> そう言うのが、無理でした。

わかります。わかります。

私の目指すところ

こんにちは、お久しぶりです。

私が創価に居残っている理由は、管理人さんとは若干異なりますが、目指すところは近いと感じています。

現在の創価が「間違っている」という認識と、大御本尊へのスタンスは同じと思います。

私は学園出身者で、子供の頃から創価に育てられたと実感しています。

私の現在の創価批判は自分では恩返しの闘いと位置付けています。

既得権益を守ることに汲々としている中枢を排除し、大御本尊への信を根本とした日蓮仏法を信仰する組織に戻したい。

それが私の目指すところです。

macska さん

こんばんは。お久しぶりです。


> 私が創価に居残っている理由は、管理人さんとは若干異なりますが、目指すところは近いと感じています。
> 現在の創価が「間違っている」という認識と、大御本尊へのスタンスは同じと思います。
> 私は学園出身者で、子供の頃から創価に育てられたと実感しています。
> 私の現在の創価批判は自分では恩返しの闘いと位置付けています。
> 既得権益を守ることに汲々としている中枢を排除し、大御本尊への信を根本とした日蓮仏法を信仰する組織に戻したい。
> それが私の目指すところです。

それが一番です。
そうなってくれれば何もいうことがないのですが
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる